オープンソース

音楽「指紋」技術によるデジタル音源の識別

米の大手インターネット音楽配信サイト“MusicIP”が4月3日、音楽を録音されている音で「指紋」のように識別する技術の特許を取得したと発表しました。MusicIPは、この技術を“Open Fingerprint Architecture”としてオープンソース化するそうです。この技術により、デジタル音源については言語・フォ…

DSpaceの導入進む

デジタルコンテンツのリポジトリ構築に適したオープンソースソフトウェア「DSpace」を導入する大学が増えてきています。3月から4月にかけて、筑波大学、東京大学が相次いでDSpaceで構築されたリポジトリを公開しています。つくばリポジトリ(Tulips-R)https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/index.jsp東京大学…

オープンソースの教材を考えるフォーラム

オープンソースの教育資源(教材など)について、現場の経験などを踏まえて可能性を考えたオンラインフォーラム”Open Educational Resources”の報告書が公開されています。※UNESCOの教育計画国際機関(International Institute for Educational Plannning)が主催。2005年10月24日から12月2日までの6週間、電子メー…

図書館におけるOSS調査

図書館におけるオープンソース・ソフトウェアの使用状況についてのオンライン調査が実施されています。結果はこの春にも公表されるようです。Open Source Software in Librarieshttp://www.zoomerang.com/recipient/survey-intro.zgi?p=WEB224ZXHBAYFD

総務省の地域SNS実験

総務省が、ICTを使った地域行政・地域社会への住民参加の試みとして、昨年末から地域SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の実験を始めたそうです。千代田区と長岡市がモデル地域だそうです。総務省の地域SNSがスタート,オープンソースSNSをベースに (IT Pro)http://itpro.nikkeibp.co.jp

IPAがOSS性能・信頼性評価ツールを公開

オープンソースソフトウェア(OSS)を推進している独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が、2005年11月に、2005年度「OSS性能・信頼性評価/障害解析ツール開発」の成果を公開していました。2005年度 オープンソースソフトウェアの信頼性・性能評価手法及び障害解析ツールを公開http://www.ipa.go.jp/s

オープンソースソフトウェア・センター

2006年1月、経済産業省が中心となって、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の中に、オープンソースソフトウェア・センターが設置されました。オープンソースソフトウェア・センター(OSSセンター)http://www.ipa.go.jp/software/open/ossc/index.html

Streetprint Engine

オープンソースのリポジトリ・ソフトに、Streetprint Engine というのもあるそうです。カナダのStreetPrint.orgという組織の製品で、現在ver. 3.0。Streetprint Engine 3.0 public betahttp://www.crcstudio.arts.ualberta.ca/streetprintorg/engine.php

DCC Digital Curation Manual

Digital Curation Centreが、デジタル情報の作成・管理・保存に関するマニュアルの公開を開始した。第1回公開は、オープンソースについて。DCC Digital Curation Manualhttp://www.dcc.ac.uk/resource/curation-manual/

OAジャーナルのフリーソフト

Public Knowledge Project ReleasesOpen Journal Systems, Version 2.0 http://pkp.sfu.ca/ojs/ojs2announcement.htmlOAジャーナルを発行・管理するためのオープンソース・ソフトウェアというのを作っているそうです。

ページ