学術情報基盤

E932 - Web 2.0環境下で,学習者の期待に応える高等教育とは?(英国)

2009年3月,英国の高等教育関係者14名からなる「変わりゆく学習者の経験を調査する委員会」が,Web 2.0環境下における学習者の経験や期待に応える高等教育を実現する戦略・政策に資するべく行った調査の結果を,『Web 2.0世界における高等教育(Higher Education in a Web 2.0 World)』として刊行した...

「平成21年度版 科学技術白書」、閣議決定される

2009年6月2日、「平成20年度科学技術の振興に関する年次報告」(「平成21年度版 科学技術白書」)が閣議決定され、国会に報告されることになりました。

「平成20年度科学技術の振興に関する年次報告」について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/06/1267522.htm

「平成21年度版 科学技術白書」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa200901/1268148.htm

スイスで国立図書館と大学図書館のメタデータ・ハブを構築の動き

スイスで、国内の大学図書館と国立図書館のメタデータ・ハブ“SwissBib”を構築するプロジェクトが立ち上がっています。SwissBibにより、スイスの科学情報へのアクセスを容易にし、また包括的なものにすることが目的で、2008年から2011年にかけて取り組まれます。このプロジェクトは、スイスの全国規模の大学の協同プログラム“E-lib-ch”の枠組みのなかで実施され、スイス大学会議(Swiss University Conference)から資金援助を受けています。
また先日、このプロジェクトのソフトウェアの展開とホスティングをOCLCが行うことが発表されました。

SwissBib
http://www.swissbib.org/wiki/Main_Page

OCLCとの契約に関するプレスリリース

英国図書館、2008年から2011年にかけての戦略を発表

英国図書館(BL)はこのほど、2008年から2011年にかけての戦略を発表しました。これは、2005年に発表された3か年戦略『図書館を再定義する』をベースにしており、前戦略と同様、学術研究や研究コミュニティに貢献することに特に重点が置かれています。この戦略でBLは、(1) 英国の電子出版物を広範囲に収集し、保存すること、(2) 利用者をBLのコンテンツに結び付けること、(3) 新聞のアクセスと保存を変容すること、(4) 革新的なサービスと統合的なプロセスによって、英国の研究活動を支援すること、(5) BLの電子的インフラを構築すること、(6) 書庫と物質的なコレクションの保存を統合すること、(7) 組織として発展すること、という7つの戦略的優先課題を挙げています。

BLのニュースリリース

E840 - eポートフォリオの活用方法(英国)

英国ではここ数年,教育に関するあらゆる部門でeポートフォリオへの注目が高まっているという。eポートフォリオとは,「学習者の学習経験およびその結果 身に付けた能力などの証拠となる,学習者が作成した一連のデジタル形態の学習成果物」を指す用語で,学習者が自分の成果を同僚の研究者,教師,評価者,雇 用者等に示すものである。学習者個人に特化したものであること,これまでの学習成果を踏まえて今後の学習の方向性を計画するといった自省的な学習を促進す ることなどが特徴とされる。...

JISC、eアセスメントを利用してeラーニングに関する評価を実施

英国情報システム合同委員会(JISC)が、eラーニングに関するeアセスメントをおこない、その結果を公表しています。
なおeアセスメント(e-Assessment)とは、「徹底した電子的な評価のプロセスであり、そこにおいて情報通信技術(ICT)が、評価の提示と返答の記録に利用される」ものであると、JISCは定義しています。

e-Assessment: An overview of JISC activities
http://www.jisc.ac.uk/publications/publications/bpeassessoverviewv2.aspx

PubMed Central Canada設立に向けて

カナダ国立研究機構国立科学技術情報機関(NRC-CISTI)とカナダ保健研究機構(Canadian Institutes of Health Research;CIHR)が、CIHRが助成した研究成果のリポジトリをPubMed Central Canada(PMC)として設立することに向け、活動中だということです。NRC-CISTIとCIHRは現在、PubMed Centralを運営する米国国立医学図書館(NLM)に、サービスの協同スポンサーとなってもらうよう、交渉中です。

PubMed Central Canada (PMC Canada) initiative
- OA LIBRARIAN 2008/9/17付けの記事
http://oalibrarian.blogspot.com/2008/09/pubmed-central-canada-pmc-canada.html

欧州委員会、欧州研究インフラのための法的フレームワークの整備を理事会に勧告

研究インフラが複雑化・高額化している現状において、国を越えて複数の機関が適切なパートナーシップを結ぶことを可能にし、協同で研究を行えるような、欧州研究インフラ(European Research Infrastructures)のための法的フレームワークを整備するよう、欧州委員会が2008年7月16日、欧州理事会に対して勧告しました。

プレスリリースによれば、順調に行けば2008年12月に採択され、2009年の中頃には法的フレームワークが整備できるだろうとされています。

Commission proposes a legal framework for European Research Infrastructures
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/08/1142

E804 - 持続可能なオンライン学術資源プロジェクトとは<文献紹介>

本報告書は,非営利のオンライン学術資源(OAR)プロジェクトが持続可能なものとなるためのメカニズムを体系的に理解できるよう,英国情報システム合同 委員会(JISC)が非営利法人Ithakaに委託した調査研究の成果である。Ithakaは,非営利プロジェクトの持続可能性に焦点を当てた関連文献の 分析を行い,営利企業,特に新聞業界における同種の取り組みと比較するとともに,OARプロジェクト関係者へのインタビュー,さらにはIthaka自身の 経験-JSTOR(CA1520参照),Portico(CA1597参照)など-を踏まえ,本報告書をまとめ上げた。これは,3段階のプロセスの第1段階と位置付けられており,次に行うべき作業に関する議論のためのコンテクスト構築を目的としている。...

ページ