MLA(英国博物館・図書館・文書館国家評議会)

E094 - セキュリティに関する包括的な手引書が刊行される(英国)

資料の窃盗等の犯罪行為や火災等の災害,利用者の迷惑行為など,開かれた文化施設である博物館,文書館,図書館は,様々なセキュリティ上の問題(CA1451,CA1453,CA1479,S001参照)に直面しており,共通する課題が多い。本書では,これらの危険から所蔵資料を守り,利用者と職員の安全を確保…

MLA、司書が選ぶ死ぬまでに読むべき本

MLAがWorld Book Dayに合わせて、「死ぬ前に大人が読むべき本は何か?」を全国の司書に聞いた結果を発表しています。第1位には、聖書を抜いて、Harper Leeの"To Kill a Mockingbird"が輝いたそうです。To Kill a Mockingbird tops librarian poll - Recommendation coincides with World Book Dayhttp://www.mla.gov.uk/webdav/harmonise?Page/

障害者向け図書館サービスの情報源−MLAのウェブ情報

英国の博物館、図書館、文書館国家評議会(MLA)はこの度、障害者向け図書館サービスを運営する図書館・図書館員に向けた情報源を集めたウェブサイトを開設しました。大きく10項目(障害を理解する、ウェブサイトを含めて情報源を知る、自館の蔵書・技術を分析する、…など)に関する情…

MLA、Reference Online

英MLAが、全英の図書館向けに26種の電子本の参考図書(辞典や百科事典)やオンライン新聞、ビジネス情報へのアクセスを提供する"Reference Online"というサービスを開始したそうです。それぞれの図書館がそれぞれ契約するのに比べて、約50%、約100万ポンドの節約になったそうです。Call to …

図書館の魅力を高めるために-MLAの報告書

英国の博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)が8月に発表した報告書”Increasing the attractiveness of libraries for adult learners”では,図書館のことが人々によく理解されていないことから利用が伸びないという問題点を指摘し,特に成人の利用者を増やすためにどのような対策(宣伝の手段など)を…

10年後は図書館員が不足?−英国・MLAの調査から

博物館・図書館・美術館国家評議会(MLA)の調査によると、英国の図書館職員の3分の1が今後10年間のうちに退職することが予想され、図書館行政庁は欠員補充の課題に直面し始めているそうです。関連記事はこちらhttp://www.mla.gov.uk/news/press_article.asp?articleid=843

MLAが描く今後3年の戦略

MLAが、下院文化・メディア・スポーツ委員会の報告書に対する回答書を発表しました。MLA Issues Call to Action for Public Librarieshttp://www.mla.gov.uk/news/press_article.asp?articleid=834

資料調達プロセスの共同化計画

DCMSとMLAの委託を受けて、英国公共図書館の効率性を調査していたPKFから報告書が出ました。Public Libraries: Efficiency and Stock Supply Chain ReviewJuly 2005Department for Culture, Media and SportMuseums, Libraries and Archives Councilhttp://www.mla.gov.uk/documents/fff_efficiency_00fullrep.pdfこれを受けて、全英の図書館の資料調達プロセス…

ページ