RDA

E1246 - 米国議会図書館,書誌フレームワークの変革への方針を発表

E1246 - 米国議会図書館,書誌フレームワークの変革への方針を発表

米国議会図書館(LC)は,2011年10月31日付けで,書誌フレームワークの変革に向けた取組みの全体計画を示す文書“Bibliographic Framework Initiative General Plan”を公表した。この取組みに関してLCは,MARCフォーマットの見直し等の検討課題を示した声明を2011年5月に発表しており,今回の文書は,新たなフレームワークに求められる要件や取組みの方法を示したものである。

 文書の序文において,LCの図書館サービス担当副館長マーカム(Deanna B. Marcum)氏は,LCのワーキンググループによる2008年の報告書“On the Record”や,2011年のRDA導入テストの結果報告(E1191参照)での指摘内容を踏まえ,LCは,関係者とともに,将来にわたり役立つフレームワークの構築に取り組むとしている。...

米国の書誌ユーティリティSkyRiver社が同社の目録システムのRDA対応について発表

2011年12月6日、米国の書誌ユーティリティのSkyRiver社が、それぞれの図書館の状況に合わせてRDA(Resource Description and Access)へ移行するための方法を発表しました。同社の提供している目録システムで、(1)RDAへ移行準備中か準備済の図書館のための“RDA Mode”、(2)RDAに対応しているがまだRDA以外の書誌データも扱う必要がある図書館のための“Hybrid Mode”、(3)現時点ではRDAに対応していない図書館のための“Non-RDA Mode”、という3種類のモードが利用できるようになったという内容のようです。図書館はRDAへ対応していくにつれて別のモードに変更することも可能とのことです。ユタ州立図書館等がこのRDA Modeを採用すると紹介されています。

SkyRiver Announces Novel Approach to RDA Adoption (SkyRiver 2011/12/6付けプレスリリース)
http://theskyriver.com/2011/12/skyriver-announces-novel-approach-to-rda-adoption

参考:
米国議会図書館(LC)等によるRDA導入は、諸条件が満たされた場合に2013年1月以降に

米国議会図書館(LC)、書誌フレームワークの変革に向けた計画文書を公表

米国議会図書館(LC)が、2011年10月31日に、書誌フレームワークの変革の取り組みに関する計画を示す文書“Bibliographic Framework Initiative General Plan”を公表しました。2008年のワーキンググループの報告や2011年のRDAテストの結果等に基づき、現在のMARCに代わるフレームワークの要件等をまとめたもので、この計画についての意見・提案等を求めるとのことです。文書では、MARCフォーマットはインフラに深く組み込まれているが、技術の変化や資源記述方法の変化により、将来を見据えたデータ生成・交換の環境に移行する必要があるとし、そのアプローチについては、ウェブ環境、Linked Data、RDFを重視したものになるとしています。今後、諮問グループの組織やプロトタイプの開発等が予定されているようです。

A Bibliographic Framework for the Digital Age (LC 2011/10/31付けの情報)
http://www.loc.gov/marc/transition/news/framework-103111.html

欧州でのRDA普及を目指す、欧州国立図書館4館による“EURIG”が正式に発足

2011年9月27日にデンマークのコペンハーゲンで開催された会合において、英国図書館(BL)、ドイツ国立図書館、スペイン国立図書館、スウェーデン王立図書館の各館長が、欧州におけるRDAの普及を目指した“EURIG”(European RDA Interest Group)という組織を正式に発足することに合意したようです。“EURIG”の今後の計画については、2011年12月および2012年初めにも開催される会合で検討されることになるようです。

EURIG
http://www.slainte.org.uk/eurig/index.htm

EURIG Launched: National Libraries Sign up to European RDA Interest Group (PDF)(EURIG 2011/9/27付けのプレスリリース)
http://www.slainte.org.uk/eurig/docs/Launch/EURIG_Press_Release_2.pdf

Las principales bibliotecas nacionales europeas firman el acuerdo de cooperación de EURIG (Biblioteca Nacional de España 2011/10/5付けの記事)

RDAについての図書館システムベンダーへのインタビューシリーズ

RDAツールキットのブログで、図書館システムのベンダーへのRDAについてのインタビューがシリーズで掲載されています。共通の8つの質問とその回答を掲載しているもので、これまでに、Innovative Interfaces, Inc. (III)社、VTLS社、BiblioMondo社、Polaris社、Ex Libris社、Follett社、OCLC、SkyRiver社、Softlink社の9社のインタビューが掲載されています。

Vendor Interview -- Innovative Interfaces, Inc. (III)(2011/6/10付け)
http://www.rdatoolkit.org/blog/178

Vendor Interview -- VTLS(2011/6/16付け)
http://www.rdatoolkit.org/blog/179

Vendor Interview -- BiblioMondo(2011/6/21付け)
http://www.rdatoolkit.org/blog/190

Vendor Interview -- Polaris(2011/6/28付け)
http://www.rdatoolkit.org/blog/197

E1191 - 米国議会図書館(LC)等によるRDAテストの結果が公表される

E1191 - 米国議会図書館(LC)等によるRDAテストの結果が公表される

英米目録規則第2版(AACR2)の後継の目録規則であるRDA (Resource Description and Access)について,米国の議会図書館(LC),国立医学図書館,国立農学図書館の3つの国立図書館は,その導入の可否を判断するため,3館を含む26機関が参加したテストを実施していた(CA1686参照)。2010年6月のRDAツールキットのリリース後,テスト参加機関による書誌レコード作成等の作業とその結果分析が行われ,2011年6月に,米国RDAテスト調整委員会(U.S. RDA Test Coordinating Committee)による結果報告と,それに対するLC等3館の声明が公表された。報告の要約版から,結論部分を中心に紹介する。...

米国議会図書館(LC)等によるRDA導入テストについての報告書の全文が公開

米国の議会図書館(LC)、国立医学図書館(NLM)、国立農学図書館(NAL)の3つの国立図書館等により実施されていた、目録規則RDA(Resource Description and Access)の導入テストについて、RDAテスト調整委員会による報告・勧告(Report and Recommendations)の全文が、LCのサイトに掲載されています。2011年5月9日に作成され、6月20日付けで公開されたようです。

Report and Recommendations of the U.S. RDA Test Coordinating Committee(報告書、PDF192ページ)
http://www.loc.gov/bibliographic-future/rda/rdatesting-finalreport-20june2011.pdf

Testing Resource Description and Access (RDA)(LCのウェブサイト)
http://www.loc.gov/bibliographic-future/rda/

(※2012-01-16追記)
2012年1月16日現在、上記の報告書のURLではアクセスできないようです。以下のURLでアクセスできるようです。

米国議会図書館(LC)等によるRDA導入は、諸条件が満たされた場合に2013年1月以降に

米国の議会図書館(LC)、国立医学図書館(NLM)、国立農学図書館(NAL)の3つの国立図書館等により実施されていた、目録規則RDA(Resource Description and Access)の導入テストに関する2つの文書が、2011年6月13日付けでLCのサイトに掲載されています。RDAテスト調整委員会による報告・勧告の要約と、それに対する3国立図書館の対応、の2つです。委員会による勧告は、諸条件が満たされた場合には、国立図書館は2013年1月以降にRDAを導入すべき、としています。その諸条件としては、RDAの指示を明確で平易な英語で書き直すこと、オンライン環境でのRDAアップデートのプロセスを定めること、RDAツールキットの機能性を改善すること、など9項目が示されています。国立図書館側も、委員会による報告内容を受け入れる方針のようです。委員会の報告には、テストでの知見等もまとめられています。

Testing Resource Description and Access (RDA)
http://www.loc.gov/bibliographic-future/rda/

目録規則RDAが刊行

目録規則RDA(Resource Description and Access)のツールキットが2010年6月23日から利用可能となっています。8月末まではオープンアクセス期間となっており、6月23日時点で1,600以上の機関・個人が利用登録しているとのことです。

RDA: Resource Description & Access Toolkit
http://www.rdatoolkit.org/

It's Here! The RDA Toolkit Launches Wednesday, June 23
http://www.rdatoolkit.org/news/launch

RDA Toolkit Goes Live June 23!
http://www.rdatoolkit.org/goeslive

目録規則RDA、2010年6月の刊行から8月末まではオープンアクセスに

2010年6月に刊行が予定されている目録規則RDA(Resource Description and Access)のToolkitのページが更新されているようです。個人利用の価格は195ドルとなること、紙版も発行予定であることなどの情報が掲載されています。また、刊行時から2010年8月末までは、オープンアクセス期間として無料で利用できるとのことです。

RDA Toolkit Solo-User Pricing, Double-User Offer, and RDA Print
http://www.rdatoolkit.org/solouser

Complimentary Open-Access Period
http://www.rdatoolkit.org/openaccess

ページ