中国国家図書館

INFORUN 2007の会議資料公開(チェコ)

5月にチェコで開催された国際会議"INFORUN 2007 - 13th conference on Professional Information Resources"のプロシーディングが公開されています。キーノート・スピーカーは「Peter's Digital Reference Shelf」で著名なピーター・ヤチヨ(Dr. Peter Jacso)米ハワイ大学教授で、「オンラインの学術情報サービスのト…

CA1631 - 中国国家図書館の新しい人材養成プログラム / 王志庚

中国国家図書館(以下,「国家図書館」と略す)では,現代化・国際化された国立図書館を目指して,2005年に「人材興館」,「科技強館」,「服務立館」という3大戦略を策定した。人材,科学技術,サービス(服務)を国家図書館の事業を支える3大要素として捉えるとともに,とりわけ人材を…

中国、全国古典籍保護プロジェクト会議を開催

中国政府の文化部が2007年2月28日、第一回の全国古典籍保護プロジェクト会議を開催しました。これは政府の執務機関である国務院弁公庁による意見に基づき、古典籍のいっそうの保護を図るために開催されたもので、文化部の責任者や国家図書館館長のほか、全国各省・自治区・直轄市の文化庁…

百度、ウェブアーカイビングサービスを登録ユーザ向けに開始(中国)

中国の検索エンジンサービス「百度」が11月28日、ブックマークするとそのサイトにあるコンテンツもアーカイブするサービス「百度捜蔵」を、登録ユーザ向けに開始しました。一度アーカイブすると、そのコンテンツには迅速にアクセスできるほか、このコンテンツを他のユーザと共有すること…

中国学術雑誌オンライン出版統合データベース

中国国家教育部が主管し、清華大学が運営している学術文献データベースサービス「中国知網」(CNKI)に、2006年10月から「中国学術期刊網絡出版総庫」(中国学術雑誌オンライン出版統合データベース)が加わりました。この「中国学術期刊網絡出版総庫」では、1979年から現在までに、中国国…

中国国家図書館、西部地区に毎年10万冊を寄贈する計画

中国国家図書館は、経済発展が進まない西部地区の県レベル(日本の郡に近い行政区分)の図書館に対して、毎年10万冊の資料を寄贈する計画を発表しました。今年は、四川省の18の図書館に資料を寄贈したそうです。「国家図書館西部援助計画」スタート - 中国国家図書館http://www.nlc.gov.cn/GB/chann

中国の海賊版撲滅運動

中国では、「海賊版撲滅100日行動」と銘打って、7月15日〜10月25日の期間、海賊版を徹底して取り締まるキャンペーンを開催しています。海賊版を販売している店に、「1か月の期限内に自発的に海賊版の製品を差し出して状況説明を行えば、罪は問わない」という公告文を貼り付けて、自主的に…

新刊の刊行はすべて木曜日に?(英国)

英国の出版社協会(Publishers Association: PA)と書籍販売社協会(Booksellers Associaiton: BA)が、新刊の刊行日を毎週木曜日に統一しようと計画しているそうです。月曜日に統一すると売り上げチャートがきっちり週単位になるというメリットがあるのですが、実際の業務から見ると、木曜日の方が都合…

ブックモービルはもう古い?広東省の「移動」図書館(中国)

中国の広東省では、都市部と農村部との経済格差が激しく、農村部では20年間で1冊の本も買えなかった図書館もありました。このような状況を改善すべく、広東省立中山図書館では、2003年11月から「移動図書館」協力ネットワークを開始し、成果を挙げています。この「移動図書館」は、単に農…

中国国家図書館の新規人材計画

中国国家図書館が、図書館学の博士号を取得するレベルの研究者の採用・育成・支援を行うという新しい人材計画を発表しています。またその2006年度版として、図書館の理論と発展、文献資源の建設、情報資源の組織、利用者サービスといった分野で「最高専門家」7名と、図書館基礎理論、デ…

ページ