アイルランド

大学から書店が撤退 学習のデジタル化の影響?(アイルランド)

アイルランドの日刊紙Irish Examiner電子版の2014年10月4日付けの記事で、同国の国立大学ユニバーシティ・カレッジ・コーク (University College Cork, UCC)内にある唯一の書店が、2014年11月21日で撤退することが報じされています。UCCは18,000人以上の学生を抱えるアイルランド有数の大学ですが、この撤退により学内から書店がなくなるとのことです。

撤退の理由について、記事中では多くの学生が学習に用いる資料をAmazonで購入したり、電子版を携帯端末やノートパソコンで見るようになっていることにより、リアル書店の売り上げが落ち込んでいたことが指摘されています。従来通り現物を見て紙媒体を購入したい層向けには、書店があった場所に現物の図書を見ながらオンラインで注文できる、ショールームが設けられます。

UCCの学生団体会長であるMark Stanton氏によれば、最後の書店が撤退することについて、学内で特に目立った反応はない、とのことです。

University’s bookshop set to close as study goes digital(Irish Examiner、2014/10/4付け)

アイルランドのアーカイブズ資料検索ポータルサイト“Irish Archives Resource”、提供コレクションを拡大

アイルランドのアーカイブズ資料検索のためのポータルサイト“Irish Archives Resource (IAR)”が、提供するコレクション数を拡大したことが報じられています。記事によると、新たにトリニティ・カレッジ・ダブリンのManuscripts and Archives Research Departmentやアイルランド国立博物館等のアーカイブズ資料が検索できるようになったとのことです。

IAR
http://www.iar.ie/

Ireland’s only archive web portal makes hundreds of unique archival collections freely available online(Businessand & Leadership, 2014/9/17)
http://www.businessandleadership.com/leadership/item/47593-irelands-only-archive-web/

Irish web portal doubles its number of archive collections(irishexaminer, 2014/9/18)

アイルランド国立図書館、2013年の年報を公開

2014年9月3日、アイルランド国立図書館が2013年の年報を公開しました。2013年には前年度比で42%増となる25万人以上がアイルランド国立図書館を訪問したこと、FacebookやTwitterのフォロワーが20,000に達したこと、合計で16,000点の図書、新聞、雑誌を受け入れたこと等が掲載されているようです。

NLI publishes its 2013 Annual Review(NLI, 2014/9/3)
http://www.nli.ie/en/list/latest-news.aspx?article=ffd2b4ff-659c-4db1-bbd6-13452c00cf4f

Reports and Policy Documents
http://www.nli.ie/en/reports-and-policy-documents.aspx

カーネギー英国財団、英国とアイルランドの公共図書館に200,000ポンドの資金提供を発表

2014年8月11日、Carnegie UK Trust(カーネギー英国財団)が、英国とアイルランドの公共図書館を対象に、200,000ポンドの資金提供をすることを発表しました。同財団が2014年から開始する3年間の資金援助プログラムである“Carnegie Library Lab”によって、革新的実践を支援するために最大15の図書館とパートナーシップを結ぶとしています。構想では、図書館員のイノベーションとリーダーシップを支援するオンラインの学習教材の新しいプログラムも実施する予定とのことです。資金援助プログラムに申請する図書館員は、図書館のスペースを利用した革新的アイデアを提出する必要があるとのことです。

Carnegie Library Lab: 200K boost to public libraries in UK and Ireland(Carnegie UK Trust, 2014/8/11)
http://www.carnegieuktrust.org.uk/news---events/latest/carnegie-library-lab--200k-to-libraries-in-uk-and-

Carnegie Library Lab

アイルランド国立図書館、デジタル化画像約1万件を新たに公開

2014年4月24日、アイルランド国立図書館が、デジタル化画像10,500件を新たに公開したと発表しています。アイルランドの歴史的な資料をデジタル化したもので、同館のVufindを用いたOPACを通じて提供されているとこのとです。これにより、同館のOPACを通じて公開されている歴史的なデジタル化資料の点数は計63,000点となったとのことです。

19世紀末までのアイルランドの歴史上の人物1,100名(著名でない人物も含む)の3,000件近くの写真や肖像画を集めたコレクションや、チケットや煙草のカード、ポスターなどの長く持つことを意図していないような一枚ものの資料を集めたコレクションなどが含まれているとのことです。

National Library of Ireland Launches 10,500 Newly Digitised Items(NLI, 2014/4/24)
http://www.nli.ie/en/list/latest-news.aspx?article=8a2509be-b660-4520-a935-0572a61d3835

National Library of Ireland Catalogue
http://catalogue.nli.ie/

英・アイルランドの“World Book Day”、今年は3月6日

英国とアイルランドでは、4月23日のユネスコの“World Book and Copyright Day(世界図書・著作権の日)”に先駆けて、3月に“World Book Day”が祝われます。2014年は3月6日が“World Book Day”に設定され、各種イベントが実施されたようです。

World Book Day Events(World Book Day)
http://www.worldbookday.com/news-press/events/

How is your library celebrating World Book Day? – send us your pictures
http://www.theguardian.com/local-government-network/2014/mar/06/world-book-day-library-celebrating-send-us-pictures

World Book Day: libraries are a lifeline for literacy and social mobility

図書館員がいない夜間も、公共図書館に入館し、貸出もできるように(アイルランド)

2013年12月30日付けのThe Irish Timesの記事で、2014年からアイルランドの公共図書館で、図書館員がいない夜間でも人々が図書館を利用し、資料を借りることもできるようにする試みが始まると報じられています。

同紙によればまずいくつかの図書館を対象に試験運用を行う予定とのことです。建物には自動ドアが設置され、利用者カードと暗証番号により閉館中でも入館できるようになります。貸出処理については資料に付与したRFIDタグにより行い、館内での利用者行動は監視カメラにより追跡されます。

プロジェクトを管轄するアイルランド環境・地域社会・地方自治省のスポークスマンによれば、同様の試みは既にデンマーク、スウェーデン、台湾でも行われているとのことです。

Self-service libraries to allow night-time checkouts(The Irish Times、2013/12/30付け)
http://www.irishtimes.com/news/consumer/self-service-libraries-to-allow-night-time-checkouts-1.1640032

ワールド・ブックナイト2014、英国・アイルランドで配布される書籍は?

世界図書・著作権の日である4月23日に、大人のための読書振興イベント“ワールド・ブックナイト”(World Book Night)が開催されます。これまで、米国、英国、アイルランド、ドイツなど世界各国で実施されてきました。2014年に英国・アイルランドで配布される書籍のタイトルが公表されていました。

The 2014 Book List (World Book Night UK & Ireland)
http://www.worldbooknight.org/books/2014-book-list

参考:
ワールド・ブックナイト2014、米国で配布される書籍は?
Posted 2013年10月25日
http://current.ndl.go.jp/node/24683

トリニティ・カレッジ・ダブリン、アイルランド初のクラウドソーシングによるデジタルアーカイブプロジェクトを開始 イースター蜂起100周年を前に

2013年9月24日、アイルランドのトリニティ・カレッジ・ダブリンが、同国で初となるクラウドソーシングによるデジタルアーカイブ構築プロジェクト“The Letters of 1916: Creating History”を開始し、サイトを公開しました。

このプロジェクトは、1916年のイースター蜂起の頃の日常生活を再構成するべく行われるもので、ユーザに対し、各家庭に眠る1916年当時の手紙や写真等をアップロードしてほしいとしています。

構築されるデジタルアーカイブは、イースター蜂起100周年にあたる2016年に公開される予定とされています。

Letters of 1916: Creating History
http://dh.tcd.ie/letters1916/

Letters 1916 : PRESS RELEASE (Letters 1916 2013/9/24付けの記事)
http://dh.tcd.ie/letters1916/letters-1916-press-release/

Letters of 1916 Research Project Calling on Public to Contribute Family Letters (Trinity College Dublin 2013/9/24付けの記事)

英MOOCプロバイダFutureLearn、オーストラリアとアイルランドの大学と提携 英国外は初

2013年6月17日に、英国放送大学(Opne University)等がMOOCコースの提供を行っているFuture Learnが、オーストラリアのモナシュ大学とアイルランドのトリニティ・カレッジ・ダブリンと提携したと発表しています。今回FutureLearnが英国以外の国の大学と提携するのは初とのことです。

FutureLearn announces international expansion (FutureLearn 2013/6/17付けの記事)
http://futurelearn.com/news/futurelearn-announces-international-expansion/

参考:
英国のMOOCプラットフォーム“FutureLearn”に英国図書館が参加し、デジタル化資料を提供
http://current.ndl.go.jp/node/22930

ページ