アーカイブ

勉誠出版の連載翻訳企画『キーピング・アーカイブズ Keeping Archives』が完結

勉誠出版のウェブサイトで2011年11月に開始された連載『キーピング・アーカイブズ Keeping Archives』全16回がこのたび終了しました。これは、オーストラリア・アーキビスト協会が2008年に刊行した“Keeping Archives”第3版から、第17章「音声記録」及び第18章「動的映像」部分を映画保存協会の有志が翻訳したものです。第1回~第9回が第17章、第10回~第16回が第18章に当たります。

『キーピング・アーカイブズ Keeping Archives』連載第16回(勉誠出版)
http://bensei.jp/?main_page=wordpress&p=2738

バックナンバー(勉誠出版)
http://bensei.jp/?main_page=wordpress&cat=7

九大大学院ライブラリーサイエンス専攻、「レコードマネジメント・シンポジウム~レコードマネジメントが組織と社会を変える~」の報告書を公開

2012年5月8日に、九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻が、2011年12月3日に開催した「レコードマネジメント・シンポジウム~レコードマネジメントが組織と社会を変える~」の報告書を、同大学の学術情報リポジトリで公開しました。

レコードマネジメントが組織と社会を変える : レコードマネジメント・シンポジウム報告書 (九州大学学術情報リポジトリQIR内の報告書掲載ページ)
http://hdl.handle.net/2324/21684

「レコードマネジメント・シンポジウム~レコードマネジメントが組織と社会を変える~」の報告書を公開しました (九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻 2012/5/8付けの記事)
http://lss.ifs.kyushu-u.ac.jp/?p=607

オーストラリア・アーキビスト協会刊“Keeping Archives”から視聴覚メディア部分の翻訳が公開

オーストラリア・アーキビスト協会が2008年に刊行した“Keeping Archives”第3版の翻訳(一部)が勉誠出版のウェブサイトに掲載されています。このたび、映画保存協会の有志が同書の第17章「音声記録」と第18章「動的映像」を翻訳したもので、現在、第17章が公開されています。

『キーピング・アーカイブズ Keeping Archives』連載第1回(勉誠出版 2011/10/30付け)
http://bensei.jp/?main_page=wordpress&p=1311

キーピング・アーカイブズ 第17章・第18章(映画保存協会 2011/11/1付け情報)
http://www.filmpres.org/archives/4312

Keeping Archives
http://www.keepingarchives.com.au/

5月1日~7日は「記録・アーカイブズ週間2011」(ニュージーランド)

2011年5月1日から7日までは、ニュージーランド・アーカイブズ・記録管理協会(Archives and Records Association of New Zealand)の定める、「記録・アーカイブズ週間2011」(Records and Archives Week 2011)のようです。2011年は “From the Hangi pit to the Weetbix kid: Recording the history of food in New Zealand”と題して「食べ物」をテーマに各種のイベントが開催されているようです。このうちの一つとして、ニュージーランド国立図書館では、同館の所蔵している「食べ物」に関連した写真資料をFlickrで公開しているようです。

Records and Archives Week 2011 (Archives and Records Association of New Zealandのウェブサイト)
http://www.aranz.org.nz/Site/events/RAW_2011.aspx

英国図書館、4万件の電子メールを含む詩人ウェンディ・コープ氏のアーカイブを購入

2011年4月20日、英国図書館(BL)が詩人ウェンディ・コープ(Wendy Cope)氏のアーカイブを32,000ポンドで取得したと発表しました。このアーカイブには詩のノート、学生時代の宿題、教師時代の資料といった紙資料に加えて、40,000件もの電子メールが含まれているそうです。Wired Campusの記事によれば、BLが大規模な電子メールのコレクションを受け入れるのは、2007年のハロルド・ピンター(Harold Pinter)氏のアーカイブ以来、2度目になるそうです。

'Some sort of record seemed vital.' British Library acquires the archive of Wendy Cope (BL 2011/4/20付けプレスリリース)
http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/-Some-sort-of-record-seemed-vital-British-Library-acquires-the-archive-of-Wendy-Cope-4e6.aspx

Archive Watch: British Library Purchases Poet’s 40,000 E-Mails (Wired Campus 2011/4/22付け記事)

【イベント】国際シンポジウム「ビジネス・アーカイブズの価値:企業史料活用の新たな潮流」(5/11・東京)

2011年5月11日に、公益財団法人渋沢栄一記念財団の主催で、国際シンポジウム「ビジネス・アーカイブズの価値:企業史料活用の新たな潮流」が、東京の国際文化会館講堂で開催されるようです。内容は、ビジネス・アーカイブズの持つ(経営的、歴史的、学術的など)多元的価値を明らかにし、その価値を引き出すための政策、所属組織における最新の取り組みについての報告とのことで、日英同時通訳付きとのことです。

国際シンポジウム「ビジネス・アーカイブズの価値:企業史料活用の新たな潮流」 (実業史研究情報センター 2011/3/9付けの記事)
http://www.shibusawa.or.jp/center/network/01_icasbl/Tokyo/01yokoku.html

英国国立公文書館(TNA)、英国における宗教関係アーカイブズの調査結果を公表

英国国立公文書館(TNA)が、“Archives and Records Association ”と“Religious Archives Group”と共同で行なった、英国における宗教関係アーカイブズの調査結果を“Religious Archives Survey 2010”として公表しています。なお、同様の調査は2007年にも実施しているようです。

Religious Archives Survey 2010
http://www.nationalarchives.gov.uk/documents/tna-ras-web-17-nov.pdf

Read the Appendices to the Religious Archives Survey 2010
http://www.nationalarchives.gov.uk/documents/appendices-22-11-10.pdf

Religious Archives Survey
http://www.nationalarchives.gov.uk/religiousarchives/default.htm

Religious Archives Survey (UK) (2010/11/25付け Peter Scott's Library Blogの記事)

英国ケント大学とフランスのルーアン大学による共同プロジェクト“DocExplore”

英国ケント大学とフランスのルーアン大学が、カンタベリー大聖堂とルーアン市立図書館の協力の下、デジタル化した歴史文書を広く利用してもらうためのシステムを構築する共同プロジェクト“DocExplore”を行っています。プロジェクトでは、2009年4月からの1年間をシステム構築の準備のための第1フェーズとしており、第2フェーズでは、一般の利用者と研究者双方に価値のあるシステムを設計・構築していくとのことです。カンタベリー大聖堂が1,300年以上保存している中世のアーカイブコレクション“Canterbury Cathedral Archives”のデジタル化も行われるようです。

University helps Canterbury Cathedral digitise archives(ケント大学のニュースリリース)
http://www.kent.ac.uk/news/stories/cathedral-archives/2010

Illustrated London News紙、創刊から160年分のアーカイブを機関購読で提供

英国の週刊紙“Illustrated London News”が、Cengage Learning社と共同で、1842年の創刊から2003年までの160年分のアーカイブを提供すると発表しています。学生や研究者の利用を想定して、公共図書館や学術機関の機関購読で提供するとのことです。全文検索にも対応しており、本文中の検索語をハイライト表示する機能もあるようです。

Illustrated London News(Cengage Learning)
http://gale.cengage.co.uk/product-highlights/history/illustrated-london-news.aspx

CA1711 - 米国議会図書館における録音・映像資料の保存と活用の状況 / 川野由貴

1. はじめに 米国議会図書館(Library of Congress;以下、LCとする)の映画放送録音物部(Motion Picture, Broadcasting, and Recorded Sound Division;以下、MBRSとする)は、100万点を超える映像資料(映画フィルム、テレビ番組等)と300万点近くの録音資料(音楽CD・レコード、ラジオ番組、歴史的音声等)を所蔵する、世界有数の規模を誇る録音・映像アーカイブである(1)。所蔵するコレクションには、あらゆる記録メディアが含まれており、古いものでは、エジソンが発明した円筒型レコードや、1950年代頃まで使われていたナイトレートフィルムといわれる強い可燃性をもつ映画フィルム等が保存されている(2)。...

ページ