リポジトリ

欧州における多分野の灰色文献を収録したリポジトリ“OpenGrey”にフランス語の学位論文が追加

2014年2月17日、欧州における多分野の灰色文献を収録したリポジトリ“OpenGrey”にフランス語の学位論文の書誌情報約20万件が追加されたとのことです。フランスの大学図書館の総合目録“Sudoc(Systeme Universitaire de documentation)”からのデータ提供によるものとのことです。

Research informationの記事によると、2000年以降の学位論文が収録されており、Sudocの対応するデータへのリンクにより、ILL利用のための所蔵情報などが利用できるとのことです。また、12,000件のデータについては、電子版の学位論文のフルテキストにリンクしているとのことです。

OpenGrey
http://www.opengrey.eu/

OpenGrey repository adds French theses(Research information, 2014/2/26付)
http://www.researchinformation.info/news/news_story.php?news_id=1508

参考:
欧州における多分野の灰色文献を収録したリポジトリ“OpenGrey”
Posted 2011年6月22日
http://current.ndl.go.jp/node/18475

リポジトリ用ソフト“DSpace”、バージョン4.0がリリース

オープンソースの機関リポジトリ用ソフト“DSpace”のバージョン4.0がリリースされています。改良点として、Discovery、エンバーゴ機能、Google Scholarのための検索エンジン最適化(SEO)などが挙げられています。

NOW AVAILABLE: DSpace 4.0–New REST API, SWORDv2 Module Update, JSPUI Look and Feel+++(DURASPACE.org, 2013/12/18付け)
http://duraspace.org/now-available-dspace-40%E2%80%93new-rest-api-swordv2-module-update-jspui-look-and-feel

DSpace 4.0 Release Note
https://wiki.duraspace.org/display/DSDOC4x/Release+Notes

Discovery
https://wiki.duraspace.org/display/DSDOC4x/Discovery

参考:
E1459 - DSpaceコミッター就任の鈴木敬二さんにインタビュー カレントアウェアネス-E No.242 2013.08.08

北米研究図書館協会(ARL)が報告書シリーズ“SPEC Kit”第338号を刊行 - 「図書館における主題リポジトリの運営」がテーマ

2013年12月17日、北米研究図書館協会(ARL)が、報告書シリーズ“SPEC Kit”第338を刊行しました。今号のテーマは「図書館における主題リポジトリ(disciplinary repositories)の運営」となっています。

PubMed Centralなど12の主題別リポジトリをとりあげ、研究図書館が主題別リポジトリの運営にどのように関わるかについて検討したもので、主題別リポジトリのスコープ、収集方針、資金調達モデル、評価と実践、人員配置等について考察したものとのことです。

なお本文は有料ですが、目次とサマリーは無料で公開されています。

Library Management of Disciplinary Repositories, SPEC Kit 338, Published by ARL (ARL 2013/12/17付けの記事)
http://www.arl.org/news/arl-news/3068-library-management-of-disciplinary-repositories-spec-kit-338-published-by-arl

SPEC Kit 338: Library Management of Disciplinary Repositories (November 2013)

欧州の電子インフラ推進プロジェクト"CHAIN-REDS"とラテンアメリカのOA推進のための国際組織“LA Referencia”が提携

2013年6月12日、欧州議会のFP7プロジェクトの一つとして、様々な学問領域にまたがる電子インフラの構築を推進する“CHAIN-REDS”が、ラテンアメリカのオープンアクセス化を目指す国際組織“LA Referencia”との提携を発表しました。これにより、LA Referenciaに参加しているアルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、エクアドル、メキシコ、ペルー、ベネズエラのオープンアクセスリポジトリが、CHAIN-REDSのナレッジベースで検索できるようになったとのことで、今後CHAIN-REDSからリポジトリ登録資料の検索が可能となるようです。

国立女性教育会館、「日本女性のミニコミデータベース」を公開

国立女性教育会館が、「日本女性のミニコミデータベース」を、埼玉県地域共同リポジトリSUCRAで公開したとのことです。

女性教育情報センターでは、所蔵するミニコミ誌について、平成24年度に、主に国連婦人の10年(1976年~1985年)までに刊行が開始されたものから目録を整備してきました。今回公開されたのは45タイトルで、このうち許諾が得られたものは、デジタル化され公開されているとのことです。

欠号のものについては、寄贈が呼び掛けられています。

「日本女性のミニコミデータベース」
http://www.nwec.jp/jp/center/page19.html
※「平成24年度掲載タイトル一覧」あり

SUCRA(埼玉県地域共同リポジトリ)
http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/listitem.php?index_id=22973

OCLC Research、主題リポジトリのビジネスモデルや持続可能性に関するレポートを公表

2012年5月11日、OCLC Researchが、主題リポジトリ(disciplinary repositories)についてまとめたレポート“Lasting Impact: Sustainability of Disciplinary Repositories”を公表しました。レポートでは、特に、AgEcon Search、arXiv.org、EconomistsOnline、E-LIS、PubMed Central、RePEc、SSRNという7つのリポジトリのビジネスモデルについて詳しく分析されており、それらの持続可能性などについて議論されています。

Lasting Impact: Sustainability of Disciplinary Repositories(PDF:18ページ)
http://www.oclc.org/research/publications/library/2012/2012-03.pdf

HathiTrustを利用した研究のための環境等を提供するHathiTrust Research Centerが開設へ

2011年4月18日に、米国インディアナ大学が、米国等の大学による共同デジタルリポジトリ“HathiTrust”とイリノイ大学とともに、“HathiTrust Research Center”(HTRC)を開設すると発表しています。HTRCでは、非営利目的で教育関係の利用者に対して、HathiTrustに登載されているパブリック・ドメインの資料をオープンアクセスで提供するほか、著作権保護対象資料についても限定的にアクセスできるようにするとのことです。また、HathiTrustのデータを使って研究する研究者のためのコンピュータ環境等も提供するようです。

IU, University of Illinois launch HathiTrust Research Center for computational access to archives (Indiana University 2011/4/18付けのニュースリリース)
http://newsinfo.iu.edu/news/page/normal/18245.html

リポジトリ用ソフト“DSpace”の使用機関が全世界で1000機関を突破

オープンソースのリポジトリ用ソフト“DSpace”を使用している機関の数が、全世界で1000機関を超えたとのことです。この1年間での国別の増加数では、日本が33機関で最も多いとのことです。

DSpace User Community Reaches Milestone(2011/1/27付けDuraSpace Blogの記事)
http://expertvoices.nsdl.org/duraspace/2011/01/27/dspace-user-community-reaches-milestone/

HathiTrust、OCLCと共同でWorldcatLocalを使った検索システムを構築

米国の大学等による共同リポジトリ事業“HathiTrust”とOCLCが、WorldcatLocalのインターフェースを使って、同事業が運営する電子図書館“HathiTrust Digital Library”用の検索システムを構築したようです。検索結果画面にはWorldCatの書誌情報が掲載され、HathiTrust Digital Libraryのコンテンツへのリンクが形成されています。現在はプロトタイプという段階で、利用者からのフィードバックを求めているとのことです。

HathiTrust Digital Library and OCLC introduce WorldCat Local prototype(OCLCのニュースリリース)
http://www.oclc.org/news/releases/2011/20114.htm

WorldCat: HathiTrust Digital Library(Prototype Catalog)
http://hathitrust.worldcat.org/

Help - Using the Digital Library(HathiTrust)
http://www.hathitrust.org/help_digital_library#WorldCatLocal

参考:

EUが助成した研究成果をオープンアクセスで提供するリポジトリ連携“OpenAIRE”

2010年12月2日、欧州委員会(EC)のプレスリリースによると、EUが助成した研究成果をオープンアクセスで提供するリポジトリを連携させる“OpenAIRE”(Open Access Infrastructure for Research in Europe)が公開されたようです。OpenAIREを通じて提供される研究分野は、保健、エネルギー、環境、ICT及び研究インフラに関するものの一部、社会科学、人文科学、「社会における科学」等のようです。

OpenAIRE
http://www.openaire.eu/

ページ