ニュージーランド

ニュージーランド国立図書館のデジタル化新聞サイト“Papers Past”に7タイトルを追加

ニュージーランド国立図書館による、デジタル化した1839年から1932年の間の新聞・雑誌を検索・閲覧できるサイト“Papers Past”に新たに7タイトルが追加されたそうです。これにより、タイトル数は52、ページ数は約130万、記事数は約1450万となったそうです。

Papers Past adds more digitised newspapers
http://www.natlib.govt.nz/about-us/news/29-jun-09-papers-past-more-titles

PAPERSPAST
http://www.paperspast.natlib.govt.nz/cgi-bin/paperspast

白黒二値画像とグレイスケール画像とで、OCRの正確さに差はあるか?(Nz)

ニュージーランド国立図書館が、2001年から実施している新聞デジタル化プロジェクト(ウェブサイト“Papers Past”で公開中)に関連して、デジタル化した画像をOCRを使ってテキスト化する際に、白黒二値(bitonial)画像とグレイスケール(greyscale)画像とで正確さにどの程度相違があるかを調査した結果を、D-Lib Magazine誌2009年3/4月号で発表しています。これによると、白黒二値の方が少し正確性が高いが、双方に有意な差は見られなかったとのことで、プロジェクトチームは同館に対し、当面は白黒二値でのデジタル化を続けることと、継続的に関連情報を収集しデジタル化方針をレビューすることを勧告しています。

英・豪・Nzの国立図書館、国立公文書館が次々とFlickrに進出

米国議会図書館(LC)やオランダ国立公文書館などに続き、英国、オーストラリア、ニュージーランド各国の国立図書館や国立公文書館が次々と、デジタル化した写真をFlickrで公開する試みを開始しています。

Flickr: National Library of Scotland's Photostream
http://www.flickr.com/photos/nlscotland/
Flickr: National Library of Australia's Photostream
http://www.flickr.com/photos/national_library_of_australia/
Flickr: National Library of New Zealand's Photostream
http://www.flickr.com/photos/nationallibrarynz/

Flickr: The National Archives UK's Photostream
http://www.flickr.com/photos/nationalarchives/
Flickr: National Archives of Australia's Photostream

ニュージーランド国立図書館、アーチストが1日だけの「別館」を作るイベントを開催

ニュージーランド国立図書館が2009年3月6日に、図書・雑誌・新聞などに掲載された何千枚もの写真を用いて、1日限りの「別館」を構築するというイベントを開催すると発表しました。これは、ニュージーランドで国家的に行われているイベント“One Day Sculpture”の1つとして行われるもので、同国在住のアーチストのキャラン(Bekah Carran)氏が制作、作品名は“I Remember Golden Light”です。その名のとおり、24時間限定の作品となるとのことです。この作品のモチーフは、同館の営みや構成に対応したものであり、かつ、哲学者デリダ(Jacques Derrida)の「外部のないアーカイブは存在しない」という言葉が示唆するような、アーカイブの本質についてのメッセージを表すものだとされています。

ネット上の著作権侵害行為の法的責任をプロバイダにも問うNZの著作権法改正法、当該条項の施行を延期

ネット上の著作権侵害行為の法的責任をプロバイダにも問うことで、国内外で大きな物議を醸していたニュージーランドの著作権法改正法ですが、その問題の条項(第92A条)の施行(当初の予定日は2月28日)を「どのように法を運用するかについて合意が取れるまで」延期されることになったと報じられています。日付としては、さしあたっては3月27日まで、その時点でも合意が取れていなければさらに6か月間、延期されるとのことです。

New Zealand Three Strikes Mandate Delayed | Public Knowledge
http://www.publicknowledge.org/node/2005

February 24th, 2009付けDigitalKoansの記事

ウェブ上でニュージーランドを「見える化」する“Digital NZ”

ニュージーランド政府のデジタルコンテンツ戦略に基づき、ニュージーランドに関するデジタルコンテンツの発見・共有・利用を容易にすることを目指すウェブサイト“Digital NZ”が構築され、運用を開始しました。Digital NZには、政府、公的資金の援助を受けている機関、民間企業などから集められたコンテンツが含まれています。このDigital NZは、ニュージーランド政府が資金を提供し、ニュージーランド国立図書館が推進している共同事業です。現在、ウェブサイトの利用者は下記のようなことが行えるということです。

 ・Digital NZのコンテンツを装備したツール、ウィジェット、アプリケーションソフトの利用
 ・Digital NZへの参加
 ・デジタルコンテンツ作成とその保護に関するアドバイスを受けること
 ・Digital NZ APIの利用

ニュージーランド国立図書館、戦略アドバイザリフォーラムの設置を発表

ニュージーランド国立図書館が、戦略アドバイザリフォーラムを設置したと発表しています。このフォーラムは、図書館界、関連業界などの機関(図書館情報専門家協会、大学図書館協会、学校図書館協会、公共図書館長会議等)の代表者で構成され、国立図書館長に対し、戦略、課題、幅広く図書館界にとって機会となることなどを助言することを任務としています。10月の会合では、学校図書館、ニュージーランドの文書遺産コレクションの位置づけ、刑務所図書館、学習スキルの基盤としての情報リテラシー、著作権・知的財産権問題が、優先して対処すべき課題として特定されたとのことです。

Introducing the Strategic Advisory Forum - National Library of New Zealand

オークランド戦争記念博物館、デジタルコンテンツを利用者がブラウザ上でリミックス・公開できるサービスを開始

ニュージーランドのオークランド戦争記念博物館が、第一次世界大戦の休戦協定成立から90周年を記念して、戦場から帰還した兵士を歓迎するイベントや勲章等の動画、写真、音声等のデジタルコンテンツを利用者がブラウザ上でリミックス・公開できるサービス“Memory Maker”を公開しました。これは、ニュージーランドの図書館・博物館・文書館等、デジタルリソースを提供している機関の連合体“National Digital Forum”(運営はニュージーランド国立図書館)のプロジェクトと位置付けられており、デジタルコンテンツは各機関から提供されています。

Memory Maker - Auckland Museum New Zealand
http://remix.digitalnz.org/

National Digital Forum
http://ndf.natlib.govt.nz/

E851 - ネット上の著作権侵害行為の法的責任,プロバイダにも(NZ)

ニュージーランドの改正著作権法が,同国内のインターネットプロバイダ(ISP)団体やインターネット利用者団体に波紋を投げかけている。 2008年4月11日に制定された改正著作権法は,第92A条1項で「ISPは,反復的侵害者のアカウントを,適切な条件のもと抹消するためのポリシーを導入し,合理的に運用しなければならない」と定めるとともに…

ニュージーランド国立図書館、「国民のネットワーク」事業のインパクト評価レポートを公表

ニュージーランド国立図書館が2007年9月から進めてきた「国民のネットワーク(people's network)」事業のインパクト評価レポートを公表しています。これは、全国の公共図書館から国民に対し、(1)インターネットへのブロードバンドアクセス、(2)ICT利用の研修、およびそれらを基盤として(3)デジタルコンテンツ、を提供するというもので、第1フェーズに参加した34図書館を対象として、プログラムの実態、利用者・ライブラリアンの意識などが調査されています。いくつかのケーススタディも紹介されています。

Aotearoa People’s Network Impact Evaluation 2008
http://www.peoplesnetworknz.org.nz/APN_Impact_Report.pdf

ページ