ユネスコ

ユネスコ、世界中のオープンアクセス情報をまとめた“Global Open Access Portal”を開設

2011年11月2日、ユネスコ(UNESCO)がオープンアクセスに関する世界中の情報を提供する“Global Open Access Portal”(GOAP)の立ち上げを発表しました。148以上の国の2000を越える取り組みを紹介しているとのことです。GOAPはコロンビア、デンマーク、ノルウェー、米国の政府の協力で開設されたとしています。

Global Open Access Portal
http://www.unesco.org/ci/goap

2013年の“World Book Capital”はバンコク(タイ)に決定

ユネスコ、国際図書館連盟(IFLA)など4機関が毎年選出する“World Book Capital(本の首都)”の2013年の都市が、タイのバンコクに決定したようです。

Bangkok designated World Book Capital 2013 (UNESCO 2011/6/29付けの記事)
http://www.unesco.org/new/en/culture/themes/single-view/news/bangkok_designated_world_book_capital_2013/

ユネスコの2011年の『直指賞』はオーストラリア国立公文書館に決定

2011年5月30日に、ユネスコが2011年の『直指賞』(UNESCO/Jikji Memory of the World Prize)の受賞者をオーストラリア国立公文書館とすると発表したようです。その受賞理由として、ユネスコは、オーストラリア国立公文書館がデジタル資料の保存においてイニシアティブを果たしていることを挙げているようです。なお『直指賞』とは、韓国に現存する世界最古の金属活字本『直指心體要節』に因みユネスコが2004年に創設した賞で、記録資料遺産の保存とアクセシビリティに対し貢献を果たした個人または団体に贈られるもののようです。授賞式は、9月2日に韓国の清州市で行われるとのことです。

National Archives of Australia to receive UNESCO/Jikji Memory of the World Prize (UNESCO 2011/5/30付けのニュース)
http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=31409&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html

National Archives of Australia
http://www.naa.gov.au/

参考:
韓・チェコ国立図書館間交流協定の締結

ユネスコの「世界の記憶」に『本草綱目』などが新たに登録される

ユネスコ(UNESCO)の「世界の記憶」プログラムに関する会議が2011年5月22日から25日にかけて開催され、新たに45点の追加登録が決定したとのことです。中国の『本草綱目』、トルストイの個人蔵書、作曲家シェーンベルグのアーカイブなど、世界各地の文化資料が新たに登録され、日本からは、炭鉱の記録画を描いた山本作兵衛氏のコレクションが登録されました。「世界の記憶」プログラムは、世界各地の重要な文書館資料や図書館資料等を後世に残していくために1992年に開始されたもので、登録点数は、今回の追加により、238点となったとのことです。

New collections come to enrich the Memory of the World(UNESCO 2011/5/25付けのプレスリリース)
http://www.unesco.org/new/en/media-services/single-view/news/new_collections_come_to_enrich_the_memory_of_the_world/

2011年6月にユネスコ主催の世界的な文化フォーラムがイタリアで開催、テーマは「本の未来」

2011年6月6日から8日にかけて、イタリア・モンツァで“FOCUS2011”というイベントが開催されるそうです。この“FOCUS”は、ユネスコが主催する、文化及び文化活動に関する世界フォーラムとのことで、2009年に第1回が開催され今回で2回目とのことです。2011年は“The Book Tomorrow: The Future of Written World”をタイトルに掲げ、「電子書籍経済」(The E-Book Economy)「デジタル時代における著作者の権利」(The Author’s Right in the Digital Era)、「電子図書館」(The Digital Library)の3つがメインテーマとされているようです。なお、このフォーラムの様子はライブ配信される予定のようです。

FOCUS 2011
http://focus2011.org/

ユネスコ、世界遺産関連のデジタル資料を閲覧できる“World Heritage Memory Net”を開設

2011年4月29日にユネスコが“World Heritage Memory Net”を公開したと発表しています。このウェブサイトは、世界151カ国911件の世界遺産に関連するデジタル資料(写真・動画・オーディオクリップ・文書等)を提供するものとのことです。

World Heritage Memory Net
http://whmnet.org/

World Heritage Memory Net Launched (UNESCO World Heritage Centre 2011/4/29付けのニュース)
http://whc.unesco.org/en/news/740

3万冊の本による「バベルの塔」(アルゼンチン)

ユネスコや国際図書館連盟(IFLA)等が選ぶ、2011年の“World Book Capital(本の首都)”である、アルゼンチン・ブエノスアイレスに、3万冊の本で作られた「バベルの塔」が完成したようです。この「バベルの塔」は、アルゼンチンの芸術家ミヌヒン(Marta Minujin)氏による作品で、図書館や50か国以上の大使館等から寄贈された本を用いてつくられ、高さ25メートルほどとのことです。塔は5月末まで一般公開され、その後、塔の建設に使われた本はアルゼンチン初のマルチリンガル図書館の蔵書として活用されるようです。

Buenos Aires Capital Munidal del Libro 2011
http://www.capitaldellibro2011.gob.ar/

3万冊の本でできた「バベルの塔」、ブエノスアイレスに登場 (Reuters 2011/5/12付けの記事)
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-21059220110512

天に届きそう?本で作った「バベルの塔」 (AFPBB News 2011/5/9付けの記事)

E1168 - 世界図書・著作権の日に各国でイベントが開催される

1995年にユネスコは,読書や出版,著作権を通じた知的財産保護の促進を目的に,毎年4月23日を「世界図書・著作権の日」(World Book and Copyright Day)と定めた。4月23日とされたのは,シェイクスピアやセルバンテス等の歴史上有名な作家が死去したとされる日にあたり,またスペイン・カタルーニャ地方で「サン・ジョルディの日」(サン・ジョルディとは聖人)として,本やバラを贈りあう日であることに因んでいる。日本でも,2001年に施行された「子どもの読書活動の推進に関する法律」によって,同日は「子ども読書の日」と定められている。各国では例年この日に,本や読書等に関連したイベントが開催されている。以下では,ユネスコによる「世界本と著作権の日」のポータルサイトに掲載された情報やインターネットニュース等の記事を基に,4月23日の各国でのイベントの様子をいくつか紹介する。...

E1116 - 世界視聴覚遺産の日,各国でイベントが開催される

 毎年10月27日はユネスコの定める「世界視聴覚遺産の日」(World Day for Audiovisual Heritage)である。世界視聴覚遺産の日は,視聴覚資料の 重要性を多くの人に知ってもらうことを目的に,2005年に策定された。ユネスコのウェブサイトによると,映画,ラジオやテレビ番組等の視聴覚資料は,20世紀および21世紀の歴史を伝える貴重な一次資料であり,これらの亡失を防ぐために,デジタルへの媒体変換を行うには,10年から15年の時間しかないと考えられているとのことである。この日には世界各国でイベントが催されており,今回で4回目となる2010年は「今,あなたの視聴覚遺産を守り味わおう」(Save and Savour your Audiovisual Heritage - Now!)をテーマに開催された。以下では,「2010年世界視聴覚遺産の日」の特設サイトに掲載されているものの中から,各国で行われたいくつかのイベントを紹介する。...

ユネスコの「世界視聴覚遺産の日」の世界各国でのイベント

ユネスコが定める「世界視聴覚遺産の日」である10月27日の前後に、世界各地で様々なイベントが実施されたようです。ウェブサイトには世界各地のイベントの概要が掲載されています。

World Day for Audio Visual Heritage 2010
http://www.pia.gov.ph/wdavh2010/

World Day for Audiovisual Heritage(ユネスコのサイト)
http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=25563&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html

ページ