電子ジャーナル

米・アイオワ州立大学におけるオープンアクセス契約と研究者の機会の拡大(記事紹介)

米・アイオワ州立大学(ISU)図書館は、2021年10月13日付で、オープンアクセス(OA)契約と研究者の機会の拡大について述べた記事を公開しました。

ISUは、2019年にDe Gruyterと初めてオープンアクセス契約を締結しました。以降、PLOS、Frontiers、オックスフォード大学出版局(OUP)、Wiley等の10を超える出版者とOA契約を取り交わしてきました。

初期のオープンアクセス契約のインパクトは僅かでしたが、2020年にはISU教員による200報以上のジャーナル論文の出版をサポートしました。インパクトが大きくなった要因として、より多くの研究者が大学図書館の宣伝とオープン・スカラーシップ・サービスに関する新ウェブサイトを通じて、OA契約について学んだことが挙げられています。200報以上のジャーナル論文の半分近くは動物科学学科と獣医学部によるものであり、契約を締結しているOUPとFrontiersが動物科学、遺伝学、獣医学の分野で優れたジャーナルを有することが主な要因として挙げられます。

Wileyと新たにOA契約を締結したことと、Frontiersの人気によって、2021年にOA契約によって出版される論文は2020年の約2倍になるとしています。

Project MUSE、米・インディアナ大学出版局の購読誌8誌を追加へ:同出版局の全購読誌がProject MUSEのプラットフォーム上に

2021年10月13日、米・ジョンズホプキンス大学出版局(JHUP)らが運営する人文・社会科学系の電子資料提供サービスProject MUSEは、2022年から米・インディアナ大学出版局(IUP)の購読誌8誌を新たに追加すると発表しました。

8誌はこれまでJSTOR上で扱われていましたが、JSTORは2021年末に“Journal Hosting Program”を終了する旨を発表していました。8誌が“MUSE Hosting Program”に移行することにより、IUPの全購読誌がProject MUSEのプラットフォーム上で扱われることになります。

発表によれば、今回の追加はIUPがJHUPと締結しているパートナーシップに基づくものです。JHUP は2021年初頭から、IUPが発行する購読誌のフルフィルメントを担当しており、今回の8誌もその対象となります。

EBSCO社、2022年の学術雑誌価格上昇の予測値を個別タイトルで3%から5%、パッケージで1%から3%と発表

2021年9月30日、EBSCO社が、“Serials Price Projection Report 2022”を発表し、2022年の大学・医学図書館向けの学術雑誌の価格上昇の予測値を公表しています。これによると、外国為替レートを考慮しない場合、個別タイトルでは3%から5%の、パッケージでは1%から3%の上昇になると予測されています。

その他、同レポートでは、新型コロナウイルス感染症やオープンアクセス(OA)といった価格設定に影響する要因等についてまとめられています。

英・ケンブリッジ大学の研究者はElsevier社の出版物をどう利用しているか(記事紹介)

英・ケンブリッジ大学のOffice of Scholarly Communicationによるブログ“Unlocking Research”に、2021年9月24日付けで、同大学図書館のDominic Dixon氏による投稿が掲載されています。この投稿では、ケンブリッジ大学の研究者によるElsevier社出版物の利用状況に関するデータへのアクセス、理解、分析を行う図書館のデータ分析ワーキンググループの取り組みについて述べられています。

ケンブリッジ大学の研究者がElsevier社のジャーナルで発表した論文のプロファイルの作成に際しては、Dimensions、Scopus、Web of Science(WoS)の3つのプラットフォームが比較されました。結果、Dimensionsが2015年から2020年の間のケンブリッジ大学の研究者によるElsevier社のジャーナル掲載論文を最も多くカバーしていることから、調査ではDimensionsを使用されています。

ResearchGate、約20万件の論文ファイルをサイトから削除

2021年9月23日、研究者向けのSNSであるResearchGateは、Elsevier社と米国化学会(ACS)からの要求を受けて、サイトから約20万件の公開されていた論文ファイルを削除したことを発表しました。

このことについてのResearchGateの立場として、ResearchGateのミッションが科学の世界をつなげ、研究を全ての人にオープンにすることであると同時に、出版社の権利を尊重して法を遵守してきたことが説明されています。

また、ResearchGateは欧州著作権法の改正、特にデジタル単一市場における著作権指令第17条に関連することに留意していると述べています。論文ファイルのアップロード時に出版社の権利情報とユーザコンテンツを照合するJarvisと呼ばれるシステムの実装を開始したことが触れられています。このシステムに出版社が必要な情報を提供すると、Jarvisは研究者が公開を許可されていないコンテンツのアップロードを防ぐことが可能になります。

結びの出版社へのメッセージとして、学術出版の未来はオープンであり、その真の可能性を開放するために協力することを呼びかけています。

英・ケンブリッジ大学図書館の「プランB」:学術出版社との交渉決裂時に取り組む代替策(記事紹介)

英・ケンブリッジ大学のOffice of Scholarly Communicationによるブログ“Unlocking Research”に、2021年9月2日付けで、同大学図書館のコレクション開発・管理責任者であるMichael Williams氏による投稿が掲載されています。

英国の大学連合では、2021年末にElsevier社との電子ジャーナル契約更新を控えており、現在契約条件に関する交渉を進めています。本記事では、仮に交渉が決裂した場合に同大(及び同館)が「プランB」としてどのような代替策の準備を行っているかを説明しています。

記事によれば、Elsevier社との交渉に際し同大の研究者コミュニティにも参加してもらうよう最善を尽くしており、契約やプランBに関する決定は全て、研究者コミュニティとのやりとりや参加を経た上で行うこととしています。また、Elsevier社との交渉に関する情報は同大のウェブサイト上でまとめられており、研究者向けに意見の提出方法も案内しています。

プレプリントへの査読行為と「重複査読」の問題(記事紹介)

学術情報流通に関連した多様な話題を提供する学術出版協会(Society for Scholarly Publishing:SSP)運営のブログ“The Scholarly Kitchen”に、2021年9月9日付けで記事“The dawn of the age of duplicate peer review”が掲載されています。筆者は研究データ共有支援ツールの開発企業の創設者・プロジェクトリーダーであるTim Vines氏です。

プレプリントを査読する取組の存在に触れつつ、当該のプレプリントが学術誌での査読プロセスにある場合、査読者の労力浪費につながる「重複査読」(duplicate peer review)となりうるケースがあると指摘しています。ただ、当該のプレプリントについての正当な議論と重複査読とを区別する明確な基準はないとし、プレプリントの台頭が、従来行われてきた「順を追った」(sequential)査読プロセスの変容をもたらす可能性に言及しています。

本記事の下に設けられたコメント欄では、内容に関する様々な意見が寄せられており、著者本人も回答しています。著者の回答によれば、本記事は重複査読を擁護したものではなく、重複査読を抑制していた壁が崩れつつあり、プレプリントへの査読行為がさらにそれを加速させていることを述べています。

E2420 - ビッグディール契約キャンセルの影響調査(米国)

   米国の非営利団体Ithakaの調査部門Ithaka S+Rが,2021年6月,学術誌のビッグディール契約(CA1586参照)のキャンセルが研究者にもたらす影響を調査した報告書“What’s the Big Deal?: How Researchers Are Navigating Changes to Journal Access”を公開した。本稿では報告書の概要を紹介する。

フィンランドのコンソーシアム“FinELib”とIEEE、Read and Publish契約を締結

2021年8月24日、IEEEが、フィンランドの大学、研究機関、公共図書館等によるコンソーシアム“FinELib”と3年間のRead and Publish契約を締結したと発表しました。

同契約により、FinELib参加機関の研究者等は、IEEEが提供する“IEEE Xplore Digital Library”から学術雑誌等へのアクセスが可能となります。また、発表の中では、IEEEが刊行する160以上のハイブリッドジャーナルと全てのオープンアクセス(OA)ジャーナルでのOA出版が可能となること等が述べられています。購読コンテンツへのアクセス費用や論文処理費用(APC)は、コンソーシアムのメンバーから支払われるライセンス料で賄われるとあります。

「転換雑誌」についての初期評価:cOAlition Sによる分析(記事紹介)

cOAlition Sは、2021年8月16日付けの記事“Transformative Journals: an initial assessment”において、Plan Sに準拠した「転換雑誌」(Transformative Journal)についての初期評価を行っています。筆者は、cOAlition Sの戦略責任者(Head of Strategy)を務めるRobert Kiley氏です。

「転換雑誌」とは、完全オープンアクセス(OA)誌への移行を約束している購読/ハイブリッド誌を指し、その条件として、OAコンテンツの割合を徐々に増加させること、二重支払いの回避のために購読料収入と出版サービスへの支払いを相殺することが求められています。Plan Sにおいて、出版社に即時オープンアクセス(OA)への移行を促すルートとして開発されました。

cOAlition Sではこの「転換雑誌」を認定・登録するプログラムを行っており、登録された学術誌のリストを公開しています。正式な「転換雑誌」基準の公開から16か月が経過し、13の出版社と2,268の学術誌がこのプログラムに登録した、と述べています。

ページ