国立国会図書館

【イベント】Japan Open Science Summit 2021(6/14-19・オンライン)

2021年6月14日から6月19日まで、Japan Open Science Summit 2021(JOSS2021)がオンラインで開催されます。

国立情報学研究所(NII)、科学技術振興機構(JST)、物質・材料研究機構(NIMS)、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、情報通信研究機構(NICT)、学術資源リポジトリ協議会(Re*poN)の6組織の主催による、オープンサイエンスをテーマとした日本最大のカンファレンスです。

テーマは「市民科学」「テクノロジー」「政策・ポリシー」「図書館・大学のデータ管理」「分野におけるデータ公開・管理」「総合」が設定され、オープンサイエンスの動向や研究データの共有・利活用などに関する様々なセッションが行われます。また、セッションの1つとして、6月17日に、国立国会図書館主催「Wikidata×デジタルアーカイブ×LOD―国立国会図書館・東京藝術大学・大阪市立図書館のリソースをつなげてみる―」が行われます。

参加費は無料で、事前の申込が必要です。

Japan Open Science Summit 2021
https://joss.rcos.nii.ac.jp/

【イベント】ジャパンサーチ連携説明会~地域アーカイブをつくる・つなぐ・つかう~(6/11・オンライン)

2021年6月11日、国立国会図書館(NDL)は、内閣府知的財産戦略推進事務局との共催により、「ジャパンサーチ連携説明会~地域アーカイブをつくる・つなぐ・つかう~」をオンラインで開催します。

ジャパンサーチとつながる意義について理解を深めることを目的としたイベントです。連携を希望する機関やデジタルアーカイブ関係者に向けて、ジャパンサーチの連携方法の紹介、連携機関からの事例報告および地域アーカイブの構築・利活用に造詣の深い有識者を交えたパネルディスカッションを行います。

定員は300人程度(要申込)で、参加費は無料です。

当日の主な内容は、以下の通りです。

●第Ⅰ部:ジャパンサーチとの連携について
・ジャパンサーチの連携方法
電子情報部電子情報企画課職員

・連携事例報告
匹田賢嗣氏(三重県デジタル社会推進局デジタル事業推進課DX人材育成班班長)
松原恵氏(東京大学情報システム部情報基盤課)
河原健一郎氏(日本写真保存センター調査員)
丹田敦氏(南方熊楠顕彰館主任)
鴨木年泰氏(全国美術館会議 情報・資料研究部会幹事、東京富士美術館学芸係長)

国立国会図書館、ホームページを通じて提供している各種サービスや国立国会図書館東京本館/関西館/国際子ども図書館の利用に関し、アンケートを実施中(2021/5/6-2021/10/31)

国立国会図書館は、ホームページを通じて提供している各種サービスや国立国会図書館東京本館/関西館/国際子ども図書館の利用についてのウェブアンケートを実施しています。実施期間は、2021年5月6日から2021年10月31日までです。

各コンテンツ・サービスに関する個別のアンケートも随時実施していく予定であり、実施についてはアンケートページ及び各コンテンツ、サービスのページ等でお知らせします。

利用者アンケート(国立国会図書館)
https://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/enquete/index.html

令和3年度利用者サービスアンケート
https://enquete.ndl.go.jp/321971/p/CA

国際子ども図書館、「国際子ども図書館基本計画2021-2025」を策定

2021年3月30日付で、国立国会図書館国際子ども図書館が、「国際子ども図書館基本計画2021-2025」を策定しました。

「国立国会図書館ビジョン2021-2025 -国立国会図書館のデジタルシフト-」や、文部科学省による第四次「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」が掲げる方針を受け、これまでの成果を踏まえつつ、2025年度までに重点的に取り組む事項を示しています。

国際子ども図書館基本計画2021-2025(国立国会図書館子ども図書館, 2021/3/30)
https://www.kodomo.go.jp/about/law/basicplan2021-2025.html

参考:
国際子ども図書館、第2次基本計画を策定
Posted 2011年4月28日
https://current.ndl.go.jp/node/18099

E2372 - 2020年度NDLデジタルライブラリーカフェ<報告>

ディスカッションでは,データの利用拡大には,流行や時事によらず多様に使える汎用的なオープンデータセットの提供や,巨大で多様なデータの統合的な分析に使えるように,メタデータへの日本十進分類法(NDC)による分類付与やData Catalog Vocabulary(DCAT)等の標準的な語彙とWARPからの出力項目との対応表の作成・公開が有効等の意見があった。

E2371 - 図書館に関する意識:新型コロナウイルス感染症の影響

国立国会図書館(NDL)では,2014年および2019年に「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」を実施した(E1667,E2225参照)。公共図書館に関する意識や情報行動の変化を把握するために,数年に一度程度の頻度でこのような調査を行うことを想定していたが,2020年,新型コロナウイルス感染症の流行により人々の意識や行動に大きな変化が生じたことが推測されたため,2019年に続けて2020年12月11日から15日にかけて調査を実施した。

E2373 - 第31回保存フォーラム:戦略的「保存容器」の使い方<報告>

2020年12月16日から2021年1月15日まで,国立国会図書館(NDL)は,第31回保存フォーラム「戦略的「保存容器」の使い方―さまざまなカタチで資料を護る―」を開催した。保存フォーラムは,図書館等における資料保存に関する知識の共有,実務的な情報交換を意図した場である(E2236ほか参照)。今年は新型コロナウイルス感染症感染防止のため,オンライン会議ツールWebex Eventsを利用した参加登録者限定のオンライン動画配信という形で開催し,302人の参加があった。

【イベント】国立国会図書館のデジタルシフト「ビジョン2021-2025」(4/21・オンライン)

2021年4月21日、日本電子出版協会(JEPA)の主催により、「国立国会図書館のデジタルシフト「ビジョン2021-2025」」が開催されます。

国立国会図書館(NDL)副館長の田中久徳を講師とし、2021年4月1日に公表された「国立国会図書館ビジョン2021-2025 -国立国会図書館のデジタルシフト-」について、解説が行われます。

参加費は無料で、事前の申し込みが必要です。

2021年4月21日 国立国会図書館のデジタルシフト「ビジョン2021-2025」(JEPA, 2021/4/7)
https://www.jepa.or.jp/seminar/20210421/

参考:
国立国会図書館、「国立国会図書館ビジョン2021-2025 -国立国会図書館のデジタルシフト-」を公表
Posted 2021年4月2日
https://current.ndl.go.jp/node/43722

国立国会図書館、学術文献の視覚障害者等用テキストデータの図書館等からの製作依頼を受付開始

2021年4月1日、国立国会図書館(NDL)は、学術文献の視覚障害者等用テキストデータについて、図書館等からの製作依頼の受付を開始することを発表しました。

製作対象はNDLが所蔵する学術文献であり、視覚障害者等用データ送信サービスの送信承認館が製作を依頼できます。製作されるテキストデータは、光学文字認識(OCR)をかけたのみで未校正のものと、人の目によって修正を行った校正済みのものであり、視覚障害者等用データ送信サービスから利用可能です。

2021年4月1日 学術文献の視覚障害者等用テキストデータの図書館等からの製作依頼を受け付けます(NDL, 2021/4/1)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2021/210401_02.html

ページ