日本

文化財保存修復学会、第43回大会公開シンポジウム「東日本大震災の文化財レスキューを振り返る」の動画をオンラインで公開

文化財保存修復学会が、同学会の第43回大会の公開シンポジウム「東日本大震災の文化財レスキューを振り返る」の動画を2021年6月1日から8月31日までYouTubeで公開しています。

同大会は、福島市のとうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)で5月22日・23日に開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。

公開シンポジウムの主な内容は以下の通りです。

・基調講演「文化財防災体制の構築に向けて」
髙妻洋成氏(国立文化財機構文化財防災センター長)

・報告
救援委員会による活動から宮城県被災文化財等保全連絡会議の活動へ
小谷竜介氏(国立文化財機構文化財防災センター)

・原子力災害からの文化財保全活動
本間宏氏(福島県文化センター白河館)

・ふくしま史料ネットの10年と資料保存
阿部浩一氏(福島大学)

・関係者からのコメント
内山大介氏(福島県立博物館)、芳賀文絵氏(東京文化財研究所)、
森谷朱氏(東北歴史博物館)、中尾真梨子氏(福島県文化センター白河館)

全国遺跡報告総覧、「文化財論文ナビ」に類似論文の自動表示機能と共起ネットワーク図を追加

2021年6月17日、奈良文化財研究所が、全国遺跡報告総覧内の「文化財論文ナビ」に、類似論文の自動表示機能と共起ネットワーク図を追加したと発表しています。

類似論文の自動表示機能は、自然言語処理技術を活用して、登録キーワードの内容類似度を自動判別し、類似している20の論文を表示するものです。専門用語の切り出しは、全国遺跡報告総覧内の文化財関係用語シソーラスを活用していると説明されています。

共起ネットワーク図は、類似コンテンツを表示する際に、従来の形式では何が類似しているかわかりづらいという課題があったことから、当該論文・用語・類似論文の関係性をビジュアルで確認できるようにしたものです。

全国遺跡報告総覧:文化財論文ナビにて類似論文の自動表示と共起ネットワーク図の追加(なぶんけんブログ,2021/6/17)
https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2021/06/bunarticle0617.html

富士吉田市立図書館(山梨県)、7月1日から「ファンキー探偵!~富士吉田市長を解放せよ~」を実施:富士吉田市制施行70周年記念イベント

2021年7月1日から、山梨県の富士吉田市立図書館が、謎解き・デジタルスタンプラリー「ファンキー探偵!~富士吉田市長を解放せよ~」を開催します。

富士吉田市制施行70周年記念事業の一環として開催されるものであり、同館にいるという噂の敏腕探偵「ファンキー探偵」の助手として、犯人から届いた謎を解きながら、同市内7か所を巡るイベントです。

誰でも参加可能であり、謎解きにはスマートフォンが必要です。

@cocofuji223(Facebook, 2021/6/16)
https://www.facebook.com/cocofuji223/posts/4260233707374342

【予告編】「ファンキー探偵!~富士吉田市長を解放せよ!!~」(YouTube, 2021/6/12)
https://www.youtube.com/watch?v=-CEas6Z3zyE

【イベント】県立長野図書館主催 信州発・これからの図書館フォーラム「共知・共創の広場へ─ もう一歩踏み出す」シリーズ第1回『まちの記憶を記録する ~「どこコレ?」のつくりかた~』(7/11・長野/塩尻/オンライン)

2021年7月11日、県立長野図書館が主催し、塩尻市立図書館・アーバンデータチャレンジ長野ブロックが共催する、信州発・これからの図書館フォーラム「共知・共創の広場へ─ もう一歩踏み出す」シリーズ第1回『まちの記憶を記録する ~「どこコレ?」のつくりかた~』が県立長野図書館および塩尻市立図書館を会場に開催されます。また、ビデオ会議システムZoomでの参加も可能です。

同館が目指す「共知・共創の広場」に基づき、さまざまな角度から「知ること」「学ぶこと」に取り組む人を招いて共に語り合う場としての新たなシリーズとして開始されるものです。

第1回目の今回は、佐藤正実氏(NPO法人 20世紀アーカイブ仙台 副理事長/風の時 編集部代表)、中村佳史氏(株式会社HUMIコンサルティング/NPO法人連想出版)を講師に迎え、撮影された場所がわからない古い写真を集め、地域住民の経験や知恵によって推理し、撮影場所を確定していく展示イベント「どこコレ?」の「つくりかた」「ひろげかた」に関する話をうかがうとしています。

【イベント】PHP公共イノベーションフォーラム「本を活かしたまちづくり戦略~未来の読書のカタチ~」(7/9・オンライン)

2021年7月9日、政策シンクタンクPHP総研が主催する、PHP公共イノベーションフォーラム「本を活かしたまちづくり戦略~未来の読書のカタチ~」がオンラインで開催されます。

フォーラムでは、教育・学習面で進むICT活用の功罪やコロナ禍が読書環境に与えた影響、人と本との関係性の変化を読み解いて「本とまちの未来」を展望するとしています。また、紫波町(岩手県)の取組を例に、人と本との「接点」を多くする政策、さらには、国・自治体の読書活動推進計画の改訂を視野に、これからの読書活動推進に求められる新たな視点やエビデンス、アウトカムのあり方を考えるとしています。

参加費は無料ですが、定員は200人で、参加には事前の申し込みが必要です。対象は、自治体首長、教育長、自治体職員(企画部門、教育・学習部門等)、地方議員、議会事務局職員、地域経済団体(地銀、商工会議所等)の関係者となっています。

内容は以下の通りです。

・基調講演「本で拓くまちの未来~出合い方、出合う意味から変える~」
講師:田口幹人氏(合同会社未来読書研究所代表)

大阪府、お菓子メーカー・出版社との連携による子ども読書活動推進事業の実施を発表:お菓子のパッケージに電子絵本にリンクするQRコードを掲載

2021年6月14日、大阪府が、民間企業との連携による子ども読書活動推進事業を実施すると発表しました。

大阪府が、2021年3月に「第4次大阪府子ども読書活動推進計画」を策定したことを受けてのもので、オリオン株式会社および株式会社出版ワークスと連携し、オリオン株式会社が販売するお菓子「ミニコーラ」のパッケージに、大阪府子ども読書活動推進普及啓発活動「OSAKA PAGE ONE(おおさかページワン)」のロゴマークと、電子絵本にリンクするQRコードを掲載し、スマートフォンやタブレット端末で絵本を読める取組を行うものです。

ロゴマークとQRコードが掲載された「ミニコーラ」は、2021年7月から2022年10月末まで、全国のスーパー(イオン、ライフ、関西スーパー等)・コンビニエンスストアで順次販売されます。

【公民連携】民間企業との連携による子ども読書活動推進事業について(大阪府,2021/6/14)
https://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=41397

敦賀市立図書館(福井県)、スマートフォンアプリ「敦図アプリ」を公開

2021年6月8日、福井県の敦賀市立図書館がスマートフォンアプリ「敦図アプリ」を公開しました。

「利用カード機能」、「検索機能」、借りている本のタイトルや返却期限などが確認できる「マイページ」のほか、読みたい本や読んだ本を管理できる「my book」があります。「my book」では、本の評価、タグ付け、読了率も管理できます。

『敦図アプリ』(スマホアプリ)ができました。(敦賀市立図書館,2021/6/8)
https://lib.ton21.ne.jp/LWeb/3744.html

参考:
鯖江市図書館(福井県)、貸出カードの機能等を持つスマートフォンアプリ「鯖図(さばと)パス」を公開
Posted 2020年1月20日
https://current.ndl.go.jp/node/39993

国立情報学研究所(NII)、目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)の再構築開始を発表

2021年6月17日、国立情報学研究所(NII)が、目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)の再構築開始を発表しています。

再構築は、「これからの学術情報システムの在り方について(2019)」を踏まえて行われるもので、大学図書館のシステムと連携し、デジタル化された学術資料(電子ジャーナル、電子ブック等)への対応を含む新たな図書館システム・ネットワーク構築の一環として実施されます。

2022年からの稼働開始が目指されてる電子リソース管理サービスでは、国内外の出版社・学会等から大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)に提出された電子リソース製品の利用条件やタイトルリスト等、共通性の高いデータを蓄積し、公開許諾が得られたデータについて利用可能にするとしています。システムには、電子リソースの管理プラットフォームとして世界で多数導入されているEx LibrisのAlmaが採用されます。

【イベント】2021年度第1回J-STAGEセミナー「研究成果発信の多様化とジャーナル:査読の改善に向けて」(7/28・オンライン)

2021年7月28日、2021年度第1回J-STAGEセミナー「研究成果発信の多様化とジャーナル:査読の改善に向けて」が、オンラインで開催されます。

2021年度のJ-STAGEセミナーは、研究成果公表の場が多様化し、ジャーナルでの論文公開の意義や付加価値等、運営を見直す事例や、新たな学術コミュニケーションの形成が見られることから、年間テーマを「研究成果発信の多様化とジャーナル」と定めて情報を提供するとあります。

第1回セミナーでは、査読に着目し、学術出版業界における査読体制の現状と課題、改善方策、新しい査読事例の紹介が行われます。

参加費は無料であり、事前の申し込みが必要です。

当日の主なプログラムは以下の通りです。

・Fundamental principles of peer review and peer review ethics
Trevor Lane氏(出版倫理委員会(COPE))

・Strategies and practices for improving peer review
Dugald McGlashan氏(INLEXIO)

・論文査読の問題点とeLifeなどによる新しい試み
水島昇氏(東京大学)

駒澤大学、『禅籍目録 電子版』を公開:同大学図書館刊行『新纂禅籍目録』を電子データ化

2021年6月4日、駒澤大学が『禅籍目録 電子版』を公開しました。2019年から試行運用されていました。

同大学図書館刊行の『新纂禅籍目録』が電子データ化したものですが、今回、さらに「敦煌禅宗文献目録」および「禅籍抄物」に関するデータベースの一部も追加されています。

また、「禅籍抄物」については準備が整い次第、順次追加公開される旨案内されています。

『禅籍目録 電子版』公開のお知らせ(駒澤大学, 2021/6/4)
https://zen-branding.komazawa-u.ac.jp/news/1519/

禅籍目録 電子版(駒澤大学)
https://zenseki.komazawa-u.ac.jp/

ページ