日本

【イベント】シンポジウム「図書館と社会融合:社会に開かれた情報資源」(12/4、6、7・オンライン)

2021年12月4日、12月6日、12月7日に、九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻と同大学アジア・オセアニア研究教育機構文化変動クラスターの主催により、シンポジウム「図書館と社会融合:社会に開かれた情報資源」がオンラインで開催されます。

図書館における図書以外の資料の収蔵・利活用に焦点を当て、社会に開かれた情報資源の拠点という図書館の役割の再検討を行うシンポジウムです。また、国際連合の持続可能な開発目標(SDGs)や市民科学等、図書館を通じた社会課題の解決という視点も含め、図書館と情報化・多様化した現代社会の融合を情報提供という観点から議論するとあります。

参加には事前の申し込みが必要です。

日程と登壇者は以下の通りです。

●12月4日
セッション1:図書館とボードゲーム
司会:松岡梨沙氏(ウニゲームス)
報告:
・「国内外の図書館におけるゲーム利用の全体像」日向良和氏(都留文科大学)
・「ゲームで社会にふれる。ゲームで社会を考える。」石田喜美氏(横浜国立大学)
討論:高倉暁大氏(熊本県立大学図書館)

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、調査資料「研究データ公開と論⽂のオープンアクセスに関する実態調査2020」を公開

2021年11月30日、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が、[調査資料-316]として「研究データ公開と論⽂のオープンアクセスに関する実態調査2020」を公開したと発表しました。

日本の研究者によるデータ・論文の公開状況や認識を明らかにすることを目的として、2016年、2018年に引き続き、2020年11月にウェブアンケートが実施されました。寄せられた1,349人(回答率70.5%)の回答の分析結果や、2016年・2018年の調査結果との比較結果をまとめています。

要旨では、以下をはじめとした内容が挙げられています。

ウェブサイト「Digital 法寶義林」が公開される:SAT大蔵経データベース研究会とフランス学士院碑文・文芸アカデミーとの協働の成果

SAT大蔵経テキストデータベース上に掲載された2021年11月27日付けの新着情報において、ウェブサイト「Digital 法寶義林」の公開が発表されています。SAT大蔵経データベース研究会と、フランス学士院碑文・文芸アカデミーとの協働の成果です。

「Digital 法寶義林」上のウェブページ「はじめに」によれば、『法寶義林』とは、フランスにおいて1920 年代に計画された欧州初の大規模な仏教辞典であり、二冊の別冊とともに刊行が続けられています。

「Digital 法寶義林」ではこの別冊のうち一冊に含まれる目録を検索可能としたものであり、目録データの検索に加え、地図・年表上での表示も可能です。また、日本語版・フランス語版・英語版のインターフェースが用意されています。現時点では収録データ範囲が『法寶義林』所収のものに限られており、今後さらに拡張していく必要があるとしています。

【イベント】信州発・これからの図書館フォーラム「共知・共創の広場へ─もう一歩踏み出す」シリーズ第3回『災害情報を明日へとつなぐ ~地域の拠点としての図書館へ~』(12/12・長野、オンライン)

2021年12月12日、県立長野図書館の主催により、信州発・これからの図書館フォーラム「共知・共創の広場へ─もう一歩踏み出す」シリーズ第3回『災害情報を明日へとつなぐ ~地域の拠点としての図書館へ~』が、県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」およびオンラインで開催されます。

同館が目指す「共知・共創の広場」に基づき、さまざまな角度から「知ること」「学ぶこと」に取り組む人を招いて共に語り合う場として展開されているシリーズ「共知・共創の広場へ─もう一歩踏み出す」の第3回目です。

登壇者は、宮越幸代氏(長野保健医療大学看護学部看護学科准教授)、古本吉倫氏(国立長野工業高等専門学校環境都市工学科教授)、瀧内貫氏(株式会社コトト代表取締役)です。フォーラムの後半では、参加者と登壇者によるディスカッションが行われ、身近な防災対策や災害経験を未来につなぐ情報共有の新たな方策を考えるとあります。

参加費は無料で、事前の申し込みが必要です。

【イベント】JDreamⅢ最新情報紹介セミナー(12/7・オンライン)

2021年12月7日、株式会社ジー・サーチが「JDreamⅢ最新情報紹介セミナー -学術機関様向け-」をオンラインで開催します。

酪農学園大学附属図書館(北海道)の川端幸枝氏が「酪農学園大学附属図書館におけるJDreamⅢの活用方法〜文献データベースガイダンスの実施が学生の利用につながる条件〜」というテーマで講演を行います。また、株式会社ジー・サーチが学術機関向けに作成・提供を開始したコンテンツや機能、今後登載予定の「プレプリント」「外国誌の遡及データの収録」等の新サービスを紹介する講演を行います。

参加費は無料であり、定員は150人(要事前申込)です。

JDreamⅢ最新情報紹介セミナー -学術機関様向け-(JDreamⅢ)
https://jdream3.com/session/jd3-academic-2021.html

【イベント】円卓会議「デジタルアーカイブの時代のMLAM連携〜沖縄・復帰50年に向けて〜」(12/12・那覇、オンライン)

2021年12月12日、デジタルアーカイブ学会地域アーカイブ部会の主催により、円卓会議「デジタルアーカイブの時代のMLAM連携〜沖縄・復帰50年に向けて〜」が、沖縄県立図書館で開催されます。

同円卓会議では、博物館(M)、図書館(L)、資料館・文書館(A)、新聞・テレビなどのメディア(M)といった各機関・団体の営みと役割を確認し、デジタル化によるさらなる価値拡大の可能性を考えると述べられています。

コメンテータは宮本聖二氏(立教大学、Yahoo!Japan、デジタルアーカイブ学会地域アーカイブ部会長・理事)、司会は水島久光氏(東海大学、デジタルアーカイブ学会理事)です。パネリストは、沖縄県立図書館、沖縄県公文書館、沖縄アーカイブ研究所、なんじょうデジタルアーカイブ、岐阜女子大学沖縄サテライト校、那覇市歴史博物館、沖縄テレビ放送です。

参加費は無料です。なお、パネリスト、学会関係者、同県内でアーカイブ・資料研究・実践活動に関わる人は会場での参加が可能であり(定員40人・先着順)、その他・一般の人はオンラインでの参加です。

「みんなでマークアップ【安政江戸地震】」のβ版が公開:「みんなで翻刻」の派生プロジェクト

2021年11月18日、「みんなで翻刻」の派生プロジェクトである「みんなでマークアップ【安政江戸地震】」のβ版公開が発表されました。

地震史料中に登場する「日時」「場所」「人名」「現象・被害」といった、地震研究に有用な情報のマークアップを行う参加型プロジェクトです。

「みんなで翻刻」で翻刻された約100点の史料を対象としており、人工知能(AI)によるマークアップ位置の自動推定機能が提供されています。また、地名情報システム“GeoLOD”や時間情報システム“HuTIme”と連携し、被害の発生地点や日時をリンクする機能が近日公開予定とあります。

みんなで翻刻
https://honkoku.org/app/#/
※「お知らせ」欄に2021年11月18日付で、「みんなで翻刻の派生プロジェクト「みんなでマークアップ【安政江戸地震】」のβ版を公開しました!」とあります。

みんなでマークアップ【安政江戸地震】
https://markup.honkoku.org/welcome/

“Library of the Year 2021”の大賞は鹿児島県の指宿市立図書館および特定非営利活動法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」

2021年11月26日、“Library of the Year 2021”の最終選考会が、図書館総合展内でオンラインにより行われ、審査員の投票で、鹿児島県の指宿市立図書館および特定非営利活動法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」が大賞に選ばれました。

また、オンライン投票によるオーディエンス賞には、あかし市民図書館(兵庫県)が選ばれています。

Library of the Year 2021 大賞およびオーディエンス賞決定!(IRI, 2021/11/27)
https://www.iri-net.org/loy/library-of-the-year2021result/

参考:
Library of the Year 2021の優秀賞・ライブラリアンシップ賞・特別賞の受賞機関が発表
Posted 2021年9月14日
https://current.ndl.go.jp/node/44800

【イベント】第8回シンポジウム「図書館多読への招待」 in 米沢(12/19・米沢)

2021年12月19日、山形県米沢市の「伝国の杜」において、第8回シンポジウム「図書館多読への招待」 in 米沢が開催されます。東北では初の開催とあります。

午前にNPO多言語多読理事の酒井邦秀氏による基調講演&英語多読体験ワークショップ「英語多読への招待〜図書館の森に多読の木を植えよう」、午後に豊田工業高等専門学校(愛知県)教授の西澤一氏による講演「図書館多読のはじめかた」と、実践報告が行われます。実践報告は多治見市図書館(岐阜県)、市立米沢図書館(山形県)、多賀城市立図書館(宮城県)、一関・英語多読を楽しむ会(岩手県)、英語多読クラブ・岩手(岩手県)により行われます。

定員は70人(要事前申込・先着順)で、参加費は無料です。

SAT大蔵経テキストデータベース研究会、SAT IIIF Image Serverをリリース

SAT大蔵経テキストデータベース上に掲載された2021年11月18日付けの新着情報において、SAT大蔵経データベース研究会が公開しているIIIF対応仏典画像を集約したウェブサイト“SAT IIIF Image Server”の公開が発表されています。

SAT大蔵経データベース研究会は、2016年5月からIIIF対応画像サーバの運用を開始し、仏典に関わるデジタル画像の利活用可能性を広げるべく、デジタル画像の撮影公開と関連システムの開発を進めてきたとあります。

仏典デジタル画像の多くはSAT大蔵経データベース2018年版で閲覧可能ですが、これに含まれていない様々な仏典のデジタル化と公開が進められていることを踏まえ、SAT IIIF Image ServerではSATのIIIF対応画像サーバで公開される仏典デジタル画像をコレクション単位で一覧できるようになっています。

各画像公開サイトは「閲覧頁」以外にも、地図のマッピングからも閲覧できるようになっています。

ページ