展示

江戸川区立東葛西図書館(東京都)、所蔵した当初に予約が多かった本を集めた特集『今なら貸出できます。』を展示中

2021年9月10日、江戸川区立東葛西図書館(東京都)が、特集『今なら貸出できます。』として、図書館に所蔵した当初に予約が多かった本を展示しています。当時予約が多くて読めなかった本を借りる機会として案内されています。

@edolib_higashi(Twitter,2021/9/10)
https://twitter.com/edolib_higashi/status/1436190978478469167

参考:
苫小牧市立中央図書館で「誰も読んでない本フェア」開催
Posted 2014年1月9日
https://current.ndl.go.jp/node/25226

江戸川区立東部図書館(東京都)、特集本コーナーの選書を利用者に体験してもらう企画「My Book Shelf~利用者〇〇さんが選んだ〇〇特集~」の参加受付を開始

2021年9月9日、江戸川区立東部図書館(東京都)が秋の読書週間企画として、「My Book Shelf~利用者〇〇さんが選んだ〇〇特集~」を開催するとして、参加者を募集しています。

12個の特集本コーナーについて、コーナー名や展示場所、集める本の種類(2Fにある本、ティーンズコーナーにある本、レシピ本等)や冊数などが示されており、参加者は作ってみたいコーナーを選んで、1時間ほどで選書を行うという企画です。

@edolib_tobu(Twitter, 2021/9/9)
https://twitter.com/edolib_tobu/status/1435866285217247233

藤枝市立駅南図書館、静岡産業大学藤枝図書館より借り受けた資料の展示と貸出を実施中:市の連携事業の一環

2021年9月8日、藤枝市立図書館(静岡県)は、同市の駅南図書館で静岡産業大学藤枝図書館より借り受けた資料の展示と貸出を始めたことを発表しました。

同市の連携事業の一環としての取り組みで、同館で所蔵の無い資料を借り受けたと説明されています。貸出は9月28日まで、展示と閲覧は10月17日まで行われます。

@FujiedaLibrary(Twitter,2021/9/8)
https://twitter.com/FujiedaLibrary/status/1435506225379115009

東久留米市立ひばりが丘図書館(東京都)、コミュニティFMとの共同企画展「あなたの本の思い出、教えてください」を実施

東京都の東久留米市立ひばりが丘図書館が、コミュニティFM「TOKYO854 くるめラ」との共同企画展として「あなたの本の思い出、教えてください」を実施します。

2021年9月9日から10月2日まで、ウェブページ、メール、Twiiter、ひばりが丘図書館において、思い出が詰まった本のタイトルとそのエピソードが募集されており、10月9日から11月9日までひばりが丘図書館にて展示が行われます。

@higashikurume_t(Twitter,2021/9/8)
https://twitter.com/higashikurume_t/status/1435448642702245892

『あなたの本の思い出、教えてください』くるめラ・ひばりが丘図書館共同企画(TOKYO854 くるめラ,2021/9/8)
https://tokyo854.com/2021/09/08/books854/

江戸川区立小岩図書館(東京都)、同地域の施設や街並みに関する写真を募集中:同館75周年記念写真展にて展示

東京都の江戸川区立小岩図書館が、2021年9月1日から9月30日まで、「小岩いま、むかし」として、同地域の施設や街並みに関する写真を募集中です。写真の年代は古い写真でも今の写真でも良いとしています。

応募された写真はデータをスキャンした後、返却されます。写真は11月開催予定の同館75周年記念写真展で展示されます。

@edolib_koiwa(Twitter,2021/9/7)
https://twitter.com/edolib_koiwa/status/1435135999294599171

参考:
川崎市、「川崎市映像アーカイブ」を公開:過去の市内の様子を撮影したフィルム・ビデオテープも募集
Posted 2017年3月30日
http://current.ndl.go.jp/node/33738

川崎市市民ミュージアム、企画展「救う過去、つなぐ未来 -川崎市市民ミュージアム被災後活動報告展-」を開催

2021年9月7日から10月31日まで、神奈川県の川崎市市民ミュージアムの主催により、企画展「救う過去、つなぐ未来 -川崎市市民ミュージアム被災後活動報告展-」が、東海道かわさき宿交流館(川崎市)で開催されます。

令和元年度東日本台風により設備・収蔵品に大きな被害を受けた同ミュージアムについて、被災からこれまでの活動を、写真パネルを中心に紹介する展示です。

川西町フレンドリープラザ(山形県)、トークイベント「「本のある場所」のいま あれから10年の記憶の記録。そして、コロナ禍のいま。」を開催

2021年9月25日、山形県の川西町フレンドリープラザが、同プラザ内の遅筆堂文庫において、一箱古本市in川西プレゼンツ「記憶の記録」として「「本のある場所」のいま あれから10年の記憶の記録。そして、コロナ禍のいま。」を開催します。

東日本大震災から10年、被災地の記憶を記録する作業に取り組んできた名取市図書館(宮城県)の加藤孔敬氏と、“一箱本送り隊”として被災地と関わってきたライター・編集者の南陀楼綾繁氏が「本のある場所」のいまについてトークを行うものです。

参加料金は1,000円(クッキー付き)で、定員は30人です。

また、同プラザのギャラリーにおいて、「「本のある場所」のいま展」が、9月22日から10月3日まで開催されます。雑誌『ダ・ヴィンチ』2021年6月号で特集された「10年後の被災地をめぐる「本のある場所」のいま」のパネル展で、被災地3県の書店・図書館・出版社・アーカイブ等における「本」に携わる人の今の様子や震災当時の様子が展示されます。

英国図書館(BL)の国際巡回展「ハリー・ポッターと魔法の歴史」、兵庫県立美術館・東京ステーションギャラリーにて開催

特別展「ハリー・ポッターと魔法の歴史」が、2021年9月11日から11月7日まで兵庫県立美術館(神戸市)、2021年12月18日から3月27日まで東京ステーションギャラリー(東京都千代田区)にて開催されます。

英国図書館(BL)が2017年に開催した展覧会“Harry Potter : A History of Magic”の国際巡回展で、2018年のニューヨークでの開催に続くものです。

薬学・錬金術・天文学・幻獣などに関する貴重な資料が、ホグワーツ魔法学校のカリキュラムに沿って展示されます。

当初は2020年の開催が予定されていましたが、新型コロナウィルスの影響により開催が延期されていました。

ハリー・ポッターと魔法の歴史
https://historyofmagic.jp/

ハリー・ポッターと魔法の歴史(兵庫県立美術館)
https://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/

国立国会図書館、ミニ電子展示「本の万華鏡」の英語版を公開

2021年8月26日、国立国会図書館は、ミニ電子展示「本の万華鏡」の英語版“Kaleidoscope of Books”を公開しました。

1940年の東京オリンピックに焦点を当てた「The Lost Tokyo Olympics of 1940」や、日本と関わりの深い流行り病を紹介する「Infectious Diseases in Books」を含む6テーマの英語版を公開しており、今後も随時コンテンツを追加予定です。

ミニ電子展示「本の万華鏡」の英語版を公開しました(国立国会図書館, 2021/8/26)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2021/210826_01.html

Kaleidoscope of Books(国立国会図書館)
https://www.ndl.go.jp/kaleido/e/

岩手県立図書館、ウェブ展示「近代いわての歌人・俳人」を公開

2021年8月23日、岩手県立図書館が、ウェブ展示「近代いわての歌人・俳人」を公開しました。

石川啄木や山口青邨といった優れた歌人・俳人を多く輩出している岩手県の短歌・俳句の歴史に触れるとともに、今日まで親しまれている歌や句に対してさらに理解を深める機会となることを目的とした展示です。

岩手県立図書館 更新情報
https://www.library.pref.iwate.jp/
※「令和3年8月23日 ウェブ展示「近代いわての歌人・俳人」を公開しました。」とあります。

近代いわての歌人・俳人(岩手県立図書館)
https://www.library.pref.iwate.jp/ex/2021_kajin-haijin/index.html

ページ