イラク

イスラム過激派、支配地域から多数の貴重書持ち出しか(イラク)

2014年6月22日付けのアッシャルクル・アウサト紙オンライン版で、イスラム過激派「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)が支配するイラク北部・モスルの複数の図書館から、多数の貴重書等がトルコへ持ち出されている可能性が報じられています。

これはイラク当局がアッシャクル・アウサト紙に示した見解によれば、これらの貴重書の中にはアッバース朝時代のコーラン等が含まれているとのことです。

イラク観光省は同国の文化財や遺跡を保護するための早急な手助けを、国際機関等に対して求めているとのことです。また、UNESCOも危機感を示していることが報じられています。

Iraq authorities: Rare manuscripts smuggled out of Mosul(Asharq Al-Awsat、2014/6/22付け)
http://www.aawsat.net/2014/06/article55333503

参考:
イラク戦争下の資料救出とその後の復興(記事紹介)
Posted 2013年3月18日
http://current.ndl.go.jp/node/23105

E608 - 館長の日記に綴られるイラク国立図書館・文書館の現状 カレントアウェアネス-E No.101 2007.02.28

米国公文書館で、“Discovery and Recovery: Preserving Iraqi Jewish Heritage”の展示を開催

米国公文書館(NARA)で、2013年11月8日から2014年1月5日までの期間、“Discovery and Recovery: Preserving Iraqi Jewish Heritage”と題する展示が開催されるとのことです。

この展示は、イラクのユダヤ関係資料とその資料補修・保存についての取り組みを紹介するもので、オンラインでも公開されているとのことです。オンラインでは、現在、2,000以上の資料が検索でき、今後も追加され、2014年6月1日までにすべての資料が公開される予定ということです。また、イラク戦争により、浸水などの被害をうけた資料を補修、保存する取り組みについて紹介する動画も公開されているとのことです。

Discovery and Recovery: Preserving Iraqi Jewish Heritage
http://www.archives.gov/press/press-kits/iraqi-jewish-archive/images.html

National Archives Unveils Iraqi Jewish Artifacts in Exhibit Opening November 8

イラク国立図書館・文書館(INLA)のエスカンダー館長へのインタビュー(記事紹介)

国際図書館連盟(IFLA)の情報への自由なアクセスと表現の自由に関する委員会(FAIFE)のサイトに、イラク国立図書館・文書館(INLA)のエスカンダー(Saad Eskander)館長へのインタビュー記事が掲載されています。2003年のイラク戦争時の災禍からの復興の取組みについて、概要が紹介されています。なお、この記事はもともとはフィンランド国立図書館の雑誌“Kansalliskirjasto”に掲載されたものとのことです。

New FAIFE Spotlight "Interview with Saad Eskander, Director of Iraq National Library and Archives (INLA)"(IFLA 2013/5/2付け)
http://www.ifla.org/node/7658

Interview with Saad Eskander, Director of Iraq National Library and Archives (INLA)
http://www.ifla.org/publications/interview-with-saad-eskander-director-of-iraq-national-library-and-archives-inla

参考:

イラク戦争下の資料救出とその後の復興(記事紹介)

2013年3月17日に、Al Arabiyaが“Iraqi librarian saved 30,000 books during 2003 invasion”という記事を掲載しています。

記事は、10年前の2003年に始まったイラク戦争の際、英国軍が都市バサラに進攻する直前に、イラクの図書館員Alia Baqer氏がバサラ中央図書館から約3万点の資料を運び出し、自宅等で保管していたことを紹介しています。3万点の資料が救出されたものの、なお5万点以上あった資料は図書館の建物と共に戦火で失われたとのことです。また記事では、その後米英を含む様々な国からの支援を得て、2004年10月に図書館が再建されたことも紹介しています。

イラク・バグダッドのムサンナ図書館、イラク国内の出版物の目録を公表

イラク・バグダッドのムサンナ図書館(Al-Muthanna Library)が、2009年から2010年にイラク国内の出版者によってイラク国内で出版された資料の目録を公表しています。目録は、AACR2に基づき作成されているとのことです。

Iraqi Books Hit the International Market for First Time Since the War(PublishingPerspectives 2010/11/8付けの記事)
http://publishingperspectives.com/2010/11/iraqi-books-hit-the-international-market-for-first-time-since-the-war/

イラクの科学技術に関する電子図書館の管理権が米国からイラク政府に

4年間に渡り、米国が管理してきたイラクの電子図書館“Virtual Science Library”が、イラク政府の管理下に戻されることになったそうです。これまでの米国管理下では、軍事関連の研究に集中していたイラクの科学研究インフラを再構築することが目指されてきました。今後は、イラクの高等教育・科学研究省と科学技術省が、必要な支援を米国から受けながら、運営に当たります。

Iraq Receives Control of Online Science Library
- The Chronicle 2010/6/7付けの記事
http://chronicle.com/blogPost/Iraq-Receives-Control-of/24584/

Google、イラク国立博物館の所蔵品をデジタル化

Googleがイラク国立博物館と、同館の所蔵する作品や文書をデジタル化することで合意したと報じられています。デジタル化した14,000件以上の画像を2010年から広く公開するとのことです。なお、同館の所蔵品の一部は、イタリアの国立研究センターが行った別のプロジェクトによってすでにデジタル化されているようです。

Google to digitise Iraq Museum archives: CEO(Google)
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5goaQIv8Asj6QTGEg48b56AiUJ46w

CILIP、イラク国立図書館・文書館館長に名誉フェローを授与

イラク国立図書館・文書館(INLA)の現状をウェブ日記(英国図書館(BL)のサイトに掲載)として発信していたことでも知られるエスカンダー(Saad Eskander)INLA館長が、これまでの図書館復興活動を認められ、英国図書館・情報専門家協会(CILIP)より名誉フェローの資格を授与されました。これに伴ない、エスカンダー館長はスピーチを行い、INLAの復興活動の成果と困難に触れました。スピーチでは、戦闘の跡が生々しい荒廃したINLAの現状を撮影した写真も紹介されました。この写真、スピーチともに、BLのサイトで公開されています。

Saad Eskander receives Honorary Fellowship from library professionals
http://www.bl.uk/iraqdiary/cilip.html

参考:

イラク武力行使下での図書館員の奮闘が演劇に

2003年のイラク武力行使の中、3万冊におよぶ図書館の蔵書を自宅や友人宅に避難させて消滅の危機から救った図書館員アリア・ムハマド・ベーカー(Alia Muhammad Baker)のエピソードを描いた絵本“The Librarian of Basra: A True Story from Iraq”が、オーストラリア・西オーストラリア州南部の劇団“Denmark Arts Council”により舞台化されています。
最初は2007年の夏の子ども読書週間の行事として、オーストラリア南部のアルバニー 公共図書館(Albany Public library)の要請により、800人の子どもたちの前で上演されたとのことですが、2008年春にはパース近郊の音楽祭で上演され、2008年夏は北オーストラリア・ダーウィンの公共図書館で上演されているそうです。

フセイン政権時代のイラク記録文書の「あるべき場所」をめぐる論争

フセイン政権時代のイラク・バース党の記録文書の「あるべき場所」をめぐり、イラク国立図書館・文書館(INLA)およびイラク文化省と、イラク記念財団および米国のフーバー研究所とが対立しています。当該の記録文書は、フセイン政権崩壊後に、イラクから米国に亡命して活動している研究者によって発見され、当時の政府関係者から、イラク記念財団での管理を任されたものです。ところが、その後の紛争の激化により、当該の記録文書の性質(フセイン政権に協力的だった人々の氏名が明示されている)を鑑み、当該研究者が政府関係者に掛け合って、一時的に米国に移転することになりました。これが現在、フーバー研究所に保管されており、デジタル化されて9~10月に一般公開される予定になっています。

ページ