Wikimedia財団

The Wikipedia Libraryの枠組みを利用した取り組みが順調:British Newspaper Archiveもアカウントを提供

Wikimedia blogに“Expanding local history with The Wikipedia Library”と題する記事が2014年7月22日付けで掲載されています。これによると、The Wikipedia Libraryは、これまでの成果を受け、アクセス可能な研究資料の拡大に向けての交渉も進行しているようです。

記事では、特に良い情報源として英国図書館(BL)のBritish Newspaper Archive(BNA)が取り上げられています。BNA(記事閲覧は有料)は、当初50アカウント分の無料アクセスがThe Wikipedia Libraryのために提供され、さらに初期に希望が多かったため100アカウントに拡大したそうです。またそのコンテンツにより、18世紀、19世紀、20世紀の英国等に関するWikipedia記事の情報源となっているそうです。記事の例として、以下の記事へのリンクが張られています。

BNAを参照している記事例
Swithland Reservoir
https://en.wikipedia.org/wiki/Swithland_Reservoir

1884 FA Cup Final
https://en.wikipedia.org/wiki/1884_FA_Cup_Final

The Wikipedia Library、Wikipedia編集者が自由にアクセスできるデータベースの範囲を拡大

The Wikipedia Libraryは、Wikipedia編集者を支援するため、編集者がデータベースに自由にアクセスできるようアカウントの寄付を求める活動をしています。2014年6月18日付のSignpostで、JSTOR、Credoのアカウントが追加されたと紹介されています。また、18世紀から20世紀の英国の新聞をデジタル化したBritish Newspaper Archive、1931年から世界のニュースの抄録を収録するKeesings World News Archivesについても新規にアカウントが追加されたとのことです。

Wikipedia:Wikipedia Signpost/Single
In brief Wikipedia Library expands with new JSTOR accounts, others:
http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Signpost/Single#In_brief

The Wikipedia Library
http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:The_Wikipedia_Library

参考:
E1528 - 図書館とウィキペディアのこれからの関係は?

WikiConference USA, 初開催へ

2014年5月30日から6月1日にかけて、ニューヨークで開催されるとのことです。2014年1月28日付で、ウィキメディア支部であるWikimedia District of ColumbiaとWikimedia New York Cityがアナウンスしています。

アナウンスによると、このカンファレンスでは、“ウィキペディアの将来”に意識をおき、ウィキメディアによる文化機関へのアウトリーチ、コミュニティ構築、技術開発、教育における役割についてのワークショップ、パネル、プレゼンテーション等のプログラムを含むとのことです。また基調講演や一部のワークショップ、パネルについては、録画され、ストリーミング配信されるとのことです。

GLAM( 美術館(Galleries)・図書館(Libraries)・公文書館(Archives)、博物館・(Museums))に関するものも含まれるようです。

Wikicon USA 2014
http://wikiconferenceusa.org/wiki/Main_Page

WIKIMEDIA CHAPTERS ANNOUNCE WIKIPEDIA CONFERENCE WIKICONFERENCE USA”(2014/1/28付け)

Wikimedia財団、設立から10年を迎えた2012-2013年の年次報告を公表

Wikimedia財団が、2014年1月21日、“Ten years of sharing and learning”と題して、2012年-2013年の年次報告を公表しています。Wikipmedia財団は2003年に設立されて10年を経たということで、それを祝す20件以上のコメント等が含まれています。

2012-2013年期には、200万人以上の人が5,000万米ドル相当以上の寄付があり、また記事編集1億6,000万件、新規のWikipedia記事490万件、画像・音声・動画等の掲載430万件があったとのことです。

Ten years of sharing and learning (WMF 2012-13 Annual Report)(2014/1/21付け)
https://blog.wikimedia.org/2014/01/21/wikimedia-foundation-annual-report/

PDF版
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/ce/Wmf_AR12_v11_SHIP_2pp_hyper_14jan14.pdf

Wiki版

Wikipedia Library、ニュースレター『Books and Bytes』を創刊

Wikipedia Libraryが、月刊のニュースレター『Books and Bytes』を創刊し、創刊号となる2013年10月号を公開しています。Wikipedia Libraryは、Wikipediaの編集者と図書館やオープンアクセスの情報源、有料のデータベース等とを結びつけることを掲げ、各種の活動を行っています。

『Books and Bytes』の創刊号では、ジョージ・メイソン大学のWikipedia Visiting Scholarプログラムの開始、Wikipedia Loves Libraries、Wikipedia編集者に無料のアクセスを提供する提携先についての情報などが掲載されています。

Books and Bytes(Wikipedia, 2013/10付け)
http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:The_Wikipedia_Library/Newsletter/October2013

Wikipedia Library
http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:The_Wikipedia_Library

via.

英JISCとWikimedia UKが連携 学術の世界とWikipediaの橋渡しを行うプロジェクトを実施

2013年6月27日、英国のJISCは、英国のWikipediaおよび姉妹プロジェクトの支援を目的とする団体でWikimedia財団の支部の一つであるWikimedia UKと連携し、学術の世界とWikipediaの橋渡しを行うことを目的とするプロジェクトを立ち上げると公表しました。

このプロジェクトはブリストル大学に本拠地を置き、9ヶ月間にわたって実施されます。専門家向けに研修を行ったり、一般にも開かれた編集イベントを行うことなどを企画しているとのことです。

Bridging the gap between academia and Wikipedia(JISC、2013/6/27付け)
http://www.jisc.ac.uk/news/bridging-the-gap-between-academia-and-wikipedia-27-jun-2013

Jisc and Wikimedia UK to bridge between academia and Wikipedia(Wikimedia UK Blog、2013/6/27付け)
http://blog.wikimedia.org.uk/2013/06/jisc-and-wikimedia-uk-to-bridge-between-academia-and-wikipedia/

参考:

オランダ王立図書館・国立公文書館、ウィキペディアン・イン・レジデンスを受け入れ

2013年5月16日、オランダ王立図書館・国立公文書館は、オランダの文化遺産機関として初めて「ウィキペディアン・イン・レジデンス」を受け入れると発表しました。6月8日には、王立図書館・国立公文書館はWikimedia Netherlandsと共同でウィキペディアンのためのイベントを実施するとのことです。

Wikipedia primeur voor Koninklijke Bibliotheek en Nationaal Archief (Nationale bibliotheek van Nederland 2013/5/16付けの記事)
http://www.kb.nl/nieuws/nieuwsarchief-2013/wikipedia-primeur-voor-koninklijke-bibliotheek-en-nationaal-archief

WikipediaのPublic Policy Initiativeにおける、ある図書館員の経験(記事紹介)

2013年5月6日のWikimedia財団のブログに“A librarian uses her expertise to improve Wikipedia”という記事が掲載されています。これは、大学の授業でWikipediaの記事を充実させるプロジェクト“Public Policy Initiative”での、インディアナ大学ブルーミントン校の取組みについて、特に同大学の図書館員Chanitra Bishop氏の経験を紹介したものです。

A librarian uses her expertise to improve Wikipedia (Wikimedia blog 2013/5/6付けの記事)
http://blog.wikimedia.org/2013/05/06/a-librarian-uses-her-expertise-to-improve-wikipedia/

Wikimedia財団がiOS・アンドロイド用アプリ“Wikimedia Commons”をリリース 写真アップロードがお手軽に

2013年4月29日、Wikimedia財団は、iOSおよびアンドロイド向けの無料アプリ“Wikimedia Commons”をリリースしたと発表しました。

このアプリは、フリーの写真や動画、音声を共有するデータベースプロジェクトWikimedia Commonsに、スマートフォンで撮影した写真を簡単にアップロードすることができるものとのことです。Wikimedia財団のブログ記事には、今後も機能を拡張し、コンテンツのブラウジングも容易にできるようにしたいとあります。

Announcing the official Commons app for iOS and Android (Wikimedia Blog 2013/4/29付けの記事)
http://blog.wikimedia.org/2013/04/29/announcing-the-official-commons-app-for-ios-and-android/

だれが英語のウィキペディアを利用しているのか?The Signpostより

English Wikipediaのオンライン週間紙の"The Signpost"において、特に主要言語と英語のウィキペディアのページビューとの関係にについて分析・紹介した記事が掲載されています。

インターネットユーザあたりの英語のウィキペディアの利用件数は、ネイティブスピーカーがマジョリティである主要6カ国(米国、英国、カナダ、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランド)よりも、それ以外の国のほうが多い、などの分析が紹介されています。

なお、最新の統計では、英語のウィキペディアはページビューの47%を占めており、続いてスペイン語や日本語が7%、ロシア語6%、ドイツ語5.4%、フランス語4.2%となっているようです。

Who reads which Wikipedia? The WMF's surprising stats
http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Wikipedia_Signpost/2013-04-01/Special_report

Wikimedia Traffic Analysis Report - Wikipedia Page Views Per Country - Overview

ページ