NISO(米国情報標準化機構)

貸出・ILLデータをやり取りするプロトコル“NCIP”の実装によるILL業務のコスト削減

2011年6月22日、米国の図書館システムベンダAuto-Graphics社が、“Determining Staff Cost Savings Using the NCIP Calculator”と題したペーパーを公開しました。同社のサイトからPDFファイルをダウンロード可能です。NCIP(NISO Circulation Interchange Protocol;Z39.83)は、ANSI/NISOが定める共通プロトコルで、図書館システムなどの間で貸出・ILLに関するデータをやり取りすることを目的としています。このペーパーはNCIPによるコスト削減をテーマにしており、NCIPの概要の紹介と、貸出・ILLシステムがNCIPを実装することによって可能となるスタッフコストの削減やワークフローの合理化などについて記されています。レポートの結論部分では、ニュージャージー州の図書館の25%がNCIPを実装した場合、13%のコストが削減できると述べられています。また、レポートの終わりにはNCIPの導入によってILL業務がどのように変わるかを示したワークフロー図も掲載されています。

米国情報標準化機構(NISO)、シングルサインオンのベストプラクティスなどをまとめた“ESPReSSO”にパブリックコメントを募集中

米国情報標準化機構(NISO)がシングルサインオンに関するベストプラクティスなどをまとめたレポート“ESPReSSO: Establishing Suggested Practices Regarding Single Sign-On”のドラフト版を公開し、2011年6月22日までパブリックコメントを募集しています。このレポートの目的は、シングルサインオンによるシームレスな情報アクセスをユーザへ提供するために、実用的な解決策を調査し、推薦できるものを紹介していくことだそうです。レポートのPart 4では図書館員はログインページをどのように設計すべきかなどといったベストプラクティスが紹介されており、Part 5ではディスカバリ・インタフェースとの関係についても触れられています。

ESPReSSO: Establishing Suggested Practices Regarding Single Sign-On (NISO)
http://www.niso.org/workrooms/sso/

ESPReSSO: Establishing Suggested Practices Regarding Single Sign-On (NISO ドラフトのPDFファイル)

米国情報標準化機構(NISO)、電子書籍に関する研究会を設立

米国情報標準化機構(NISO)が、電子書籍に関する研究会(NISO E-book SIG)の設立を発表しています。研究会は、デジタル書籍コンテンツの制作・流通・保存等に関する各種のベストプラクティスや標準について調査するとのことです。主な責務として、電子書籍産業の動向調査、NISO内での新たなイニシアティブの提案、電子書籍産業の発展のための研究等があげられています。

NISO Launches E-book Special Interest Group(NISO 2011/5/4付けのプレスリリース)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=c953a47554ac05527d3fa89b979bf40554073455

米NISOが電子書籍に関する研究会を発足、業界団体や知識人の参加を募集(hon.jp 2011/5/6付けの記事)
http://hon.jp/news/1.0/0/2356/

NISOのナレッジベースに関する推奨案を米国物理学協会、OCLC等が公式に承認

英国逐次刊行物グループ(UKSG)と米国情報標準化機構(NISO)による、OpneURLサプライチェーン内でのデータに関する問題を検討するワーキンググループKnowledge Base And Related Tools (KBART)は2010年1月、推奨案をRecommended Practice (NISO RP-9-2010)としてまとめ、公表しました。このほど、米国物理学協会(American Institute of Physics)、Ex Libris社、Serials Solution社、OCLCが、この案を初めて公式に承認したということです。

KBART Recommended Practice endorsed
- UKSG Serials eNews 2010/5/28付けの記事
http://www.ringgold.com/UKSG/si_pd.cfm?AC=0498&Pid=10&Zid=5431&issueno=221

ナレッジベースに関するUKSGとNISOの共同ワーキンググループ、プロジェクト第一段階の成果を発表

英国逐次刊行物グループ(UKSG)と米国情報標準化機構(NISO)は2008年、Knowledge Base And Related Tools (KBART)という ワーキンググループを共同で立ち上げ、主にOpneURLサプライチェーン内でのデータに関する問題について検討してきました。このほど、このプロジェクトの第一段階の成果が、Recommended Practice (NISO RP-9-2010)としてまとまり、公表されています。このRecommended Practiceには、コンテンツプロバイダーとナレッジベースデベロッパー間での正確なメタデータ交換に対して、実践的な提言を行うものとなっています。

UKSG and NISO Release First KBART Recommendations for Improved OpenURL Data Supply(NISOのプレスリリース)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=aa98c54052a71186c8b18f570daf2561cea603a0

NISO RP-9-2010, KBART: Knowledge Bases and Related Tools
http://www.niso.org/publications/rp

KBART

E958 - 「図書のメタデータのワークフローの能率化」白書の概要紹介

2009年6月30日,米国情報標準化機構(NISO)とOCLCは,「図書のメタデータのワークフローの能率化」(Streamlining Book Metadata Workflow)と題する白書を公表した。この白書は,2009年3月18日から19日にかけて行なわれたOCLC主催の図書のメタデータを議題としたシンポジウムフォローアップとして位置づけられている。...

NISOとOCLC、「図書のメタデータのワークフローの能率化」と題する白書を公表

米国情報標準化機構(NISO)とOCLCは、「図書のメタデータのワークフローの能率化」(Streamlining Book Metadata Workflow)と題する白書を公表しました。白書は、2009年3月18日から19日にかけて行なわれた出版社と図書館員のシンポジウムの追跡調査として作成されており、メタデータの作成、変換、利用の現況についての分析が行なわれています。

Streamlining Book Metadata Workflow(NISOのプレスリリース)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=9fa87f971eff9055ae67983b742d755cd44019ea

Streamlining Book Metadata Workflow(OCLCのニュースリリース)
http://www.oclc.org/us/en/news/releases/200940.htm

White Papers - National Information Standards Organization(白書全文のダウンロード先)
http://www.niso.org/publications/white_papers/StreamlineBookMetadataWorkflowWhitePaper.pdf

NISOにシングルサインオン認証に関するWGが発足

米国情報標準化機構(NISO)は、シングルサインオン認証(Single Sign-On Authentication: SSO)についてのワーキンググループを発足させています。

NISO Announces New Work on Single Sign-On Authentication
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=f0fd8be2c351aacc9e8ab819ba2a4a51e8303bcf

SSO Authentication
http://www.niso.org/workrooms/sso

NISO、費用データを交換するCOREプロトコル草案を発表

米国情報標準化機構(NISO)は、図書館システム(ILS)や電子情報資源管理システム(ERMS)の間での費用・コストデータの交換を可能にする、CORE(Cost Of Resource Exchange)プロトコルの草案を発表しています。

2010年3月までトライアル期間となっており、参加館を募集しています。

NISO Announces Cost of Resource Exchange (CORE) Protocol as a Draft Standard for Trial Use
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=6395e18858981a8113beb1ddc8f6593bd83e840c

NISOのSERUが急速に普及

米国情報標準化機構(NISO)が、電子ジャーナルのライセンス契約の労力を軽減するための、図書館-出版社間における利用条件についての共通理解文書、SERU (Shared E-Resource Understanding)に参加する図書館と出版社がこの1年で急増していると発表しています。

2008年12月現在、図書館・コンソーシアムが65、出版社が27、SERUに参加しています。

Libraries Adopting NISO's Shared E-Resource Understanding (SERU) at Rapid Rate
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=0e08da85f50512e049cff24045940bc7046c051a

ページ