中国

台湾国家図書館のレファレンスサービスサイト

台湾国家図書館が、レファレンスサービスのサイトを立ち上げています。コンテンツは、・ウェブ情報資源のディレクトリ(短い解説付き)・各種データベースの統合検索(総合目録や出版社・書店のデータベースを含む)・レファレンス事例データベース(分類、質問、回答、出所、関連する…

JST、中国文献データベースを試験公開

科学技術振興機構(JST)が、中国国内で発行された主要な科学技術文献を日本語で無料で検索できる「中国文献データベース」を試験公開しています。2007年4月2日からは、本格サービスを開始するとのことです。中国文献データベース - JSThttp://crds.jst.go.jp/CRC/database.html

東アジア図書館実態調査に関する調査報告(文部科学省)

文部科学省が、2005年度に実施した「東アジア図書館実態調査に関する調査報告」(調査委員会主査:慶應義塾大学・糸賀雅児教授)の報告書をウェブサイトで公開しています。韓国、シンガポール、中国の3か国の図書館政策、情報化政策、人材育成、公立図書館運営について紹介するとともに…

百度、ウェブアーカイビングサービスを登録ユーザ向けに開始(中国)

中国の検索エンジンサービス「百度」が11月28日、ブックマークするとそのサイトにあるコンテンツもアーカイブするサービス「百度捜蔵」を、登録ユーザ向けに開始しました。一度アーカイブすると、そのコンテンツには迅速にアクセスできるほか、このコンテンツを他のユーザと共有すること…

英国財務省の“Pre-Budget Report”、著作権保護期間の延長には“No”

英国財務省(HM Tresury)は2005年、経済状況の報告や政府の施策を報告する“Pre-Budget Report”の一部として、前フィナンシャル・タイムズ編集長のガワーズ(Andrew Gowers)氏に、時流に即して英国の知的財産権に関するフレームワークをレビューするよう諮問していました。2006年12月6日、そのレビュ…

NetLibraryがAiritiのデータベースの提供開始

OCLCのニュースリリースによると、NetLibraryは、Airiti社の3つの中国語のコンテンツの定期購読サービスを開始するそうです。これにより、338,000の雑誌記事、国立故宮博物院の12,000点の画像が利用可能になるそうです。なお、Airithi社は、台湾に本社を置く電子コンテンツの大手アグリゲータです。Ne…

中国学術雑誌オンライン出版統合データベース

中国国家教育部が主管し、清華大学が運営している学術文献データベースサービス「中国知網」(CNKI)に、2006年10月から「中国学術期刊網絡出版総庫」(中国学術雑誌オンライン出版統合データベース)が加わりました。この「中国学術期刊網絡出版総庫」では、1979年から現在までに、中国国…

ウェブセミナー「国際法とインターネット」(米国)

米国国際法学会(ASIL)が、10月24日に行ったウェブセミナー「国際法とインターネット」の動画・講義資料を公開しています。WIPOの法制化や、中国におけるGoogleの検閲など、注目のトピックも取り扱われています。International Law and the Internet - ASILhttp://www.asil.org/events/calendarmore.cfm?confid=415&URLmonth=10&U

Google Custom Search Engineを使った図書館ブログ専用検索(米・中)

Google Custom Search Engineを利用して、図書館業界関係のブログだけを検索する検索エンジン機能を提供する試みが、米国と中国でそれぞれ行われています。LISZEN: Search 500+ Library Blogshttp://www.liszen.com/図林博客捜索 - Keven's Blog 数図研究http://my.donews.com/keven/2006/10/27/xovdqkugszikgelyicrofasoptsojmyhbtkr/Octobe

中国国家図書館、西部地区に毎年10万冊を寄贈する計画

中国国家図書館は、経済発展が進まない西部地区の県レベル(日本の郡に近い行政区分)の図書館に対して、毎年10万冊の資料を寄贈する計画を発表しました。今年は、四川省の18の図書館に資料を寄贈したそうです。「国家図書館西部援助計画」スタート - 中国国家図書館http://www.nlc.gov.cn/GB/chann

ページ