アーカイブ

トムソン・ロイター社、ビデオアーカイブに人工知能(AI)の技術を取り入れたことを発表

2020年8月13日、トムソン・ロイター社が、同社の提供するビデオアーカイブに人工知能(AI)の技術を導入したことを発表しました。

同アーカイブには、1896年以降の100万件近くの映像クリップが蓄積されています。

今回の導入は、デジタル時代におけるジャーナリズムの発展を支援するGoogleの助成金プログラムDigital News Innovation Fundを受けて行われました。発表によると、同社が提供するニュースに関するデジタルプラットフォーム“Reuters Connect”のユーザーは、英語、ドイツ語、フランス語、日本語をはじめとした11の言語の正確なトランスクリプションを利用できます。また、映像内に登場する著名人の特定が行われ、歴史的出来事等の画像へのアクセスが容易かつ迅速に行えるようになったことに触れられています。

新型コロナウイルス感染症拡大下の社会の記憶をアーカイブするチリ大学の取り組み“Memoria COVID-19”:Ex LibrisのPrimoとAlmaを活用して構築(記事紹介)

2020年8月13日、ProQuest社傘下の図書館システムベンダEx Librisは、新型コロナウイルス感染症拡大下の社会の記憶をアーカイブするチリ大学の取り組みを紹介したブログ記事を公開しました。

チリ大学では、新型コロナウイルス感染症が社会に拡大する中で、遠隔学習・在宅勤務・必要とされるソーシャルディスタンシングやフィジカルディスタンシング・課外活動・強制的な制限事項など、人々が日常生活や活動においてどのような変化を経験しているかについて、情報を収集し公開する取り組みを実施しています。取り組みは同大学の哲学・人文科学部歴史学科と情報サービス・図書館本部が共同で進めており、新型コロナウイルス感染症に関する個人的な体験談を写真・動画・手紙・携帯電話で作成したテキスト・音声・画像などの形で広く募集しています。Ex Librisの“Primo”を用いた同大学図書館のディスカバリーサービス内に専用ページとして“Memoria COVID-19”が作成され、同ページ上でGoogleフォームから体験談を投稿したり投稿された体験談を閲覧することが可能になっています。

米・ハーバード大学による#MeToo運動のアーカイブ(記事紹介)

2020年8月11付で、米国のハーバード大学の公式ニュースサイトである“The Harvard Gazette”に、同大学のアーサー・アンド・エリザベス・シュレジンガー図書館による#MeToo運動に関するアーカイブについての記事が掲載されました。

同館は米国における女性の生活やレガシーに関する多様な資料を収集しています。2017年10月に始まった、男性からの女性に対するハラスメントや暴力への抗議運動#MeTooについて、同館はウェブサイトやツイート、オンラインの記事をはじめとしたコンテンツを収集し、オンラインのアーカイブ“#metoo Digital Media Collection”を通して研究者向けに公開しています。

記事によると、アーカイブでは3,200万以上のツイートと1,100以上のウェブページ、数千の記事が提供されています。ツイートについては「#metoo」や「#timesup」等の同運動に関連する71のハッシュタグが付された、同運動に対して賛成・反対両方の立場のツイートIDのデータをダウンロードできます。

また、プライバシーやアクセス権に関する懸念から、データ利用原則に関する勧告や、ソーシャルメディアの提供者が提示する利用規約を遵守するということの周知を含んだ倫理声明文の作成を行ったことが述べられています。

米・カリフォルニア電子図書館、全国的なアーカイブ資料の検索支援ネットワーク基盤の構築に向けた2年間の研究・実証プロジェクトを開始

2020年7月28日、米・カリフォルニア電子図書館(CDL)は、米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)による98万2,175ドルの助成を活用して、全国的なアーカイブ資料の検索支援ネットワーク基盤の構築に向けた2年間の研究・実証プロジェクト“Building a National Finding Aid Network”を開始することを発表しました。

同プロジェクトには、各州・地域のアグリゲーター及び米国の図書館等のネットワークLYRASISとの緊密なパートナーシップの下で、CDLとOCLC・バージニア大学図書館が共同で取り組みます。インフラストラクチャーの老朽化や予算の減少等に伴い、情報検索環境下で米国内のアーカイブ資料の可視性が不十分な状況となっていることを背景に、コミュニティが主体的に関与して全ての関係者が利用可能なアーカイブ資料の検索支援ネットワークを構築し、包括的で持続可能なアクセスを提供することがプロジェクトの目的である、と説明されています。

東日本大震災・原子力災害伝承館(福島県)が2020年9月20日にオープン

2020年9月20日に、福島県双葉町の東日本大震災・原子力災害伝承館が開館します。

同館は、東日本大震災及び原子力災害によって失われた浜通り地域等の産業を回復するために新たな産業基盤の構築を目指す国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」の情報発信拠点として福島県が整備を進めていました。地震や原子力災害および復興の過程を示す資料を収集保存して未来に残すとともに、展示によって災害・復興に関する情報を発信し、さらにフィールドワークやワークショップ等の研修プログラム等を実施する施設である、としています。

館内の展示室では約24万点に及ぶ収蔵資料を活用した展示が行われる他、資料閲覧室では購入・寄贈により受入した震災に関する蔵書が閲覧可能となる予定です。

開館時間は平日(火曜日を除く)の午前9時から午後5時までで、入館には展示入館料(大人:600円)が必要です。

東日本大震災・原子力災害伝承館(福島イノベーション・コースト構想)
https://www.fipo.or.jp/lore

TRC-ADEAC株式会社、「新型コロナウィルス感染症対策アーカイブ」を公開:図書館での新型コロナウイルス感染症対策の記録をアーカイブ

2020年8月3日、TRC-ADEAC株式会社が、図書館での新型コロナウイルス感染症対策の記録をアーカイブ化する「新型コロナウィルス感染症対策アーカイブ」を公開したことを発表しました。

同アーカイブは、図書館流通センター(TRC)が指定管理者となっている図書館から提供された、新型コロナウイルス感染症対策に関する資料を蓄積し、公開するものです。8月5日時点で、5館から提供された、イベント中止のお知らせや館内の掲示物・写真をはじめとした約70件の資料が掲載されています。

新型コロナウィルス感染症対策アーカイブ(TRC-ADEAC)
https://trc-adeac.trc.co.jp/Html/Home/9900000010/topg/901corona-arch/index.html
※「更新情報」に、2020年8月3日付で「『新型コロナウィルス感染症対策アーカイブ』の公開を開始しました。」とあります。

韓国国会図書館、国会記録保存所が所管する国会関係記録の閲覧サービスを開始

2020年7月31日、韓国国会図書館が、国会記録保存所が所管する国会関係記録の閲覧サービスを8月3日から開始すると発表しています。

これまで、国会関係記録を閲覧できたのは、国会所属機関や公共機関のみで、一般利用には情報公開請求による手続きが必要でしたが、今回、30日前から5日前までの事前予約により利用できるようにしたものです。

利用可能な記録は、制憲議会から2004年8月までに作成された公開記録物約43万件です。

사이버 홍보실(サイバー広報室)(韓国・国会図書館)
https://www.nanet.go.kr/libintroduce/bododata/selectBodoDataList.do
※「333 국회도서관, 국회기록물 대국민 열람 서비스 실시 2020-07-31」(333 国会図書館、国会記録物対国民閲覧サービス実施 2020-07-31)とあります。

国際日本文化研究センター(日文研)、一般社団法人日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムが収集した放送脚本資料の一部を受け入れると発表

2020年7月30日、国際日本文化研究センター(日文研)が、一般社団法人日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムから、同コンソーシアムが収集した放送脚本資料の一部の寄贈を受けると発表しました。

1950年代以降のテレビ・ラジオ番組の脚本5,500冊超を今後数年間にわたって受け入れる予定で、今回、その第一弾として、2000年代以降のNHKラジオドラマの脚本を中心とする約800冊を受贈したとしています。

テレビ・ラジオ番組の脚本資料を受贈しました(日文研,2020/7/30)
http://topics.nichibun.ac.jp/pc1/ja/sheet/2020/07/30/s001/

参考:
CA1958 - 脚本アーカイブズ活動の成果と今後の展望 / 石橋 映里
カレントアウェアネス No.341 2019年9月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1958

E2282 - コロナアーカイブ@関西大学の開設経緯,特徴とその意図

コロナアーカイブ@関西大学は,関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)の一プロジェクトとして2020年4月17日に開設した,ユーザー参加型のコミュニティアーカイブである。KU-ORCASは,本学の東アジア文化研究のブランディング事業を推進する目的で設立されたセンターであり(E1967参照),その目的からすればこの取り組みはやや異質かもしれない。本稿では,一歴史研究者としての視点から,コロナアーカイブ@関西大学の開発経緯や特徴,その意図をまとめておきたい。

GitHub、GitHubアーカイブプログラムの一環でコードを北極圏に保存

2020年7月16日、GitHubが”GitHub Archive Program: the journey of the world’s open source code to the Arctic”と題したブログ記事を公開しました。記事では、GitHubアーカイブプログラムの一環で、GitHubで公開されているコードが北極圏にある貯蔵庫(GitHub Arctic Code Vault)にアーカイブされたことを報告しています。

GitHubアーカイブプログラムは、将来の世代のためにオープンソースソフトウェアを1000年間にわたり保存することを目的としています。2020年2月2日にGitHub上の全てのアクティブな公開されているリポジトリのスナップショットを作成しました。このプログラムのパートナーであるPiqlは、21TBのリポジトリのデータをpiqlFilm(デジタル感光性アーカイブフィルム)に転写しました。それらは、2020年7月8日にノルウェー・スヴァールバル諸島に所在するGitHub Arctic Code Vaultに格納されました。ブログ記事では、保存までの過程が写真と共に報告されています。

ページ