デジタル資料

凸版印刷株式会社と唐招提寺、鑑真の半生を描いた「東征伝絵巻」をデジタル化し、唐招提寺新宝蔵で、『東征伝絵巻 鑑真和上 辛苦の旅路と信念を描く』として特別公開を開始することを発表

2015年10月20日、凸版印刷株式会社と奈良県の唐招提寺は、唐招提寺の開祖、鑑真和上の半生を描いた、延べ83メートルの幅の絵巻であり、重要文化財でもある「東征伝絵巻」をデジタル化し、絵巻全体を一度に鑑賞できるデジタル絵巻コンテンツ『東征伝絵巻 鑑真和上 辛苦の旅路と信念を描く』として、10月21日から11月3日まで、唐招提寺新宝蔵で特別公開することを発表しました。

同社が開発した文化財専用のスキャナーが用いられ、高精細なデジタル化が可能となったようです。絵巻をデジタルコンテンツ化することにより、通常の展示では難しかった絵巻全体を一度に鑑賞することができるだけでなく、場面を選択したり、拡大するなどして鑑賞できる、としています。

また、公開期間中には、同寺僧侶のナビゲートによる上演を予定しているとのことです。

観覧には、拝観料と入蔵料がそれぞれ必要とのことです。

唐招提寺と凸版印刷、延べ83mの重要文化財「東征伝絵巻」(全5巻)を完全デジタル化。絵巻全体を一度に鑑賞できるデジタル絵巻コンテンツ『東征伝絵巻 鑑真和上 辛苦の旅路と信念を描く』を10月21日から唐招提寺新宝蔵にて特別公開(凸版印刷, 2015/10/20)
http://www.toppan.co.jp/news/2015/10/newsrelease151020_2.html

関連:

和泉市立和泉図書館、和泉市内に残る昔話や伝説について図書館資料を基に再話した『和泉のむかしばなし』をデジタルアーカイブシステム“ADEAC”で公開

2015年10月7日、和泉市立和泉図書館、和泉市内に残る昔話や伝説について図書館資料を基に、子ども向けに書き直した『和泉のむかしばなし』のデジタル版をデジタルアーカイブシステム“ADEAC”で公開しました。

当該資料は印刷以外の工程は、すべて和泉図書館のスタッフの手作りによるものです。

『和泉のむかしばなし』(ADEAC)
https://trc-adeac.trc.co.jp/Html/BookletView/2721915100/2721915100100010/izumimukasi01/

和泉市立和泉図書館 和泉のむかしばなし(ADEAC)
https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/2721915100

ADEAC(アデアック):デジタルアーカイブシステム
https://trc-adeac.trc.co.jp
※2015/10/7付けで「新着情報」欄に「『和泉市立和泉図書館 和泉のむかしばなし』を公開しました。」とあります。

関連:
子どもたちに、地域の昔話を伝えたい!!『和泉のむかしばなし』出版@和泉市立図書館(株式会社図書館流通センター(TRC))
https://www.trc.co.jp/topics/event/e_izumi.html

E1710 - NDLデジタルコレクションで歴史・文化を発掘<報告>

 2015年8月8日,国立国会図書館(NDL)東京本館で,「NDLデータ利活用ワークショップ~「国立国会図書館デジタルコレクション」のお宝資料248万点から地域の歴史・文化を掘り起こそう~」を開催した。これは,「国立国会図書館デジタルコレクション」(以下デジコレ)の利活用の促進を目的としたイベントで,当日は,会社員やエンジニア,学生,図書館員など幅広い層から想定を超える35名の参加を得た。

E1703 - ボーンデジタル資料の管理にアーキビストの専門知識の活用を

 2015年7月,OCLC Researchが,アーキビストの専門知識を図書館でのボーンデジタル資料の管理に取り込むことを提言した報告書“The Archival Advantage : Integrating Archival Expertise into Management of Born-digital Library Materials”を発表した。

京都府立図書館、1949~2014年度までの同館の「事業概要」(事業報告)を公開

2015年8月11日、京都府立図書館は1949(昭和24)年度から2014(平成26)年度までの同館の「事業概要」(事業報告)をPDFファイル形式で同館のウェブサイトに掲載しました(ただし、1965(昭和40)年度分はなし)。

なお、2011(平成23)年度版以前は、原紙をスキャンし、OCRでテキスト化して提供しているものとのことです。また、モノクロで提供されています。

事業概要(京都府立図書館)
http://www.library.pref.kyoto.jp/gaiyou/gaiyoutop.html

お知らせ(一覧) (京都府立図書館 ※2015/8/11付で「昭和24年度から平成26年度までの当館「事業概要」(事業報告)を掲載しました。」とあります。)
http://www.library.pref.kyoto.jp/news.html

参考:
神奈川県立図書館、『神奈川県立図書館60年の歩み』の本編とビジュアル版をホームページで公開
Posted 2014年11月12日
http://current.ndl.go.jp/node/27413

大阪府立中之島図書館、「大阪府立中之島図書館九十年」のPDF版を公開
Posted 2012年1月18日
http://current.ndl.go.jp/node/19946

宮内庁、1945年8月15日正午の玉音放送の録音資料など、先の大戦に関する資料をウェブサイト上で公開

2015年8月1日、宮内庁は同庁が管理する先の戦争に関係する資料についてウェブサイト上で発表しています。

●御文庫附属庫
大本営会議室等の防空用施設として、陸軍築城部本部により1941年に建設されたもので、1945年8月10日の最高戦争指導会議、8月14日の御前会議などが開催されたもの。公開された資料は、位置図や平面図、映像や写真。

●1945年8月15日正午にラジオ放送された玉音放送等
戦後70年の節目に当たって、70年ぶりに玉音放送の録音原盤を再生し、録音に成功したもの。公開された資料は、音声、原盤の写真、「大東亜戦争終結に関する詔書」の3つ。

●1946年5月24日のラジオ放送(玉音放送)
公開された資料は、音声と、「食糧問題に関するお言葉」の2つ。

御文庫附属庫の映像(ビデオ)
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taisenkankei/obunko/obunko-h27-mov.html

御文庫附属庫の写真
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taisenkankei/obunko/obunko-h27.html

終戦の玉音放送

大阪市立中央図書館、大阪港開港記念日にあわせ作成したオリジナルブックカバーを公開

2015年7月15日(大阪港開港記念日)、大阪市立中央図書館は、オリジナルブックカバーを作成し、ウェブサイト上で公開しています。画像は、同館の所蔵する資料の中から、含粋亭芳豊作の錦絵「菱垣新綿番船川口出帆之図」が使用されています。

同館では、過去他にもオリジナルブックカバーを作成していて、同じくウェブサイト上で公開されています。

読書のお供にオリジナルブックカバー(川口出帆之図)(大阪市立中央図書館, 2015/7/15)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jofl54jnz-6714

おまけ(大阪市立図書館)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=434
※過去の同館のオリジナルブックカバーや「かけかた」等が掲載されています。

参考:
静岡県立中央図書館、お茶に関する浮世絵を使ったブックカバーを公開
Posted 2011年6月10日
http://current.ndl.go.jp/node/18391

横浜市立図書館が横浜開港150周年記念でオリジナルブックカバーを公開
Posted 2009年2月13日
http://current.ndl.go.jp/node/11824

OCLC Reserach、ボーンデジタルの図書館資料の管理についてのレポートを公表

2015年7月7日、OCLC Reserachが、ボーンデジタルの図書館資料の管理についてのレポート“The Archival Advantage: Integrating Archival Expertise into Management of Born-digital Library Materials”を公表しています。

このレポートでは、ボーンデジタルの図書館資料の管理についてアーキビストを取り込むための議論をしているとのことで、アーカイブ的な専門知識とデジタルな文脈との関連性についての10の領域について焦点をあてています。

焦点があたっているものには、所有権の確認、コンテンツの重要性の評価、作成の背景の記録、コレクション寄贈者との交渉と長期間をかけての関係性の育成、法的課題の認識と方向付け、ファイルの信憑性の保証、大規模なコレクションのためのメタデータ作成のための実質的な取組の利用、があり、各々はデジタル・アナログ双方に関連するものであるとのことです。よってアーキビストの各々の領域における深い知識はこれらの課題を処理することを保証するのを助けるとされています。

OCLC Research Reports
http://www.oclc.org/research/publications/reports.html

東京国立博物館、所蔵資料の画像を閲覧できる「東京国立博物館デジタルライブラリー」を公開

2015年3月31日、東京国立博物館は所蔵している貴重な和書、洋書、漢籍等の全文画像が閲覧できる「東京国立博物館デジタルライブラリー」を公開しました。

現在収録されている資料は、和書および歴史資料、東京国立博物館資料館で保管している洋書および漢籍が中心とのことで、今後も資料は追加されるようです。

2014年度 情報一覧(東京国立博物館)
http://www.tnm.jp/modules/r_db/index.php?controller=list&t=news&fiscal_year=2014
※トップページの「最新情報」にも同様の内容が掲載(2015年3月31日)

東京国立博物館デジタルライブラリー
http://webarchives.tnm.jp/dlib/

Image Permanence Institute(IPI)、デジタル写真の保存のためのガイドブックを公開

画像や文化財の保存のための開発と実践を行っているImage Permanence Institute(IPI)が、学術的・文化的なコレクションにおけるデジタル写真の蓄積と保存に関する基本的な情報を提供するガイドブック“IPI Guide to Preservation of Digitally-Printed Photographs”を公開しています。

文化施設での保存担当者を対象とするガイドですが、写真家、芸術家、一般大衆にも役立つであろうとのことです。

IPI Guide to Preservation of Digitally-Printed Photographs
http://www.dp3project.org/webfm_send/739

Image permanenceInstitute
https://www.imagepermanenceinstitute.org/

via:
Reference:“IPI Guide to Preservation of Digitally-Printed Photographs”(infoDocket,2014/10/31)

ページ