ヤングアダルト

米児童図書館サービス部会(ALSC)、若者に役立つ図書館でのメディア指導に関する白書を公開

2015年5月8日、米国図書館協会(ALA)の児童サービス部会(ALSC)が、若者に役立つ図書館でのメディア指導に関する白書“Media Mentorship in Libraries Serving Youth”を公開しました。

この白書では、児童図書館員のデジタルメディアの指導者としての役割を調査し、また、若者向けサービスを担当している司書が若者の計画的で適切で積極的なメディア活用において家族を支援することを要求しているとのことです。

ALSC Releases white paper: 'Media Mentorship in Libraries Serving Youth'(ALA,2015/5/8)
http://www.ala.org/news/press-releases/2015/05/alsc-releases-white-paper-media-mentorship-libraries-serving-youth

Media Mentorship in Libraries Serving Youth(ALSC)
http://www.ala.org/alsc/mediamentorship

米国における10代への図書館サービスの歴史と発展に関するレポート(文献紹介)

米国図書館協会(ALA)のヤングアダルト図書館サービス部会(YALSA)のオープンアクセスジャーナル“The Journal of Research on Libraries and Young Adults”Vol 4 (May 2014)で、“Beyond Books, Nooks, and Dirty Looks: The History and Evolution of Library Services to Teens in the United States”と題する記事が掲載されています。著者はセントジョンズ大学のShari A. Lee氏です。米国の公共図書館の役割等の変化を調査し、10代へのサービスの発展に対する影響を考察したレポートとのことです。

Beyond Books, Nooks, and Dirty Looks: The History and Evolution of Library Services to Teens in the United States(YALSA, 2014/5/5)

E1463 - 若者の図書館利用習慣と図書館への期待

図書館の利用習慣や図書館に対する期待は,若者と他の世代とでは異なるのだろうか。2013年6月25日,米国のPew Research Centerが,その実態を数量的に明らかにする調査レポートを公表した。このレポートは“Younger American's Library Habits and Expectations”と題するもので,調査は2012年10月15日から11月10日にかけて16歳以上の米国人を対象に電話インタビューにより実施されたものである。分析にあたっては,年齢区分として16-29歳,30-49歳,50-64歳,65歳以上を設定し,16-29歳を若者と定義している。若者については,さらに細かい区分(16-17歳,18-24歳,25-29歳)も設定している。...

熱く語る「図書部!!」:広島県立図書館が新設、部員募集

広島県立図書館が、「図書部!!」を新設するとのことで、“部員”を募集しています。日曜日に、本好きな大学生、高校生、中学生が広島県立図書館に集まり、面白かった本のこと話したり、図書館職員や外部講師が“顧問”となりビブリオバトルにチャレンジしたり、感動が伝わる文章の書き方を学んだりするようです。

広島県立図書館「図書部!!」部員募集(広島県立図書館 2013/4/5付け)
http://www.hplibra.pref.hiroshima.jp/hp/menu000002000/hpg000001912.htm

図書部!! 広島県立図書館が創設「読書は部活動だ」(広島ニュース 食べタインジャー 2013/4/10付け)
http://tabetainjya.com/archives/cat_3/post_2758/

YALSA“ヤングアダルトの365日”、ヤングアダルトサービスの成功事例の情報提供を求める(米国)

米国ヤングアダルト図書館サービス協会(YALSA)が、オンラインカレンダーの作成のため、図書館における若者向けサービスの成功事例を寄せてほしいとのプレスリリースを出しています。

これは、“ヤングアダルトの365日”タスクフォースの取り組みであり、内容はプログラム、サービス、ディスプレイ、アクティビティなど、どのようなものでもよいとのことですが、実際に成功した事例を寄せてほしいとのことです。

YALSA needs your hit teen program ideas for the 365 Days of YA online calendar(2012/11/20)
http://www.ala.org/news/pr?id=11898

国際子ども図書館、2015年開室予定の中高生向け「調べものの部屋(仮称)」の準備調査プロジェクトページを公開

2012年10月30日、国立国会図書館国際子ども図書館は、平成27年(2015年)の新館開館に合わせて開室する、中高生向けの「調べものの部屋(仮称)」の準備調査プロジェクトのウェブページを公開しました。「調べものの部屋(仮称)」では、学校図書館における学習支援のモデルケースをイメージしたサービスを提供する予定です。自由研究などを目的とした中高生の調べものに役立つサービスを行うとともに、図書館や図書館資料を使った探究学習・調べ学習の体験プログラムを用意し、修学旅行や郊外学習で上野公園を訪れた中高生に体験してもらうことを検討しています。また、そこで得られた学習支援のノウハウは、全国の学校図書館の参考となるように、ホームページ等を通じて公開していきます。

中高生向け調べものの部屋の準備調査プロジェクト (国際子ども図書館)
http://www.kodomo.go.jp/promote/school/room.html

「出版という名の宇宙は拡大し続けている」 フランクフルト・ブックフェア2012開幕

2012年10月10~14日にドイツのフランクフルトにおいて、出版界最大のイベントである“フランクフルト・ブックフェア2012”が開催されます。10月9日に開かれたプレスカンファレンスの場で、フランクフルト・ブックフェアの責任者Juergen Boos氏は「出版業界には日々新たなプレイヤーが参加し、新たな関係・アイディア・ビジネスモデルが生まれ続けている」と述べ、これを出版界の“ビッグ・バン”と形容しています。また、出版界の変化が特に顕著なのが児童とヤングアダルト向けのメディア部門であるとし、今年のブックフェアではこの領域がトピックとされています。

The publishing universe is expanding (Frankfurt Book Fair 2012/10/9付けの記事)
https://en.book-fair.com/fbf/journalists/press_releases/fbf/detail.aspx?PageRequestId=d779bca3-ace2-47c8-8a49-03e7ec63fff2&c20f0587-85d5-44d3-a9a4-eb75d0c6143b=e15ae150-d3f5-406e-bd95-b4a5d2e016fb

米国ヤングアダルト図書館サービス協会(YALSA)、ヤングアダルト向け物理的・仮想的図書館空間の作成ガイドラインを公表

2012年6月11日に、米国図書館協会(ALA)に属するヤングアダルト図書館サービス協会(YALSA)が、図書館員向けに10代の利用者用スペースの作成ガイドライン“Teen Space Guideline”を公表しました。これは、10代の利用者にとって効果的で居心地の良い空間の作成や、10代利用者向けのウェブサイトやソーシャルメディアの利用に関するガイドラインをまとめたもので、モデルとなる物理的・仮想的な図書館スペースの一覧も収録されています。

Teen Space Guidelines (PDF)
http://www.ala.org/yalsa/sites/ala.org.yalsa/files/content/guidelines/guidelines/teenspaces.pdf

2012年の米国のヤングアダルト向け優秀作品が発表、日本の漫画作品から『乙嫁語り』『放浪息子』がベスト10入り

2012年1月24日、米国図書館協会(ALA)に属するヤングアダルト図書館サービス協会(YALSA)が、2012年のヤングアダルト向け優秀作品を発表しました。そのうち「10代向けの優れたグラフィック・ノベル」部門では56作品が挙げられており、日本の作品から、森薫さんの『乙嫁語り』(A Bride’s Story)と志村貴子さんの『放浪息子』(Wandering Son)の2作品がトップ10に選ばれたようです。森薫さんは2008年にも『エマ』(Emma)でトップ10入りしています。その他、トップ10以外にも日本の作品が複数入っているようです。

YALSA names 2012 Great Graphic Novels for Teens (YALSA 2012/1/24付けニュース)
http://ala.org/news/pr?id=9143

Great Graphic Novels 2012 (YALSA)
http://www.ala.org/yalsa/booklists/ggnt/2012

Great Graphic Novels for Teens (YALSA)
http://www.ala.org/yalsa/ggnt

米国ヤングアダルト図書館サービス協会(YALSA)、ヤングアダルト向けの優秀作品を発表

米国図書館協会(ALA)に属するヤングアダルト図書館サービス協会(YALSA)が、2011年のヤングアダルト向けの書籍・メディアの優秀作品を発表しています。日本の作品では『土星マンション』(Saturn Apartments)が、「ティーン向けの優れたグラフィック・ノベル」部門でトップ10に入っています。

YALSA names 2011 Great Graphic Novels for Teens(ALAのニュースリリース)
http://ala.org/ala/newspresscenter/news/pr.cfm?id=6094

Great Graphic Novels for Teens(ALA)
http://www.ala.org/ala/mgrps/divs/yalsa/booklistsawards/greatgraphicnovelsforteens/gn.cfm

ページ