Web 2.0

国際ブレーメン大学図書館、7種類のプラットフォームに対応したOPACウィジェットを公開

ドイツの国際ブレーメン大学(Jacobs University)が、iGoogle、Yahooサイドバー、Windows Vistaサイドバー、Macintoshダッシュボードなど7種類のプラットフォームに対応した統合OPACウィジェット“jOPAC”を公開しています。ソースコードも公開されています。

jOPAC - Teamwork at Jacobs University
http://teamwork.jacobs-university.de:8080/confluence/display/library/jOPAC

May 18th, 2008付けTame The Webの記事
http://tametheweb.com/2008/05/18/jopac-opac-widget-for-multiple-platforms/

タグクラウドを活用した学術論文等の検索・ナビゲーションシステム“ThoughtMesh”ベータ版

米国サザン・カリフォルニア大学が刊行しているオンライン雑誌“Vectors: Journal of Culture and Technology in a Dynamic Vernacular”の3巻1号に、タグクラウドを活用して学術論文等を検索・ナビゲートするシステム“ThoughtMesh”のベータ版が掲載されています。

ThoughtMeshは、Vectorsのリポジトリ内、または著者自身のウェブサイトにアーカイビングされた論文に対し、章・節単位で自動的(機械的)にタグを付与します。また著者がタグを付与することも可能です。このタグを活用して、同じタグが付与されている別の論文に、章・節単位で遷移することが可能になります。複数のタグをAND、NOT等で演算して検索することも可能になっています。

“Facebook”日本語版がスタート

米国ハーバード大学の学生が学生の交流用に2004年に作成し、以後、米国の他の大学→学校→一般へと公開範囲を広げ、ユーザを増やしてきた大手SNS“Facebbok”が、日本語版をスタートさせました。

Facebook
http://ja.facebook.com/

なお、このFacebookは大学生や学生が多く利用していることから、大学生や学生を対象に図書館サービス(OPACの検索やチャットレファレンスなど)を提供するウィジェット(プラグイン、アプリケーション)を作成している図書館も多くあります。

“Facebook”にBLのページが登場
http://current.ndl.go.jp/node/7368

FacebookでWorldCatを検索できるプラグイン公開
http://current.ndl.go.jp/node/7219

ソーシャルネットワーキングが従来のウェブ検索サービスを駆逐する?!

米国のPopular Mechanics誌の記事で、ソーシャルネットワーキングなど、ユーザー生成コンテンツを重視するスタイルがさらに浸透していくと、将来的に今私たちが知っているウェブ検索サービスがなくなってしまうのではないか、という予測が紹介されています。これまでは、情報を探している人が自分で検索エンジンを利用して求める情報にたどり着く、という形態でのウェブ検索が発達してきました。しかし最近では、様々な個人情報をウェブ上に発信したり、自分用にウェブのサービスをカスタマイズしたりと、ウェブ上に自分のアイデンティティともいえるものが流出しています。こういった個人情報の流出が、「人が情報を探索する」スタイルから、「情報がある個人を見つけてその人にあった情報を提供する」スタイルへと、ウェブ検索サービスのあり方を逆転させてしまうのではないかと、記事は指摘しています。

JISC、Web 2.0と知的財産権に関するツールキットを刊行

英国情報システム合同委員会(JISC)が、Web 2.0環境における知的財産権の問題を研究し、実践的なツールキットを作成するプロジェクト“Web2Rights”の成果物及びブリーフィング・ペーパーを公開しています。

Web 2.0環境では、誰もが潜在的なコンテンツ作成者・出版者であり得ること、国を超えて面識のない複数の人々が協同するような場合も多いこと、といった特徴から、著作権の帰属、適用されるルール・手続きなどの問題が発生するとされています。こうした問題に関する考え方やTipsについてツールキットが作成されているほか、ライセンスや契約のひな型、FAQなども公開されています。

the Web2.0 Rights project
http://www.web2rights.org.uk/

Web 2.0 and Intellectual Property Rights

図書館が開発中の研究ツール25

オンラインで学位を取る人のためのサイト"collegedegree.com"が、図書館が(協力して)開発中の研究ツール25を紹介しています。

25 Awesome Beta Research Tools from Libraries Around the World
http://www.collegedegree.com/library/college-life/25-awesome-beta

Vera Multi-Search: MIT

“Facebook”にBLのページが登場

SNSサイトの1つ、“Facebook”に英国図書館(BL)のページが登場しています。“Facebook”の利用者からのBLに関する質問に対し、利用者同士が情報交換をしているほか、BLの担当者もその質問に答えるなど、コミュニケーションをしています。

FacebookのBLのページ
http://www.facebook.com/pages/The-British-Library/8579062138

British Library
http://www.bl.uk/

ミシガン大学図書館、図書館サイトのコンテンツへのタグ付け機能“MTagger”をスタート

ミシガン大学図書館が、大学関係者に対し、図書館のウェブサイトのコンテンツへのタグ付け機能“MTagger”の提供を開始しました。今のところタグ付けができるのは、(1)図書館のウェブページの大半、(2)図書館目録の資料のページ、(3)デジタル画像コレクションの中の画像ページ、(4)図書館の学術出版局によって出版された電子ジャーナルの大半、だということです。

University of Michigan M Library
http://www.lib.umich.edu/

ページ