Yahoo!

Yahoo!デベロッパーネットワーク、日本語形態素解析APIを公開

日本のYahoo!デベロッパーネットワークが、日本語のテキストを形態素に解析するAPIを公開しました。文章を入れて送信すると品詞ごとに区切られて、読み、統計情報などが返ってくる仕組みです。Yahoo!デベロッパーネットワーク テキスト解析http://developer.yahoo.co.jp/jlp/Yahoo!の日本語形態素解析…

Yahoo!ブックス、発売前の書籍全文を期間限定無料公開する特別企画を実施

日本のヤフー社がウェブサイト「Yahoo!ブックス」で、発売前の新刊書籍の全文を期間限定(6月8日〜6月22日(発売前日まで))で無料公開する特別企画を実施しています。発売前に全部読める! 桜庭和志「ぼく…。」 - 先読み - Yahoo!ブックスhttp://books.yahoo.co.jp/special/sakiyomi/sakuraba/「Yahoo!ブック…

国立国語研究所、KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」をオンライン試験公開

国立国語研究所が作成しているKOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」が、5月28日、オンラインで試験公開されました。これは、現代日本語のさまざまな書き言葉データを大量に集積し、言語研究や言語施策に活用することを目指すもので、5月28日の段階では、各省庁刊行の白書のデータ約50…

ナチスのホロコースト関係秘密資料3千万点のデジタル化及び公開

ナチスのホロコースト関係文書3,000万点を保存しているInternational Tracing Serviceが、関係各国の了解を得て、これまでホロコースト被害者及びその親族に限られていた資料の公開を、一般の研究者に拡大することを発表しました。なお、これらの資料はデジタル化が進められています。International Trac…

NIIが「Yahoo!知恵袋」データ提供の募集を開始

NIIから研究者に対する「Yahoo!知恵袋」データ提供の概要が公表されています。「Yahoo!知恵袋」データの提供についてhttp://research.nii.ac.jp/tdc/chiebukuro.html参考:NII、「Yahoo!知恵袋」のデータを利用した新たな情報検索技術研究に着手http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=3127

NII、「Yahoo!知恵袋」のデータを利用した新たな情報検索技術研究に着手

NIIがヤフーと提携し、研究利用のため「Yahoo!知恵袋」データの提供を受け、利用者発信情報を利用した“e-science”研究を開始すると発表しました。今後「情報検索・アクセス技術の比較と性能評価のための研究基盤」(NTCIR)の研究などに利用するそうです。また「Yahoo!知恵袋」のデータを、情…

2006年に登場した“Big4”以外のサーチエンジン

インターネットコンサルタントのPhil Bradley氏が、2006年、彼の目にとまったサーチエンジンを紹介するコラムが、ARIADNEに掲載されています。いわゆる“Big Four”(Ask、Google、LiveSearch、Yahoo)以外のサーチエンジン22件が、Phil Bradley氏の簡単な評価とともに紹介されています。紹介されているサーチ…

米控訴裁判所、1976年の著作権法を合憲と判断

Internet Archiveの創設者・ケール(Brewster Kahle)氏らが、「1976年の著作権法による著作権保護期間の変更(それまでの28年+更新手続きによりさらに28年の最大56年から、没後50年に変更)は、著作権法中の「一定の回数(limited Times)」の保護という定義と、(これによりOrphan Worksのパブリックドメイ…

どこのQ&Aサイトが一番か?

MITのTechnical Reviewで、Wade Roush氏がYahoo Answers、Amazon's AskvilleなどのQ&Aサイトを調査し、格付けを行っています。http://www.technologyreview.com/InfoTech/17932/1. Yahoo Answers (11 points)2. Live QnA (7 points)3. Askville (6 points)4. AnswerBag (4 points)5. Wondir (4 points)6. Yedda Answers (4 points)またこれを受けてHitwiseで、LeeAnn Prescot…

CSAとProQuest Information and Learningで新会社設立へ

Cambridge Information Groupは、ProQuestグループのProQuest Information and Learningを2億2千万ドル(約220億円)で買収すると発表しました。Cambridge Information Group傘下のCSA子会社とProQuest Information and Learningで新会社を設立し、高等教育・研究機関への学術情報サービスを強化するとのことです。両社の顧客図書館は…

ページ