広報

鹿児島市、「鹿児島市公報デジタルアーカイブ」を公開

2012年3月23日に鹿児島市が「鹿児島市公報デジタルアーカイブ」を公開しました。「鹿児島市公報デジタルアーカイブ」は、昭和24年(1949年)以降の広報紙「かごしま市民のひろば」と、昭和55年(1980年)以降のグラフ誌「市民フォト鹿児島」の電子版(PDF形式)を提供するもののようです。

鹿児島市広報デジタルアーカイブ
http://kagoshima-hiroba.jp/

「鹿児島市広報デジタルアーカイブ」を公開しました (鹿児島市 2012/3/23付けの記事)
http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/shimin/7siseijouhou/7-4kouhou/_36059/_42532.html

「中の人」がお仕事紹介 英国国立公文書館(TNA)がブログを開設

2012年2月13日、英国国立公文書館(TNA)が新たにブログを開設したようです。このブログは、同館の様々な部署の職員がそれぞれの業務について紹介するものとなるようです。

The National Archives blog: Anything and everything archives-related
http://blog.nationalarchives.gov.uk/

Read our new blog (The National Archives 2012/2/13付けの記事)
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/677.htm

大阪歴史博物館、「女性目線」で作られた広報誌<えんそくのしおり>を発刊

大阪歴史博物館が、「女性目線」で作成された広報誌<えんそくのしおり>を発刊したそうです。<えんそくのしおり>には、同館で開催中の特別展「民都大阪の建築力」が紹介されているだけでなく、同館近くのパティスリーとコラボしてスイーツ情報等を多く掲載されているなど工夫したものとなっているようです。2011年秋には第2号の刊行が予定されているとのことです。

新しい<えんそくのしおり>創刊! (なにわ歴博ブログ~等身大の学芸員生活~ 2011/9/5付けの記事)
http://rekihaku.blog24.fc2.com/blog-entry-226.html

女子的博物館の楽しみ方指南 大阪歴史博物館がフリーペーパー創刊 (フィールドプロモーションニュース 2011/9/11付けの記事)
http://www.field-pr.net/news_aenGMlCJUA.html

ライブラリービデオを作るための10の方法

2011年8月27日に、Social Networking Librarianのウェブサイトで、ライブラリービデオ(動画やスクリーンショット等)を作るのに役立つ10の無料サービスが紹介されています。記事では、スケッチを記録してオンラインで閲覧しあえる“Sketchcast”や、写真やテキスト、音声等から動画を作成できる“Flixtime”や“Animoto”等が取り上げられています。なお、Social Networking Librarianは、図書館等で勤務しているAnnaLaura Brown氏の個人のサイトのようです。

10 Great Ways to Create Library Videos (Social Networking Librarian 2011/8/27付けの記事)
http://socialnetworkinglibrarian.com/2011/08/27/10-great-ways-to-create-library-videos/

上田女子短期大学、「学校図書館新聞コンクール」を実施

長野県の上田女子短期大学の主催により、「学校図書館新聞コンクール」が実施されています。高校の学校図書館で作成されている「図書館新聞」「図書館だより」等を審査し優秀なものを表彰するとともに、高校の学校図書館活動や読書推進活動を支援することを目的としているとのことです。応募締切は2011年9月20日となっています。

第1回学校図書館新聞コンクール(上田女子短期大学のお知らせ)
http://www.uedawjc.ac.jp/news_from_jc/2011/news_from_jc2011-08.html

子どもの健康診断にあわせてクリニックで図書館をPR(米国)

米国ワシントン州キットサップ郡の図書館は、地元のクリニックや読書推進NPOと連携して、健康診断を受診した子どもとその親に対して図書館のPR活動を行っているとのことです。図書館をまだ利用していない子どもに図書館に来てもらうことを目的としており、図書館のパンフレットと、無料で本が1冊もらえるクーポンが配られるとのことです。プログラムは、「図書館はお医者さんもお勧め」(Libraries Are Doctor-Recommended)と名付けられているとのことです。

Doctors prescribe regular library visits(Kitsap Sun 2011/7/13付けの記事)
http://www.kitsapsun.com/news/2011/jul/13/doctors-prescribe-regular-library-visits/

アイルランド国立図書館がブログを開設

2011年7月8日に、アイルランド国立図書館がブログ“NLI Blog”を開設したようです。最初の投稿はFiona Ross館長による同館の紹介記事で、今後は同館の資料保存の取組み等の紹介を行うようです。

NLI Blog
http://www.nli.ie/blog/

We have lift off... The NLI Blog is here! (National Library of Ireland 2011/7/8付けの記事)
http://www.nli.ie/en/list/latest-news.aspx?article=c0d24ed4-d3c6-4313-a3a6-016b291cdc8c

旭川医科大学図書館、読書キャンペーンで図書館の本20冊読んだ利用者にバッグをプレゼント

2011年7月7日に、旭川医科大学図書館が、スタンプカードを使って、図書館の本を20冊読んだ同大学の学生・院生に、「まぼろしのCollege BAG」をプレゼントする「第1回本を読もう!キャンペーン」を行うようです。イベントは7月11日から始まり、先着77名までプレゼントされるようです。

【7/11 12:00-】第1回本を読もう!キャンペーン AMUL77 (入試課・図書館情報課・学生支援課タイアップ企画) (旭川医科大学図書館 2011/7/7付けの記事)
http://acesv.asahikawa-med.ac.jp/info/news-2011-009.html

2011年のIFLAの国際マーケティング賞、第1位はドイツの国立医学図書館

2011年のIFLA(国際図書館連盟)の「国際マーケティング賞」(IFLA International Marketing Award )において、ドイツの国立医学図書館が第1位となったとのことです。同図書館の、MEDPILOTやGREENPILOTという検索ポータルの広報活動等について評価されたようです。第2位はカナダのエドモントン公共図書館、第3位は米国のジョージア工科大学図書館とのことです。

IFLA 9th Marketing Award Winners Announced!(IFLA 2011/4/14付けのプレスリリース)
http://www.ifla.org/en/news/ifla-9th-marketing-award-winners-announced

参考:
2010年のIFLAの国際マーケティング賞の受賞館
http://current.ndl.go.jp/node/17020

CA1742 - 動向レビュー:ライブラリー・グッズの可能性-ミュージアム、米・英の国立図書館の事例を通して / 渡辺由利子

 このところ、大学図書館を中心にライブラリー・グッズへの関心が高まっている(1)。図書館における広報活動へ関心が寄せられると同時に、広報の一手段としてのグッズも徐々に注目を集めるようになってきたということが一因として考えられる。しかしながら、米国及び英国を中心として、図書館内の店舗でのグッズ販売やオンライン・ショップへの展開など活発な動きが見られるのに対し、日本の図書館でのグッズ制作・販売は、比較にならないほど小規模にとどまっている。...

ページ