TNA(英国国立公文書館)

英国公文書館が電子展示会の新企画を公開

英国公文書館(The National Archives)が、“Human Rights through the eyes of history”(歴史を通じてみた人権)と銘打った電子展示会を新たに開始しました。これは、現在私たちが享受している人権がどのようにして獲得されたものなのか、英国を舞台に、1215年のマグナカルタから現代の福祉国家設立までの歴史を紐解きながら、説明する内容となっています。この電子展示会では、英国の人権概念形成のガイドラインとなってきた法律や公文書の貴重なオリジナルドキュメントを、多数ウェブ上で閲覧することができます。

Human Rights through the eyes of history
http://www.nationalarchives.gov.uk/humanrights/

英国公文書館による広報記事(7月16日)

英国公文書館とマイクロソフト、デジタル記録の長期保存で協力の覚書

英国公文書館(NA)とマイクロソフトが、デジタル記録の長期保存で協同する旨の覚書を交わしたと発表されています。

The National Archives and Microsoft join forces to preserve the UK´s digital heritage - National Archives
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/164.htm

July 04, 2007付けPeter Scott's Library Blogの記事
http://xrefer.blogspot.com/2007/07/national-archives-and-microsoft-join.html

NAが子どもと作ったウェブコンテンツ“Prisoner4099”、アクセシビリティで評価される

英国公文書館(NA)のウェブコンテンツ“Prisoner 4099”が、アクセシビリティを評価され、表彰されたそうです。

このサイトは、1872年に2匹のウサギを盗んだことで刑務所に入ることになってしまった当時12歳の少年の記録を紹介するものであり、サイトの名称は、この少年の刑務所に付された番号にちなんでいます。

この“Prisoner 4099”の構築は、NAが、2004年から3年間かけ、視覚障害を持つ子どもたちのグループなどととともに、協同で進めてきました。ウェブサイトでは、NA所蔵の少年に関する資料だけでなく、子どもたちがつくった芝居の音声ファイル、またこのウェブサイト構築プロジェクトの紹介なども掲載されています。

The National Archives wins Jodi award for excellence in website accessibility
14 June 2007
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/162.htm

Prisoner 4099

英国公文書館、“Your Archives”立ち上げ

英国公文書館が、オンラインサービスの一環として、“Your Archives”というwikiを利用したコミュニティサイトを立ち上げています。

この“Your Archives”は、利用者が英国公文書館などの所蔵する資料に関する知識を共有することができるようすることを目的に開設されたもので、誰でもアカウントの登録をし、編集することができるようになっています。

いくつかのサンプル記事として、Adrian Jonesについての記事などが登録されています。

'Your Archives' now open for contributions
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/159.htm

英国公文書館、1911年の国勢調査のデジタル化に着手

英国公文書館(NA)が、1911年の国勢調査(Census of England and Wales, 1911)のデジタル化プロジェクトについて、Scotland Onlineと提携して進めることを発表しています。

この国勢調査は、書架2キロメートル分を占めているほどの大部のコレクションであり、イングランド及びウェールズに当時在住していた3,500万人に関係する情報を含んでいます。デジタル化されると、1,800万画像ファイル、データ量0.5ペタバイトになると算出されており、これは現在デジタルが進められている1901年の国勢調査のデータ量の14倍にあたるということです。

2009年から段階的に公開しはじめ、100年が経過する2012年にすべての情報にアクセスすることができるようになる予定です。

http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/156.htm

NA、300年のカリブ史を振り返るデジタルギャラリー“Caribbean History Revealed”公開

英国公文書館(NA)が、3月6日、300年のカリブ史を振り返るデジタルギャラリー“Caribbean History Revealed”を公開しています。

Caribbean History Revealed
http://www.nationalarchives.gov.uk/caribbeanhistory/

New online exhibition opens up 300 years of Caribbean history
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/152.htm

英国公文書館のウェブサイト刷新

英国公文書館(NA:the National Arichives)のウェブサイトが新しくなりました。

http://www.nationalarchives.gov.uk/

New look for The National Archives website homepage
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/138.htm

RSSフィード(新着資料、ニュースリリース、Podcast)
http://www.nationalarchives.gov.uk/rss/?homepage=news-rss

英国公文書館と公共セクター情報局、2006年10月に合併

英国公文書館(National Archives)と、公共セクター情報局(Office of Public Sector Information: OPSI)が、2006年10月に合併すると発表されました。名称はNational Archivesとなります。新National Archivesは、情報政策を牽引し、政府や他の公共セクターの記録や情報を効果的に提供する役割を果たす、とされています。

The Office of Public Sector Information and The National Archives are to merge - National Archives
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/117.htm

The National Archives and The Office of Public Sector Information to merge - OPSI

英国国立公文書館の新しい出版物公表計画

英国国立公文書館(National Archives)は、従来公的記録と歴史的文書で別々に持っていた公表計画(publication scheme)を一つにまとめ、10月から運用しています。
1月に施行された情報公開法(Freedom of Information Act)では、すべての公的機関に対して、自機関でどのような情報を公開しているか、それらの情報はいつどのように入手できるか、入手にかかる費用はどのくらいか(無料か有料か)などを明記した公表計画を作成することを定めており、今回運用される公表計画もこれにのっとっているようです。


The National Archives publication scheme
http://www.nationalarchives.gov.uk/foi/pubscheme/pubscheme.asp

関連記事はこちら

ページ