KB(オランダ王立図書館)

オランダ、科学分野における今後4年間の優先投資先を示したロードマップを公表

2016年12月13日、オランダ科学研究機構(NWO)は、同機構に設置された大規模インフラに関する常任委員会が、今後4年間、同国の科学分野で、最優先に投資が与えられる33の研究施設等を示した“Roadmap for Large-Scale Scientific Infrastructure”を教育・文化・科学省に提出し、受理されたと発表しています。

選ばれた機関は、NWOからの資金援助が得られることになっています。

オランダ王立図書館(KB)の発表によれば、同館が運営する、17世紀から20世紀までの歴史的資料へのアクセスが可能なポータルサイト“Delpher”も、このロードマップの一部となっているとのことです。

33 Research facilities and clusters top priority for Dutch science(NWO,2016/12/13)
http://www.nwo.nl/en/news-and-events/news/2016/33-research-facilities-and-clusters-top-priority-for-dutch-science.html

Nationale Roadmap Grootschalige Wetenschappelijke Infrastructuur(オランダ政府)

オランダ王立図書館、“Geheugen van Nederland”(Memory of the Netherlands)をリニューアル

2016年9月27日、オランダ王立図書館(KB)は、博物館・美術館、図書館、文書館のデジタル化画像約80万点を利用できるウェブサイト“Geheugen van Nederland”(Memory of the Netherlands)をリニューアルしたと発表しています。

レイアウトの変更や検索機能の改善、タブレットやスマートフォンへの対応が行われたことが説明されています。

Website het Geheugen van Nederland vernieuwd(KB,2016/9/27)
https://www.kb.nl/nieuws/2016/website-het-geheugen-van-nederland-vernieuwd

Verrassingen in het Geheugen van Nederland (KB,2016/9/27)
https://www.kb.nl/blogs/over-de-kb/verrassingen-in-het-geheugen-van-nederland

Geheugen van Nederland(オランダ語版)
http://www.geheugenvannederland.nl/

Memory of the Netherlands(英語版)

オランダ王立図書館、児童書の総合目録にフラマン語の児童書を追加

2016年9月20日、オランダ王立図書館(KB)は、同館が運営する、過去から現代までの30万点を超す児童書の統合データベース“Centraal Bestand Kinderboeken ”(CBK)に “Vlaamse Erfgoedbibliotheek Hendrik Conscience”及び“Iedereen Leest”からのフラマン語の児童書5万点を登録したと発表しています。

CBKに登録された多くの作品はデジタル化バージョンへのリンクがあり、オンラインで閲覧することができます。

Centraal Bestand Kinderboeken uitgebreid met Vlaamse titels(KB,2016/9/20)
https://www.kb.nl/nieuws/2016/centraal-bestand-kinderboeken-uitgebreid-met-vlaamse-titels

Centraal bestand kinderboeken - CBK(KB)
https://www.kb.nl/cbk

Vlaamse Erfgoedbibliotheek Hendrik Conscience
http://www.consciencebibliotheek.be/

Iedereen Leest

オランダ・ライデン大学図書館、デジタル化した貴重書5万5千点をオンラインで公開

2016年9月12日、オランダ・ライデン大学図書館が、デジタル化した貴重書5万5千点をGoogle Books及び同国の歴史的資料のポータルサイト“Delpher”を通じて公開しました。

ライデン大学では、オランダ王立図書館(KB)やGoogleと連携して所蔵資料のデジタル化作業を実施してきており、今回公開された貴重書は、1876年以前にオランダで出版された書籍や、パンフレット、16世紀から18世紀のオランダ領東インドの資料が含まれます。

また、オランダ領東インドの資料については、今後、同館が他の機関と連携して開発する予定の“Indonesian Digital Library”からも公開するとのことです。

Universitaire Bibliotheken Leiden voegt 55.000 oude drukken toe aan online bibliotheek Google(ライデン大学図書館,2016/9/12)
http://bibliotheek.leidenuniv.nl/nieuws/universitaire-bibliotheken-leiden-voegt-55000-oude-drukken-toe-aan-online-bibliotheek-google.html

公共図書館職員向け知識・情報共有プラットフォーム“Biebtobieb”(オランダ)(記事紹介)

2016年8月に開催される第82回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会の資料として、オランダ王立図書館(KB)のDEN BOER, Levien氏による“Biebtobieb: Stimulating cooperation among Dutch public libraries through an online knowledge and innovation platform ”と題する記事が公開されています。

同記事は、KBが運用を担当する、オランダの公共図書館職員向けの知識・情報共有プラットフォーム“Biebtobieb”を紹介するものです。

“Biebtobieb”は、公共図書館の職員が直面する類似の課題を、オンラインで情報共有し、協同で作業をすることで労力を省く事を目的としており、2012年に、国のレベルで公共図書館計画を調整する機関SIOBと地方の図書館団体の協会SPNにより、Drupalベースで構築されました。

タイムライン、「いいね」、「シェア」、タグの共有などといった機能があるほか、協同作業用にGoogle Docsが採用されており、登録をすると、テーマ・イベント・地域別の公開・非公開のグループ(2016年6月現在372グループ)に参加して議論などを行なうことができるとのことです。

オランダ大学図書館・王立図書館コンソーシアム、Karger社とオープンアクセス出版について合意

2016年5月31日、スイスに拠点を置く学術出版社であるKarger社は、オランダ大学図書館・王立図書館コンソーシアムUKB(Unibersiteitsbibliotheken & Koninklijke Bibliotheek)の会員のうち9機関と、オープンアクセス(OA)での出版について合意したと発表しています。

契約内容は、これまで通りKarger社の全てのジャーナルのコンテンツへのアクセスを認めるとともに、APC(論文処理費用)を支払うことなく同社の100点以上のハイブリッドジャーナルやフルオープンアクセスジャーナルから年間250件のOAの論文を公表できるというもので、契約期間は2016年から2017年の2年間で、2018年の1年間は延長することが可能となっています。

Karger Publishers and Dutch Universities Sign Novel Open Access and License Agreement(Karger,2016/5/31)
https://www.karger.com/WebMaterial/ShowFile/508488

参考:
E1790 - オランダ大学協会と大手学術出版社とのOAに関する合意
カレントアウェアネス-E No.302 2016.04.28

OCLCとオランダ王立図書館が、公共図書館のコレクションの可視性を高めるための連携協定を締結

2016年3月31日、OCLCがオランダ王立図書館と連携協定を締結したと発表しています。

協定締結は、オランダの公共図書館のコレクションの可視性を高めるメタデータ管理とディスカバリサービスの構築を目的としており、図書館のメタデータのワークフローを、WorldCat、及び、図書館業務管理システム“WorldShare”に移行するとともに、ディスカバリーサービスである“WorldCat Discovery Services”を、公共図書館のコレクションの可視性を高めるための国家インフラにするとのことです。

オランダ王立図書館は、2015年1月1日施行の“The Public Library Provisions System Act”により、公共図書館の継続的な発展の中心的な役割や電子図書館開発の責任を担うようになっています。

OCLC and the National Library of the Netherlands sign long-term agreement to serve public libraries(OCLC,2016/3/31)
http://www.oclc.org/news/releases/2016/201605leiden.en.html

参考:
オランダ王立図書館、2015-2018の戦略計画を公開

ProQuest社、同社のデータベース“Early European Books(EEB)”のCollection7を公開

2015年9月3日、ProQuest社が、同社のデータベース“Early European Books(EEB)”のCollection 7を今夏公開したと発表しています。

同データベースには、オランダ王立図書館、デンマーク王立図書館、英国・Wellcome Libraryが所蔵する資料を高精細画像でデジタル化した7,450タイトル、190万ページが含まれるとのことです。

これにより、EEBで、40,000タイトル、1,400万ページ以上のヨーロッパの近世の書籍の画像が利用できるようになったとのことです。

The launch of Collection 7 of Early European Books brings additional key early modern literature to scholars across the world(ProQuest,2015/9/3)
http://www.proquest.com/about/news/2015/ProQuest-Delivers-Key-Research-Information-through-the-Digitization-of-Rare-Historical-Content.html

Early European Books(ProQuest)

オランダ王立図書館、2014年版年報を公表

オランダ王立図書館(KB)が2014年版年報を公表しています。
KBにとって2014年は、研究図書館や国立図書館としての現在の機能と並行して、新しい戦略期間の助走を形成しただけでなく、公共図書館の分野で重要な役割を果たす新しい段階への助走でもあったとのことです。

Annual report 2014
https://www.kb.nl/en/news/2015/annual-report-2014

Read the annual report
https://www.kb.nl/sites/default/files/docs/kb_jv_2014eng_def.pdf

オランダ王立図書館(KB)とPorticoが連携

2015年5月28日、オランダ王立図書館(KB)と電子リソースのアーカイブサービスを提供しているPorticoが連携したと発表しています。

Porticono広範な保存基盤と専門的知識を利用して、KBの国際的なe-Depotプログラムを通しての電子ジャーナルの保存を支援するとのことです。

e-Depotでは既に1,500万以上の電子ジャーナルの記事を保存しており、Porticoは、KBに、このプログラムへの新規の科学出版社から保存フォーマットの電子ジャーナルコンテンツを提供するとのことです。

新しい提携者のグループには、BioOne、Walter DeGruyter, Wolters Kluwer, Karger, Brill, Thiemeが含まれるようです。

National Library of the Netherlands - Portico Partnership(KB,2015/5/28)
http://www.kb.nl/en/news/2015/national-library-of-the-netherlands-portico-partnership

ページ