韓国国立中央図書館

韓国国立中央図書館(NLK)、著作物利用の同意キャンペーンを開始:国家的な災害による図書館休館時のデジタル化資料の館外利用拡大のため

2020年5月6日、韓国国立中央図書館(NLK)が、著作物利用の同意キャンペーンを開始すると発表しました。

今回の新型コロナウイルス感染症のような国家的な災害が発生し、図書館が休館した場合に、一時的にデジタル化資料の館外利用が可能となることを目的としたものです。

同館が構築したデジタル化資料110万件が対象で、同館ウェブサイトに、案内文と同意書提出窓口を設置しています。同意書では、(1)一時的、もしくは(2)利用期限の制限がない閲覧・印刷・ダウンロード、等で選択できるようになっていて、これにあわせて、同館では、利用期間の設定や終了日、既存の利用可能範囲の復元といった管理機能の改善を行って、サービスを提供するとしています。

韓国・文化体育観光部、所管する国立図書館・博物館・美術館のサービスを2020年5月6日から一部再開

2020年5月1日、韓国・文化体育観光部が、所管する24の国立図書館・博物館・美術館のサービスを5月6日から一部再開すると発表しています。

同国の対策が、「社会的距離を置く」から「生活の中で距離を置く」(生活防疫体系)ことへと移行したことによるものです。

国立中央博物館・国立現代美術館等の21の博物館・美術館では、団体観覧やイベントの中止は継続し、感染予防のための距離1メートルから2メートルの維持が可能な範囲で、個人での観覧を行います。実施に当たっては事前予約制により時間当たりの観覧人数を制限します。

国立中央図書館(NLK)と国立子ども青少年図書館は郵送複写サービスを、国立世宗図書館は複写と貸出・返却サービスを優先的に提供し、新型コロナウイルス関連の政府の対策の推移にあわせ資料室での閲覧サービスを提供する計画です。

利用者は訪問する施設の指針を事前に確認し、順守することで利用可能です。しばらくの間、各施設では、感染者の発生に備えて、利用者の体温検査を実施し、各人の健康状況や利用者情報(名前・連絡先)を確認した後、サービスを提供する予定です。

韓国国立中央図書館(NLK)、公共図書館の貸出データをもとに分析したリンドグレーン記念文学賞受賞者関連作品の最近3年間の貸出状況の調査結果を発表

2020年4月20日、韓国国立中央図書館(NLK)が、公共図書館の貸出データをもとに分析した、リンドグレーン記念文学賞受賞者関連作品の最近3年間の貸出状況に関する調査結果を発表しました。4月23日の「世界本の日」や、2020年の同賞を、韓国の絵本作家ペク・ヒナ氏が受賞したことをうけてのものです。

ペク氏の作品や、韓国語で出版された232点の作品を対象に、公共図書館用のビックデータ分析プラットフォーム“도서관 정보나루”の公共図書館1,003館の貸出データ56万8,735件を用いて分析したものです。

同賞受賞作品の中ではペク氏の『알사탕(あめだま)』が最も多く貸出されており、続いて『수탕 선녀님(天女銭湯)』, 『이상한 엄마(天女かあさん)』, 『달 샤베트(月のシャーベット)』, 『이상한 손님(ちょっと変わったお客様)』と8位まで同氏の作品が続きます。

韓国以外のものでは、ヴェルナー・ホルツヴァルト/ヴォルフ・エァルブルッフ『うんちしたのはだれよ!』が最も貸出され、モーリス・センダック『まよなかのだいどころ』、ルース・クラウス『うちがいっけんあったとさ』と続きます。

また、性別・年齢別貸出分析結果として、ペク氏の作品は7歳の女の子に最も人気があり、7歳の男の子、8歳の女の子、6歳の女の子と続きます。

韓国・国立世宗図書館、自宅から接続可能な電子書籍サービスを段階的に拡大:新型コロナウイルス感染症の長期化に対応

2020年4月20日、韓国・国立世宗図書館が、新型コロナウイルス感染症の長期化に対応し、自宅から接続可能な電子書籍サービスを段階的に拡大すると発表しています。同館の貸出会員が対象です。

4月1日から8月30日まで、韓国の電子書籍学術論文サービスKRpiaを館外から利用できるようにし、国内電子書籍サービスBookRailを提供します。また5月から12月まで、国内の新刊図書要約情報等を提供するBOOKZIPを通して7,000冊の人文教養書を提供します。

海外の電子書籍については、5月から12月まで、OverDriveを通して、英語の原書が利用可能なほか、子どもの英語教材として活用されている“Highlights ELibrary”を提供する予定です。

今後とも継続的に電子書籍サービスを拡大するとしています。

新型コロナウイルス感染症の拡大と国立図書館の対応

新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、各国の国立図書館でも来館サービスの休止が相次いでいます。米国、英国、フランス、イタリア、ドイツ、中国、韓国の国立図書館について、各館ウェブサイトの情報から2020年4月15日時点での対応状況をまとめました。

韓国・国立障害者図書館、新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、聴覚障害者のための読書プログラムをオンラインで実施:手話映像資料を10回分提供

2020年4月13日、韓国国立中央図書館(NLK)が、所管する国立障害者図書館が、2020年4月14日から6月23日まで、障害者図書館のウェブサイトを通じて、聴覚障害者のための読書プログラムを行なうと発表しています。

同館では、2013年から聴覚障害者の識字力向上と読書活性化を目的に、手話読書プログラムを行なっていますが、今年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、集合しての講座ではなく、オンラインで行なうことなりました。

同館が、手話映像資料を10回分提供しており、同館会員であればだれでも無料で利用することができます。

同館では、新型コロナウイルス感染症により情報へのアクセスが困難となった聴覚障碍者が知識情報から疎外されないように準備したとしています。

韓国国立中央図書館(NLK)、自宅から接続可能な有料オンラインデータベースを拡大:新型コロナウイルス感染症による臨時休館の延長に対応

2020年4月9日、韓国国立中央図書館(NLK)が、自宅から接続可能な有料オンラインデータベースを段階的に拡大すると発表しています。

新型コロナウイルス感染症による臨時休館が4月19日まで延長されたことに伴うもので、4月9日からは、9種類(DBpia、koreascholar、E-article、MarketLine Advantage、Nature、SAGE、Springer、Taylor&Francis、Wiley)が追加され、これにより、同館の定期利用カード所持者は、ウェブサイトを通じて全部で36種類のデータベースを利用できます。

同館では、今後も拡大する計画です。

국립중앙도서관 온라인 학술자료 서비스 제공 확대(国立中央図書館オンライン学術資料サービス提供拡大)(NLK, 2020/4/9)
https://www.nl.go.kr/NL/contents/N50603000000.do?schM=view&id=36623&schBcid=normal0302

韓国・国立子ども青少年図書館、Instagramを用いたメイカースペースプログラムの第2弾を開始:参加者先着1,000人にモバイルクーポンをプレゼント

2020年3月26日、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館している韓国・国立子ども青少年図書館は、Instagramを用いたメイカースペースプログラムの第2弾を開始しています。

期間は3月26日から4月5日までで、Instagramのフォロー、読書活動、創作活動を行なって写真を投稿・送信することで、コンビニエンスストア・アイスクリームショップや文化商品券のモバイルクーポンが先着1,000人に当たります。

집에서 함께하는 「도전 ! 미꿈소」 제2탄(自宅で一緒に「挑戦!未夢所」第2弾)(韓国・国立子ども青少年図書館, 2020/3/26)
https://www.nlcy.go.kr/menu/16610/bbs/30010/bbsDetail.do?idx=1065092

韓国・国立障害者図書館、DAISY資料と電子書籍(EPUBファイル)の統合ビューアの提供開始にあたり、統合ビューアの評価イベントを実施

2020年3月31日、韓国・国立障害者図書館が、DAISY資料と電子書籍(EPUBファイル)の統合ビューアの提供開始にあたり、統合ビューアの評価イベントを実施すると発表しました。

DAISY資料と電子書籍(EPUBファイル)の各々のビューアを個別にダウンロードせずに、統合的に利用できるビューアで、同館のオンライン会員(障害者認証済み会員)が評価イベントに参加できます。

参加申込の期間は4月1日から4月21日までで、4月27日に参加者が決定されます。

参加者は、イベント期間中、統合ビューアを用いて指定された図書をダウンロードして利用します。指定図書5冊すべてをダウンロード、利用満足度・評価の提出、クイズに全問正解等により、抽選で賞品が当たります。

韓国国立中央図書館(NLK)、オンラインで研修を受講できるウェブサイト「司書教育」の拡充を発表:新型コロナウイルス感染症による「集合研修」延期の影響を最小限に抑えるため

2020年3月25日、韓国国立中央図書館(NLK)が、オンラインで研修を受講できるウェブサイト「司書教育」の改修を3月に実施し、4月までに拡大運営すると発表しました。

新型コロナウイルス感染症による「集合研修」延期の影響を最小限に抑える事を目的としており、3月と4月には、5つの課程が新規に開設され、参加定員も3,000人から4,900人に拡大されます。

NLKは国内唯一の司書職の専門教育訓練機関であり、2019年には、同ウェブサイトを通じて、全国の3万9,362人の図書館職員が2万486回研修に参加しています。主な課程として「KORMRC形式」「KDC(6版)資料分類」といった図書館業務の基本知識や、「書誌情報を活用したLinked Data」「ビックデータと図書館」「高齢社会と図書館サービス戦略」といった変化する図書館環境を反映した最新の内容のものもあり、全国の司書職の公務員及び各館種の図書館職員が受講可能な正規課程のほか、誰でも受講が可能なコンテンツ「開かれた学習部屋」が設けられています。

ページ