ゲーム

図書館流通センター(TRC)、ボードゲームの取扱いを開始

2019年11月15日、図書館流通センター(TRC)が、各種ボードゲームの取扱いを開始したと発表しています。

図書館流通センターでボードゲームのお取扱いを開始しました。(TRC, 2019/11/15)
https://www.trc.co.jp/information/191115_boardgame.html

参考:
大津町立おおづ図書館(熊本県)、ボードゲームの館外貸出しを開始へ
Posted 2018年3月20日
https://current.ndl.go.jp/node/35675

大津町立おおづ図書館(熊本県)でゲーム部が発足
Posted 2018年11月2日
https://current.ndl.go.jp/node/36962

ゲームで学ぶデジタル保存(記事紹介)

英・電子情報保存連合(DPC)の2019年11月4日付けブログ記事“Digital Preservation and Games”において、デジタル保存をテーマとしたゲームへの言及がなされています。筆者は米・マサチューセッツ工科大学図書館でデジタル保存のディレクターを務めるNance McGovern氏です。

2018年に米・ハーバード大学で開催された第15回電子情報保存に関する国際会議(iPRES2018)では、デジタル保存に関するゲームが体験できるゲームルームが初めて設けられました。McGovern氏は、そこで紹介されたボードゲーム“Save my Bits”、“Criteria Game”、“Preservia”とカードゲーム“Obsolescence”の計4種類が、iPRES2018の予稿集のウェブページ等からダウンロードできることが紹介するとともに、これらのゲームがデジタル保存の複雑さを知る上で有用であることや、ゲームの重要な要素である人を引き付けるストーリーテリングが、デジタル保存の効果的な説明に役立つ可能性を指摘しています。

ライブラリー・オブ・ザ・リビングデッド:カナダ・ダルハウジー大学の図書館員が学生の情報検索技術養成のためゾンビパニックを題材としたビデオゲームを制作(記事紹介)

2019年10月31日付のカナダ・ダルハウジー大学のニュースで、同大学の図書館員が、学生の情報検索技術養成のためゾンビパニックを題材に制作したビデオゲーム“ZomBool”を紹介した記事が掲載されています。

“ZomBool”は、情報検索のための戦略を学びブール演算子(AND・OR・NOT)を活用する選択肢を選びながら、街に現れたゾンビに対抗する手段を獲得し、生き延びることを目的としたアドベンチャー形式のゲームです。プレイ中の選択肢に基づき3種類の分岐ルートと4種類のエンディングが用意されています。適切な情報検索戦略を行う選択肢をどれだけ選んだかによって、最終的な生存者の人数とエンディングが変わるようになっています。

“ZomBool”はダルハウジー大学のデータ・ライブラリアンであるJulie Marcoux氏によって制作されました。同氏は多くの学生が情報検索、特に関連性の高い情報検索のためにブール演算子を組み合わせることに苦労している、という実感からゲームの作成を開始しました。同氏のゲーム作成はダルハウジー大学着任以前の2012年から始まり、最終的に数百時間の制作期間を要して2018年に完成しています。

Internet Archive(IA)、2,500本以上のMS-DOS用ゲームをソフトウェアライブラリ上で追加公開

Internet Archive(IA)の2019年10月13日付けのブログ記事において、IAのソフトウェアライブラリ上でのMS-DOS用ゲーム2,500本以上の追加公開が発表されています。

これらの追加公開は、DOS用ゲームを現代のシステム上で容易にプレイできるようにすることを目指すプロジェクト“eXoDOS”の成果であり、ゲームはウェブブラウザ上でプレイできるようになっています。CD-ROMをベースにしたゲームは、プレイ時に大容量のコンテンツ全てをメモリ上に読み込み保持する仕組みとなっており、ウェブブラウザを閉じると保持されたデータが失われること、読み込みにかなりの時間がかかることが紹介されています。

2,500 More MS-DOS Games Playable at the Archive(IA, 2019/10/13)
http://blog.archive.org/2019/10/13/2500-more-ms-dos-games-playable-at-the-archive/

一般社団法人日本ゲームシナリオライター協会(JAGSA)、ゲームシナリオアーカイブを開始

2019年9月20日、一般社団法人日本ゲームシナリオライター協会(JAGSA)は、2019年9月19日にゲームシナリオアーカイブを開始したことを発表しました。

ゲーム器機の代替わりやサービスの終了等により、ゲームのプレイ環境とともにゲームのシナリオを知る機会も失われてしまうことから、JAGSAでは、ゲームのシナリオを文化資産として保存、管理し公開していく道筋をつけていきたいとしています。

開始時点では、株式会社バンダイナムコエンターテインメントの協力により、同社のスマートフォン用ゲームアプリであり、2019年1月にサービス終了した『レイヤード ストーリーズ ゼロ』の全シナリオをPDF形式で公開しています。なお、利用には規約への同意が必要となっています。

オーストラリア国立フィルム&サウンドアーカイブ(NFSA)、同国のビデオゲームの保存のための収集に着手すると発表

オーストラリア国立フィルム&サウンドアーカイブ(NFSA)が、2019年9月27日から2020年3月9日まで開催されるGame Masters展の開会式において、同国のビデオゲームの保存のための収集に着手すると発表しました。

最初に保存するビデオゲームとして、1982年から2019年までの間の、カセットテープ・モバイル端末・VRヘッドセットといった様々なタイプのゲーム8点が選ばれています。

@NFSAonline(Twitter,2019/9/26)
https://twitter.com/NFSAonline/status/1177080488705613824

玉野市立図書館・中央公民館(岡山県)でカードゲーム“UNO”の世界大会「第7回UNO宇野2019〜ファインディングウノ〜」が開催

2019年9月15日、玉野市立図書館・中央公民館(岡山県)で、アート教室フィンセント主催、同館の共催により、「第7回UNO宇野2019〜ファインディングウノ〜」が開催されます。カードゲーム“UNO”の世界大会を、同館の所在する玉野市宇野で、主催者の定めたUNO宇野ルールに則って行うというものです。

定員は45人(先着順)で、事前申込みが必要です。大会当日は日本語及び英語に対応予定です。参加費は、一般1,500円、小学生から大学生1,000円です。過去大会のUNO宇野世界ランキング認定証持参者は100円割引、また麦わら帽子・水中メガネ・魚釣り・アロハシャツ等の海ファッション着用者は100円割引とあります。

なお、大会前に無料のUNO宇野体験会も予定されています。体験会は、入退場自由、事前申込不要です。

大阪市立東成図書館、「カードゲームでSDGsを知ろう!~地域で学ぶSDGs~」を開催

大阪市立東成図書館が、2019年8月31日、「カードゲームでSDGsを知ろう!~地域で学ぶSDGs~」を開催します。

カードゲームを通してSDGsを知ることができる催しで、「ひがしなりSDGsアンバサダー認証協議会」との共催で行われます。

参加費は無料ですが、定員は30人(事前申込制・先着順)です。

【東成】カードゲームでSDGsを知ろう!~地域で学ぶSDGs~(大阪市立図書館,2019/8/5)
https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jo7kmzkz1-510#_510

参考:
岩手県、SDGsをキーワードに動物のいのちを大切にする社会を目指す「県南ねこ会議 奥州くまくま部屋」を開催:奥州市立胆沢図書館「猫ノ図書館」も図書館バスで出張
Posted 2019年8月1日
http://current.ndl.go.jp/node/38702

立命館大学ゲーム研究センター、所蔵品のオンライン目録「RCGS Collection 試作版」を公開:14,000点以上のゲームと関連資料の書誌・典拠情報を収録

2019年8月5日、立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)は、オンライン目録「RCGS Collection 試作版」の公開を発表しました。RCGSが所蔵する14,000点以上のゲーム及び関連資料の書誌・典拠情報を収録しています。

同目録の目的として「資料へのアクセシビリティの向上を通じてビデオゲームを中心とするメディアを対象とする調査研究活動を支援すること」と「ポピュラー文化のアーカイブ関連諸施策の高度化のための知識基盤構築に寄与すること」を挙げています。また、同目録から、「ジャパンサーチ」や「メディア芸術データベース」等の文化資源の集約サービスへのデータ提供も予定しているとあります。

同目録ウェブサイト上のページ「このサイトについて」では、2017年から所蔵品オンライン目録「RCGS-OPAC」を公開していたこと、今回コレクションのウェブ公開用システム「Omeka S」を用いてサービスを再構築し「RCGS Collection」を公開したこと、システム再構築を経て「Linked Open Data技術が導入されデータの機械可読性や再利用性の向上」及び「各種の典拠ファイルや統制語彙などの公開」を実現したこと等が紹介されています。

生駒市図書館南分館(奈良県)の「本活部@Lib×ライブ」、「本活部体験入部(新キャラ募集。)デー」を開催

2019年8月25日、奈良県の生駒市図書館南分館で活動する「本活部@Lib×ライブ」が、「本活部体験入部(新キャラ募集。)デー」を開催します。

「本活部@Lib×ライブ」は、「本」をテーマに交流する、同市在住・在学の10代・20代によるコミュニティで、単なる読書会ではなく、本×○○のコラボにより、本だけでは得られない知識や技術を得たり、参加者同士が情報交換したりするイベントを実施しています。

今回は番外編の「体験入部デー」として実施されるもので、本活部と本について語る「トークブース」、図書館版人狼ゲーム、みんなで作る「リレー小説」などが行なわれる予定です。

本活部@Lib×ライブ#3.5(ナンバー3.5) 「本活部体験入部(新キャラ募集。)デー」(生駒市,2019/8/1)
https://www.city.ikoma.lg.jp/0000018462.html

ページ