計量書誌学

参考文献リストの変化の定量的な観察に基づく査読の影響の研究分野別分析(文献紹介)

プレプリントサーバarXivに2021年2月5日付で、独・マックスプランク人口学研究所(MPIDR)のAliakbar Akbaritabar氏とドイツ高等教育科学研究センター(DZHW)のDimity Stephen氏による共著文献“A Disciplinary View of Changes in Publications' Reference Lists After Peer Review”が公開されています。

同文献では、査読が学術論文にどのような影響を与えるかについての考察が行われています。著者らは従来このような研究が社会科学分野と医学分野に偏っていたことを受けて、複数分野を対象とする研究を試みました。Digital Science社のディスカバリープラットフォームDimensionsを用いて、約6,000件の学術論文を対象に、査読を経る前のプレプリント版と査読を経て出版社から公開された版とを照合し、参考文献リスト(Reference Lists)の変化の定量化を実施しました。また、オープンアクセス(OA)出版社のPLOS刊行の雑誌に掲載された565件の論文の本文のセクションごとの参考文献の変化や、無作為抽出した98件の論文への変化の理由等を検討するための定性分析も行っています。

『中國工業經濟』誌を事例とした研究データ公開の義務化が学術雑誌へ及ぼす影響に関する実証研究(文献紹介)

2021年2月14日付で、Springer Nature社が刊行する科学計量学分野の査読誌“Scientometrics”に、中国の山东大学国际创新转化学院の张立伟(Liwei Zhang)副教授と中国人民大学公共管理学院の马亮(Liang Ma)教授による共著論文“Does open data boost journal impact: evidence from Chinese economics”のオンライン速報版が掲載されています。

同論文は多くの学術雑誌で研究データの公開が進んでいることを背景に、研究データの公開が学術雑誌に及ぼす影響を実証的に検討した結果を報告する内容です。著者らは、中国社会科学院(CASS)の刊行する『中國工業經濟(China Industrial Economics:CIE)』誌を検討の対象としました。CIE誌は2016年末に中国の社会科学系の学術雑誌として初めて、論文の著者に研究データの公開を義務付けており、論文の執筆時点でもこの分野でオープンデータを義務化する唯一の雑誌であることを紹介しています。

Aries Systems、Editorial Managerの投稿原稿の参考文献の信頼性を向上させるため、sciteと協定を締結

2021年2月2日、オンライン投稿・査読システムEditorial Managerを運営するAries Systemsは、Editorial Managerに投稿された原稿の参考文献(reference)の信頼性を促進することを目的として、sciteと協定を締結したことを発表しました。sciteは、スマート引用を介して科学論文を発見・評価するためのプラットフォームです。

協定では、Ariesの新しい原稿分析APIを活用することで、sciteの参照チェック(Reference Check)というツールをEditorial Managerに統合します。参照チェックは、Editorial Managerに投稿された原稿の参考文献を自動抽出し、スマート引用を介して、引用された主張が支持を得ているか又は異議を呈されているかを示すコンテキストや分類を詳述するレポートを生成します。さらに、sciteの参照チェックは、各参考文献が撤回、取り下げ等がなされているかについても特定します。レポートは、Editorial Manager設定によって、著者、編集者、査読者、および出版者が利用することが可能であり、新しい意思決定支援ツールとして使用できます。

ドイツ国立科学技術図書館(TIB)、ドイツ連邦教育研究省(BMBF)の助成によりオープンアクセス(OA)への移行を推進するための3種類のプロジェクトを実施

2021年2月8日、ドイツ国立科学技術図書館(TIB)は、ドイツ連邦教育研究省(BMBF)の2年間の助成に基づいて、研究成果物のオープンアクセス(OA)への移行を推進するための3種類のプロジェクトを実施することを発表しました。

ザクセン州立・ドレスデン工科大学図書館 (SLUB)と共同で取り組む“B!SON (Bibliometric and Semantic Open Access Recommender Network)”は、OAジャーナルの推薦システムの開発に関するプロジェクトです。DOAJとオープン書誌データ・引用データを提供する学術インフラサービスOpenCitationsをプロジェクトパートナーとして、機械学習を利用したユーザーの入力情報の類似度判定などにより、著者に自身の研究成果の出版に最適な高品質のOAジャーナルを推薦することを目的に挙げています。

Altmetricスコアの“2020年トップ100”論文発表

2021年1月20日、Altmetric社が、2020年版の“Altmetric Top 100”を公開しました。

2020年の第1位は、新型コロナウイルスが人工的に合成されたという主張を否定する、2020年3月にNature Medicine誌に掲載された論文“The proximal origin of SARS-CoV-2”でした。同論文を含め、新型コロナウイルス感染症に関連する論文が上位100位までの論文のうち約30%を占めています。同テーマによる論文は、生物医学・建築環境・建築デザイン・経済学など多数の研究分野から発表されていますが、ウイルス感染とマスクによる保護が特に頻繁に議論されたトピックであったことを紹介しています。

また、新型コロナウイルス感染症以外に、気候変動・人種差別をテーマとした論文が、上位100位までの論文の多くを占めていることを紹介しています。

オルトメトリクス指標を用いた新型コロナウイルス感染症関連文献の書誌計量(文献紹介)

2021年1月14日付で、医療分野のイノベーションや情報技術を扱ったオープンアクセスの査読誌“Journal of Medical Internet Research”(JMIR)の第23巻第1号に、米国の医学研究者・臨床医師らによる共著論文“Assessing the Dissemination of COVID-19 Articles Across Social Media With Altmetric and PlumX Metrics: Correlational Study”が掲載されています。

図書館情報学分野における実務者の論文の「学術的インパクト」(文献紹介)

2021年1月に刊行された、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)の“College and Research Libraries(C&RL)”のVol.82, no.1に、国立台湾大学のチャン(Yu-Wei Chang:張郁蔚)教授による論文“Academic Impact of Articles by Practitioners in the Field of Library and Information Science”が掲載されています。

同論文は図書館情報学分野において、実務者(practitioner)の執筆した論文の「学術的インパクト(academic impact)」に対する分析の結果・考察等を報告するものです。出版後比較的早期に学術論文から引用されることを「学術的インパクト」とし、図書館員に代表される実務者の論文と研究者の論文とを比較・分析する研究が行われました。2005年から2014年の期間に、論文著者の職名が識別可能な図書館情報学分野の学術誌7誌で発表された合計1,388件の論文を比較・分析の対象としています。

SAGE社とscite、スマート引用によって発見可能性と再現可能性を向上させるため、索引付けについての協定を締結

2021年1月19日、SAGE社はsciteと、SAGE社が出版した論文をsciteが索引付けする協定を結んだことを発表しました。これによって、sciteによりスマート引用(Smart Citations)が作成されることとなり、論文の発見可能性と評価が向上すると述べています。

スマート引用は、引用のコンテキストならびに引用された主張を支持しているかまたは異議をとなえているかの分類を提供することにより、論文がどのように引用されているか示します。スマート引用を作成するために、このパートナーシップはsciteにSAGE社が出版する全論文の本文へのアクセスを提供します。SAGE社が出版した研究へのアクセスが向上し、研究者が研究のインパクトをより適切に評価できるようになると述べています。

ジェンダーと生産性、オープンアクセスに関するイタリア学術会議の計量書誌学的分析(文献紹介)

2021年1月5日付で、査読誌“Scientometrics”において、イタリア学術会議(CNR)に所属するRoberta Ruggieri氏らによる共著論文“An intersectional approach to analyse gender productivity and open access: a bibliometric analysis of the Italian National Research Council”が公開されました。

ジェンダーとオープンアクセス(OA)、学術的生産性に関する計量書誌学的分析結果をまとめたものです。分析対象は、Web of Scienceに含まれる、2016年から2018年にかけて発表された、CNR所属者が著者に含まれる論文の内の2万2,428件であり、CNRに所属する著者は1万1,536人、そのうち6,396人が男性、5,140人が女性です。

欧州研究図書館協会(LIBER)、オルトメトリクスの指標を質的に評価するための指針を示したレポートを公開

2020年12月22日、欧州研究図書館協会(LIBER)はTwitterアカウントによる投稿で、学術評価指標等の課題を扱う“Innovative Metrics Working Group”がレポート“What Lies Behind Altmetrics Scores?:Guidelines on How to Use Qualitative Approaches in Altmetrics”を公開したことを発表しました。

同レポートは大学の機関評価等で重要性を増しているオルトメトリクスについて、集計された指標の数値だけではなく、数値の背後の文脈を質的なアプローチで理解しなければ有効な意味を持たないことを指摘し、このテーマに関する先行する議論等を整理しながら質的評価を行うための指針を示す内容です。指針として次の5点を挙げています。

1. ニュースサイト・ブログ等の様々なオルトメトリクスの情報源で何が報告されているかを確認するなどして、定量的な数値だけでなく質的評価を検討する

2. ツイート数の合計とユーザープロファイルの質的コンテンツ分析を組み合わせるなど、オルトメトリクスの研究・解釈の際には、量的評価と質的評価を混合して検討する

ページ