LAC(カナダ国立図書館・文書館)

E1003 - 次世代の図書館システムをデザインするOLEプロジェクト

2008年8月,アンドリュー・メロン財団の助成のもと,サービス指向型アーキテクチャに基づく図書館システムを設計する1年間のプロジェクト“Open Library Environment(OLE) Project”が開始され,2009年10月に同プロジェクトの最終報告書が公開された。なお,プロジェクトには,米国の大学図書館,カナダ国立図書 館・文書館(LAC),オーストラリア国立図書館(NLA)などが参加し,米国デューク大学図書館が中心的役割を担っていた。...

OLEプロジェクトの最終報告書が公開

OLE Projectのウェブサイト上に、米国の大学図書館やカナダ国立図書館・文書館(NLA)、オーストラリア国立図書館(LAC)等が参加した、将来の図書館システムについて検討するプロジェクト“Open Library Environment(OLE)”の最終報告書が公表されています。また、インディアナ大学やフロリダコンソーシアムといった米国の大学図書館が、次世代の技術環境を明示する新たなプロジェクト“Kuali-OLE Project”への参加を表明しています。

Final Report on OLE Project
http://oleproject.org/final-report-on-ole-project/

カナダ国立図書館・文書館、フランス系カナダの新聞をデジタル化

カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、19~20世紀前半のフランス系カナダの新聞をデジタル化して提供しています。La Presse紙やLa Tribune紙などモントリオール、ケベック市、オタワの新聞を中心におよそ200紙が収録されているようです。

French-Canadian Newspapers: An Essential Historical Source (1808-1919)
http://www.collectionscanada.gc.ca/canadian-newspapers-french/index-e.html

OLEプロジェクトの最終報告書(草案)が公表

米国の大学やカナダ国立図書館・文書館、オーストラリア国立図書館等が参加した、将来の図書館システムについて検討するプロジェクト“Open Library Environment(OLE) Project”の最終報告書(草案)が公表されています。

Final OLE Project Report
http://oleproject.org/final-ole-project-report/

(本文)The Open Library Environment Project Final Report(Draft) July 26, 2009
http://oleproject.org/wp-content/uploads/2009/07/ole_report_draft_26july09.pdf

カナダ図書館協会全国大会の発表資料、報告記事

カナダ図書館協会の第64回全国大会が2009年5月28日~6月1日、モントリオールで開催されました。その発表資料が公式サイトに、報告記事がLibrary Journal誌に掲載されています。

この大会では国立研究評議会(NRC)に対する政府の十分な助成と、国立図書館・文書館(LAC)の館長・運営委員会人事に関する憂慮・要望が決議されました。後者は、LACのキャロン(Daniel J. Caron)新館長が専門職ライブラリアン/アーキビストのいずれでもないこと、LACの運営委員会唯一の専門職ライブラリアンであった次期IFLA会長のペアレント(Ingrid Parent)氏が6月末をもって退職することを憂慮し、専門職ライブラリアン/アーキビストを運営委員会に加えるよう強く要望するものです。

CLA 2009 National Conference: Budget Impacts and Federal Focus - 6/24/2009 - Library Journal
http://www.libraryjournal.com/article/CA6667264.html

64th National Conference and Tradeshow
http://www.cla.ca/conference/2009/postcon.htm

IFLA次期会長はカナダ国立図書館・文書館のペアレント氏に

国際図書館連盟(IFLA)の次期(任期は2011~2013年)会長選挙が行われ、カナダ国立図書館・文書館の文化遺産コレクション部門のペアレント(Ingrid Parent)氏が当選したと報じられています。同氏はアクセスの保証、多様性(diversity)、情報世界の他のパートナーや助成機関との連盟構築を施政方針として掲げていました。なお同氏はTwitterで、当選の弁をいち早く発信しています。

Results of the election of President-elect 2009 | IFLA Website
http://www.ifla.org/en/news/results-of-the-election-of-president-elect-2009

カナダ国立図書館・文書館の記録管理に関する報告書

カナダ国立図書館・文書館(Library and Archives of Canada)は、記録管理に関する報告書“The Recordkeeping Initiative: Findings of Assessment Projects and the Way Forward”を公表しています。2007年から2008年にかけて実施された評価プロジェクトの結果をまとめたものです。

Results and Findings of Assessment Projects
http://www.collectionscanada.gc.ca/government/news-events/007001-6300-e.html

参考:
E014 - カナダ国立図書館とカナダ国立公文書館を統合
http://current.ndl.go.jp/e014

カナダ国立図書館・文書館もFlickr、YouTubeでデジタルコンテンツを公開

カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、カナダの文書遺産へのアクセスを改善し、インタラクションを促進すべく、デジタルコンテンツをFlickrで公開することにしたと発表しています。その第一弾として、アイルランド系カナダ人に関する写真・画像が、Flickrで公開されています。展示のタイトルは、両国のシンボルとなっている植物の名を冠した“The Shamrock and the Maple Leaf”です。

またあわせて、YouTubeで動画を公開するパイロットプロジェクトを、2008年11月から開始すると発表しています。

Flickr: LAC / BAC's Photostream
http://www.flickr.com/photos/28853433@N02/

カナダ国立図書館・文書館、官報バックナンバーをデジタル化して公開

カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、官報“Canada Gazette”のバックナンバー(1841~1997年)をデジタル化しています。1998年以後のものは、すでに政府のウェブサイトで公開されていますが、LACはそれ以前のものを対象にしています。2009年にデジタル化完了見込みとのことですが、デジタル化済みのものはすでに検索できるようになっています。

なおこのCanada Gazetteを検索できるウェブサイトは、Canada Gazetteに関する電子展示の一部として、2008年5月に構築されています。

A Nation's Chronicle: The Canada Gazette
http://collectionscanada.ca/canada-gazette/index-e.html

Canada Gazette

“RDA/MARC Working Group”結成

RDA導入を目指して活動を続けている英国図書館(BL)、米国議会図書館(LC)、カナダ国立図書館・文書館(LAC)の3館の主導の下、“RDA/MARC Working Group”が結成されています。
RDAとの親和性を保ちつつ、将来的に効率的なフォーマット変換を可能とするには、MARC21フォーマットにどのような変更を加えることが必要かをつきとめ、改訂草案を提示するとのことです。
2008年7月に開催予定の“MARC community”に向けて、草案の作成を進めるそうです。

RDA/MARC Working Group Established
(RDA開発合同運営委員会(JSC)のプレスリリース)
http://www.collectionscanada.gc.ca/jsc/rdamarcwg.html

ページ