全国公共図書館協議会

全国公共図書館協議会、2015年度の「公立図書館における課題解決支援サービス」の調査研究について報告書を公開

2016年4月15日更新の全国公共図書館協議会のウェブサイトで、同協議会が、2014・15年度の2か年で実施している「公立図書館における課題解決支援サービス」の調査研究の報告書(2015年度分)が公開されています。

2014年度の実態調査の結果の分析とともに、全国の7地区10館の事例が紹介されています。

紹介されている図書館とサービスは以下のとおりです。

・大仙市立大曲図書館(秋田県):行政ビジネス支援サービス
・埼玉県立久喜図書館:健康・医療情報サービス
・飯田市立中央図書館(長野県):ビジネス支援サービス
・多気町立勢和図書館(三重県):地場産業支援・市民活動支援サービス
・豊中市立図書館(大阪府):行政支援サービス
・米子市立図書館(鳥取県):課題解決支援サービス
・坂出市立大橋記念図書館(香川県):ビジネス支援サービス
・大川市立図書館(福岡県):子育て支援サービス(「読書タイムプレゼント」事業)
・大分県立図書館:法律情報支援(外部機関との連携等)
・あやかりの杜図書館(沖縄県):ビジネス支援サービス

調査研究報告書(全国公共図書館協議会, 2016/4/15更新)
http://www.library.metro.tokyo.jp/zenkoutou/tabid/2270/Default.aspx

E1711 - 課題解決支援サービスに関する実態調査報告書について

◯はじめに
 全国公共図書館協議会(事務局:東京都立中央図書館)では,2014・15年度の2か年で,「公立図書館における課題解決支援サービス」についての調査研究に取り組んでおり,2014年度は全国の公立図書館を対象に実態調査を行った。課題解決支援サービスについては,これまで先進的な事例紹介や,テーマをしぼった調査等が行われてきたが,全国の公立図書館を対象とした,サービス全体をとらえる調査は実施されていない。今回の調査で,サービスの全体像や実態を明確にすることにより,公立図書館の課題解決支援サービスの一層の充実に寄与できればと考えている。

全国公共図書館協議会による、公立図書館における評価に関する調査研究(平成20年度分)

全国公共図書館協議会が平成20年度・21年度の2か年で実施している、公立図書館における評価に関する調査研究のうち、平成20年度の調査結果が、ウェブサイトで公開されています。第1章では各自治体の状況と図書館運営に関する調査の実施状況についての調査結果が、第2章では調査を実施している館における調査の内容、評価の実施等についての調査結果が掲載されています。

2008年度(平成20年度)公立図書館における評価に関する実態調査報告書
http://www.library.metro.tokyo.jp/15/15h2008.html