韓国国立中央図書館

韓国国立中央図書館(NLK)、本のフリーマーケットを開催

2015年9月20日、韓国国立中央図書館(NLK)は同館の芝生広場において本のフリーマーケットを開催するとのことです。

同館ホームページから参加申請をした一般市民30名による、図書、CD、DVDやしおりなどの図書関連物品の販売、NLKへの寄贈図書の販売、瑞草区の公共図書館による図書の交換や販売、体験プログラム(読書感想画、しおり作成、本の作成)などが実施されるとのことです。

韓国国立中央図書館(NLK)、エルサルバドル大学中央図書館に世界で24個目の韓国資料室(Window on Korea)を開室

韓国国立中央図書館(NLK)が、2015年9月1日、エルサルバドル大学中央図書館の2階に世界で24番目、中南米地域ではメキシコに続き2番目になる43㎡規模の韓国資料室(Window on Korea)を開室すると発表しています。

韓国資料室と韓国語講座専用の講義室が開室され、韓国の歴史・文化・学術関連図書だけでなく、K-POP・ドラマ・映画資料1,994点とコンピューター・書架・机など設備も提供されるようです。

NLKでは同大学図書館の韓国資料室に2020年度までに毎年200点、合計1,000点の韓国関連資料を追加して提供するとのことです。

2007年に開始して8年目を迎える韓国資料室設置事業は、海外の図書館に韓国関連の図書・非図書(ビデオ・CD等)、空間リフォーム、書架、コンピューターなどを支援するもので、韓国の歴史・文化に対する正しい理解と国会のイメージを高め、韓国学研究支援などの窓口を果たすものだとのことです。

지구 반대편 중남미에서 만나는 한국- 1일(화) 엘살바도르대학에 24번째, 중남미 지역 2번째 한국자료실(Window on Korea) 개실 -(NLK,2015/8/31)

韓国国立中央図書館(NLK)、ダウムカカオと提携して12月からデジタルコンテンツを提供へ

韓国国立中央図書館(NLK)が、2015年8月20日にIT企業・ダウムカカオと協約を締結し、12月からデジタルコンテンツを提供すると発表しています。

NLKは古書、タクチ本(廉価本)小説をデジタル化したファイル900件と「雑誌創刊号」「世界の医書・東医宝鑑」等、8つのテーマのデジタル書庫コンテンツをダウムカカオを通して提供するとのことです。
サービスは、ダウム百科事典の再編集を経て12月に開始するとのことです。

NLKデジタル書庫は、「朴氏伝」「春香伝」のようななじみ深い古典小説の1910から1930年代のハングル版タクチ本小説、1910から1945年の「雑誌創刊号」、教科書で見る時代別教育、世界の医書・東医宝鑑、コバウ・金星煥画伯の時事漫画で見る世相、韓国の偉大な人物、「三国史記」「懲毖録」のような古典から見てみる戦争史、独島で見る我々の歴史など、所蔵資料のデジタル化を活用した8つの企画とのことです。

박씨전, 삼국사기 등 국립중앙도서관 디지털 자료, 다음(Daum)에서도 볼 수 있어요!(NLK,2015/8/17)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=8103&notice_type_code=3&cate_no=0

daumkakao

韓国国立中央図書館(NLK)、中国点字図書館と電子点字楽譜を交換し、提供を開始

韓国国立中央図書館(NLK)は、2015年6月15日から、中国点字図書館が所蔵する電子点字楽譜110件の提供を開始すると発表しています。

NLKはマラケシュ条約への署名並びに批准のため、視覚障害者の音楽出版物へのアクセス権を保証することを目的に、昨年6月に中国点字図書館と電子点字楽譜の相互交換を推進したとのことです。

電子点字楽譜相互交換方式でNLKは1,268件を伝達し、中国点字図書館から220件が提供されたとのことです。このうち楽譜の点訳方式が現代点字楽譜のルールとは異なる110件のデータは、点字形式とルールの研究のために活用する予定であるとのことです。

今回の中国の電子点字楽譜にはショパンの「華麗なる大円舞曲」(Grande valse brillante Op.18)、フランツ・リスト(Franz Liszt)の「慰め」(Consolation No.3)などのピアノ独奏曲が含まれるようです。

視覚障害者がすぐに利用可能な110件は国立障害者図書館のホームページを通して目録と原文(点字ファイル)を提供するとのことです。

NLKは、今後も視覚障害者に良質の点字楽譜を製作・普及することはもちろん、様々な国外資料に接することができる機会を提供するために着実に努力するとのことです。

韓国国立中央図書館、第4回古文献学術シンポジウムを開催

2015年6月5日、韓国国立中央図書館デジタル図書館にて、「国外所在韓国古文献調査と活用方案‐カナダトロント大学所蔵驪興閔氏書状資料を中心に‐」をテーマに、第4回古文献学術シンポジウムを開催するとのことです。

제4회 고문헌 학술심포지엄 개최(韓国国立中央図書館,2015/5/26)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/notice_view.jsp?site_code=nl&searchWord=&board_no=7993&srch=&notice_type_code=1&cate_no=7

제4회 국립중앙도서관 고문헌 학술심포지엄(韓国国史編纂委員会,2015/5/21)
http://www.history.go.kr/board/boardDetail.do?groupId=000000000302&menuId=000000000424&pageId=000000000006&itemId=000000008716&action=%2Fboard%2FboardList.do&itemIndex=9&condition=&keyword=&category=&totalCount=2629&page=1&rowPerPage=10&searchKeyword=

参考:

韓国国立中央図書館、開館70周年を迎え、蔵書数が1,000万冊に到達

韓国国立中央図書館(NLK)は、2015年で開館70周年を迎え、また蔵書数が1,000万冊に達したとのことです。

1945年10月の開館当時の蔵書数は約28万5,000冊で、1988年には100万冊、2004年には500万冊を超えたとのことで、蔵書数が1,000万冊を突破したのは、国立図書館としては世界で15番目、韓国では初めてとのことです。

これを記念して、2015年5月14日には、記念式典のほか、国際シンポジウム、野外音楽会が行なわれるとのことです。記念式典には、国際図書館連盟(IFLA)の次期会長であるDonna Scheeder氏やNLKの歴代館長など200名以上が出席するそうです。国際シンポジウムは、「ビックデータ時代の国立図書館の役割」と題して、IFLAのDonna Scheeder氏が基調講演、英国図書館(BL)のMiki Lentin氏、日本の情報通信研究機構の村山泰啓氏らが主題発表をするそうです。

国立障害者図書館長に視覚障害者を任命(韓国)

韓国の国立中央図書館によると、文化体育観光部が、2015年4月13日、国立障害者図書館長に李仁學氏を任命したとのことです。任期は2年です。

李仁學氏は初等学校6年の時に失明し、大邱大学校特殊教育学科を卒業、同大学校の大学院で特殊教育学碩士(修士)の学位を取得したのち、国立国語院韓国点字委員会委員を経て、現在、国立ソウル盲学校の教師、国立特殊教育院の点字教科書品質管理委員を務めているとのことです。

국립장애인도서관장에 시각장애인 이인학 씨 임명(国立障害者図書館長に視覚障害者李仁學氏を任命)(国立中央図書館, 2015/4/13)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=7911&notice_type_code=3&cate_no=0

韓国国立中央図書館、視聴覚障害者のための遠隔、手話映像、チャットオンライン相談サービス開始

2015年4月1日、韓国国立中央図書館が、視覚障害者のための遠隔支援相談、聴覚障害者のための手話映像相談、障害者を含めたすべての人のためのチャット相談からなるオンライン相談サービスを開始しました。

このサービスは、すべての障害者がそれぞれのコミュニケーション方式で図書館にアクセスして資料を利用することを可能とするために開発されたもので、電話だけでは対応が難しい事項を問い合わせる視覚障害者や、文字・画像による相談を希望する聴覚障害者の要求を満たすものだとのことです。

国立障害者図書館のウェブサイトもしくはモバイルアプリをインストールすることで利用できるようです。

今後、このサービスを全国の公共図書館・障害者関連機関に普及させて活用を図る予定のようです。

[NLK] 4월 장애인의 달, 도서관장애인서비스 무엇이든 물어보세요!
시청각장애인 등을 위한 ‘원격, 수화영상, 채팅’ 온라인 상담서비스, 4월 1일(수)부터 본격 실시(国立中央図書館、2015/4/13)
http://wl.nl.go.kr/?p=26712

국립장애인도서관 온라인상담 서비스
http://ask.nl.go.kr/popup/userListMainAll.jsp

参考:

韓国国立中央図書館、Linked Open Data(LOD)カンファレンス2015を開催(2/5)

2015年2月5日に、韓国国立中央図書館において、Linked Open Data(LOD)カンファレンス2015が開催されたようです。

公共データ、LOD技術、LODのユースケース、LODの発展方向の4つのセッションが行なわれ、13人の専門家が発表をしたとのことです。

なお、韓国国立中央図書館では、保有するデータ(書誌・典拠データ)880万件をLOD形式で提供しているとのことです。

모든 지식이 서로 연결되는 세상,‘링크드 오픈 데이터’로 만난다(국립중앙도서관,2015/2/2)
http://www.nl.go.kr/nl/bodo/notice_view.jsp?board_no=7813&site_code=nl&notice_type_code=3&currentPage=0&srch=&searchWord=&cate_no=0

[NLK] 모든 지식이 서로 연결되는 세상, ‘링크드 오픈 데이터’로 만나다
(국립중앙도서관,2015/2/9)
http://wl.nl.go.kr/?p=26016

LODAC 2015 (発表資料)(Linked Data for Korea,Linked Data & Semantic Web Technology)

韓国国立中央図書館、2015年1月から洋書の整理にRDAを採用

2015年1月30日、韓国国立中央図書館は、2015年1月から、洋書の整理に、Resource Description and Access(RDA)を採用すると発表しています。

その他、「東洋書」・非図書・逐次刊行物の分類法をKDCの5版から6版に変更すること、洋書の分類法をDDC21版から23版に変更することなども発表されています。

자료정리에 따른 적용 규칙 변경 안내(국립중앙도서관,2015/1/30)
http://www.nl.go.kr/nl/notice/notice_view.jsp?board_no=7810&site_code=nl&notice_type_code=1&currentPage=0&srch=&searchWord=&cate_no=0

ページ