ゲーム

神奈川工科大学附属図書館、「ゲームで探索!KAIT TOSHOKAN ADVENTURE(KAIT 図書館アドベンチャー)」を公開:同館を探索できるRPG

2021年7月30日、神奈川工科大学附属図書館が、「ゲームで探索!KAIT TOSHOKAN ADVENTURE(KAIT 図書館アドベンチャー)」を公開しました。

同館の利用方法を学んでもらうことを目的として、株式会社KADOKAWAの「RPGツクールMV」を使用して作成された、館内を探索するRPGです。同館の設備やサービス、実施している新型コロナウイルス感染症対策等について知ることができます。発表の中では、キーワードを集めてクイズに挑戦できると述べられています。

「ゲームで探索!KAIT TOSHOKAN ADVENTURE(KAIT 図書館アドベンチャー)」が公開されました!(神奈川工科大学附属図書館, 2021/7/30)
https://kaitosho.hatenablog.jp/entry/2021/07/30/114858

船橋市西図書館(千葉県)、「ツイッターで!図書館DEゲーム部」を実施中

2021年19日から8月31日まで、千葉県の船橋市西図書館が「ツイッターで!図書館DEゲーム部」を実施しています。

種目は手元の本の中からお題に合ったフレーズを抜き出す「BringYourOwnBook」です。今回のお題である「#崖に追い詰められた犯人の一言」と、「#図書館DEゲーム部」のハッシュタグをつけて、本のフレーズとタイトル・作者名をTwitterに投稿することで参加できます。電子書籍は可ですが、マンガは不可とあります。

「いいね」が一番多い人がチャンプとなり、チャンプ作品は船橋市図書館のウェブページで紹介されます。

@nishi_library(Twitter, 2021/7/19)
https://twitter.com/nishi_library/status/1416945527837446146

八尾市立用和小学校(大阪府)、「リアル脱出ゲーム ~ミステリー学校図書館~」を実施

2021年7月7日、大阪府の八尾市立用和小学校が、「リアル脱出ゲーム ~ミステリー学校図書館~」を実施していることを発表しました。

同小学校の5年生が企画したものであり、3日間限定のイベントです。発表の中では、脱出ゲームが書籍の貸出や読書のきっかけとなる等、イベントが読書意欲につながっていることが述べられています。

リアル脱出ゲーム ~ミステリー図書館~START!(八尾市, 2021/7/7)
https://www.city.yao.osaka.jp/0000058528.html

参考:
長野県の大学・短期大学等の図書館で、「謎解きゲーム」を同時開催
Posted 2015年12月7日
https://current.ndl.go.jp/node/30158

筑後市立図書館(福岡県)、10種類のボードゲームの貸出を開始

福岡県の筑後市立図書館が、2021年7月6日付の同館公式Twitterにおいて、10種類のボードゲームの貸出を開始したと発表しています。

貸出には利用者カードや同意書への署名といった手続きが必要と説明されています。

また、少しづつ貸出する種類を増やしていきたいとしています。

@Chikugo_library(Twitter,2021/7/6)
https://twitter.com/Chikugo_library/status/1412296193162452995

参考:
福岡県内の図書館6館で、一斉展示企画「ゲームで読書しませんか?~ボードゲーム、カードゲーム、TRPGからデジタルゲームまで~」を実施
Posted 2021年2月3日
https://current.ndl.go.jp/node/43182
※筑後市立図書館でも実施

【イベント】シリアスボードゲームジャム2021 図書館と一緒にシリアスボードゲームジャム!(9/11-12・オンライン)

社会問題や環境問題をテーマにしたゲーム「シリアスゲーム」を短期間にゼロから作成するイベント「シリアスボードゲームジャム」が、2021年9月11日から9月12日にかけて、オンラインで開催されます。

3回目となる今回のテーマは「食べることのジレンマ」で、図書館と協力して開催されます。

前祭として、7月21日にイベントの概要やシリアスボードゲームの作り方、図書館やインターネットでの資料の探し方を紹介するウェビナー、7月22日に「食べることのジレンマ」をテーマとしたビブリオバトルが行われます。

SBGJ2021
https://sbgj2021.jimdosite.com/

関連:
シリアス・ボードゲーム・ジャム(SBJ)展示紹介(ぷくりぶ日誌, 2021/6/23)
https://puklibclub.blogspot.com/2021/06/sbj.html

令和2年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業の実施報告書(記事紹介)

メディア芸術に関する情報を掲載する文化庁のウェブサイト「メディア芸術カレントコンテンツ」の2021年5月19日付記事で、文化庁の「令和2年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業」の一環として実施された「連携基盤強化事業」6事業に関し、その最終報告会の内容が紹介されています。

事業ごとに1記事、合計6記事が掲載されており、記事の末尾には当該事業の実施報告書へのリンクが掲載されています。

令和2年度 最終報告会・実施報告書「マンガ原画アーカイブセンターの実装と所蔵館連携ネットワークの構築に向けた調査研究」一般財団法人 横手市増田まんが美術財団(メディア芸術カレントコンテンツ, 2021/5/19更新)
https://mediag.bunka.go.jp/article/article-17569/

和歌山大学図書館、図書館を知るクイズ「和大図書館ビギナーズ」をウェブサイトで公開:クリアした学生(1年生・2年生)に抽選で焼き立てパンをプレゼント

2021年4月1日、和歌山大学図書館が、図書館を知るクイズ「和大図書館ビギナーズ」を同館ウェブサイトで公開しました。開催期間は4月1日から5月21日までです。

図書館職員が館内を案内する「新入生図書館ツアー」に代えて、新たにゲーム感覚で取り組めるガイダンスとして作成されたもので、パソコンやスマートフォンから利用することができます。

「和大図書館ビギナーズ(入館編)」「和大図書館ビギナーズ(レポート準備編)」の2種類があり、両方をクリアした1年生・2年生の学生のうち、抽選で30人に好きな焼き立てパン2つがプレゼントされます。

図書館を知るクイズ「和大図書館ビギナーズ」を公開 ※1-2年景品あり(和歌山大学図書館,2021/4/1)
https://www.wakayama-u.ac.jp/lib/news/2021032900036/

【イベント】図書館で攻略する「天穂のサクナヒメ」(ゲーム)(3/27・三原)

2021年3月27日、広島県の三原市立大和図書館30周年感謝祭イベントの一環として、大和文化センターで「図書館で攻略する「天穂のサクナヒメ」(ゲーム)」が開催されます。

ゲーム司書である高倉暁大氏を講師とし、ゲーム「天穂のサクナヒメ」内での稲作体験が行われます。

文化庁が主催するイベントサイト「MAGMA sessions〜マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアートのアーカイブの現在〜」が2月16日に公開

メディア芸術に関する情報を掲載する文化庁のウェブサイト「メディア芸術カレントコンテンツ」の2021年2月9日付記事に、文化庁主催のイベントサイト「MAGMA sessions〜マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアートのアーカイブの現在〜」を2月16日に公開すると掲載されています。

同イベントサイトでは、マンガ、アニメーション、ゲーム、メディアアートのメディア芸術4分野におけるアーカイブの現状について、有識者によるトークセッションやインタビュー等が、2月16日から順次公開されます。

各コンテンツは、動画、テキスト、音声の3形式で提供されます。

文化庁主催のイベントサイト「MAGMA sessions」が2月16日(火)から公開(メディア芸術カレントコンテンツ, 2021/2/9)
https://mediag.bunka.go.jp/article/article-17442/

福岡県内の図書館6館で、一斉展示企画「ゲームで読書しませんか?~ボードゲーム、カードゲーム、TRPGからデジタルゲームまで~」を実施

2021年2月2日、福岡県立図書館のウェブサイトで、ヤングアダルト向け一斉展示企画「ゲームで読書しませんか?~ボードゲーム、カードゲーム、TRPGからデジタルゲームまで~」の実施が発表されました。

ゲームに関する資料の展示を行うものであり、福岡県立図書館、福岡市総合図書館、福岡市博多図書館、小郡市立図書館、筑後市立図書館、大牟田市立図書館の6館合同で開催されます。

一斉展示企画「ゲームで読書しませんか?」(福岡県立図書館, 2021/2/2)
https://www2.lib.pref.fukuoka.jp/index.php?key=bbfdcdp5q-4371#_4371

参考:
CA1888 - 動向レビュー:図書館で「ゲーム」を行なう / 井上奈智
カレントアウェアネス No.330 2016年12月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1888

ページ