子ども

愛知県日進市、子ども向け書籍購入を目的としたクラウドファンディングを実施中:市内の保育園・放課後児童クラブ・子ども教室・小中学校図書室・公共図書館の蔵書充実のため

愛知県日進市の発行する『広報にっしん』2020年10月号で、日進市が2020年10月5日から2021年1月3日まで、子ども向け書籍の購入を目的としたクラウドファンディングを実施することが発表されています。

日進市は、ふるさと納税インターネットサイト「ふるさとチョイス」内クラウドファンディングサイト「ガバメントクラウドファンディング」で、プロジェクト「子どもたちのために、保育園、放課後児童クラブ・子ども教室、小中学校図書室、図書館の本を充実させたい!」を実施します。同プロジェクトは、2020年7月にコロナ禍でも活動を続けていた市内の東小学校児童クラブ・子ども教室に対して、子ども達に本を読む楽しさを知ってもらいたいという願いから匿名の書籍寄附が行われたことをきっかけに企画されました。

寄附者は寄附先として、図書館・小中学校、保育園、児童クラブ・子ども教室の計34施設を選択することができます。目標金額は300万円ですが、目標に達しない場合でも寄附の全額が、絵本・児童書・紙芝居・図鑑など各施設で必要な子ども向け書籍の購入へ充当されます。

寄附者全員に書籍購入リストが送付されます。また、市外からの寄附者には返礼品が用意されています。

船橋市中央図書館(千葉県)、船橋市立船橋小学校の「おはなし給食」との連携展示「本からとびだした料理たち」を開催中:本に出てきてほしい料理のイラストも募集

千葉県の船橋市中央図書館が、2020年10月9日から11月11日にかけて、船橋市立船橋小学校の「おはなし給食」との連携展示「本からとびだした料理たち」を開催中です。

10月に、船橋小学校が、本の中に登場する料理が給食に出る「おはなし給食」を実施しており、同展は、同館において、この「おはなし給食」にあわせて本と給食の写真を展示するものです。

また、児童室では、本に出てきてほしい料理のイラストを募集しており、募集したイラストは同展と一緒に展示されます。

武蔵野市立吉祥寺美術館(東京都)、子ども向け動画ワークショップ『「おいしいぶどう すっぱいレモン」-よーくみてから、かいてみよう!-』を開催中:参加者はYouTube動画を見て作品を郵送/応募作品は美術館・図書館で展示

東京都の武蔵野市立吉祥寺美術館が、2020年10月1日から、YouTubeを用いたこども向けのワークショップ『「おいしいぶどう すっぱいレモン」-よーくみてから、かいてみよう!-』を開催しています。

参加者(4歳から小学校6年生まで)は、彦坂木版工房の講師によるおいしそうに描くためのアイデアについてのYouTube動画を保護者等といっしょに視聴した後、ぶどうかレモンの絵をおいしそうに描いて同館あてに郵送します(11月8日締切。消印有効)。参加費は無料です。

応募作品は、同館において11月26日から12月13日まで展示予定のほか、その後、武蔵野プレイスと武蔵野市立吉祥寺図書館でも展示される予定です。また、彦坂木版工房のウェブサイトでも公開されます。

その後、彦坂木版工房からのコメント付きで、参加者のもとに応募作品が返却されるほか、おいしそうにえがいた3人の参加者に絵本がプレゼントされます。

認定NPO法人おもちゃの図書館全国連絡会、おもちゃ図書館の新型コロナウイルス感染症対策に関するアンケートの結果を公開

2020年10月13日、認定NPO法人おもちゃの図書館全国連絡会が、おもちゃ図書館の新型コロナウイルス感染症対策に関するアンケートの結果を公開したことを発表しました。

アンケートは、同連絡会に加入している362館を対象に、7月から9月にかけて実施され、150件の回答が寄せられました。発表によると、回答のうち、93%の館が新型コロナウイルス感染症の影響で休館を余儀なくされ、9月時点では7割の館が活動を再開しています。

結果をまとめた資料では、休館の開始時期・理由、休館中の取組、再開館の時期・サービスの提供状況、新型コロナウイルス感染症対策のために購入したものや実施した対策等について述べられています。

最新ニュース(おもちゃの図書館全国連絡会)
https://www.toylib-jpn.org/index.html#news
※2020年10月13日付で、「【新型コロナウイルス対策に関する緊急アンケート】の概要 <報告>」が掲載されています。

大阪市立住吉図書館・西淀川図書館・平野図書館、IKEA鶴浜からの家具・インテリア雑貨の寄附を受け、子ども向けスペースを改装:配色・レイアウトも共同で検討

2020年10月13日、大阪市立図書館が、住吉図書館・西淀川図書館・平野図書館の子ども向けスペースを改装したと発表しています。

これは、IKEA Family 子ども募金プロジェクトの一環として、イケア・ジャパン株式会社 IKEA鶴浜から、ソファーなどの家具やインテリア雑貨を寄附をうけたことによるもので、加えて、子どもにとって、本やおはなしの世界がもっと好きになる居心地のいい空間になるよう、配色やレイアウトを一緒に考え改装したものです。

今後、他の大阪市立図書館の子ども向けスペースも改装する予定です。

住吉・西淀川・平野各図書館の子ども向けスペースを改装しました(大阪市立図書館,2020/10/13)
https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jo81h7smn-510#_510

全国学校図書館協議会(全国SLA)、「第1回情報活用授業コンクール」を実施:創立70周年記念事業の一環

2020年10月9日、全国学校図書館協議会(全国SLA)が、「第1回情報活用授業コンクール」を実施することを発表しました。

発表によると、「情報活用授業コンクール」は、全国SLAの創立70周年記念事業の一環として開始されます。学校図書館を活用することで児童生徒の主体的・意欲的な学びを支え、授業展開を豊かにし、情報活用能力の習得することを狙いとした授業実践を広げることを目的としています。創立20周年の記念事業として創設された「学校図書館賞」の実践の部では、体系的な授業が対象とされていますが、同コンクールは過去3年以内の単元の授業実践を対象としています。

「第1回情報活用授業コンクール」の応募期間は、2021年2月1日から3月31日までで、優秀賞10点程度と情報活用推進校が選出されます。評価の観点は、「どのような資料・情報を使ったか」、「資料・情報をどのように利用させたか」、「どのように指導したか」の3点が挙げられています。

米国図書館協会(ALA)、暴風雨の被害を受けたマリオン公共図書館が仮設図書館でサービスを実施するための資金を提供:ノートパソコン・タブレット・プリンター・Wi-Fiを購入

2020年10月5日、米国図書館協会(ALA)は、8月10日に発生した暴風雨デレチョの被害を受けた、イリノイ州・マリオン公共図書館に対し、Library Disaster Relief Fundを通じ1万ドルの資金を提供したと発表しています。

同館が設置した仮設図書館において、地域住民に対してサービスを行なえるよう、ノートパソコン、タブレット、プリンター、Wi-Fiのホットスポットを購入するために用いられます。

資金の提供は、十分なサービスを享受できていない住民の支援、暴風雨により大きな被害を受けた地域へのWi-Fiを用いたインターネットへのアクセス提供、リソースが限られた児童生徒のオンライン学習の支援、復興期間中における継続的な質の高い図書館サービスの提供、を目的としており、同館の館長による、これらサービスの必要性は当面のものだが、同地域の長期的なニーズに答えるためにも役立つと発言が紹介されています。

国際図書館連盟(IFLA)、子どものプライバシーに関して国際連合の意見照会に回答を提出

2020年10月1日、国際図書館連盟(IFLA)情報への自由なアクセスと表現の自由に関する委員会(FAIFE)が、プライバシー権に関する国際連合の人権高等弁務官事務所(Office of the High Commissioner for Human Rights:OHCHR)の意見照会に対して、回答を提出したことを発表しました。

同意見照会は、子どものプライバシー権に焦点を当てたものです。発表の中で、IFLAは、社会・教育・娯楽の側面における、子どものプライバシー、アイデンティティ、技能等に関して、以下の内容等を回答したと述べています。

・知的自由の観点からの子どものプライバシー
・子どものプライバシーとメディア・情報リテラシーの関わり
・子ども、ヤングアダルトのプライバシーに関する技能構築についての図書館の経験
・図書館における子どものプライバシー保護や利用者データ取扱い時についての参考事例やガイドライン

シンガポール国家図書館委員会(NLB)、サブスクリプション方式による児童書の宅配貸出サービスを開始:図書館員が選んだ8冊を毎月配達

2020年10月2日、シンガポール国家図書館委員会(NLB)は、サブスクリプション方式による児童書の宅配貸出サービス“The Little Book Box”の開始を発表しました。

図書館員が選んだ英語の児童書8冊を毎月宅配貸出するサービスであり、児童書は4歳から6歳までと、7歳から9歳までの2つの年齢層を対象としたものとなっています。

利用料金は、日本の消費税に相当する財・サービス税(GST)を含め月額10.70シンガポールドルです。滞納金のないNLB の図書館メンバーであれば申し込み可能ですが、申し込み可能な人数にはサービス全体で上限が設定されています。なお、申込み期間は3か月単位となっています。

配達スケジュールには変動があるものの、少なくとも21日間の閲覧利用が可能となっています。また、返却は期日までにNLBのいずれかの公共図書館の返却ボックスに返却する必要があります。

【イベント】「子供の読書活動推進事業」フォーラム「言葉と心を育てる読書」(11/1・東京)

2020年11月1日、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)において、公益財団法人文字・活字文化推進機構の主管、独立行政法人国立青少年教育振興機構の主催により、フォーラム「言葉と心を育てる読書」が開催されます。

同フォーラムは、2020年度「子供の読書活動推進事業」の一環として、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策を行ったうえで開催されます。

定員は380人(先着順・要事前申込)で、参加費は無料です。当日のプログラムの予定は以下の通りです。

・オープニング「私と読書(仮題)」
上白石萌音氏(俳優)

・第一部 講演「AIに負けない読書力」
内田伸子氏(IPU・環太平洋大学教授 お茶の水女子大学名誉教授)

・第二部 シンポジウム「子供の言葉を育てる」
パネリスト:辻村深月氏(作家)、ひきたよしあき氏(作家・博報堂フェロー)、柳田邦男氏(ノンフィクション作家)
コーディネーター:内田伸子氏

ページ