Amazon

米国書店協会、人気作品安売りに関して司法省に調査を求める書簡を提出

米国では、Wal-Mart社、Amazon.com社、Target社によるベストセラー作家の新作予約販売の値下げ競争が話題となっていますが、これに関して、米国書店協会(ABA)が2009年10月22日付けで、司法省に対し、調査を求める書簡を提出しています。以下のような点に言及しています。
・小売業者(書店)は出版社から表示価格の50-55%で仕入れており、今回のように35ドルの本を9ドルで売ると、1冊当たり8.5ドル以上の損失が発生するはずである。
・3社は支配的な地位を得るために、損を覚悟で売っている。
・書籍は他の商品と異なり表示価格があるため、販売で得られる利益の限界がある。
・書籍にかかる費用は一冊ごとに異なり、一律の価格をつけるのは書籍という概念の価値を損なう。
・このような価格競争が続くと、中小の書店は閉店せざるを得ず、大手のみが書籍産業で力を握ることになる。

ABA Asks Department of Justice to Investigate Bestseller Price Wars(ABAのウェブサイトより)
http://news.bookweb.org/7130.html

米書店協会が司法省に調査要請-アマゾンの値引き、「略奪的」と主張(2009/10/23付けBloomberg.co.jpの記事)

Amazon.com社、PC用電子書籍ソフト“Kindle for PC”を発表

米国のAmazon.com社が2009年10月22日、同社が提供する電子書籍をパソコン上で読むためのソフト“Kindle for PC”を発表しています。2009年11月にはベータ版を無料公開するとのことです。

米Amazon、PC用電子ブックソフト「Kindle for PC」提供へ(マイコミジャーナル 2009/10/23付けの記事)
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/10/23/009/

米Amazon「Kindle for PC」を発表、11月に無料公開(INTERNET Watch 2009/10/23付けの記事)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091023_323951.html

Amazon.com社、電子ブックリーダー“Kindle”を日本でも発売へ

Amazon.com社の電子ブックリーダー“Kindle”を日本でも発売するという発表が、同社の日本サイトAmazon.co.jpに掲載されています。購入できるのは英語の書籍等のみのようです。2009年10月19日から発売開始の模様です。

Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/

International Kindle ships October 19 to over 100 countries for $279, 'US' edition falls to $259(2009/10/7付けengadgetの記事)
http://www.engadget.com/2009/10/07/international-kindle-ships-october-19-to-over-100-countries-for/

Amazon社、Kindleのデータ消去問題で訴えた高校生等と15万ドルで和解

Amazon.com社の電子ブックリーダー“Kindle”から、購入済みの小説が無断で消去された問題に関して、訴えを起こしていたミシガン州の高校生ともう一人の原告に対し、Amazon.com社が15万ドルを支払うことで和解が成立したとのことです。また、和解書では、今後は購入者の同意がある場合などを除き、遠隔操作での消去は行わないとされているとのことです。なお、15万ドルは慈善団体に寄付されるとのことです。

「消えた電子書籍」めぐる訴訟、Amazonが15万ドルで和解(2009/10/5付けITMediaNewsの記事)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/05/news022.html

米AmazonのKindle「1984」削除騒動、15万ドル支払うことで高校生ユーザーと和解(hon.jpの記事)
http://hon.jp/news/1.0/0/1297/

Amazon settles lawsuit over deleted Kindle copy of '1984'(2009/9/30付けTechFlashの記事)
http://www.techflash.com/seattle/2009/09/amazon_settles_lawsuit_over_deleted_1984.html

E973 - Googleブックス和解案への意見書が相次ぐ

Googleブックスをめぐる訴訟の和解案(E857,E906,E918参照)については,2009年10月7日にニューヨーク南部地区連邦地裁でその成否が判断されるが,それを前に,和解案からの離脱表明が2009年9月4日に,異議申立て・意見書の提出が同9月8日に締め切られた。意見書提出の動向を中心に,関連する情報をまとめる。...

Kindleから無断で購入済みの書籍データが削除された事件に対するAmazonの対応

2009年7月、持ち主の知らないうちにKindleから購入済みの書籍データが削除されるという出来事が発生しました。これは、この電子書籍について発生した権利問題に対処するため、Amazon.com社が取った対応でした。その後、Kindleユーザなどから批判が相次ぎ、同社のジェフ・ベゾスCEOが対応方法は正しいものではなかったとして、謝罪しました。このほど、Amazon.com社は、被害に遭った人々に対し、削除した書籍を無料で提供する旨の電子メールを送付したということです。書籍の無料提供の代わりに、30ドル分のギフトカードまたは小切手を受け取ることも可能なようです。

Amazon、「消えたKindle電子書籍」の交換を申し出
- ITmedia News 2009/9/7付けの記事(元記事はロイター通信の下記の記事)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/07/news023.html

Amazon offers to replace deleted copies of 1984
- REUTERS 2009/9/5付けの記事
http://www.reuters.com/article/newsOne/idUSTRE58400920090905

米Amazon.com、Googleブック検索和解案に異議

米国のAmazon.com社は2009年9月1日、連邦裁判所に対し、Googleブック検索和解問題に関する法的文書を提出しました。この文書でAmazon.com社は、今回の和解案は著作権者にとって公正ではないこと、デジタル化された書籍に対するGoogleの独占を招くこと、GoogleがBooks Rights Registryという著者と出版社のカルテルを作ろうとしていること、集団訴訟の合法性に疑問があること、などを主張しています。

Amazon files Google objection with US court
- Bookseller.com 2009/9/2付けの記事
http://www.thebookseller.com/news/95789-amazon-files-google-objection-with-us-court.html

UPDATE 2-Amazon joins opposition to Google book deal
- REUTERS 2009/9/2付けの記事
http://www.reuters.com/article/mediaNews/idUSN0241611920090902

Amazon Objects to Google's Books Pact

Internet Archive、Microsoft、Amazon、Yahoo!など、“Open Book Alliance”を正式発足

Internet Archive、Microsoft社、Amazon.com社、Yahoo!社、複数の図書館協会などが、Googleブック検索の和解案に対抗するグループを結成するというニュースが報じられていましたが、2009年8月26日、このグループが“Open Book Alliance”として正式に発足しました。Open Book Allianceの代表は、Internet Archiveのブラントリー(Peter Brantley)氏と、弁護士のレバック(Gary Reback)氏が務めます。Open Book Allianceには現在のところ、New York Library Association、Special Libraries Associationの2つの図書館協会が参加しています。

Open Book Alliance
http://www.openbookalliance.org/

グーグル書籍検索訴訟の和解に反対する団体が発足--MSや米ヤフー、アマゾンも参加
- CNET Japan 2009/8/26付けの記事
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20398960,00.htm

参考:

インターネット大手3社等、Googleブック検索和解案の抗議グループに参加(ニュースソース集)

Googleブック検索の和解案に抗議するグループに、Microsoft社やAmazon.com社、Yahoo!社のほか、複数の図書館協会が加わるとするニュースが、複数のメディアによって取り上げられています。

Microsoft, Yahoo and Amazon band together to oppose Google Books settlement
- Los Angeles Times 2009/8/20付けの記事
http://latimesblogs.latimes.com/technology/2009/08/google-books-microsoft-yahoo-amazon.html

Tech giants unite against Google
- BBC News 2009/8/21付けの記事
http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/8200624.stm

Google Rivals Will Oppose Book Settlement
- New York Times 2009/8/21付けの記事

インターネット大手3社と複数の図書館協会、Googleブック検索和解案の抗議グループに参加

米国のレバック(Gary Reback)弁護士が主導するGoogleブック検索の和解案に抗議するグループに、Microsoft社やAmazon.com社、Yahoo!社、複数の図書館協会が加わると報じられています。グループの共同設立者であるInternet Archiveの責任者ブラントリー(Peter Brantley)氏が語ったもので、Microsoft社およびYahoo社はこの内容を認めていますが、Amazon.com社やReback氏はコメントを控えているようです。図書館協会等では、専門図書館協会(SLA)、ニューヨーク州立図書館協会、米国ジャーナリスト著作者協会がこのグループに加わる予定とのことです。

Tech's Bigs Put Google's Books Deal In Crosshairs(Wall Street Journal 2009/8/21付けの記事)
http://online.wsj.com/article/SB125080725309147713.html

ページ