NII(国立情報学研究所)

国立情報学研究所(NII)、公開中の「楽天データセット」へRakuten Franceに掲載された書籍情報等に関する新規データを追加

2019年7月5日、国立情報学研究所(NII)は、情報学研究データリポジトリ(IDR)で公開中の「楽天データセット」に新規データを追加したことを発表しました。

「アノテーション付きデータ」に、Rakuten Franceに掲載された書籍情報とその一部に対して正規化し著者名表記を付加したデータが、今回の更新で追加されています。

楽天データセットは、楽天株式会社とNIIが協力して研究者に提供しているデータセットとして2010年から公開されており、データ更新は今回が8度目となります。

公開中の「楽天データセット」に新規データを追加(NII,2019/7/5)
https://www.nii.ac.jp/news/2019/0705.html

楽天データセット(IDR)
https://www.nii.ac.jp/dsc/idr/rakuten/rakuten.html

国立情報学研究所(NII)、「オリコンデータセット」の提供開始を発表

2019年6月24日、国立情報学研究所(NII)は、株式会社oricon ME(オリコン)と学術研究分野向けのデータ提供で提携し、同社が保有する「オリコン顧客満足度(R)」の調査データを「オリコンデータセット」として2019年7月1日から順次提供開始することを発表しました。

オリコン顧客満足度(R)調査は、実際に提供されているサービス等を利用したことのあるユーザーを対象にアンケート形式でデータを収集するものであり、2006年の実施開始以降、これまでに約 100 の産業をカバーし累計 200 万人以上の回答を蓄積しているとあります。

NIIの「オリコンデータセット」のページによれば、当初提供を行うのは「保険」「住宅」など11ジャンル、88業種について、2016年以降に実施された200件です。また、提供は大学および公的研究機関の研究者を対象としており、利用目的は情報学に関連する学術研究に限るとしています。

国立映画アーカイブ、国立情報学研究所(NII)と共同でウェブサイト「映像でみる明治の日本」を開設:日本映画生誕120年記念

2019年6月27日、国立映画アーカイブが、国立情報学研究所(NII)と共同でウェブサイト「映像でみる明治の日本」を開設したと発表しています。

日本映画生誕120年を記念したもので、現存する最古の日本映画『紅葉狩』(重要文化財)を始めとする明治期に撮影された日本映画5作品の動画配信や、失われた「最古の日本映画」のフィルムのコマ(35mmフィルムの一部)の高精細画像を見ることができます。

WEBサイト「映像でみる明治の日本」開設のお知らせ (国立映画アーカイブ,2019/6/27)
https://www.nfaj.go.jp/ge/topics/20190627/

映像でみる明治の日本(国立映画アーカイブ)
https://www.nfaj.go.jp/onlineservice/mpf/

映像でみる明治の日本
https://meiji.filmarchives.jp/

国立国会図書館サーチ、「CiNii Books」とのハーベスト連携を開始

2019年6月24日、国立国会図書館サーチは、CiNii Booksとの連携を横断検索からハーベストによる連携に切り替えたことを発表しました。

今回の連携方法の切り替えに伴う主な変更点として、Cinii Booksのメタデータに関し、一度に検索できる件数が増加したこと、国立国会図書館サーチのAPIによる提供を開始したことを挙げています。

なお、国立国会図書館サーチで提供する「CiNii Books」のメタデータは、「クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 パブリック・ライセンス」(「CC BY」)の条件により、オープンデータとして利用可能です。

「CiNii Books」とのハーベスト連携を開始しました(国立国会図書館サーチ, 2019/6/24)
https://iss.ndl.go.jp/information/2019/06/24_cinii/

【イベント】説明会「ジャパンサーチ発進!~連携拡大に向けて」(7/17・東京、京都)

2019年7月17日、国立国会図書館(NDL)の東京本館及び関西館において、説明会「ジャパンサーチ発進!~連携拡大に向けて」が開催されます。なお、関西館会場はテレビ会議システムによる中継となります。

本説明会は、NDLと内閣府知的財産戦略推進事務局が共催するものであり、ジャパンサーチ試験版の機能、連携方法等の説明に加え、連携・利活用事例の報告や、参加者からの質問も交えたパネルディスカッションが行われます。

参加費は無料です。定員は東京本館300名、関西館60名(いずれも先着順)であり、申込みフォームからの事前の申込みが必要です。

主なプログラムは次のとおりです。

第Ⅰ部:「ジャパンサーチ(試験版)」について
〇ジャパンサーチ(試験版)の機能と連携方法について
国立国会図書館電子情報部副部長 木藤淳子

〇ジャパンサーチ(試験版)との連携事例報告
国立公文書館総務課総括係長/総務課情報システム係長 平野宗明氏
東京国立博物館学芸企画部博物館情報課情報管理室長 村田良二氏
国立新美術館主任研究員 室屋泰三氏
人間文化研究機構総合情報発信センター特任准教授 大内英範氏
立命館大学衣笠総合研究機構准教授 金子貴昭氏

ジャパンサーチ(試験版)、新機能「ウェブパーツ機能」をリリース

2019年5月31日、ジャパンサーチ(試験版)のページで、新機能「ウェブパーツ機能」のリリースが発表されています。

ジャパンサーチ内で使われている画面の構成要素を、部品としてジャパンサーチ以外のウェブサイトでも利用できる機能です。2019年6月6日時点では、マイノート及びギャラリー(連携機関のみ)からウェブパーツの出力が行えるとあります。

また、スタイルシートがページ全体に適用されるため、既存のスタイルシートと競合を起こす可能性があることなど、利用に際しての注意点4点が示されています。

お知らせ(ジャパンサーチ(試験版))
https://jpsearch.go.jp/news
※2019年5月31日付けのお知らせに「新機能「ウェブパーツ機能」をリリース」とあります。

ウェブパーツ(ジャパンサーチ(試験版))
https://jpsearch.go.jp/api/webparts
※ウェブパーツ機能に関する開発者向け情報ページです。

神戸大学附属図書館、CiNii Booksから「震災文庫」のデジタル化資料が利用できるようになったと発表

2019年6月4日、神戸大学附属図書館は、CiNii Booksから「震災文庫」のデジタル化資料456件が利用できるようになったと発表しています。

【震災文庫】デジタル化資料をCiNii Booksから利用できるようになりました(神戸大学附属図書館,2019/6/4)
https://lib.kobe-u.ac.jp/libraries/13361/

参考:
国立情報学研究所(NII)、CiNii BooksとERDB-JPの図書データとの連携開始を発表
Posted 2019年5月16日
http://current.ndl.go.jp/node/38170

国内の研究成果を公開するMyanmar Education Research and Learning Portalプロジェクトの立ち上げが発表される(ミャンマー)

途上国において図書館を通じたデジタル情報へのアクセスを推進しているEIFLの2019年5月31日付のブログが、ミャンマーにおいて、Myanmar Education Research and Learning Portal(MERAL)プロジェクトの立ち上げが発表されたと紹介しています。

同国教育省の高等教育部門及び国家教育政策機関(NEPC)による事業で、5月24日と25日に実施された“Myanmar Universities’Research Conference 2019”の開会式で発表されました。

MERALプロジェクトは、同国内の大学による雑誌論文・博士論文・会議録といった研究成果を収集・保存・共有するための国家ポータルを創設するプロジェクトで、同国の学術機関のリポジトリをホスティングするともに、各機関のリポジトリ搭載のコンテンツを検索・閲覧できるようにするものです。EIFLがプロジェクトの運営を、国立情報学研究所(NII)が次世代リポジトリソフトウェア「WEKO3」を用いてリポジトリの構築支援を行います。

国立情報学研究所(NII)、2020年以降の目録所在情報システム(CAT2020)の適用開始日を2020年6月1日と発表

2019年5月30日、国立情報学研究所(NII)は、「NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(最終まとめ)」において2020年度第一四半期の予定としていた2020年以降の目録所在情報システム(CAT2020)の適用開始日を、2020年6月1日に決定したと発表しています。

また、現在公開している『目録情報の基準 第5版』(案)及び『目録システムコーディングマニュアル(改訂版)』(案)の確定版は今年度中に公開する予定としています。

CAT2020適用開始日(2020年6月1日)について(NII目録所在情報サービス,2019/5/30)
https://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/2019/05/cat2020202061.html

オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)、「IRDBデータ提供機関のためのDOI管理・メタデータ入力ガイドライン : JPCOARスキーマ編」を公開

2019年5月21日、オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)は、「IRDBデータ提供機関のためのDOI管理・メタデータ入力ガイドライン : JPCOARスキーマ編」を公開しました。

これはJPCOARメタデータ普及タスクフォースが国立情報学研究所(NII)の協力のもと作成したガイドラインで、NIIが取りまとめるジャパンリンクセンター準会員のうち、IRDBにJPCOARスキーマでメタデータを提供している機関を対象に、機関リポジトリのコンテンツに対するDOIの登録・管理や、メタデータの入力に関する基準を示しています。

従来のjunii2利用機関向けのガイドラインからの大きな改訂として、「研究データのDOI登録方法の追加」、「Crossref DOIの登録の条件の変更」、「リポジトリとは別サイトでの本文ファイル公開に関する注意追加」の3点を挙げています。

JPCOARスキーマ編のDOI管理・メタデータ入力ガイドラインを公開しました。(JPCOAR,2019/5/21)
https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/?page_id=49#_href_355

ページ