ノルウェー

ノルウェーのBIBSYSがOCLC WorldShare Management Servicesの導入を中止

ノルウェーの大学・研究・国立図書館からなるコンソーシアムBIBSYSでは、OCLCのウェブスケール図書館業務管理システムOCLC WorldShare Management Servicesを採用し準備を進めていましたが、2012年8月14日に導入を中止すると発表しました。理由としては、スケジュールや、BIBSYS側に求められる要件についての誤解によるとされています。

Nytt biblioteksystem for BIBSYS Biblioteksystemkonsortium(BIBSYS 2012/8/14付けニュース)
http://www.bibsys.no/norsk/nyheter/readMore.php?id=276

参考:
ノルウェーのBIBSYSがOCLCのウェブスケール図書館業務管理システムを採用へ
http://current.ndl.go.jp/node/17097

ノルウェー連続テロ事件から1年、ノルウェー国立図書館による事件資料の収集保存

ノルウェーのオスロとウトヤ島で発生した連続テロ事件から1年が経過した2012年7月22日に、ノルウェー国立図書館が“22.7”と題した記事を掲載しました。

記事では、法定納本により、この事件に関する72時間分のテレビのニュース、144時間分のラジオ番組、紙・オンライン併せて250紙以上の新聞が保存されているとし、それらを現在そして将来世代による事件の研究に役立てたいとしています。

22.7 (Nasjonalbiblioteket 2012/7/22付けの記事)
http://www.nb.no/aktuelt/22.7

ノルウェー国立図書館のデジタル新聞サービス(記事紹介)

北欧の図書館の現状や戦略を英語で紹介する季刊誌"Scandinavian Library Quarterly" (旧名称Scandinavian Public Library Quaterly)の最新号において、ノルウェー国立図書館が2011年に開始したデジタル新聞サービスを紹介する記事が掲載されています。ノルウェー国立図書館は2006年から新聞社と共同して新聞のデジタル化とデジタル形態での納入を進めてきており、今後国内の図書館においてすべての新聞のコピーがデジタル形式で利用できるようになるとのことです。

Ref.
NORWAY: The National Library’s digital newspaper service
http://slq.nu/?article=vol46_2-2

About SLQ
http://slq.nu/?page_id=539

世界の美しい公共図書館25館(記事紹介)

2012年4月16日に、Flavorwireが、世界の美しい公共図書館25館を紹介している“The 25 Most Beautiful Public Libraries in the World”という記事を掲載しています。記事では、ノルウェーのVenneslaにあるVennesla Library and Culture Houseやカナダのバンクーバーにある中央公共図書館、英国のブリストル中央図書館のほかに、日本からは石川県の金沢海みらい図書館と宮城県のせんだいメディアテークが取り上げられています。

The 25 Most Beautiful Public Libraries in the World (Flavorwire 2012/4/16付けの記事)
http://flavorwire.com/280318/the-25-most-beautiful-public-libraries-in-the-world?all=1

参考:
世界の美しい書斎・私設図書館20軒(記事紹介)
http://current.ndl.go.jp/node/20357

Huffington Post、世界の美しい図書館を紹介
http://current.ndl.go.jp/node/15696

世界の美しい図書館13館、WebUrbanistが紹介

HathiTrustをめぐる訴訟、英国・ノルウェー・スウェーデン・カナダの著作者団体等が原告に加わる

米国の大学図書館等による共同デジタルリポジトリHathiTrustとミシガン大学等5大学が米国の著作者団体Authors Guild等から訴えられた訴訟に関し、2011年10月6日に、英国、ノルウェー、スウェーデン、カナダの著作者団体と4人の作家が新たに原告に加わったとのことです。今回加わったカナダの団体は、9月時点で訴訟に加わっているカナダの団体とは別の団体です。

Authors Groups From U.K., Canada, Norway and Sweden Join Authors Guild, Australian Society of Authors, and Quebec Writers Union in Suit Against HathiTrust(Authors Guildのブログ 2011/10/6付けの記事)
http://blog.authorsguild.org/2011/10/06/authors-groups-from-u-k-canada-norway-and-sweden-join-authors-guild-australian-society-of-authors-and-quebec-writers-union-in-suit-against-hathitrust/

参考:

ノルウェーの爆破テロでオスロ公共図書館も被害を受け休館、再開時期は未定

2011年7月22日に発生したノルウェー・オスロでの爆破テロ事件で、現場の近くにあるオスロ公共図書館(Deichmanske bibliotek)も爆発の被害を受け、7月23日から休館しているようです。7月23日付けのノルウェー国立図書館のニュースには、爆発による人的被害はなかったものの、建物等が被害を受けたため、再開時期は未定であると述べる、オスロ公共図書館の職員の話が掲載されています。

Deichmanske bibliotek (オスロ公共図書館のページ)
http://www.deichmanske-bibliotek.oslo.kommune.no/

Store ødeleggelser på Deichman (Nasjonalbiblioteket 2011/7/23付けの記事)
http://www.nb.no/aktuelt/store-oedeleggelser-paa-deichman

全欧州規模のホロコースト関係資料のオンラインデータベース化プロジェクトが始まる

2010年11月16日、欧州委員会(EC)の研究開発情報サービス委員会(CORDIS)のニュースによると、“European Holocaust Research Infrastructure”というコンソーシアムが設立され、今後同コンソーシアムによって、ホロコースト関係資料のデータベースの構築が行われるとのことです。このプロジェクトは、オランダにある戦争資料の研究機関“NIOD”を中心に、EUの11か国とノルウェー、そしてイスラエル各国から、図書館や文書館、博物館等20機関が参加しているようです。データベースは、全欧州規模に分散しているホロコースト関係の資料を一元的に閲覧できるものを目指し、今後4年間かけて構築されるとのことです。

European Holocaust Research Infrastructure
http://www.ehri-project.eu/

NIOD-led Holocaust Studies project launched (2010/11/16付け NIODのニュース)
http://www.niod.knaw.nl/actueel/default.asp?ID=703

EU making sure Holocaust never happens again (2010/11/17付け EC CORDISのニュース)

ノルウェーのBIBSYSがOCLCのウェブスケール図書館業務管理システムを採用へ

ノルウェーの大学図書館、研究図書館、国立図書館が参加しているコンソーシアムBIBSYSとOCLCは、OCLCの提供するウェブスケール図書館業務管理システムを採用することで合意したとのことです。

BIBSYS selects OCLC’s Web-scale Management Services(2010/11/9付けOCLCのプレスリリース)
http://www.oclc.org/news/releases/2010/201055.htm

BIBSYS
http://www.bibsys.no/norsk/

参考:
OCLCのウェブスケールの図書館管理システムが本格運用に向けて前進
http://current.ndl.go.jp/node/16431

ノルウェー国立図書館、写真資料などをflickrで公開

ノルウェー国立図書館が、2010年3月から、所蔵する写真資料などを、写真共有サイトflickrで公開しています。

National Library of Norway's photostream
http://www.flickr.com/photos/national_library_of_norway/

About National Library of Norway / Nasjonalbiblioteket
http://www.flickr.com/people/national_library_of_norway/

IFLA、第8回国際マーケティング賞の受賞図書館を発表

国際図書館連盟(IFLA)が毎年選んでいる国際マーケティング賞の第8回(2010年)の受賞館が発表されました。第1位に輝いたのは、インドのIndian School of Businessの図書館であるLearning Resource Centreで、学校の経営陣、教員、学生に対する各種情報アラートサービス等を展開しました。第2位は米国のGail Borden公共図書館、第3位はノルウェーのベルゲン大学図書館となりました。

Winners Announced for the 8th IFLA International Marketing Award
(IFLAのプレスリリース)
http://www.ifla.org/en/news/winners-announced-for-the-8th-ifla-international-marketing-award

ページ