展示

埼玉県立熊谷図書館、資料展・講演会・演奏会「Moi Suomi!(モイ スオミ)幸福の国 フィンランドを知ろう」を開催

埼玉県立熊谷図書館が、同館の企画「Moi Suomi!(モイ スオミ)幸福の国 フィンランドを知ろう」として、2019年11月23日から12月19日まで資料展を、2020年1月19日に講演会・演奏会を開催します。

2019年に日本とフィンランドは外交関係樹立100周年を迎え、北欧について関心が高まっていることを背景に、埼玉県民が北欧を知る機会として同企画は開催されます。

2019年11月23日から12月19日まで実施される資料展では、埼玉県立図書館で所蔵する教育・文化・北欧諸国等フィンランドに関連した児童書から専門書まで幅広い資料約120点について、5つのテーマを設けた展示が行われます。

2020年1月19日に開催される講演会・演奏会では、フィンランドの魅力や北欧の教育と留学事情を紹介、解説する講演の他、フィンランドの伝統楽器カンテレによる演奏会が行われます。

静岡福祉大学駅前サテライトキャンパスで「図書館で発信!SDGs」展が開催中:静岡福祉大学附属図書館と焼津市立図書館の連携による「やいづの図書館の輪~伝えたい図書館の力~」事業の一環

2019年11月14日から11月22日まで、静岡県焼津市の静岡福祉大学駅前サテライトキャンパスにおいて「図書館で発信!SDGs」展が開催されています。

静岡福祉大学附属図書館と焼津市立図書館が、同じテーマのもと、所蔵する資料や蔵書等を紹介することで、子どもから高齢者までの地域の幅広い世代及び同大学の学生の、地元の図書館や読書への関心を高めることを目的に、同大学の駅前サテライトキャンパスと市立焼津図書館・市立大井川図書館で実施する「やいづの図書館の輪~伝えたい図書館の力~」事業の一環です。

2019年度は5つのテーマでの開催を予定しており、今回はその第3弾です。

「図書館で発信!SDGs」展は、駅前サテライトキャンパスでの開催終了後、静岡福祉大学附属図書館でも11月26日から12月26日まで行われます。

「図書館で発信!SDGs」(焼津市, 2019/11/14)
https://www.city.yaizu.lg.jp/photo-news/2019/1114.html

米・カリフォルニア大学デービス校図書館のワインコレクションから垣間見るワイン史上の一大事件「パリスの審判(Judgment of Paris)」の裏側(記事紹介)

2019年10月10日、米国のカリフォルニア大学デービス校図書館は、同館のワインコレクションに新たに加わった資料の、1976年のワイン史上の一大事件「パリスの審判(Judgment of Paris)」と関わるエピソードを紹介した記事を公開しました。

「パリスの審判」は、1976年にフランス・パリで開催されたブラインドテイスティングによるワインの試飲会で、カリフォルニア産のワインがフランス産のワインを上回る評価を獲得し、カリフォルニアワインの価値が世界中に認識されることとなったワイン史上の一大事件です。同館はこの「パリスの審判」に重要な役割を果たした2人の人物であるワイン醸造家André Tchelistcheff氏とワインツアー事業者のJoanne DePuy氏に関わる資料を受入しており、記事の中で両氏の「パリスの審判」に関わるエピソードを紹介しています。

鎌倉市(神奈川県)、万葉集や古今和歌集等の鎌倉の古典文学を集めた「鎌倉仙覚文庫」を鎌倉市中央図書館に開設

2019年11月1日、鎌倉市(神奈川県)は、万葉集や古今和歌集等の鎌倉の古典文学を集めた「鎌倉仙覚文庫」を鎌倉市中央図書館に開設したことを発表しました。

鎌倉市の市制80周年を記念する事業であり、同文庫の設立にかかる学術連携を中心に、青山学院大学、二松学舎大学と包括連携協定を締結することも発表されています。

また、2019年11月24日まで、鎌倉市中央図書館で同文庫の開設記念展示が行われています。

中央図書館で鎌倉仙覚文庫開設記念展示を開始(鎌倉市, 2019/11/1)
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kisya/data/2019/20191101-3.html

E2190 - 三角コーンが結ぶふたつのまち:小樽・渋川コラボ展示の経緯

2019年6月19日,「日本のまんなか」に位置する渋川市立図書館(群馬県)の広報担当は,受話器を耳に当てたまま土下座をするという器用なポーズを取っていた。見守る館員の目は点。館長の表情は蒼白。三者が息を殺して互いに身動きの取れないこの状況は,本来の意味は違うが「三すくみ」に似ていた。広報担当の電話の相手は市立小樽図書館(北海道)の館長さんである。なぜ,このような事態が発生したのか。

春日部市(埼玉県)、学校図書館・学校給食が連携して物語に出てくる料理を給食で再現する「図書館リストランテ」を市内中学校・義務教育学校で実施:関連展示も実施

埼玉県の春日部市が、2019年10月29日と30日、学校図書館・学校給食が連携して物語に出てくる料理を給食で再現する「図書館リストランテ」を、市内の中学校・義務教育学校12校で実施しました。

「春日部市子ども読書活動推進計画」に基づいた取組で、読書の機会が減少する傾向のある中学生に対して本への興味を喚起し、学校図書館の利用に繋げることを目的としたものです。読書週間(10月27から11月9日) に合わせ、同市の社会教育課図書館担当、学務課給食担当、中学校などの栄養士が連携して実施されました。

春日部地域の中学校(9校)では『ハリー・ポッターと賢者の石』『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(J.K.ローリング)から、秘密の部屋のシェパードパイ・百味ビーンズ風サラダ・魔女のかぼちゃスープが、庄和地域の中学校・義務教育学校(3校)では『流星の絆』(東野圭吾)から洋食店アリアケのハヤシライスが提供されました。

実施校では、学校図書館で関連展示が実施されています。

名古屋市図書館、G20愛知・名古屋外務大臣会合開催を記念し、20分館で1館1国を特集する展示を実施

名古屋市図書館が、2019年11月1日から11月23日にかけて、G20愛知・名古屋外務大臣会合開催を記念し、以下の通り、20分館が1館につきG20メンバー国1国を特集する展示を実施すると発表しています。

・千種図書館  アルゼンチン
・東図書館   オーストラリア
・北図書館   ブラジル
・楠図書館   カナダ
・西図書館   中国
・山田図書館  フランス
・中村図書館  ドイツ
・瑞穂図書館  インド
・熱田図書館  インドネシア
・中川図書館  イタリア
・富田図書館  日本
・港図書館   メキシコ
・南陽図書館  韓国
・南図書館   南アフリカ共和国 
・守山図書館  ロシア
・志段味図書館 サウジアラビア
・緑図書館   トルコ
・徳重図書館  英国
・名東図書館  米国
・天白図書館  欧州連合

また、鶴舞中央図書館では、G20メンバー国及び招待国のすべての参加国を紹介する本の展示のほか、愛知県政策企画局国際課提供のG20パネル展示を行うとしています。

大阪市立住之江図書館、所蔵資料と長野県大阪観光情報センター提供の観光パンフレットを展示する「長野応援展示」を実施中

大阪市立住之江図書館が、2019年10月30日から11月30日まで、図書展示「長野応援展示」を実施中です。

予約キャンセルが相次いでいると報道されている長野県の観光を応援することを目的に、同館所蔵資料と長野県大阪観光情報センター提供の観光パンフレットを展示するものです。

【住之江】図書展示「長野応援展示」(大阪市立図書館,2019/10/30)
https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=joo9fwn0f-510#_510

参考:
鳥取県立図書館、「平成30年7月豪雨 被災地応援観光パンフレット配布事業」を開催
Posted 2018年8月17日
https://current.ndl.go.jp/node/36499

奈良県立図書情報館、ミニコンサート「正倉院復元楽器とシルクロードの楽師たち」を開催:図書展示「本と見る正倉院と復元楽器」関連

奈良県立図書情報館が、2019年10月26日、ミニコンサート「正倉院復元楽器とシルクロードの楽師たち」を開催します。

奈良国立博物館で開催される「正倉院展」にあわせ、10月1日から10月30日まで実施している、正倉院および天平楽器の系譜を図書でたどる図書展示「本と見る正倉院と復元楽器」の関連行事です。

奏者は以下の3人です。

劉宏軍氏(笛、解説)
森岡万貴氏(石琴、方響、打楽器)
三浦元則氏(篳篥)

定員は150人(申込不要・先着順)です。

正倉院復元楽器とシルクロードの楽師たち(図書展示「本と見る正倉院と復元楽器」関連ミニコンサート)令和元年10月26日(土)(奈良県立図書情報館)
http://www.library.pref.nara.jp/event/3137

筑波大学附属図書館、「令和元年度附属図書館特別展~東京1964と日本文化について考える~」を開催

筑波大学附属図書館が、中央図書館貴重書展示室において、2019年11月1日から12月6日まで「令和元年度附属図書館特別展~東京1964と日本文化について考える~」を開催します。

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の参画プログラム」として、同館と筑波大学体育系との共催により実施されるもので、日本がどのようにオリンピックを受容し実現しようとしていたのか、さらに日本文化との関わりについて、真田久教授(筑波大学体育系)の指導のもと、同館所蔵のオリンピック関連資料を中心に展示されます。

11月10日と11月27日には、集会室において真田教授による講演会「文化としての東京オリンピック」も行われます。

「令和元年度附属図書館特別展~東京1964と日本文化について考える~」(11/1~12/6) (筑波大学附属図書館)
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/lib/ja/information/20191017

ページ