CILIP(図書館情報専門家協会)

第27回世界知的所有権機関(WIPO)著作権等常設委員会(SCCR)が開催、図書館やアーカイブにおける著作権の権利制限等について議論

世界知的所有権機関(WIPO)の第27回の著作権・著作隣接権常任委員会(Standing Committee on Copyright and Related Rights; SCCR)が開催されました。2014年4月28日から5月2日にかけて、図書館やアーカイブにおける著作権の権利制限等について議論が行われたとのことですが、5月3日の午前に、EUの提言により議論が紛糾したとのことです。これに対し、欧州、ラテンアメリカ、アフリカ、オーストラリア、米国、カナダ、英国の図書館やアーカイブの代表団体である、国際図書館連盟(IFLA)、欧州研究図書館協会(LIBER)、国際公文書館会議(ICA)、図書館電子情報財団(EIFL)、英国の図書館・情報専門家協会(CILIP)などが共同で声明を発表しています。

Standing Committee on Copyright and Related Rights: Twenty-Seventh Session(第27回SCCRのページ)
http://www.wipo.int/meetings/en/details.jsp?meeting_id=32086

英CILIPが名称変更? 9月年次総会で採否決定へ

2013年7月31日、英国の図書館団体CILIP(the Chartered Institute of Library & Information Professionals)が、9月21日に開催する年次総会で、団体名称の変更について投票を行い、決定すると発表しています。

新名称案は、“Information & Library Professionals UK”で、団体の説明文(Strapline)案は、“The Chartered Institute for the knowledge professions”とされています。

この名称変更の背景には、2010年に実施した“Defining Our Professional Future”という、CILIPの改革のためのコンサルティング調査があり、この調査の結果、新たな組織のビジョンとミッション、そして組織改革が行われたことにあります。その後2013年初めに会員等からCILIPというブランド名を現状に合わせる必要があるとの声が上がったことから、今年3月のCILIPの委員会で名称変更のプロジェクトがスタートしたとのことです。

New name for library and information professional body proposed (CILIP 2013/7/31付けの記事)

IFLA図書館協会マネジメント(MLAS)委員会と英CILIPとの共同セミナー「図書館における電子書籍」のプレゼン資料が公開

2013年2月21日に英国ロンドンで開催された、国際図書館連盟(IFLA)の図書館協会マネジメント(Management of Library Associations;MLAS) 委員会と英国のCILIPの共同セミナー“E-books in libraries: A global question of survival?”のプレゼン資料が公開されています。

このセミナーは、①図書館における電子書籍の国際的な動向と②各国(スウェーデン・米国・欧州・英国等)の図書館協会による取組み、そして③それらの取組みに対するIFLAの対応の3つのパートに分かれており、①の中には井上靖代教授(獨協大学)による「日本の電子出版の動向と図書館」についての資料も含まれています。

Presentations (CILIPのウェブサイト)
http://www.cilip.org.uk/ifla-mlas-seminar2013/pages/presentations.aspx

Presentations of IFLA-CILIP E-Book Seminar now available (NAPLE Blog 2013/3/14付けの記事)

英CILIP、公共図書館における電子書籍の貸出は無料で行われるべき等とする提言を政府に提出

英国の図書館・情報専門家協会(CILIP)が、政府に対して、公共図書館における電子書籍の貸出に係る提言を提出しました。提言のポイントとして以下の4点が挙げられています。

・電子書籍の貸出は、金銭を支払う必要のない知へのアクセスとともに、無料で行われるべきである。
・電子書籍の貸出は、図書館内だけではなく館外からもアクセスできるようになるべきである。
・文化・メディア・スポーツ省のアーツ・カウンシルは、電子書籍の貸出試行による影響についての研究に助成を行うべきである。
・公共図書館員に対して電子コンテンツへのアクセスに関する全国的な研修プログラムが開発・提供されるべきである。

CILIPのPhil Bradley会長は、英国の状況について、「イングランドでは公共図書館の3分の2が電子書籍の貸出サービスを行っているが、提供できるタイトルは限定されている。大手出版社のいくつかは図書館が電子書籍を貸し出すことに対して消極的である。」などとコメントしています。

“Libraries should lend ebooks for free 24/7” professional body tells government(CILIP 2012/11/17付けニュース)

英国図書館・情報専門家協会(CILIP)、初の刑務所図書館アワード授賞館を発表

2012年11月7日、英国の図書館・情報専門家協会(CILIP)が、初めての刑務所図書館アワードの授賞館を発表しました。このアワードは、刑務所や青少年犯罪者収容所の図書館や図書館員の際立った功績を称えるために創設されたものです。第1回目の授賞館は、イングランド南東部のイーストサセックスにある地方刑務所HWP Lewesで、同刑務所にある図書館員のチームが、刑務所による再犯防止の取り組みに貢献し、また、囚人のリテラシースキルの向上や釈放後の生活準備のための機会提供を行ったことが審査員に高く評価されたとのことです。

Winner of the first ever Prison Library of the Year Award announced (CILIP 2012/11/7付けの記事)
http://www.cilip.org.uk/news-media/Pages/news121107.aspx

CA1769 - 近年の英国における図書館のアドヴォカシー / 渡邉太郎

 欧米の図書館界でアドヴォカシー(advocacy)という言葉が頻繁に聞かれるようになって久しい(CA1646参照)。国際図書館連盟(International Federation of Library Associations and Institutions:IFLA)の「戦略計画2010-2015」(1)においてもその重要性が強調されており、各国の代表的な図書館団体のウェブサイトでもアドヴォカシーが主要な項目として取り上げられている(2)。本稿では、その代表的な事例として2010年度以降の英国の緊縮財政に対する図書館界の動向について、アドヴォカシーという観点からその概略を述べる。...

公共図書館閉鎖についての英国議会下院の調査に対する意見書が公開、委員会での意見聴取も始まる

英国の議会下院の文化・メディア・スポーツ特別委員会により2011年11月から2012年1月まで実施されていた、公共図書館の閉鎖についての意見募集に対して提出された意見書の一覧が公表されています。図書館・情報専門家協会(CILIP)、各地の図書館支援団体、The Bookseller誌等を含め131件の意見書が提出されたようです。また、2012年2月7日からは委員会での意見聴取も開始され、2月21日にはCILIPのMauger氏が出席するようです。

Culture, Media and Sport Committee - Written Evidence(意見書の一覧)
http://www.publications.parliament.uk/pa/cm201012/cmselect/cmcumeds/writev/library/contents.htm

UNCORRECTED TRANSCRIPT OF ORAL EVIDENCE To be published as HC 1815-i(2012/2/7の委員会での意見聴取の記録)
http://www.publications.parliament.uk/pa/cm201012/cmselect/cmcumeds/uc1815-i/uc181501.htm

英国図書館・情報専門家協会(CILIP)等3団体、学校図書館の価値への注意を促すためのキャンペーンを実施

英国の図書館・情報専門家協会(CILIP)や学校図書館協会(SLA)等の図書館関係団体が、学校図書館員と学校図書館のサービスの価値へ政策担当者等の目を向けさせ、支援を呼び掛けるキャンペーン“Shout About School Libraries and Schools Library Services”を開始したようです。CILIPによると、これは英国において公共図書館の閉鎖問題がクローズアップされる傾向にある一方で、子どもに対して情報リテラシースキル等を教える支援を行なう上で学校図書館員の専門知識と学校図書館のサービスは重要なものであるとして、それらへの注意を促すために行なわれるものとのことです。

Shout About School Libraries and Schools Library Services (Cilipのウェブサイト)
http://www.cilip.org.uk/get-involved/shout-about/pages/default.aspx

Time to SHOUT ABOUT School Libraries (Cilip 2011/10/18付けの記事)
http://www.cilip.org.uk/news-media/Pages/news111018.aspx

英国図書館・情報専門家協会(CILIP)、「人生を変える図書館賞2011」の授賞プロジェクトを発表

2011年7月14日に、英国の図書館・情報専門家協会(CILIP)が、2011年の「人生を変える図書館賞」(Libraries Change Lives Award)の授賞対象プロジェクトを発表したようです。授賞したのは、Kent County Councilの図書館で行われている“Making the Difference”というプロジェクトです。このプロジェクトは、学習障害を持つ大人を対象に、読書活動やIT支援、雇用支援等を行うことで、学習障害を持つ利用者への図書館サービスの改善を行ったり、学習障害を持つ人が地域コミュニティで充実した生活をおくれるような支援を行ったりすることを目指しているようです。

Libraries Change Lives Finalists 2011 (CILIPのウェブサイト)
http://www.cilip.org.uk/about-us/medalsandawards/libraries-change-lives/Pages/finalists2011.aspx

CILIP Libraries Change Lives winner announced (CILIP 2011/7/14付けの記事)
http://www.cilip.org.uk/news-media/Pages/news110714.aspx

英国図書館・情報専門家協会(CILIP)、継続教育の支援を行う図書館のための文献リストを公開

2011年5月11日に英国の図書館・情報専門家協会(CILIP)は、継続教育(futher education)部門で働く図書館員や情報専門家が、自身の提供するサービスの価値や影響を示すのに役立つ資料等をまとめて、文献リストとして公開しました。この文献リストは、「継続教育のガイドライン」、「継続教育への図書館情報サービスの影響」、「教育と学習へのサポート」、「継続教育への図書館情報サービスの評価」等の11項目に分け、それぞれに関連するレポート等へのリンクを提供するもののようです。なお、これまでにもCILIPは、専門図書館等を対象とした同様の文献リストを公開しています。

Further education library and information resources
http://www.cilip.org.uk/get-involved/advocacy/learning/pages/further-education.aspx

New resources to demonstrate value of further education libraries (CILIP 2011/5/11付けのニュース)
http://www.cilip.org.uk/news-media/Pages/news110511.aspx

ページ