IFLA(国際図書館連盟)

情報機関による教育・研究目的での著作物への無制限のアクセスを可能とする著作権法や実務の改革の達成・実行を目的とした欧州での3年間のプログラム“Knowledge Rights 21(KR21)”が開始

2021年9月23日、国際図書館連盟(IFLA)・欧州研究図書館協会(LIBER)・SPARC Europeが、欧州における学習・研究・文化的生活のための知識へのアクセスを促進するための新しいプログラム“Knowledge Rights 21(KR21)”の開始を発表しました。教育・研究目的で、情報機関による著作物への無制限のアクセス提供を可能とする著作権法や実務の改革の達成と実行を目的としたものです。

アルカディア基金が、IFLAの活動を支援するStichting IFLA Foundation (SIF)に対して3年間で300万ユーロの助成することを受けてのもので、SIFでは、IFLA・LIBER・SPARC Europe等と協力して行うとしています。

主な活動として「公共・国立・教育・研究図書館利用者の電子書籍への公正なアクセスの推進」「契約による無効化や著作権法の例外規定を弱める技術的保護手段からの著作権法に基づいた利用者の権利の保護」「研究・教育・学習を支援するために欧州でのオープンで柔軟な著作権の基準の導入の推進」「欧州における著作者の権利保持活動とオープンライセンシングへの理解の促進」等が挙げられています。

“UNESCO PERSIST”プロジェクト、MLA機関向けのデジタル遺産保存のガイドラインの第2版を公開

2021年9月22日、国際図書館連盟(IFLA)は、ユネスコのPERSISTプロジェクトが、MLA機関向けのデジタル遺産保存のガイドライン“The UNESCO/PERSIST Guidelines for the selection of digital heritage for long-term preservation”の第2版を公開したと発表しています。

第2版は、IFLA・国際公文書館会議(ICA)・国際博物館協議会(ICOM)からの代表を含む専門家により執筆されたもので、今回、英語版・スペイン語版・アラビア語版が公開されています。

国際図書館連盟(IFLA)、ウェブサイトをリニューアル

2021年8月30日、国際図書館連盟(IFLA)がウェブサイトをリニューアルしたことを発表しました。

ウェブサイトを最新式のものにすることで、図書館界のできるだけ多く人がIFLAのコンテンツから恩恵が受けられるようにすることがIFLA Strategy 2019-2024の重要な要素であったことから行われたものです。

新しいウェブサイトでは、IFLAのビジョンと使命をより前面に押し出し、IFLAのさまざまな分科会・部会・その他の委員会のページにアクセスしやすくなったと説明されています。あわせて、ダブリンコアメタデータ標準に準拠した、1,200を超えるコンテンツを含む専用のリポジトリも公開しています。

また今後、IFLAの公用語で利用できるコンテンツの範囲拡大、これまでのリポジトリであるIFLA Libraryに搭載されているコンテンツを含めたリポジトリへのコンテンツ追加などが予定されています。以前のウェブサイトもアーカイブとして利用可能になる予定です。

国際図書館連盟(IFLA)、LGBTQ+に関するコンテンツについてのハンガリーの法律に対し声明を発表

2021年8月25日、国際図書館連盟(IFLA)が、事務局長名でLGBTQ+に関するコンテンツについてのハンガリーの法律に対する声明を発表しました。

声明の中で、IFLAは、最近のハンガリーにおける法改正を注視していると述べ、中でも、6月に可決された児童書における同性愛や性別適合の描写の禁止を定めた条項について言及しています。

子どもに本へのアクセスを提供する際に、図書館も同法律の対象となる可能性があり、全ての人に情報へのアクセスを提供するという使命を果たすための図書館の能力と責任に関する問題をもたらすと指摘しています。また、図書館は、コミュニティのあらゆる経験が反映された資料について、アクセスを妨げたり、妨げるように強制したりしてはならないと強調されています。

加えて、IFLAは、同法律に反する出版者・著者・書店を支持し、他の国・地域での同様の規制の廃止を求めると述べています。

“IFLA/Systematic Public Library of the Year Award 2021”はノルウェー・Deichman Bjørvika

2021年8月19日、“IFLA/Systematic Public Library of the Year Award 2021”に、ノルウェーのDeichman Bjørvikaが選ばれました。

同賞のスポンサー企業であるSystematic社から同館に対して5,000米ドルが授与されます。発表の中では、選定理由として、建築の特性と環境への意識の組み合わせが特に印象的であったことや使いやすさ、将来性の高さ等が挙げられています。

New public library world champion named(IFLA, 2021/8/19)
https://www.ifla.org/node/94089

参考:
ノルウェー・オスロの新公共図書館“Deichman Bjørvika”が2020年6月18日に開館
Posted 2020年6月15日
https://current.ndl.go.jp/node/41221

国際図書館連盟(IFLA)による図書館員を対象とした音楽コンテストで最高点を獲得した4作品が発表される

2021年8月17日、国際図書館連盟(IFLA)の、若手図書館員のための活動を行っている“New Professionals Special Interest Group”が、図書館員を対象とした音楽コンテスト“NPSIG Music Contest 2021”で最高点を獲得した4作品を発表しました。

図書館の価値や重要性を表現する音源・ミュージックビデオとして17か国から応募のあった70曲の中から、創造性・オリジナリティ・歌詞・メロディ・ユーモア・地域性・民族性を基準に審査員7人によって選ばれました。

4作品は以下の通りで、協賛企業からの賞品も授与されます。

1.Yellow Paper Bird 
セルビア・ポジャレバツの公共図書館Ilija M. Petrovic
※ポーランドの過去100年間の音楽を収録したBOXセット「100for100」

2.Book Junkies 
ポーランド・ブウォツワベクのZdzisław Arentowicz市立図書館
※電子資料のプラットフォームLegimiへの4人分のアクセス権

3.Reading Mojito
中国・広西師範大学図書館
※国際音楽資料情報協会(IAML)の会員資格

国際図書館連盟(IFLA)、アフガニスタンの状況に関し声明を発表

2021年8月19日、国際図書館連盟(IFLA)が、会長・事務局長名でアフガニスタンの状況についての声明を発表しました。アフガニスタンでは、8月15日に反政府武装勢力タリバンが首都カブールに侵攻し事実上政権が崩壊したと報じられており、治安情勢の悪化が懸念されています。

何よりもまず懸念されることとして、アフガニスタンの人々、特に女性を含む最も弱い立場に置かれた人々のことを挙げ、アフガニスタン全国民の人権が尊重されることを求める国際的な呼び掛けに賛同する旨を述べています。

図書館分野からの声明として、教育と情報へのアクセス権、意見・表現の自由、全ての人のための文化的権利に特に重点を置くとし、アフガニスタンの当局に対し、文化的権利の確保、文化遺産及びその保存に従事する専門家の保護を求めています。

IFLA Statement on Afghanistan(IFLA, 2021/8/19)
https://www.ifla.org/node/94117

E2415 - 新規利用開拓の試みを評価するIFLA国際マーケティング賞

2021年6月14日,国際図書館連盟(IFLA)の経営・マネジメント分科会が,2021年度の国際マーケティング賞の受賞館10館を発表した。今年で18回目を迎える同賞は,創造的なマーケティングプロジェクトやキャンペーンにより成果をあげた図書館・関連団体等に対して贈られるものである。

国際図書館連盟(IFLA)、南アフリカ共和国における著作権法改正案に対するコメントを提出

2021年7月13日、国際図書館連盟(IFLA)が、南アフリカ共和国における著作権法改正案(Copyright Amendment Bill [B13B, 2017])についてのコメントを提出したと発表しました。

発表によると、図書館・文書館・博物館・教育研究機関がデジタル時代で使命を果たせるように、著作権の例外・制限に関する柔軟性を持った、バランスの取れた著作権の枠組みの重要性を強調したとあります。

コメントでは、今回の改正案の内、フェアユース、引用・放送・翻訳等や教育・研究環境、図書館・博物館・文書館・美術館における保存活動のための例外・制限を定めた条項、マラケシュ条約への対応を含んだ条項について言及があります。IFLAは、南アフリカ共和国の市民の発展を助け、経済的にも反響がある可能性を指摘しつつ、図書館と他の公共サービス機関がバランスの取れた適切な著作権法の恩恵を受けられるよう、これらの条項を著作権法に含めることを求めています。

ページ