中国国家図書館

2. 2. 中国国家図書館における中国語資料の収集と組織化

 PDF版はこちら

 

 本節では、中国国家図書館における中国語資料(図書、雑誌、新聞、学位論文、非正式出版物)の収集・組織化について、担当部署である中国語収集整理部【中文采編部】での業務内容を詳しく紹介する。

 同部内の組織構成と業務分担は次の通りである。図書の収集業務は中国語図書収集組が、目録作成業務は中国語図書書誌データ組が、装備は中国語図書装備組がそれぞれ担当する。逐次刊行物の収集整理業務は、中国語逐次刊行物収集整理組が行い、雑誌と新聞で担当グループが分かれている。学位論文は学位論文収集整理組が、非正式出版物は中国語資料組が担当している。その他、台湾・香港・マカオの出版物の収集整理を行う台湾・香港・マカオ文献収集整理組、著者名典拠や件名典拠のコントロールを行う典拠及び件名標目組、2.1.で述べた全国図書館聯合編目センターを運営する総合目録組、ISSNセンターを運営するISSN組、データ遡及を担当する遡及書誌データ組がある。

 

2. 2. 1. 図書

 

2. 1. 中国における書誌作成と中国国家図書館の役割

 PDF版はこちら

 

2. 1. 中国における書誌作成と中国国家図書館の役割(1)

 

2. 1. 1. はじめに-CIPと全国書誌-

 CIP(Cataloging In Publication)とは、出版者から提供される事前情報に基づいて全国書誌の作成機関などが作成した書誌データあるいはその提供元情報を、出版物の標題紙裏などに印刷して出版することである。世界の多くの国々で導入され、アジア地域においても既に8か国で実施されている(2)

 一方、全国書誌は1つの国における出版物についての包括的な記録の集積であり(3)、多くの場合、納本制度で収集された資料に基づいて、国立図書館など国を代表する書誌作成機関によって作成される出版物の最終的なリストである。

1. 中国国家図書館概況

 PDF版はこちら

 

1. 1. 役割・機能

 中国国家図書館は中華人民共和国唯一の国立図書館であり、文化部(「文化省」に相当する。)が所管する。

 その機能としては、「国の総書庫」「国家書誌センター」「国家古籍保護センター」の3つが掲げられている。このうち「国家古籍保護センター」機能は、国の重点政策として2007年から推進されている「中華古籍保護計画」と連動する形で新たに加えられたものである。

 3つの機能は、より具体的には次のように説明されている(1)

0. はじめに

 PDF版はこちら

 

 急成長する中国と共に、中国国家図書館は急成長を続けている。電子図書館サービスをはじめ、新たなサービスを次々と打ち出し、大胆に、かつ融通無碍にそれを実現する。中国国家図書館の取組みとその成果は、国外からの注目度も極めて高い。国立図書館のあり方を考える上でも、我が国の図書館サービスについて考える上でも、参考になる点が少なくない。

 国立国会図書館(以下、「当館」という。)は1981年から毎年、中国国家図書館との間で業務交流を実施している。約30年にわたる業務交流を通じて、中国国家図書館の業務やサービスについて多くの情報を入手してきた。人的交流の実績も豊富である。中国国家図書館について当館が蓄積している情報は、単なる文献調査や一過性の参観見学では得られない信頼性を有していると言えるだろう。当館では今後、その蓄積をより広く共有できるようにしていきたいと考えている。本書では、そのような取組みの一環として、中国国家図書館の現況と最近の動きを、実地調査報告と最新の公表資料により紹介する。

中国国家図書館、中国国内の図書館をつなぐ電子図書館システムを設立へ

中国国家図書館が、今後5年間で、同館の「国家デジタル図書館」を中心に中国国内の図書館をつなぐ電子図書館システムを設立するというプロジェクトを行うようです。2010年12月15-16日に開始の式典が開催されたようです。

National digital library promotion launched(2010/12/16付けPeople's Daily Onlineの記事)
http://english.people.com.cn/90001/90776/90882/7233290.html

Digital library serves to entry China National Library(2010/10/17付けCNTVの記事)
http://english.cntv.cn/program/cultureexpress/20101217/103781.shtml

国家数字图书馆推广工程启动仪式暨全国图书馆创新服务工作座谈会(2010/12/16付け国図新聞の記事)
http://www.nlc.gov.cn/syzt/2010/1216/article_603.htm

No.12 中国国家図書館の現況

 国立国会図書館が2008年度に実施した在外研究及び2009年度の実地調査にて、中国国家図書館の概況、業務実態等についての調査研究を行い、その成果をまとめた。

リポートの全文PDFはこちら[約10MB]

目次のPDF版はこちら
資料編のPDF版はこちら
統計編のPDF版はこちら

※資料編と統計編はPDF版のみ

「中国図書館分類法」の第5版が刊行

中国図書館分類法の第5版が、2010年8月に刊行されたとのことです。1999年に刊行された第4版以来、11年ぶりの改訂です。

《中国图书馆分类法》第五版正式出版发行(2010/9/1付け中国国家図書館のニュース)
http://www.nlc.gov.cn/syzt/2010/0901/article_557.htm

Chinese Library Classification (the fifth edition) is published officially (2010/9/2付け中国国家図書館の英語ニュース)
http://www.nlc.gov.cn/en/news/nlcnews_2010090201.htm

E1069 - CDNLAO 2010カントリーレポート(1) 中国,韓国

第18回アジア・オセアニア国立図書館長会議(CDNLAO)が2010年4月13日にシンガポールで開催された。この会議は,「アジア・オセアニアの協同に向けて」をテーマにしたもので,議事のほか,各国の国立図書館の動向及び各国内の最新の図書館事情についての報告(カントリーレポート)がなされた。これまでも『カレントアウェアネス-E』では,たびたびこのカントリーレポートについて内容の報告を行ってきたが(E519,E713参照),2010年度も今号から数回に分けてこのカントリーレポートを国別に紹介していきたい。...

中国国家図書館、OCLCのILLサービスへの加入を発表

中国国家図書館が、OCLCのILL(図書館間相互貸借)サービス WorldCat Resource Sharingに加入したと発表しています。また、同じプレスリリースには、これまでに中国国家図書館の約230万のレコードがOCLC WorldCatに搭載されているとの情報も掲載されています。

The NLC takes part in OCLC WorldCat Resource Sharing Network(2010/4/28付け中国国家図書館の英語プレスリリース)
http://www.nlc.gov.cn/en/news/nlcnews_2010042801.htm

国家图书馆加入OCLC WorldCat资源共享网络(2010/4/28付け国図新聞の情報)
http://www.nlc.gov.cn/syzt/2010/0428/article_493.htm

国家图书馆加入OCLC WorldCat资源共享网络 (2010/4/29付け中国文化部の情報)
http://www.ccnt.gov.cn/xxfb/xwzx/whxw/201004/t20100429_78833.html

【2010/5/28追記】

中国国家図書館、新館長に周和平氏が就任

2009年12月23日に、中国国家図書館の館長が交代し、周和平(Zhou Heping)氏が新館長に就任したとのことです。

周和平同志任中国国家図書館館長
http://www.nlc.gov.cn/syzt/2009/1230/article_435.htm

Mr. Zhou Heping is appointed Director of the National Library of China
http://www.nlc.gov.cn/en/news/nlcnews_2009123101.htm

ページ