BNF(フランス国立図書館)

CA1135 - フランソワ・ミッテラン図書館のその後 / 高信麻

開館して4ヶ月あまり,BNF新館フランソワ・ミッテラン図書館(BFM:CA1125参照)の閲覧室には人気がない。ラ・リベラシオン紙の4月29日付の記事によると,607席ある“芸術・文学”部門の閲覧室を利用している人は多いときでも60人ほどで,総体的に,オ・ド・ジャルダンの全ての部屋はすいてい…

CA1125 - フランソワ・ミッテラン図書館開館 / 高信麻

フランスの国立図書館(BN)とフランス図書館(BDF)が合併して再出発したフランス国立図書館(BNF)が,1996年末,パリの13区トルビアックに新館を開館させた(CA1091参照)。名付けて「フランソワ・ミッテラン図書館」(BFM:la Bibliotheque Francois-Mitterrand)である。故前フランス大統領が,“全く…

CA1092 - BNFにおける職員養成方針 / 永野祐子

BNFが,いよいよ開館の日を迎えようとしている。旧国立図書館(BN)の所蔵資料を引き継ぐにとどまらず,国立の大規模中央図書館として,先進的な機能,新しいサービスが期待されていることは言うまでもない。そのためにはそれらを支える2千人規模の職員の能力開発が重要な課題となる。そ…

CA1091 - BNF新館一部開館 / 松浦茂

1995年3月に竣工したパリ・トルビアクのフランス国立図書館(BNF)新館(CA1012参照)が,本年12月17日に一部開館する。このほど開館するのは,30万冊の開架資料に基づくいわゆる「一般向け」のサービスである。これに対し,1000万冊に達するコレクション本体へのアクセスが可能になる「研究者…

CA1012 - BNF,竣工する / 岸美雪

ミシェル・ペロー氏の設計になる新フランス図書館(BNF)の竣工式が1995年3月30日に行われた。本が4冊半開きの形で置かれたのを型どった塔を4すみに配したBNF(CA908参照)は,ミッテラン大統領の在任期間中にあわせることもあって,建物本体の工事はわずか1年7カ月で完成した。主要なデータは…

CA929 - BNFが発足:BNとBDFの統合なる / 門彬

フランスのジャック・ツボン文化大臣は,昨年7月,前内閣から引き継いだフランス図書館 (BDF : La Bibliotheque de France)の建設を当初の計画どおり1996年の開館を目指して進め,併せてこの計画推進の深刻な阻害要因となっていたBDF建設の母体機関EPBFと既存の国立図書館(BN:La Bibliotheque nationale)と…

E018 - BNFの前事務総長,BNFを論じる

BNF前事務総長スタッセ(F. Stasse)氏が著した『大図書館の真の歴史』はBNFに生じた多くの問題は何より,故ミッテラン大統領が建物の完成を優先させたためであると指摘し,その間の経緯など,計画の始まりから運営に至るまでの曲折を詳細に述べ,さらに同書はフランス図書館界全体の見地からBN…

ページ