公文書館

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)、「九州北部豪雨 資料保存利用機関等状況確認報告」を発表

2019年9月2日、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)が、「九州北部豪雨 資料保存利用機関等状況確認報告」を発表しました。

8月29日時点の状況をまとめたもので、福岡県の福岡共同公文書館・柳川古文書館、佐賀県の佐賀県公文書館・有田町歴史民俗資料館全て「目立った被害なし」と報告されています。

全史料協 新着情報
http://www.jsai.jp/
※2019.9.02欄に「報告 九州北部豪雨 資料保存利用機関等被災状況」とあります。

九州北部豪雨資料保存利用機関等状況確認報告(令和元年8月29日時点)[PDF:1ページ]
http://jsai.jp/ibbs/b20190902saga.pdf

【イベント】全史料協第45回全国(安曇野)大会及び研修会(11/14-15・安曇野)

2019年11月14日と15日、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)主催の、第45回全国(安曇野)大会及び研修会が、安曇野市豊科公民館で開催されます。

大会のテーマは「「文書館(ぶんしょかん)」をつくる ~市町村が拓くアーカイブズ活動~」です。

参加には事前の申し込みが必要で、参加費は資料費として会員1,000円・非会員2,000円です。

第45回全国(安曇野)大会及び研修会(全史料協)
http://jsai.jp/taikai/azumino/index.html

大会案内 [pdf:2MB]
http://jsai.jp/taikai/azumino/taikaiannai.pdf

愛知県公文書館、企画展「写真で見る あいちの地震・台風―伊勢湾台風60年―」を開催

愛知県公文書館が、2019年9月17日から11月22日まで、企画展「写真で見る あいちの地震・台風―伊勢湾台風60年―」を開催します。

2019年が伊勢湾台風60年であることから、濃尾地震・東南海地震・三河地震や昭和28年第13号台風・伊勢湾台風といった同県に被害を与えた過去の災害を振り返り、改めて防災への意識を高めることを目的に、被災当時の様子が分かる写真、新聞記事や公文書等を展示するものです。

愛知県公文書館企画展「写真で見る あいちの地震・台風―伊勢湾台風60年―」を開催します!(愛知県,2019/8/27)
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/houmu/kobunshokan5.html

チラシ [PDF:2ページ]
http://www.pref.aichi.jp/kobunshokan/kikakutenR01.pdf

ジャパンサーチ(試験版)、「画像検索」機能を実装

2019年8月28日付けのジャパンサーチ(試験版)のお知らせで、新機能「画像検索機能」のリリースが発表されています。

「画像検索機能」はサムネイル画像が登録されているデータベースについて、類似画像を検索できる機能です。検索結果でサムネイル画像を選び、「画像検索アイコン」を押すと類似画像が表示されます。また、横断検索画面の「画像で検索」ボタンから検索したい画像を直接指定して検索することもできます。

お知らせ(ジャパンサーチ(試験版))
https://jpsearch.go.jp/news
※2019年8月28日付けのお知らせに「新機能「画像検索機能」をリリース」とあります。

@jpsearch_go(Twitter,2019/8/28)
https://twitter.com/jpsearch_go/status/1166623131852791808

米国国立公文書館(NARA)、米・退役軍人省と連携し、ベトナム戦争に参加した軍艦の航海日誌をデジタル化し公開へ

2019年8月21日、米国国立公文書館(NARA)は、米・退役軍人省と、NARAが保管しているベトナム戦争に参加した海軍と沿岸警備隊の軍艦の1956年から1978にかけての航海日誌をデジタル化する協定を8月9日に締結したと発表しました。

航海日誌には、ベトナム戦争従軍者からの申立内容を検証し、障害給付金を受けるために必要な重要な情報が含まれているものの、NARAに訪れないと見ることができないため、8月から、退役軍人省がデジタル化作業を開始するものです。

NARAでは、退役軍人省からデジタル化画像が転送され、プライバシーにかかわる選別が行われた後、ウェブサイトでの公開を行う予定です。

Digitization Partnership Supports Veteran Claims, Access to Records(NARA,2019/8/21)
https://www.archives.gov/press/press-releases-3

愛知県・名古屋市内の伊勢湾台風60年事業を対象とした「伊勢湾台風60年スタンプラリー」が開催中:図書館・博物館・公文書館等で実施される関連展示等も

愛知県・名古屋市内で行われる伊勢湾台風60年事業を対象とした「伊勢湾台風60年スタンプラリー」が、2019年8月4日から12月1日にかけて開催されています。

スタンプを集めると、景品として災害備蓄用ビスケットをもらうことができます。

対象事業には、水の歴史資料館「伊勢湾台風60年企画展」、名古屋市民ギャラリー栄「伊勢湾台風60年企画展」、名古屋市南図書館「伊勢湾台風資料室常設展示」、名古屋市博物館伊勢湾台風60年事業「特別展 治水・震災・伊勢湾台風」、愛知県図書館「伊勢湾台風60年映画上映会」、愛知県公文書館展示室「愛知県公文書館企画展「写真で見るあいちの地震・台風-伊勢湾台風60年-」といった図書館・博物館・公文書館等で実施される展示等も含まれています。

伊勢湾台風60年 イベントを回って景品をもらおう!(名古屋市,2019/8/14)
http://www.city.nagoya.jp/bosaikikikanri/page/0000119734.html

上田市公文書館(長野県)、2019年9月1日に開館:合併前旧市町村の公文書を一元的に保存・管理

長野県の上田市公文書館が、2019年9月1日に開館します。

丸子郷土博物館と併設する形で開館するもので、これまで博物館・図書館・地域自治センターで分散保管してきた合併前旧市町村の公文書は、同館に集約し、一元的に保存・管理されます。

開館を記念して1階ロビーにて展示が行われるほか、9月24日には、上田創造館文化ホールにおいて記念講演会が開催されます。

9月1日(日曜日)に上田市公文書館が開館します!(上田市,2019/8/16)
http://www.city.ueda.nagano.jp/somu/kobunshokan.html

【イベント】国立国会図書館(NDL)、ジャパンサーチ試験版公開記念「GLAMデータを使い尽くそうハッカソン」を開催(9/14-15・東京)

国立国会図書館(NDL)は、2019年9月14日と15日に、NDL東京本館でジャパンサーチ試験版公開記念「GLAMデータを使い尽くそうハッカソン」を開催します。

2019年2月に試験版が公開されたジャパンサーチは、美術館、図書館、文書館、博物館分野のコンテンツ及びメタデータ(GLAMデータ)を集約し、提供しています。ハッカソンでは、このようなGLAMデータの活用法についてアイデアを練り、アプリケーションやツールを試作する作業を、2日間かけて、参加者がチームに分かれて行います。

参加費は無料です。定員は20人程度で、事前の申込みが必要です。

米国政府印刷局(GPO)及び米国国立公文書館連邦官報事務局(OFR)、1929年から1991年までの『米国大統領関係文書』をデジタル化

2019年7月10日、米国政府印刷局(GPO)が、米国国立公文書館連邦官報事務局(OFR)とともに、ハーバート・フーバー大統領在任の1929年からジョージ・H・W・ブッシュ大統領在任の1991年まで(フランクリン・ルーズベルト大統領時代を除く)の『米国大統領関係文書(Public Papers of the Presidents of the United States)』の各巻をデジタル化したことを発表しました。

『米国大統領関係文書』は、OFRが1957年から発行しているものです。各巻に、大統領による序文や公文書、演説、発言、写真が収録されています。なお、フランクリン・ルーズベルト大統領の関係文書は、OFRの『米国大統領関係文書』発行開始前に、民間の印刷会社により発行されました。

今回デジタル化されたものは、既にデジタル版が存在するジョージ・H・W・ブッシュ大統領在任の1991年からバラク・オバマ大統領在任の2013年までの文書と併せ、連邦政府の情報を利用できるデータベースgovinfoで閲覧可能です。

英国国立公文書館(TNA)、2018/2019年の年次報告書を公開

2019年7月25日、英国国立公文書館(TNA)は2018/2019年の年次報告書である“Annual Report and Accounts of The National Archives 2018-19”の公開を発表しました。

今回発表された年次報告書は2018年4月から2019年3月までの期間を対象に、事業・アカウンタビリティ・財務状況などが報告されており、2015年から4年間実施していた戦略計画“Archives Inspire”の完了を示したものである、としています。

ページ