子ども

葛飾区立図書館(東京都)、「みんな、今どう過ごしている?~子ども司書クラブからのレポート~」を公開

2020年6月2日、葛飾区立図書館(東京都)が、「みんな、今どう過ごしている?~子ども司書クラブからのレポート~」を掲載しました。

同レポートは、2019年度から葛飾区立中央図書館で活動している「子ども司書クラブ」に所属する子どもが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴う休校期間中の過ごし方や、読んだ本について、休校中の小学生に向けたメッセージ等を書いたものです。

みんな、今どう過ごしている?~子ども司書クラブからのレポート~(葛飾区立図書館, 2020/6/2)
https://www.lib.city.katsushika.lg.jp/info?0&pid=7399

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会、新型コロナウイルス感染症拡大下における子どもの心のケアを目的とした絵本・学習キットの配布事業を開始

2020年6月2日、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受け、子どもの心の健康・ケアのために絵本や学習キットの配布を開始することを発表しました。

同事業は、読書や読み聞かせによる子どものストレス緩和、在宅での活動の提供、ワークを通した海外事情の学習が目的とされ、取り組んだ感想をオンライン上で他の子どもと共有する場が設けられます。また、小学校高学年生や中学生にはボランティアの機会も提供されます。

【COVID-19】心のケアを目的とした絵本・学習キット配布事業を開始~新型コロナウイルス感染拡大の不安から子どもたちを守る(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会, 2020/6/2)
https://sva.or.jp/wp/?news=38518

追手門学院幼稚園(大阪府)、関西の幼児教育保育機関で初めて電子図書館サービスを導入

2020年5月28日、学校法人追手門学院は、幼保連携型認定こども園追手門学院幼稚園(大阪府豊中市)が関西の幼児教育保育機関で初めて電子図書館サービスを導入することを発表しました。

同園の電子図書館サービスは2020年6月1日から運用を開始します。同サービスを活用することによって、保育教諭・園児によるオリジナルのデジタル絵本の製作や、製作したデジタル絵本の電子図書館サービスを通じた園児・保護者への提供等の取り組みが行われる予定です。

学校法人追手門学院は、同法人が設置する大学・中学高等学校・小学校においてすでに電子図書館サービスを導入しており、同園への導入により、関西で初めて幼小中高大を網羅した形での電子図書館が誕生した、としています。

【追手門学院No.13】関西の幼稚園初!電子図書館を導入(追手門学院,2020/5/28)
https://www.otemon.ac.jp/whatsnew/pressrelease/_13903.html

国立公文書館アジア歴史資料センター、「アジア歴史ラーニング -デジタル資料で学ぶ日本とアジア-」を公開

2020年5月28日、国立公文書館アジア歴史資料センターが、「アジア歴史ラーニング -デジタル資料で学ぶ日本とアジア-」を公開しました。

学習指導要領改訂やアクティブラーニング、学び直しへの関心の高まりを受けて作成されたものです。

トップページにある6つのテーマをクリックすると、それぞれにおいて「国内の動き」「外交」「戦争・軍事」「世界の動き」の4つに分かれた年表ページが表示されます。年表からは、用語の解説や二次利用の際の手引きのほか、関連する資料画像やテキストを見ることができる用語ページへのリンクが用意されています。

「アジア歴史ラーニング -デジタル資料で学ぶ日本とアジア-」の公開のお知らせ (2020年05月28日)(アジア歴史資料センター)
https://www.jacar.go.jp/news/news04_others.html#20200528

米国図書館協会(ALA)、女性参政権100周年委員会(WSCC)と連携し、子ども向けの女性参政権に関する図書のセットを公共図書館・学校図書館に寄贈

2020年5月26日、米国図書館協会(ALA)は、 女性参政権100周年委員会(Women’s Suffrage Centennial Commission:WSCC)と連携し、公共図書館と学校図書館を対象に、子ども向けの女性参政権に関する図書のセット(6,000セット)を寄贈すると発表しました。

WSCCは、2020年が、女性参政権に関する合衆国憲法修正第19条が1920年に批准されて100周年にあたることを記念して議会によって創設されたもので、図書の選定と同プロジェクトへの資金提供を行っています。

各セットは、小学生・中学生・高校生を対象とした各1冊ずつ、合計3冊の図書で構成されています。

ALAの本部及び米国学校図書館員協会(AASL)・児童図書館サービス協会(ALSC)・ヤングアダルト図書館サービス協会(YALSA)からのワーキンググループが、申し込みへの対応、多様な本からなる推薦本リストや寄付に対応したプログラムや展示のアイデアを作成するとしています。

また、ALAとWSCCでは、オンラインで女性参政権の歴史に関するシリーズを共催するとしています。

東近江市立図書館(滋賀県)、学校休校中の学習支援施策としてホールなどのスペースを開放

滋賀県の東近江市立図書館が、2020年5月16日から31日まで、学校休校中の学習支援施策として、ホール等のスペースを自主学習の場として開放しています。

開放しているのは、能登川図書館は集会ホール、永源寺図書館は視聴覚ホール、五個荘図書館は館内奥・閲覧スペース、湖東図書館は視聴覚ホールです。

新型コロナウイルス感染予防対策として座席数を限定しているほか、窓を開放して常時換気しています。

図書館の学習スペースをご利用ください(東近江市立図書館, 2020/5/19)
http://www.city.higashiomi.shiga.jp/lib/0000011636.html

参考:
浅口市(岡山県)、新型コロナウイルス感染拡大防止のための市立小学校の臨時休業期間中、市立図書館において児童の緊急一時預かりを実施中
Posted 2020年3月9日
https://current.ndl.go.jp/node/40430

米国議会図書館(LC)、児童・生徒を対象とした音楽教育のオンライン授業で利用可能な情報源のガイドを公表

2020年5月13日、米国議会図書館(LC)が、K-12の児童・生徒を対象とした音楽教育のオンライン授業で利用可能な情報源のガイド“K-12 Music Education Resources at the Library of Congress”を公表しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大にともなって、音楽や舞台芸術に関するオンライン授業を行う教員を支援するために作成されました。作成に当たっては、同分野の教員と図書館員が協力し、オンライン授業を補完するLCの基本的な情報がまとめられています。

同ガイドには、LCが教育での活用のために公開している一次資料(primary resource)や、音楽部門・アメリカ民俗センター(AFC)・国立視聴覚資料保存センター(NAVCC)が提供している専門的な情報、LCのウェブサイトから利用可能なデジタル資料、ポッドキャスト、オンラインコンサート、オンライン講義、オンライン展示が含まれ、オンライン授業のプランに組込むことが可能です。

同ガイドは今後も情報を更新する予定であり、LCの舞台芸術閲覧室(Performing Arts Reading Room)のウェブページで公開されており、教室での授業が再開された後でも効果的に活用できることも意図されています。

三木市立図書館(兵庫県)、夏休みに配布している「自由研究ヒントカード」をウェブサイトで公開:臨時休校中に自宅で簡単にできる「実験」「観察」のテーマを紹介

2020年5月12日、兵庫県の三木市立図書館が、夏休みに図書館で配布している「自由研究ヒントカード」をウェブサイトで公開しました。

新型コロナウイルス感染症対策のための臨時休校で学校に登校できない小学生に、自宅で簡単にできる「実験」「観察」のテーマを紹介する事を目的に公開したものです。

5月11日から同館の中央図書館・吉川図書館では臨時窓口を開設し、予約された本の貸出も行っていることから、「自由研究ヒントカード」に紹介されている「おたすけBook」を利用することもできます。

家ですごす時間をもっと楽しく!「ためしてみよう!自由研究ヒントカード」(三木市立図書館, 2020/5/12)
https://www.city.miki.lg.jp/site/library/23302.html

明石市立図書館(兵庫県)、未就学児を対象に絵本を自宅に届ける「絵本の宅急便」を実施

2020年4月24日、兵庫県の明石市立図書館は、市内在住の未就学児を対象に、絵本を自宅まで無料で届ける「絵本の宅急便」を実施することを発表しました。

同サービスでは、あかし市民図書館・西部図書館に所蔵されている絵本のうち利用可能なものから図書館員が選書を行い、在宅を確認したうえで玄関先に置くという方法で届けられます。一度の申込での貸出冊数は5冊までで、絵本のリクエストも可能です。

受付期間は4月25日から5月6日で、メール・FAX・電話での申込が必要です。返却は、5月31日までに、図書館以外に設置されている市内返却場所又は、利用者負担での郵送で行います。

なお、同館は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため5月6日まで休館中です。

「絵本の宅配便」お申込について(明石市立図書館, 2020/4/24)
https://www.akashi-lib.jp/news.html#news-20200424

熊本市立図書館、学校図書館用の図書利用カードで「熊本市電子図書館」を利用可能とすると発表

2020年4月27日、熊本市立図書館が、5月2日から、学校図書館用の図書利用カードで「熊本市電子図書館」を利用可能とすると発表しました。

これまで、利用するためは、同館等が交付する図書館カードが必要であったものを、小中学生の利用に便宜を図るため制度を改めたものです。

5/2(土)から 学校の図書利用カードで電子図書館が利用できます。(熊本市立図書館, 2020/4/24)
https://www.library.city.kumamoto.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=131&comment_flag=1&block_id=1400#_1400

ページ