アーカイブ

【イベント】日本アーカイブズ学会2020年度大会(11/8、22・オンライン)

2020年11月8日と11月22日に、日本アーカイブズ学会2020年度大会がオンラインで開催されます。

同大会は、新型コロナウイルス感染症の影響で延期されていたもので、11月8日は4件のポスター研究発表、5件の自由論題研究発表会が行われます。11月22日には、国文学研究資料館名誉教授の高橋実氏による講演会「日本のアーカイブズ論の歩みに学ぶ」の後、大会企画研究会「社会の多様性とアーカイビング」が開催されます。

参加費は会員・非会員ともに無料で、事前に申込(10月初旬から受付開始予定)が必要です。

日本アーカイブズ学会2020年度大会(オンライン)開催概要について(日本アーカイブズ学会)
http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=345

ゲティ財団、同財団のデジタルコレクションを検索・閲覧できる“Research Collections Viewer”を公開:Linked Open DataやIIIFを採用

2020年9月2日、ゲティ財団(J. Paul Getty Trust)が、同財団のデジタルコレクションを検索・閲覧できる“Research Collections Viewer”の公開を発表しました。同財団の一次資料コレクションや、同一の芸術家に関する作品といった文脈に係る情報を容易に確認できるようにすることを目的としています。画像は国際規格IIIFに準拠しています。

同財団では、1997年以来大規模なデジタル化を進めていますが、デジタル画像とfinding aid(検索手段)は、常に別のシステムとして存在し、リンクを管理することで関連付けていましたが、“Research Collections Viewer”では、finding aidと関連するデジタル資料を結びつけることで、ウェブサイトの利用者が、1つの画面から、アーカイブ資料の構成を保持したまま、資料を見ることができるようになっています。

また、Linked Open Dataを活用して資料を接続させており、“Related Material”の機能を利用することで、アーカイブを直感的に調査し、人・場所・日付等の関係を調べることができます。

プライドハウス東京、「LGBTQコミュニティ・アーカイブ」プロジェクトを立ち上げ

2020年8月21日、プライドハウス東京「文化・歴史・アーカイブ」チームが、日本のLGBTQなどのセクシャル・マイノリティのコミュニティに関するプロジェクト「LGBTQコミュニティ・アーカイブ」を立ち上げることを発表しました。

プライドハウス東京は、セクシャル・マイノリティに関する情報発信や多様性に関するイベントの開催等を行っています。同プロジェクトでは、日本のセクシャル・マイノリティのコミュニティによる活動や文化の記録を収集・保存・共有するコミュニティ・アーカイブの構築が行われます。

8月21日から11月18日にかけて、資料関係費や保管整備費等のアーカイブ初期収集体制整備の資金調達、LGBTQコミュニティへの協働の呼びかけを目的としたクラウドファンディングが実施されています。

須賀川特撮アーカイブセンター(福島県)が2020年11月3日に開館:認知度向上作戦の第1弾として「シルエット怪獣ネーミング募集」を実施中

福島県の須賀川市は、2020年8月24日付の市長記者会見の中で、須賀川特撮アーカイブセンターが11月3日に開館予定であることを発表しました。

須賀川市は同センターについて、特撮監督の円谷英二氏が礎を築いた撮影技術、制作された作品等に関連する貴重資料等の収集・保存・修復・調査研究や、それらを通じた特撮文化の顕彰・推進を目的とした特撮文化拠点都市構築の要の施設に位置付けています。

また、須賀川市は同センターの認知度向上作戦の第1弾として、同センターの壁面にシルエットとして現れている怪獣について、ユニークで須賀川市らしさがどこかに現れたような名前を募集する「シルエット怪獣ネーミング募集」を実施しています。2020年8月25日から9月14日までの期間に、須賀川市内の小中学校や特別支援学校等に在籍している児童・生徒や、須賀川市に居住する市民等は1人1点まで怪獣の名前を応募することができます。

カナダ国立映画制作庁(NFB)、新型コロナウイルス感染症感染拡大下の生活を映像で記録する“The Curve”を公開:短編ドキュメンタリー3作品を公開

2020年8月24日、カナダ国立映画制作庁(NFB)が、“The Curve”の公開を発表しました。新型コロナウイルス感染症感染拡大下の生活を映像で記録するためのもので、同日、短編ドキュメンタリー3作品が公開されました。

“The Curve”は、40人のクリエーター・映画製作者の手による、アニメ・ドキュメンタリー・デジタルストーリーテリングといった形態の30作品により、全カナダの視点から、この前例のない時代を歩んでいくことはどの様なことなのかを示すためのもので、また、新型コロナウイルス感染症により生活に影響をうけた何百万もの人に発言の場を与えるもの、としています。

今後も夏から秋にかけて、作品の公開が続きます。

世界規模で展開された社会格差是正のための抗議活動“Occupy Movement”の歩みを保存するケース・ウェスタン・リザーブ大学(米国)の“Occupy Archive”(記事紹介)

米・オハイオ州のケース・ウェスタン・リザーブ大学(Case Western Reserve University)が発行するオンライン大学新聞“The Daily”に、2020年8月5日付で、同大学が2020年夏に開設したオープンソースのデジタルアーカイブ“Occupy Archive”を紹介する記事が掲載されています。

“Occupy Archive”は、2009年の世界的な金融危機、及びそれに続く大規模金融機関への救済措置等を背景に2010年頃から展開された、所得格差の是正や社会変革を求める抗議活動“Occupy Movement”の歩みを保存するデジタルアーカイブです。“Occupy Movement”は、街頭抗議デモとオンライン上のアドヴォカシー活動が結びついた最初期の事例として、現在の様々な社会運動に影響を与えています。活動から約10年が経過したことを踏まえて、その歩みへオンライン上で無料でアクセス可能なアーカイブとして“Occupy Archive”が立ち上げられました。

呉市(広島県)、「平成30年7月豪雨災害~呉市災害記録誌~」を発行:PDF版を同市のウェブサイトからダウンロード可能

2020年8月7日、広島県呉市の復興総室は、「平成30年7月豪雨災害~呉市災害記録誌~」を発行したことを発表しました。

同災害記録誌は、2018年に発生した「平成30年7月豪雨災害」の記憶を風化させることなく未来へ継承し、災害の教訓として活かしていくことを目的として、呉市が豪雨災害の被害状況・災害対応などを当時の状況を整理して取りまとめたものです。一般への販売は行われていませんが、同市のウェブサイトからPDF版をダウンロードすることができます。また、呉市内の図書館や市民センター、くれ協働センター、市政資料室(議会図書室)で閲覧することもできます。

「平成30年7月豪雨災害~呉市災害記録誌~」を発行しました(呉市復興総室,2020/8/7)
https://www.city.kure.lg.jp/site/saigaiinfo/kure-disaster-record-magazine.html

米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)、新型コロナウイルス感染症感染拡大下の体験談を募集するプロジェクト“History Now: The Pandemic Diaries Project”を開始

2020年8月17日、米国のニューヨーク公共図書館が、新型コロナウイルス感染症感染拡大下における体験談を募集するプロジェクト“History Now: The Pandemic Diaries Project”を開始したことを発表しました。

募集の対象は、新型コロナウイルス感染症感染拡大下の生活に関する個人の体験談を記録した音声ファイルであり、18歳以上であれば誰でも応募可能です。発表によると、今回の募集はプロジェクトの第1フェーズであり、2020年11月18日まで投稿を受け付ける予定です。また、ビデオを含んだ他の形式のファイルでの投稿を可能にし、プロジェクトの第2フェーズを展開したいということが述べられています。

投稿された音声ファイルは、NYPLの研究図書館にアーカイブされる予定です。

We Want to Hear Your Pandemic Story(NYPL, 2020/8/17)
https://www.nypl.org/blog/2020/08/17/pandemic-diaries

江戸川区立篠崎図書館(東京都)、在宅勤務を行った職員の当時の本への向き合い方をまとめた冊子『図書館員が屋根のしたで読んだ本の話』を作成

東京都の江戸川区立篠崎図書館が、冊子『図書館員が屋根のしたで読んだ本の話』を500部作成し、2020年8月1日から配布しています。

緊急事態宣言の発令に伴い、江戸川区立図書館は4月8日から5月27日まで全館が臨時休館となり、同館でも通常1日に10人程度の出勤者を5人以下に抑制し、職員全員が在宅勤務を経験したことから、職員に発案により、在宅勤務当時の本への向き合い方をまとめた冊子です。

当初の企画では読んだ本について書くことが意図されていたものの、実際には日々のニュースに気を取られて読書に集中できないことが多かったという経験を踏まえ、同館の特集コーナーでは8月から、比較的読みやすいリラクゼーションなどの癒し系の本を取り上げていると紹介されています。

配布期間は8月30日までですが、在庫がなくなり次第終了します。

トムソン・ロイター社、ビデオアーカイブに人工知能(AI)の技術を取り入れたことを発表

2020年8月13日、トムソン・ロイター社が、同社の提供するビデオアーカイブに人工知能(AI)の技術を導入したことを発表しました。

同アーカイブには、1896年以降の100万件近くの映像クリップが蓄積されています。

今回の導入は、デジタル時代におけるジャーナリズムの発展を支援するGoogleの助成金プログラムDigital News Innovation Fundを受けて行われました。発表によると、同社が提供するニュースに関するデジタルプラットフォーム“Reuters Connect”のユーザーは、英語、ドイツ語、フランス語、日本語をはじめとした11の言語の正確なトランスクリプションを利用できます。また、映像内に登場する著名人の特定が行われ、歴史的出来事等の画像へのアクセスが容易かつ迅速に行えるようになったことに触れられています。

ページ