NII(国立情報学研究所)

【イベント】Japan Open Science Summit 2021(6/14-19・オンライン)

2021年6月14日から6月19日まで、Japan Open Science Summit 2021(JOSS2021)がオンラインで開催されます。

国立情報学研究所(NII)、科学技術振興機構(JST)、物質・材料研究機構(NIMS)、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、情報通信研究機構(NICT)、学術資源リポジトリ協議会(Re*poN)の6組織の主催による、オープンサイエンスをテーマとした日本最大のカンファレンスです。

テーマは「市民科学」「テクノロジー」「政策・ポリシー」「図書館・大学のデータ管理」「分野におけるデータ公開・管理」「総合」が設定され、オープンサイエンスの動向や研究データの共有・利活用などに関する様々なセッションが行われます。また、セッションの1つとして、6月17日に、国立国会図書館主催「Wikidata×デジタルアーカイブ×LOD―国立国会図書館・東京藝術大学・大阪市立図書館のリソースをつなげてみる―」が行われます。

参加費は無料で、事前の申込が必要です。

Japan Open Science Summit 2021
https://joss.rcos.nii.ac.jp/

E2382 - 第2回SPARC Japanセミナー2020<報告>

   2020年12月18日に第2回SPARC Japanセミナー2020「プレプリントは学術情報流通の多様性をどこまで実現できるのか?」がオンラインで開催された。

国立情報学研究所(NII)、学術研究データベース・リポジトリ(NII-DBR)のサービス終了を発表

2021年4月30日、国立情報学研究所(NII)は、2021年3月31日をもって学術研究データベース・リポジトリ(NII-DBR)のサービスを終了したことを発表しています。

学術研究データベース・リポジトリ(NII-DBR) は 2021年3月31日をもってサービスを終了しました(NII学術コンテンツサービスサポート, 2021/4/30)
https://support.nii.ac.jp/ja/news/cinii/20210430

人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)、「篆書字体データセット」を公開

2021年3月31日、人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)が、「篆書字体データセット」の公開を発表しました。

IIIFで公開されている字書・字彙類に記された篆書字体画像の、所在情報とメタデータがまとめられています。発表時点でのデータ規模は、ハーバード大学図書館の“HOLLIS”で公開されている『金石韻府』をはじめとした、7点の資料画像から抽出された篆書体7,681文字種の文字画像データ10万6,447文字です。

データセットは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC BY-SAで提供されています。

ニュース(CODH)
http://codh.rois.ac.jp/news/
※2021年3月31日付で、「篆書字体データセット」の公開に関するお知らせが掲載されています。

篆書字体データセット(CODH)
http://codh.rois.ac.jp/tensho/

国立情報学研究所(NII)と理化学研究所、連携・協力に関する協定を締結

2021年4月13日、国立情報学研究所(NII)と理化学研究所(理研)は、相互の研究開発能力と人材を活かした連携・協力に関する協定を締結しました。

NIIが構築してきた共通基盤を、理研が実際の研究活動で活用し、研究現場からのフィードバックを受け、共同で基盤の拡充や運用の改善を進めることを目的としています。

連携内容は、下記の通りです。

①データプラットフォームの開発および運用、オープンサイエンスの推進、データ駆動型研究の推進、ならびに情報学に関わる共同研究等の研究協力
② ①に関わる地域連携や国際連携の相互支援
③ ①に関わる人材交流や人材育成の促進
④ ①に関わる研究施設及び設備の相互利用
⑤その他本協定の目的を達成するために両機関が必要と認める事項

こうした取り組みが、多くの研究分野や研究機関のモデルとなり、日本全体の研究環境の改善と研究力の強化に繋がることを期待しているとのことです。

これからの学術情報システム構築検討委員会、「図書館システムに関するアンケート集計報告」を公開

2021年4月12日、これからの学術情報システム構築検討委員会が、「図書館システムに関するアンケート集計報告」を公開しました。

アンケート調査は、国立情報学研究所(NII)の目録所在情報サービス参加館1,339館を対象に、2021年12月9日から12月31日にかけて行われ、回答数は905でした。報告書の「まとめ」では、機関規模により職員数やシステムの経費は多様である一方、半数以上の機関が、目録・メタデータの共有、電子リソースの管理と提供の標準化、人材育成への期待を、(NIIとサービス参加館の)共同体に対し持っていること等が述べられています。

図書館システムに関するアンケート集計報告(国立情報学研究所)目録所在情報サービス,2021/4/12)
https://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/2021/04/post_43.html

国立情報学研究所(NII)、「大学図書館員のためのIT総合研修」を実施:2021年度のテーマは「Webコンテンツ公開方法の理解と実践」

2021年10月13日から10月15日まで、国立情報学研究所(NII)が、「大学図書館員のためのIT総合研修」をオンライン形式で実施します。

大学等研究機関の図書館がサービスを提供する上で必要なIT技術の理解を深めることを目的としており、2021年度のテーマは「Webコンテンツ公開方法の理解と実践」です。

定員は20人であり、研修費および教材費は無料で、申込手続き等が必要です。

主な研修内容は、以下を予定しています。

・テキストエディタを使ったHTML、CSS、JavaScriptの解説と演習
・Webサイト等の改善案の検討とモックアップ(HTML等で記述)の作成
・相対リンク・絶対リンク、DNSによる名前解決等のWebアクセスの基本的な仕組みの解説

大学図書館員のためのIT総合研修(国立情報学研究所教育研修事業)
https://contents.nii.ac.jp/hrd/it/2021

CiNii Researchが本公開

2021年4月1日、CiNii Researchの本公開が発表されました。

本公開に合わせ、以下の機能が追加されたとしています。

・API機能(OpenURL、RDF)
・詳細検索
・OR、NOT、フレーズ、前方一致検索

CiNii Researchの本公開について(国立情報学研究所学術コンテンツサービスサポート,2021/4/1)
https://support.nii.ac.jp/ja/news/cir/20210401

CiNii Research
https://cir.nii.ac.jp/ja

参考:
E2367 - 新しい学術情報検索基盤「CiNii Research」プレ版について
カレントアウェアネス-E No.410 2021.03.25
https://current.ndl.go.jp/e2367

E2367 - 新しい学術情報検索基盤「CiNii Research」プレ版について

2020年11月6日に,国立情報学研究所(NII)のオープンサイエンス基盤研究センター(RCOS;E1925参照)は,新サービスである「CiNii Researchプレ版」(以下「プレ版」)を公開した。本サービスは2021年4月公開予定の「CiNii Research」(以下「本公開版」)の先行バージョンとして,試験的にリリースされたものである。本稿では「CiNii Research」の開発の経緯と今後について紹介する。

国立情報学研究所(NII)、公開前の研究データを組織的に管理・共有するための研究データ管理基盤「GakuNin RDM」の本運用を開始

2021年2月15日、国立情報学研究所(NII)のオープンサイエンス基盤研究センター(RCOS)は、公開前の研究データを組織的に管理・共有するための研究データ管理基盤「GakuNin RDM」の本運用を同日から開始したことを発表しました。機関利用の申請受付も開始されています。

「GakuNin RDM」は、NII研究データ基盤(NII Research Data Cloud)を構成する管理・公開・検索の3基盤のうち「データ管理基盤」に当たる、研究者のデータの管理を支援するサービスです。

「GakuNin RDM」では、共同研究者間での組織を越えてのデータ管理・共有や、多様なクラウドサービス、研究ソフトウェアとの連携が可能となっています。また、学術認証フェデレーション(学認)に参加しており、テレワークや出張先からでも普段と同じ環境にログインして利用可能とあります。

ページ