オーストラリア

ゲイツ財団の学習へのアクセス賞、2007年はオーストラリアの遠隔図書館システムが受賞

2007年のビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団「学習へのアクセス賞」(Access to Learning Award)は、オーストラリアのノーザンテリトリー図書館(NTL)に贈られました。オーストラリアのノーザンテリトリーには、他地域から孤立して土着の人々のコミュニティがあり、そういった地区の住民が享受…

オーストラリア国立図書館のOAジャーナル支援活動Open Publishの進捗状況

オーストラリア国立図書館が、学協会の出版活動支援として、オープンアクセス(OA)誌出版サービス“Open Publish”を展開していることはE605でもお伝えしていますが、この活動の進捗を伝えるレポートがスタッフペーパーとして公開されています。Open access to Open Publishhttp://www.nla.gov.au/nla/staffpaper/

オーストラリア国立図書館のスタッフペーパー「目録を再考する」

オーストラリア国立図書館が、新しい目録システムに取り組んでいる担当者によるスタッフペーパー「目録を再考する(Rethinking the catalogue)」を公開しています。このペーパーでは、将来にわたってコレクションへの利用者のアクセスを提供し続ける、という目録の使命のために必要な戦略とし…

オーストラリアの映像・音声遺産、オンライン視聴サービス

政府機関の1つであるオーストラリアフィルム委員会(Australia Film Commission)が運営しているウェブサイト、“austaralianscreen”では、過去100年間にオーストラリアで製作された映画やドキュメンタリー、テレビ番組等を視聴することができます。現在599タイトル、1,542クリップの映像が公開されて…

オーストラリアの文化遺産デジタル化計画

オーストラリア文化大臣評議会などが協賛している政府系NPO団体、Collections Council of Australiaがこのほど、美術館やギャラリー、図書館等が保存してきた同国の文化遺産デジタル化に向けての行動計画をまとめました。Australian Framework and Action Plan for Digital Heritage Collectionshttp://www.collectionscouncil.com.au/P

アジアの法律情報提供サイト、Asian Legal Information Institute(AsianLII)へ日本が参加

AsianLIIは、シドニー工科大学やニューサウスウェールズ大学のほか、オーストラレーシア地域の法律情報のデータベースを運営するAustralasian Legal Information Instutute(AustLII)など、オーストラリアの諸機関が中心となって始めた、アジア地域の制定法、判例などを無料で調べられるデータベースです…

QUT OAK Lawプロジェクト、研究データ流通の法的枠組みに関する調査報告書を発表

クイーンズランド工科大学(オーストラリア)のOAK Law プロジェクトが、共同研究等による研究データの共有と再利用に関する法的枠組みに関する調査研究レポートを発表しています。研究により生み出されるデータとその利用・アクセスが、著作権法や契約法、守秘義務、プライバシー、情報…

インドにおける電子学位論文の状況

インドの電子学位論文(ETDs)の進捗状況についてのレポートがE-LISに登録されました。インドでは、2005年にIndia's University Grants Commissionにより、全国的な学位論文データベースの作成と、電子的に学位論文を提出することを盛り込んだ規定案"UGC (Submission of Metadata and Full-text of Doctoral Theses in…

国立図書館長会議の資料

8月22日、国際図書館連盟(IFLA)ダーバン大会と同時期・同会場で開催される国立図書館長会議(CDNL)の資料が、オーストラリア国立図書館のウェブサイトで公開されています。日本を含む38か国のカントリーレポートも掲載されています。CDNL 2007http://www.nla.gov.au/initiatives/meetings/cdnl/2007/cdnl2007.html

IFLAのバーン会長、オーストラリア政府の「検閲」法案に反対意見を提出

オーストラリアには、法務省による刊行物等の審査・分類制度(Classification)がありますが、同省が2007年5月、「テロ行為を擁護する刊行物・映画・ゲームを審査の対象から外す(=審査以前のものとして禁止する)」という法改正案を作成し、パブリック・コメントを求めました。これに対し、…

ページ