アーカイブ

【イベント】シンポジウム「《アーカイブズでつながるコミュニティ》アーカイブズ・コミュニティを目指して」(11/6・オンライン)

2020年11月6日、企業史料協議会が主催する第9回ビジネスアーカイブズの日オンライン・シンポジウム「《アーカイブズでつながるコミュニティ》アーカイブズ・コミュニティを目指して」が、ウェブ会議サービスZoomを用いてオンラインで開催されます。

つながることでお互いの存在価値を高め、情報を発信する「アーカイブズ・コミュニティ」(アーカイブズでつながるコミュニティ)をどのように築いていくかを考えるシンポジウムです。

定員120人、事前申込み要(先着順)です。参加費用は、企業史料協議会の会員は無料、非会員は有料(1人1,000円)となっています。当日の主なプログラムは以下のとおりです。

【基調講演】
松崎裕子氏(公益財団法人渋沢栄一記念財団情報資源センター 企業史料プロジェクト担当/企業史料協議会理事)

【パネルディスカッション】
モデレータ:
松崎裕子氏
 
パネリスト:
樋川裕二氏(グンゼ株式会社 綾部本社総務課課長 /グンゼ博物苑前苑長)
豊嶋朋子氏(株式会社アンデルセン・パン生活文化研究所理事/広報室 社史編纂・史資料チームリーダー)
中野寛政氏(TOTO株式会社 TOTOミュージアム館長)

東京大学駒場図書館、同館の所蔵する「狩野亨吉文書」のうち「第一高等学校関係文書」と「清国留学生関係文書」のデジタル化画像を公開

2020年10月13日、東京大学駒場図書館(東京都目黒区)は、東京大学デジタルアーカイブズ構築事業により、同館の所蔵する「狩野亨吉文書」のうち「第一高等学校関係文書」と「清国留学生関係文書」を公開したことを発表しました。

「狩野亨吉文書」は、旧制第一高等学校(一高)の校長や京都帝国大学の初代文科大学長などを歴任した狩野亨吉の遺蔵資料群で、主に校務文書・個人書簡・日記が含まれています。今回は、狩野が東京大学教養学部の前身である一高の校長を務めた1898年から1906年の校務文書を中心とする資料群が公開されています。

なお、同資料の公開は、東京大学大学院総合文化研究科の田村隆准教授を研究代表者とする科学研究費助成事業(基盤研究(C))「狩野亨吉文書の調査を中心とした近代日本の知的ネットワークに関する基礎研究」の成果に位置付けられています。

【イベント】番組アーカイブの意義と未来への活用2020~"戦後75年"広島、長崎、沖縄からの報告~(11/21・オンライン)

2020年11月21日、公益財団法人放送番組センターと上智大学メディア・ジャーナリズム研究所の主催により、セミナー「番組アーカイブの意義と未来への活用2020~"戦後75年"広島、長崎、沖縄からの報告~」がオンラインで開催されます。

広島県、長崎県、沖縄県で戦争を伝える番組作りに取り組んでいる制作者が招かれ、戦争や平和への思い、映像アーカイブの意義等について講演が行われます。

定員は200人(要事前申込)で、参加費は無料です。

司会者および登壇者は以下の通りです。

●司会者:音好宏氏(上智大学 文学部新聞学科 教授)

●登壇者
・友定真治氏(中国放送 報道制作局 報道制作センター 部次長)
・佐藤有華氏(テレビ長崎 報道制作局 報道部 記者)
・山里孫存氏(沖縄テレビ放送 報道制作局 局次長)
・丹羽美之氏(東京大学 大学院情報学環 准教授)

【イベント】オープンサイエンス時代におけるデータアーカイブの役割とデータ活用:周辺的労働に関する短期パネル調査」を事例に(11/17・オンライン)

2020年11月17日、東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センターにより、セミナー「オープンサイエンス時代におけるデータアーカイブの役割とデータ活用:「周辺的労働に関する短期パネル調査」を事例に」が、オンラインで開催されます。

講演者は太郎丸博氏(京都大学)と三輪哲氏(東京大学)であり、オープンサイエンス時代にけるデータアーカイブの役割やデータの活用について考えるセミナーです。

受講料は無料(要事前申込)であり、誰でも参加が可能です。

オープンサイエンス時代におけるデータアーカイブの役割とデータ活用:「周辺的労働に関する短期パネル調査」を事例に(東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター)
https://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/center/event/

図書館員らの個人アーカイブを紹介するブログシリーズ:ブリティッシュ・コロンビア大学図書館(カナダ)の取組(記事紹介)

ブリティッシュ・コロンビア大学図書館(カナダ)による2020年10月8日付けの投稿で、同館の貴重書・特別コレクション部門が開始したブログシリーズ“Show and Tell: Selections from our Personal Archives and Libraries”が紹介されています。

アーキビストや図書館員らが自身の個人アーカイブから資料を紹介する内容で、祖母のレシピ本、子ども時代のスケッチブック、第二次世界大戦の日記などが取り上げられています。同大学の人類学博物館が2020年6月に開始した、個人アーカイブからの資料紹介を募集する取組“Museum of Me: Stories From Our Homes”に発想を得たものとあります。

関西大学、新型コロナウイルス感染症関連資料の収集投稿イベント「アーカイバソン」と、スペイン・インフルエンザ関連史料のデジタル化イベントを開催

2020年10月26日に、関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)が、新型コロナウイルス感染症関連資料の収集投稿イベント「アーカイバソン」と、スペイン・インフルエンザ関連史料のデジタル化イベントを開催します。

各イベントについては以下の通りです。

●新型コロナウイルス感染症関連資料の収集投稿イベント「アーカイバソン」
アーカイバソン(Archivathon)は、アーカイブ(Archive)とマラソン(Marathon)を合成した語であり、同イベントは新型コロナウイルス感染症関連資料を参加者とアーカイブすることが目的とされています。

オンラインで開催され、図書館、美術館・博物館、公文書館の職員が対象です。参加費は無料であり、事前の申込が必要です。

当日のプログラムは以下の通りです。

・プログラム趣旨説明
内田慶市氏(KU-ORCASセンター長)

・コロナアーカイブ@関西大学の投稿・閲覧方法の解説
菊池信彦氏(KU-ORCAS特任准教授)

・吹田市立博物館の資料収集の取り組み・資料選定基準の紹介
五月女賢司氏(吹田市立博物館学芸員)

・質疑応答

フランス・リヨン市文書館、所蔵資料の新たなポータルサイトを公開

2020年9月24日、フランスのリヨン市文書館が、同館所蔵資料を検索できる新たなポータルサイトを公開したことを発表しました。

同ポータルサイトでは、約37万件の書誌レコードと175万件以上のデジタル化画像がオンラインで提供されています。キーワード検索の他、画像資料、学術雑誌の記事等のテーマごとに検索することも可能です。

@archivesdelyon(Facebook, 2020/9/24)
https://www.facebook.com/archivesdelyon/photos/a.203962166302375/3549142481784310/?type=3&theater

ARCHIVES MUNICIPALES LYON
https://recherches.archives-lyon.fr/

E2305 - 東映太秦映画村・映画図書室について

2020年7月1日にコロナ禍の影響により予定より数か月遅れてようやく開室の運びとなった京都市の東映太秦映画村・映画図書室(映画図書室)を紹介する。

文部科学省、令和3年度の概算要求等の発表資料一覧を公表

2020年9月29日、文部科学省が、令和3年度の同省の概算要求に関する発表資料の一覧を公表しています。

文部科学省の概算要求では、「学校教育・社会教育を担う教育人材(社会教育主事、司書等)の資質能力の向上」、「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン(図書館のデジタル化(貴重資料等のデジタル化システムの構築))」、「特別支援教育の生涯学習化を進める「障害者活躍推進プラン」等の推進(図書館における障害者利用の促進)」等が挙げられています。

また、文化庁の概算要求では、「日本映画の創造・振興プラン(国立映画アーカイブとの有機的な連携)」「メディア芸術の創造・発信プラン(アーキビスト等人材の育成促進・メディア芸術DBの充実)」「文化遺産オンライン構想の推進」「災害等から文化財を護るための防災対策促進プラン」「博物館等の国際交流の促進」「文化関係資料のアーカイブの構築等に関する調査研究事業」「被災ミュージアム再興事業」等が挙がっています。

Internet Archiveによる学術論文のためのデータベース、Internet Archive Scholar(記事紹介)

2020年9月22日、ウェブ上で公開されている無料の文化・教育リソースを紹介するブログ“Open Culture”が、Internet Archive Scholarについて紹介しています。

オープンアクセスが進展してオンラインで閲覧可能な学術論文が増加する一方、それらの永続的な保存が課題となっています。このような背景から、Internet Archiveは、Internet Archive Scholar(アルファ版)を提供しています。Internet Archive Scholarは2,500万件以上の学術論文等の学術資料をインデックスしており、本文検索が可能となっています。

またブログ記事は、出版社がInternet Archive Scholarのサービスを停止するための法的な理由がないことにも触れており、学術界で望まれている革新に寄与できる可能性があることを指摘しています。神経学者のShaun Khoo氏の「研究者と一般の最善の利益に貢献する唯一の方法は、公共のインフラストラクチャと非営利の出版物を通してのみである」という言葉を引用して、Internet Archive Scholarが貢献できるだろうと述べています。

ページ