ヤングアダルト

第14回「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」が発表:岡山放送株式会社アナウンス室等が受賞

2021年9月29日、公益財団法人高橋松之助記念顕彰財団は、同財団が主催する第14回高橋松之助記念「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」の受賞者を発表しました。

同賞は、文字・活字文化振興法の理念に則り、読書推進と文字・活字文化振興に貢献し、顕著な業績をあげた学校及び地方自治体・団体・個人を顕彰する事を目的としています。

「朝の読書大賞」には、中津市立下郷小学校(大分県中津市)、学校法人創価学園関西創価中学校(大阪府交野市)、愛知県立豊田高等学校(愛知県豊田市)が、「文字・活字文化推進大賞」には岡山放送株式会社アナウンス室が選ばれています。

岡山放送株式会社アナウンス室の受賞理由として、東日本大震災を契機として2011年から実施している出張朗読会の取組が挙げられており、2018年の西日本豪雨で被害を受けた倉敷市真備町(岡山県)でも、復旧・復興の中で読書環境の充実に貢献しようと朗読会を実施したこと等が紹介されています。

東京都立中央図書館、「都立中央図書館で学ぶ!はじめてのレポート・論文作成ガイド」の改訂版を公開

2021年9月15日、東京都立中央図書館は、「都立中央図書館で学ぶ!はじめてのレポート・論文作成ガイド」の改訂版を公開したことを発表しました。同館ウェブサイト上で全文のダウンロードが可能となっています。

同ガイドは、中学生・高校生が初めてレポートや論文作成に取り組む際の「はじめの一歩」として利用できる構成になっており、初版は2017年3月に公開されました。今回の改訂におけるポイントとして、「デザインを一新」「レポート作成に役立つツールの紹介を大幅増強」「SDGsをレポートのテーマに設定」の3点が挙げられています。

新着情報(東京都立図書館)
https://www.library.metro.tokyo.lg.jp/guide/whats_new/
※2021年9月15日付けで、東京都立中央図書館からのお知らせとして「「都立中央図書館で学ぶ!はじめてのレポート・論文作成ガイド」を改訂しました!」が掲載されています。

E2421 - 子どもの読書活動における電子書籍活用の現状

文部科学省では,2014年度から毎年度,「子供の読書活動の推進等に関する調査研究」を実施している。2020年度の同調査(以下「2020年度調査」)では,「電子書籍や電子メディアを活用した読書活動の推進及び言語活動の充実に関する施策について,詳細な実態把握とその分析を行い,今後の子供の読書活動の推進に向けた一助とすること」を目的として,全国の都道府県と市町村の教育委員会(以下「自治体」)を対象としたアンケート(2020年11月)と,先進事例を対象としたヒアリング(2020年12月から2021年2月)を行っている。文部科学省では,2018年度にも「子供の電子メディアの利用実態を把握し,読書活動等の関係を捉えること」を目的に子どもとその保護者を対象とした調査を実施しており(E2171参照),2020年度調査はその継続研究といえる。調査にあたっては,秋田喜代美氏(東京大学教授(当時))を座長とする委員会が組織され,筆者も委員として参画する機会を得た。本稿では,2020年度調査の主な結果を概観する。

Europeana、ハンドブック「パンデミック下のデジタル学習」を公開:Europeanaのコンテンツを活用した授業シナリオを収録

Europeana Proのウェブサイトにおいて、2021年8月30日付けでハンドブック「パンデミック下のデジタル学習」(Digital learning in the pandemic)の公開が発表されています。

Europeanaのイニシアチブ“Europeana Education”と、欧州各国の教育政策担当省庁のネットワーク“European Schoolnet”が作成に携わったものであり、Europeanaのコンテンツを活用した授業シナリオのコンペティション“Europeana Education Competition 2021”での受賞シナリオ等を収録しています。

泉大津市立図書館「シープラ」(大阪府)、2021年9月1日にオープン

2021年9月1日、大阪府の泉大津市立図書館「シープラ」がオープンしました。

活動の3つの柱、サービスの3つの柱、7つの図書館像を示すとともに、8つの機能として、(1) 読書啓発、生涯学習機能、(2) 子どもの健全育成機能、(3) 青少年の健全育成、(4) ビジネス支援機能、(5) 国際化・ICT化対応、(6) 観光案内機能、(7) 郷土資料の充実、(8) イノベーション機能、を掲げています。

泉大津市立新図書館「シープラ」って?(泉大津市,2021/9/1)
https://www.city.izumiotsu.lg.jp/kakuka/kyoikuiinkai/shogaigakushu/sintosyokan/1608858801836.html
※「新図書館シープラは、9月1日水曜日午前10時、泉大津駅前商業施設アルザタウン泉大津4階にオープン!」とあります。

米・スミソニアン図書館・文書館、学習支援機能を備えたデジタルアーカイブ“Smithsonian Learning Lab”で情報リテラシーに関するコレクションを公開

2021年8月23日、米・スミソニアン図書館・文書館(Smithsonian Libraries and Archives)が、学習支援機能を備えたデジタルアーカイブ“Smithsonian Learning Lab”に、情報リテラシーに関するコレクションを搭載したと発表しました。

情報リテラシーへの理解と、この分野におけるスキルを促すことを目的としたもので、情報を効果的に識別し、見つけ、評価し、活用する方法について批判的に考えることを支援するインタラクティブなオンラインコレクションであると説明されています。

全ての年齢に有用であるものの、6年生から12年生を対象としており、一次資料の理解、作成者の視点やバイアス、事実と意見、テキストの要約/統合/分析、典拠の引用、言い換えと剽窃、さまざまなメディア/情報源での調査、テキストの信頼性・正確性の評価といったものに焦点が当てられています。

高校生が県内の経営者におすすめ本をインタビューする福井県・福井銀行連携企画「つなぐ図書バトン・つむぐ読書の輪」の2021年度第1回を実施:「第3次福井県子どもの読書活動推進計画」に基づく事業

福井県と福井銀行は、連携企画「つなぐ図書バトン・つむぐ読書の輪」の2021年度の第1回を、2021年8月25日に福井銀行本店にて実施すると発表しました。

「第3次福井県子どもの読書活動推進計画」に基づく事業で、高校生が県内経営者に、人生に影響を受けた本などについてインタビューを実施し、福井銀行の公式SNSで記事を発表するものです。

第1回は福井商業高等学校の3年生4人・2年生1人が参加して行われます。

高校生が、県内経営者におすすめ本をインタビューします(福井県,2021/8/23)
http://www2.pref.fukui.jp/press/view.php?cod=9R566e1624968578G6

琉球大学附属図書館、夏休み企画「図書館イチオシ!今年の自由研究はこれで決まり!」を公開:図書館資料をいかした自由研究を提案

2021年7月16日、琉球大学附属図書館が、「誰でも気軽に使えて、学べる沖縄の貴重資料を!」を合言葉に情報発信を行う「きじむんTV」の初企画として、夏休みを前に、図書館資料をいかした自由研究を提案する「図書館イチオシ!今年の自由研究はこれで決まり!」を同館ウェブサイトにて公開しました。

ウェブサイトでは、3つのテーマ「図書館オリジナル「聖人上」をやってみよう!」、「戦前の沖縄を探しに行こう!」、「首里城の中の琉球大学と琉球大学の中の首里城」について、関連資料や参考本に加え、図書館職員によるコラムや動画を掲載しています。

お知らせ一覧(琉球大学附属図書館)
https://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/category/info/
※2021年7月16日付けで、「図書館イチオシ!今年の自由研究はこれで決まり!」と掲載されています。

韓国・教育部、夏休みの非対面での読書活動を支援するため、全国の児童・生徒・教員等を対象とした電子書籍サービスを実施:昨年より対象や冊数を拡充

2021年7月26日、韓国・教育部は、全国の児童・生徒・教員等を対象とした電子書籍サービス「북드림(BookDream)」の実施を発表しています。同部とロッテ奨学財団・教保文庫が締結した学校における読書教育振興のための業務協約に基づくものです。

夏休みの非対面での読書活動を支援することを目的としたもので、昨年4月から2か月間運営したものに続いて2回目の実施となります。昨年は児童・生徒が対象でしたが、今年からは教員および小中学校に就学していなかったり学業を中断した学生への支援事業でも活用できるようになったほか、1にあたり最大4冊まで利用可能だったものを10冊まで拡充しています。また、タイトル数も昨年の4万2,000点から約6万2,000点へと増加しています。

米国議会図書館(LC)、キャプションや描画等で注釈を付与できる“Speculative Annotation”を公開

2021年7月29日、米国議会図書館(LC)が、LC Labsにおいて“Speculative Annotation”を公開したと発表しています。

同館の2021年のイノベーター招聘プログラムInnovator-in-Residenceにおいて、アーティストのマクレラン(Courtney McClellan)氏が学生や教員による利用を念頭において作成した無料のアプリで、LCのコレクションから選定された資料を選択し、キャプションや描画等で注釈を付与する機能があります。

図書館員が付与した注釈例やリンクされた資料を用いて、資料に関するさらなる調査が可能なほか、自身での調査に基づいて同館のオンラインレファレンスサービスAsk a Librarianでレファレンスサービスを受ける事もできます。

マクレラン氏は、教員が、“Speculative Annotation”で作成したものをハッシュタグ#annotateLOCを付与してソーシャルメディア上で共有し、当該資料とその今日との関係についての全国規模での議論に参加することを期待すると述べています。

8月26日には、マクレラン氏や現代芸術の専門家等によるウェビナーも開催されます。

ページ