計量書誌学

台湾国家図書館、「台湾の学術資源の影響力」に関する分析報告書(2021年版)を公表

2021年4月26日、台湾国家図書館は、「台湾の学術資源の影響力」に関する分析報告書の2021年版『110年台湾学術資源影響力分析報告:台湾学術資源利用及研究主題概況』を公表しました。

同報告書の「一、前言」によれば、主な収録内容は次のとおりです。

・各大学の学位論文に関する、学術上の貢献と影響力の分析。同館の学位論文データベース「台湾博碩士論文知識加値系統」を用いて、論文の公開許諾、ダウンロード、被引用の状況を分析。
・学術誌に関する、学術上の貢献と影響力の分析。同館の学術論文データベース「台湾期刊論文索引系統」と、人文・社会科学分野の学術出版物情報を収録したデータベース「台湾人文及社会科学引文索引資料庫」を用いて、学術誌単位での収録論文ダウンロード数、学術誌の5年インパクトファクター、被引用数を分析。
・研究テーマに関する動向の分析。「台湾期刊論文索引系統」及び「台湾博碩士論文知識加値系統」の収録論文に設定されたキーワードから、近年注目を集めている研究テーマを分析。

同報告書では、それぞれの分析結果からみた大学・論文・学術誌等のランキングが掲載されています。また、「六、結論」では、主な分析結果として次の4点を挙げています。

ジャーナル指標に基づいて金銭的報酬が提供されている論文の引用への影響(文献紹介)

2021年4月27日付で、Springer Nature社が刊行する科学計量学分野の査読誌“Scientometrics”に、ルーマニアのNational University of Political Studies and Public AdministrationのGabriel-Alexandru Vîiu氏とMihai Păunescu氏による共著論文“The citation impact of articles from which authors gained monetary rewards based on journal metrics”が掲載されています。本文は有料ですが、要旨(Abstract)は公開されています。

研究の促進を目的として、論文の出版に応じて個別の著者に金銭的報酬を与えるという政策手段があります。論文では、ルーマニアの報酬プログラムRomanian Program for Rewarding Research Results(PR3)を事例として、著者が報酬を受け取っている約1万報の論文の被引用数について評価を行っています。PR3ではジャーナル単位の指標を利用して、金銭的報酬の割り当てが行われています。

scite、ScholarOneパートナープログラムへの参加を発表:sciteのツール“Reference check”がScholarOne内から利用可能に

sciteは、2021年4月13日付けのmediumでの投稿において、オンライン投稿・査読システムScholarOneのパートナープログラムへの参加を発表しました。

sciteは、スマート引用を介して科学論文を発見・評価するためのプラットフォームです。発表では、今回の参加によってsciteのツール“Reference check”がScholarOne内から利用可能になり、投稿論文の迅速な評価が行えるようになると述べています。

“Reference check”は、論文から参照文献の情報を自動抽出し、スマート引用を介して、引用された主張が支持を得ているか又は異議を呈されているかを示すコンテキストや分類を詳述するレポートを生成します。さらに、各参考文献が撤回、取り下げ等がなされているかについても特定します。

オープンアクセス出版社・PLOS、掲載論文に表示する評価指標を自社開発の“Article Level Metrics(ALM)”からAltmetric社による提供に変更

2021年3月10日、オープンアクセス出版社・PLOSは、掲載論文に表示する評価指標について、自社開発の“Article Level Metrics(ALM)”からAltmetric社による提供に変更したことを発表しました。

同日から、掲載論文の“Metrics”タブに表示されるデータが全てAltmetric社の提供となり、“Media Coverage”タブのリンク先もAltmetric社のものに変更したことを紹介しています。

発表では、ALMを廃止する旨が示されており、オルトメトリクスに関する同社のオペレーションのバトンをAltmetric社に手渡すとしています。

A Farewell to ALM, but not to article-level metrics!(The Official PLOS Blog, 2021/3/10)
https://theplosblog.plos.org/2021/03/a-farewell-to-alm-but-not-to-article-level-metrics/

scite、Wiley社の学術誌121誌にスマート引用を実装することを発表

scite は、2021年3月10日付けのmediumでの投稿において、Wiley社との提携によりWiley社の学術誌にスマート引用を実装することを発表しました。1年間のパイロットプロジェクトを通じ121誌がその対象となります。

sciteは、スマート引用を介して科学論文を発見・評価するためのプラットフォームです。なお、スマート引用とは、引用のコンテキストならびに引用された主張を支持しているかまたは異議をとなえているかの分類を提供することにより、論文がどのように引用されているかを示すものです。

scite Launches Smart Citations on 121 Wiley Journals(medium, 2021/3/10)
https://medium.com/scite/scite-launches-smart-citations-on-121-wiley-journals-298f4a802ac7

台湾国家図書館、データベース「期刊文献資訊網」をリニューアル

2021年3月2日、台湾国家図書館は、データベース「期刊文献資訊網」のリニューアルを実施したことを発表しました。

同データベースにはサブデータベースとして「台湾期刊論文索引系統」(Taiwan Periodical Literature)、「中華民国出版期刊指南系統」(Directory to Taiwan Periodicals)等が含まれており、台湾で出版・発行された雑誌・新聞や論文の検索が可能です。

今回のリニューアルでは、レスポンシブウェブデザインによるモバイル端末での利便性向上のほか、雑誌に関し「5年インパクトファクター」表示機能の追加、論文に関し被引用・クリック数に関する統計表示機能の追加が行われたとあります。

「期刊文獻資訊網」全新風貌上線,歡迎各界使用(台湾国家図書館, 2021/3/2)
https://www.ncl.edu.tw/information_237_11995.html

Microsoft Academic Graph(MAG)の約30年分の定量的なデータに基づくオンラインプレプリントサービス発展の軌跡(文献紹介)

プレプリントサーバarXivに2021年2月17日付で、Microsoft社の基礎研究部門Microsoft Researchの研究者3人の共著による文献“Is preprint the future of science? A thirty year journey of online preprint services”が公開されています。

同文献はarXivがサービスを開始した1991年から2020年までを対象に、Microsoft社の書誌情報データMicrosoft Academic Graph(MAG)に基づいて、プレプリントサービスの経時的な発展の概要を報告する内容です。主に次のようなことを指摘しています。

・1991年の1年間に公開されたプレプリント文献の数は3,000件程度であったが、2019年には約22万7,000件、2020年には最初の9か月だけで約19万2,000件と急増している。しかしそれでもなお、全学術文献に占めるプレプリント文献の割合は2020年時点で6%程度である。

・プレプリント文献の公開日と査読を経て雑誌論文として公開される日を比較すると、平均して14か月の開きがあり、特に経済学分野ではプレプリント文献の早期アクセスの恩恵が大きい。

参考文献リストの変化の定量的な観察に基づく査読の影響の研究分野別分析(文献紹介)

プレプリントサーバarXivに2021年2月5日付で、独・マックスプランク人口学研究所(MPIDR)のAliakbar Akbaritabar氏とドイツ高等教育科学研究センター(DZHW)のDimity Stephen氏による共著文献“A Disciplinary View of Changes in Publications' Reference Lists After Peer Review”が公開されています。

同文献では、査読が学術論文にどのような影響を与えるかについての考察が行われています。著者らは従来このような研究が社会科学分野と医学分野に偏っていたことを受けて、複数分野を対象とする研究を試みました。Digital Science社のディスカバリープラットフォームDimensionsを用いて、約6,000件の学術論文を対象に、査読を経る前のプレプリント版と査読を経て出版社から公開された版とを照合し、参考文献リスト(Reference Lists)の変化の定量化を実施しました。また、オープンアクセス(OA)出版社のPLOS刊行の雑誌に掲載された565件の論文の本文のセクションごとの参考文献の変化や、無作為抽出した98件の論文への変化の理由等を検討するための定性分析も行っています。

『中國工業經濟』誌を事例とした研究データ公開の義務化が学術雑誌へ及ぼす影響に関する実証研究(文献紹介)

2021年2月14日付で、Springer Nature社が刊行する科学計量学分野の査読誌“Scientometrics”に、中国の山东大学国际创新转化学院の张立伟(Liwei Zhang)副教授と中国人民大学公共管理学院の马亮(Liang Ma)教授による共著論文“Does open data boost journal impact: evidence from Chinese economics”のオンライン速報版が掲載されています。

同論文は多くの学術雑誌で研究データの公開が進んでいることを背景に、研究データの公開が学術雑誌に及ぼす影響を実証的に検討した結果を報告する内容です。著者らは、中国社会科学院(CASS)の刊行する『中國工業經濟(China Industrial Economics:CIE)』誌を検討の対象としました。CIE誌は2016年末に中国の社会科学系の学術雑誌として初めて、論文の著者に研究データの公開を義務付けており、論文の執筆時点でもこの分野でオープンデータを義務化する唯一の雑誌であることを紹介しています。

Aries Systems、Editorial Managerの投稿原稿の参考文献の信頼性を向上させるため、sciteと協定を締結

2021年2月2日、オンライン投稿・査読システムEditorial Managerを運営するAries Systemsは、Editorial Managerに投稿された原稿の参考文献(reference)の信頼性を促進することを目的として、sciteと協定を締結したことを発表しました。sciteは、スマート引用を介して科学論文を発見・評価するためのプラットフォームです。

協定では、Ariesの新しい原稿分析APIを活用することで、sciteの参照チェック(Reference Check)というツールをEditorial Managerに統合します。参照チェックは、Editorial Managerに投稿された原稿の参考文献を自動抽出し、スマート引用を介して、引用された主張が支持を得ているか又は異議を呈されているかを示すコンテキストや分類を詳述するレポートを生成します。さらに、sciteの参照チェックは、各参考文献が撤回、取り下げ等がなされているかについても特定します。レポートは、Editorial Manager設定によって、著者、編集者、査読者、および出版者が利用することが可能であり、新しい意思決定支援ツールとして使用できます。

ページ