FRBR

RDAの構成が変更:10月に開催されたRDAの会議報告公表

「資料の記述とアクセス(RDA: Resource Description and Access)」のJoint Steering Committeeから、10月15日〜20日に開催された会議の報告が公開されています。今回の会議で、RDAのデータ要素(data elements)をFRBRの実体(FRBR entities)と利用者タスク(user tasks)の両方に、より密接に関連付けるため、RDAをこれま…

「RDAのスコープと構造」改訂版

英米目録規則(AACR)改訂合同運営委員会(JSC)が作成中の『資料の記述とアクセス(RDA: Resource Description and Access)』について、スコープ、構造を定義した資料の改訂版が公開されています。DCMI Abstract Modelの最新版を反映するとともに、また「エレメント分析(Element Analysis)」と「RDAからFRBRへの…

カリフォルニアデジタルライブラリー、XFTで“Dynamic FRBR”を実験中

カリフォルニア大学図書館の1組織である“カリフォルニアデジタルライブラリー(CDL: California Digital Library)”では、XTF(The CDL eXtensible Text Framewok)という、デジタルコレクションのプラットフォーム(オープンソース)の開発を行っており、既に“Encyclopedia of Chicago”などカリフォルニア大学図書…

アイスランドで目録の国際会議開催

アイスランド・レイキャビクで2007年2月1〜2日、「初心に帰って未来へ飛び立つ(Back to Basics – and Flying into the Future)」と題した目録の国際会議が開催されました。FRBRに関する発表が多く行われています。Back to Basics – and Flying into the Futurehttp://ru.is/kennarar/thorag/cataloguing2007/Cataloguing 2007http://w…

国際目録原則覚書(2006年4月草案)の翻訳

NDLのホームページに、国際目録原則に関する翻訳が3点掲載されています。国際目録原則覚書(2006年4月草案)http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/kokusaimokuroku2006.htmlIME ICCのための用語集(2005年版)http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/ime_icc_yougosyu2005.htmlすばらしいFRBRの新世界(第4版)http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bn

RDAの制定が難航している理由は?

デジタル環境に対応した図書館目録のために、英米目録規則(AACR)第2版の改訂版として、資料の記述とアクセス(RDA)を制定する動きが続いていますが、古い目録業務・規則に固執する図書館界が協力的でないため、このプロジェクトが難航しているとする論考が、D-Lib Magazine誌に掲載されてい…

ランガナタンのモノローグが聞ける録音資料

『図書館学の五原則』などで有名なランガナタン(Shiyali Ramamrita Ranganathan)の著作を電子化する試みが続いていますが、ランガナタンがデューイ(Melvil Dewey)について語ったモノローグ(1964年)が、MP3形式の録音資料として公開されています。同時に文字に書き起こしたテキストデータも公開さ…

FRBRとFOAFを使った音楽オントロジモデル

FRBRとFOAF(Friend of a Friend: 自分や知人の属性や関係を表現するメタデータ)を使い、音楽を表現するオントロジモデルを、カナダのコンピュータ科学者・ジャッソン(Frederick Giasson)氏が作成しています。Major revision (1.01) of the Music Ontologyhttp://fgiasson.com/blog/index.php/2007/01/06/major_revision_1_01_of_the_music_on

すべての書誌データをFRBRに−OpenFRBR

「すべての書誌データをみんなでFRBR化する」ためのオープンソース・ソフトウェアとして“OpenFRBR”というRuby on Railsベースのツールが作成されています。このプロジェクトでは手始めに、ハリー・ポッターの書誌データすべてをFRBR化することで、ツールのチューニングや作業の進め方の検証な…

FRBRの修正案、レビュー募集中

書誌レコードの機能要件(FRBR)の3.2.2「表現形(expression)」についての修正案が、IFLAのワーキンググループから提示され、ワールドワイドレビューに付されています。〆切は2006年末とのことです。 Expression redefined: draft of proposed changes - The FRBR Bloghttp://www.frbr.org/2006/09/30/expression

ページ