検索エンジン

フランス国立図書館、Microsoftと提携してGallicaのコンテンツをBingからアクセス可能に

フランス国立図書館(BNF)が、同館の電子図書館であるGallicaのコンテンツ125万件をMicrosoft社が提供する検索エンジンBingからアクセス可能にすることでMicrosoft社と合意したようです。現在開発中のフランス版Bingの提供開始に合わせて、2011年からアクセスできるようにする予定とのことです。

La BnF et Microsoft signent un accord facilitant
l’accès au patrimoine numérisé par la BnF
http://www.bnf.fr/documents/cp_accord_bnf_microsoft.pdf

La BNF préfère Microsoft à Google(Figaro 2010/10/7付けの記事)
http://www.lefigaro.fr/medias/2010/10/07/04002-20101007ARTFIG00806-la-bnf-prefere-microsoft-a-google.php

Microsoft's Bing Gains Access to France's Archives(ABC News 2010/10/7付けの記事)

学生は有料の文献調査ツールより、無料の検索エンジンを好むという研究報告(英国)

2010年9月8日に英国ノッティンガム大学で開催された“Association for Learnining Technology (ALT)”の第17回年次大会で、英国ミドルセックス大学のHanna Stelmaszewska氏らが、「電子リソース探索システム:それらは学術資料の調査に役立っているのか、それとも邪魔をしているのか?」(Electronic resource discovery systems: do they help or hinder in searching for academic material)と題する研究報告を行ったようです。報告では、大学図書館が高額の予算を使って電子書籍やフルテキストデータベース、電子ジャーナルを提供しているにもかかわらず、文献調査を行う学部学生にとっては、それらのシステムが複雑で時間のかかるものとなっており、その代わりに、操作しやすいGoogleやYouTubeといった無料の検索エンジンを好んで利用しているとの結果が発表されたようです。

Association for Learning Technology 2010のウェブサイト(研究報告のパワーポイント資料があります)
http://altc2010.alt.ac.uk/talks/15054

ラテンアメリカとスペインの機関リポジトリの横断検索を行う“Bibliotecas del Ecuador”(エクアドル)

エクアドルの大学図書館コンソーシアム(el Consorcio de Bibliotecas Universitarias del Ecuador)が、ラテンアメリカとスペイン各国の機関リポジトリの横断検索を行う“Bibliotecas del Ecuador”を公開しています。現在の検索対象は、エクアドルの8大学、コロンビアの6大学、メキシコ3大学、スペインの6大学、チリ3大学、そしてベネズエラ国内のすべての機関リポジトリで、検索対象件数は約20万件とのことです。

Bibliotecas del Ecuador
http://www.bibliotecasdelecuador.com/

フランス政府がインターネット広告の課税を検討

フランス政府が、検索エンジンのインターネット広告収入に対して課税することを検討していると報じられています。課税案は、政府の出資によりZelnick氏らが作成した報告書“Le rapport Zelnik”で提案されているもので、Googleなどのフランス国外の検索エンジン企業でも広告をクリックしたユーザーがフランス国内にいる場合は課税の対象とするようです。1~2%の税率で年間1,000万~2,000万ユーロの税収が見込まれており、それらを使って音楽業界や出版業界に助成するとのことです。

フランス政府が“Google税”提案 税収でコンテンツ業界を支援(ITmedia News 2010/1/8付けの記事)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1001/08/news062.html

Pour promouvoir la culture, la commission Zelnik part en guerre contre Google(Le Monde 2010/1/7付けの記事)

Yahoo!、新しい検索フォーマットを発表

Yahoo!が2009年9月22日、新しい検索フォーマットを発表しています。検索のトップページを刷新したほか、検索結果のロード時間や見やすさ、検索補助を向上させて利用者の検索時間の短縮が図られているようです。これらの改良は、欧米各国やインドなどで導入済みで、他の国向けにも近々導入する予定とのことです。

Yahoo Goes Live With New Search Format(search engine land 2009/9/22付けの記事)
http://searchengineland.com/yahoo-goes-live-with-new-search-format-26287

図書館員のためのGoogle活用法-50のヒント

“Accredited Degrees”というブログに、質と関連性の高い情報を見つけだすための、図書館員向けGoogle活用法が紹介されています。高度な検索の使い方、Googleのさまざまな検索ツールの使いこなし方など、全部で50のヒントが載っています。

Google For Librarians: 50 Tips, Tools, and Resources for Power Searching
http://www.accrediteddldegrees.com/2008/google-for-librarians-50-tips-tools-and-resources-for-power-searching/

CiteSeerX alpha

コンピュータ・サイエンス分野の論文の検索エンジン/文献データベースCiteSeerの次世代版CiteSeerX Alpha版が公開されています。

CiteSeerX alpha
http://citeseerx.ist.psu.edu/

ページ