LAC(カナダ国立図書館・文書館)

カナダ国立図書館・文書館長の辞意表明と関連団体の反応(カナダ)

カナダ国立図書館・文書館(LAC)の館長キャロン(Daniel J. Caron)氏が辞意を表明したことが報道で伝えられていますが、これに関し、カナダ図書館協会(CLA)がWayne Wouters枢密院書記官宛てに送付した書簡を、またカナダ研究図書館協会(CARL)がハーパー(Stephen Harper)首相に宛てた書簡を公開しています。いずれも、次期館長の選定にあたっては、図書館及びアーカイブに精通した人材を配置することを求めています。

なお、報道では、2013年5月15日にキャロン館長が職員向けのメールで辞意を表明したことが報じられおり、LACもこれを認めているとのことですが、プレスリリース等はまだ出されていないようです。

Open letter to Stephen Harper on LAC: Mr. Prime Minister, don’t forget to consult the library and archival community!(CARL, 2013/5/21付け)
http://www.carl-abrc.ca/news/74/201/Open-letter-to-Stephen-Harper-on-LAC.html

カナダ国立図書館・文書館、2013-2014年の計画・優先事項報告書を公表

2013年3月28日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、2013-2014年における同館の計画・優先事項報告書(Reports on Plans and Priorities)を公表しました。カナダでは政府機関がこのような報告書を作成することになっています。

Report on Plans and Priorities (RPP) 2013-14
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/about-us/report-plans-priorities/rpp-2013-2014/Pages/rpp-2013-14.aspx

Report on Plans and Priorities (RPP)
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/about-us/report-plans-priorities/Pages/report-plans-priorities.aspx

Library and Archives Canada(2013/3/28付けニュースに“Library and Archives Canada's 2013-14 Report on Plans and Priorities is now available online”とあり)

カナダ国立図書館・文書館が12月でILLサービスを終了へ

カナダ国立図書館・文書館(LAC)がILLサービスを2012年12月で終了する件について案内を出しています。案内によると、以下のスケジュールで段階的に終了していくということです。

・11月13日:海外図書館からの貸借依頼の終了
・1月16日:貸借資料の貸出期限延長の終了
・12月11日:貸借依頼、所在検索サービス、複写依頼の終了

CBC News紙の報道によると、サービスの終了はカナダ政府の予算カットの影響です。ILL依頼の減少を理由に、同館はデジタル化による資料提供のほうが理にかなっていると考えていると報じています。また、サービス終了に対する国内図書館からの懸念の声も紹介しています。

Introduction - Interlibrary Loans (ILL) at Library and Archives Canada(冒頭に“End of ILL Services”と案内されています)
http://www.collectionscanada.gc.ca/ill/index-e.html

Library and archives interlibrary loans soon eliminated(CBC News 2012/11/7付け記事

カナダ国立図書館・文書館(LAC)、カナダ国立図書館件名標目表をSKOS/RDFフォーマットで公開

カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、カナダ国立図書館件名標目表(Canadian Subject Headings)をSKOS/RDFフォーマットで公開しています。

Canadian Subject Headings in SKOS/RDF(RDF/XML形式:15MB)
http://www.collectionscanada.gc.ca/obj/900/f11/040004/csh.rdf

Canadian Subject Headings in SKOS/RDF Format(LAC 2012/8/8付けニュース)
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/news/Pages/canadian-subject-headings-skos-rdf-format.aspx

カナダ国立図書館・文書館、所蔵アナログ資料の保存の現状と取組みについてまとめたレポートを公開

カナダ国立図書館・文書館(LAC)が2012年7月18日に“State of the Holdings: The Condition of Analogue Holdings at Library and Archives Canada”と題したレポートを公表しました。同館が所蔵するアナログ資料の保存をテーマとしたもので、カナダの記録遺産の現状とそれを後世に残すための同館の取組みを国民に伝えることを目的としたものということです。

State of the Holdings: The Condition of Analogue Holdings at Library and Archives Canada(PDF:23ページ)
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/about-us/modernization/Documents/State%20of%20the%20Holdings-June%202012_e.pdf

カナダ国立図書館・文書館(News欄に2012/7/18付けで“LAC releases report on Analogue Holdings.”とあり)
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/Pages/home.aspx

参考:

政府の予算削減によってカナダ国立図書館・文書館で職員解雇やILLサービス等への影響が

カナダ図書館協会(CLA)が、2012年5月2日付けで、カナダ政府の予算削減による政府機関図書館およびカナダ国立図書館・文書館(LAC)への影響に対して声明を発表しています。それによると、LACでは、430人の職員に対して解雇予告がなされており、同館の労働力の20%相当が削減されることになるそうです。また、資料費削減やILLサービスの終了等についても触れており、予算削減はカナダ国民の情報アクセスに対して悪影響を及ぼすとしています。(このうち、ILLについては、2012年5月7日付けでCLAによる補足情報が出ており、LACの現行のILLサービスは2013年2月15日で終了するものの、後継サービスが予定されており、その詳細については2012年秋に発表されるとのことです。) 本件についてはThe Vancouver Sun等新聞各紙でも報じられており、また、カナダ大学教員協会(CAUT)による“Save Library & Archives Canada”という支援サイトも立ち上げられています。

CLA dismayed by impact of budget cuts on federal libraries(PDF:2ページ)

カナダ国立図書館・文書館(LAC)が移民文化遺産を調べるためのオンラインリソース集を公開 第1弾は日本・中国・東インド

2012年5月3日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、同国の移民文化遺産を調べるためのリソースをまとめた“Imigration Heritage Online Kit”を公開しました。この“Imigration Heritage Online Kit”では、2012年中に24の移民コミュニティに関する文化遺産リソースがそれぞれまとめられる予定とのことで、この度公開されたのは日本・中国・東インドの3つの移民コミュニティに関するリソースです。各リソース集では、それぞれの移民集団に関する写真や芸術作品、テキスト、音楽等へのリンクがまとめられており、LACの提供するデータベース等も紹介されています。

Immigration
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/immigration/Pages/immigration.aspx

Japanese: Heritage Online Kit (日系移民のリソース集)
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/immigration/Pages/japanese.aspx

カナダ国立図書館・文書館(LAC)が同館利用法解説動画シリーズを公開 初回は「オンライン検索の始め方」

2012年3月22日に、カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、同館の利用法を解説した動画シリーズの公開を開始しました。第1作目は、“How to Begin Your Search Online”と題した動画で、同館の情報検索システムをどのように利用したら良いかを解説したものとなっています。

How to Begin Your Search Online (Library and Archives Canadaのウェブサイト)
http://www.collectionscanada.gc.ca/video/800002-1000-e.html

Release of New Video Tutorial (Library and Archives Canada 2012/3/22付けの記事)
http://www.collectionscanada.gc.ca/whats-new/013-574-e.html

カナダ国立図書館・文書館(LAC)がポッドキャストの配信を開始

2012年2月8日に、カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、所蔵資料をもとに、同館のサービスや文書資料遺産の保存・提供に携わる人々とその活動について紹介するポッドキャストの配信を開始したようです。“Discover Library and Archives Canada: Your History, Your Documentary Heritage”と題されたこのシリーズでは、毎月、移民や政府、軍事等に関する様々なトピックが扱われ、第1弾として写真資料に写った先住民の特定を目指したLACのプロジェクト“Project Naming”を取り上げているようです。なお、ポッドキャストはiTunesや同館ウェブサイト等で視聴できるようです。

Podcast – Discover Library and Archives Canada: Your History, Your Documentary Heritage
http://www.collectionscanada.gc.ca/podcasts/index-e.html

Launch of the Library and Archives Canada podcast series (Library and Archives Canada 2012/2/8付けの記事)

カナダ国立図書館・文書館(LAC)、対面からオンラインへのサービスモデルの転換を発表

2012年2月1日に、カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、2月13日からのサービスの変更について発表しています。変更は、2月13日から3月末までの第1段階、そして4月2日以降の第2段階に分けて実施されるようです。このサービス変更は、LACのウェブサイトの利用が月あたり50万件であるのに対し、来館利用者が月あたり2,000人であること、さらにオンラインでの利用が急速に伸びているのに対して、来館利用がゆっくりとしかし一定して減少を続けていることが背景にあり、LACは、従来の対面サービスのモデルから、利用者自身がコンテンツやサービスにアクセスするセルフサービスのモデルへの転換を図るようです。具体的には、2月13日からは基本的な対面サービスの利用時間を段階的に減らし、4月2日からは専門職員による全てのレファレンスサービスを予約制に変更する等するようです。

ページ