資料保存

【イベント】国立国会図書館(NDL)第32回保存フォーラム「図書館における資料防災―「その日」に備える」(12/21-1/17・オンライン)

2021年12月21日から2022年1月17日まで、国立国会図書館(NDL)は、参加登録者限定のオンライン動画配信により、第32回保存フォーラム「図書館における資料防災―「その日」に備える」を開催します。

様々な機関における資料防災対策の予防・準備の具体的取組の報告が行われます。報告機関の経験や知見を共有することで、資料防災対策に関する理解を深め、対策の実践の参考とすることを目的としています。

参加費は無料で、定員は300人(要事前申込・先着順)です。参加者は期間中いつでも配信動画を視聴できます。

内容は以下の通りです。

・報告1「文化財防災センターとネットワークを通じた多様な文化財の救済」
小谷竜介氏(国立文化財機構文化財防災センター文化財防災統括リーダー)

・報告2「米国の大学図書館における所蔵資料の防災の取組」
日沖和子氏(ハワイ州立大学マノア校図書館資料保存司書)

・報告3「東北大学附属図書館における所蔵資料の防災について」
真籠元子氏(東北大学附属図書館情報管理課専門員)

・報告4「東京都立図書館における所蔵資料の防災の取組」
佐々木紫乃氏(東京都立中央図書館サービス部資料管理課資料修復専門員)

北本市(埼玉県)、地域の歴史資料をデジタル化し公開する「北本デジタルアーカイブズ」のためふるさと納税を活用したクラウドファンディングを実施中

2021年11月2日、埼玉県の北本市が、同市の歴史資料をデジタル化し公開する「北本デジタルアーカイブズ」プロジェクトのため、ふるさと納税を活用したクラウドファンディングを実施していると発表しました。

プロジェクトでは、歴史的資料を収集整理、デジタル化による長期保存対応、資料へのアクセス性の向上、視覚障害者や高齢者向けに読み上げソフト対応等を行うとしています。集めた資金は、資料のスキャンを行い光学文字認識(OCR)ソフトでテキストデータを抽出する作業や画像加工のための人件費、システム構築費に充当されるとあります。

新着情報(北本市)
https://www.city.kitamoto.lg.jp/news.html
※2021年11月2日付で「ふるさと納税を活用したクラウドファンディング実施中」と掲載されています。

緊急フォーラム「マグネティック・テープ・アラート: 膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること」の配布資料等が公開される

緊急フォーラム「マグネティック・テープ・アラート: 膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること」のウェブページにおける2021年10月21日付けのお知らせで、ビデオレクチャー「Deadline 2025について」と当日の配布資料の公開が発表されています。

同フォーラムは、ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」(10月27日)を記念する特別イベントとして、2021年10月16日に国立映画アーカイブ本館(東京都中央区)で開催されました。ウェブページ上には、「イベント当日上映したビデオレクチャー、配布資料をはじめ、採録テキスト、当日の記録映像などを順次公開」との記載もあり、採録テキストや記録映像の公開も予定されています。

[緊急フォーラム] マグネティック・テープ・アラート: 膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること(国立映画アーカイブ)
https://www.nfaj.go.jp/exhibition/unesco2021/
※ページ上部に赤字で「ビデオレクチャーと当日の配布資料を「ビデオレクチャー・配布資料」からご覧いただけます(10/21更新)」と記載されています。

E2436 - Code4Lib JAPANカンファレンス2021,オンラインにて開催

   2021年9月11日から12日にかけて,Code4Lib JAPANカンファレンス2021が開催された。9回目となる本カンファレンスは2020年(E2289参照)に引き続いて,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によりオンライン会議システムZoomを用いた開催となった。参加者は,過去最高の155人(Slack登録ベース)であった。参加者が事前に登録をすることになっていたSlackの2021confチャンネルでは,終始活発な投稿が行われた。本稿では,筆者が関心を持った発表について一部紹介し,報告としたい。

北米の研究図書館センター(CRL)、学術図書館の欧州関係コレクション等に関するフォーラム“New Shape of Sharing”の報告書を公開

2021年9月15日、北米の研究図書館センター(CRL)が、学術図書館の欧州関係コレクション等に関するフォーラム“The New Shape of Sharing: Networks, Expertise, Information”の報告書を公開していました。

同フォーラムは、CRLと国際的な図書館サービスプロバイダーCasalini Libriとの共催により2021年1月から4月にかけてオンラインで開催され、北米・欧州の図書館員、出版関係者らによる発表及びディスカッションが行われました。その内容は多岐にわたりますが、主なテーマは次の3点に整理できるとしています。

・共同でのコレクション構築とサービスのための新たなモデル
・コンテンツとフォーマットの種類の増加が図書館及び研究者にもたらす意義
・研究プロセスにおける図書館・図書館員の役割の変化

発表によれば、報告書にはフォーラムの主な成果と今後の活動のためのアイデアが含まれているほか、欧州関係コレクションや、より一般的なコレクションを扱う図書館員のためにさらなる共同作業への道筋を示したものとなっています。

神奈川県立歴史博物館、「赤星直忠考古学研究資料デジタルアーカイブ」を公開

2021年9月23日、神奈川県立歴史博物館が、同館の公式Twitterアカウントで『赤星直忠考古学研究資料』のデジタルアーカイブを公開したと発表しました。

『赤星直忠考古学研究資料』は、考古学者である赤星直忠氏が1922年から1952年に記したフィールドノートで、全6冊からなります。同氏が行った調査の概要・写真・スケッチ等が含まれています。

デジタルアーカイブでは、『赤星直忠考古学研究資料』の全ページの画像とその関連情報、各巻のPDF版が公開されています。画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BYのもと利用できます。

また、同デジタルアーカイブで公開している画像の翻刻作業への協力を呼びかけています。

@kanagawa_museum(Twitter, 2021/9/23)
https://twitter.com/kanagawa_museum/status/1440859871927160834

【イベント】緊急フォーラム「マグネティック・テープ・アラート: 膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること」(10/16・東京)

2021年10月16日、国立映画アーカイブ本館(東京都中央区)にて、国立映画アーカイブが主催する緊急フォーラム「マグネティック・テープ・アラート: 膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること」が開催されます。

ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」(10月27日)を記念する特別イベントであり、参加無料、定員155人(事前申込制・自由席)となっています。なお、新型コロナウイルス感染症への対応のため、定員に変更が生じる場合があるとの注意書きが付記されています。

当日の主なプログラムは次のとおりです。

・ビデオレクチャー 「Deadline 2025について」
講師:ミヒャエル・レーベンシュタイン氏(オーストリア映画博物館長、FIAF事務総長、オーストラリア国立フィルム&サウンドアーカイブ前CEO)

・トークイベント「磁気テープ映画原版の保管状況と課題」
登壇者:
押田興将氏(オフィス・シロウズ代表取締役)
奥野邦利氏(日本大学芸術学部映画学科教授)
松本圭二氏(福岡市総合図書館文学・映像課 映像管理員)
司会:
冨田美香氏(国立映画アーカイブ主任研究員)

フランス国立統計経済研究所、公式統計に関する電子図書館“Bibliothèque numérique de la statistique publique”を公開

2021年9月22日、フランス国立図書館(BnF)とフランス国立統計経済研究所(L’Institut national des statistiques et études économiques:Insee)が、公式統計に関する電子図書館“Bibliothèque numérique de la statistique publique”(BNSP)の公開を発表しました。

Inseeは、フランスの経済・社会に関する情報の収集・作成・分析・提供を行う機関です。BNSPは、InseeがBnFと連携し、“Gallica”の技術を提供して新しい電子図書館を構築するBnFのプログラム“Gallica marque blanche”のもと構築されました。

BnFが公開したプレスリリースによると、Inseeや関係機関により作成された公式統計に関する出版物等を収集・保存し利用可能とすることが目的とされています。19世紀から現在にかけての資料3万8,000件以上にアクセスできるとあります。

【イベント】デジタルアーカイブ学会第6回研究大会第2部(10/15-16・仙台、オンライン)

2021年10月15日から10月16日にかけて、デジタルアーカイブ学会第 6 回研究大会の第2部が開催されます。

参加方法は、東北大学災害科学国際研究所(宮城県仙台市)での会場参加とオンライン参加の2種類であり、参加費は無料で、事前の申し込みが必要です。

主なプログラムは以下の通りです。

●10月15日
・東日本大震災アーカイブシンポジウム(仮) -リアルとデジタルのアーカイブの意義と未来-
司会:加藤諭氏(東北大学学術資源研究公開センター史料館)

【伝承館事例報告】
青森県八戸市みなと体験学習館(前澤時廣氏)
岩手県東日本大震災津波伝承館(藤澤修氏)
みやぎ東日本大震災津波伝承館(登壇者未定)
福島県東日本大震災・原子力災害伝承館(瀬戸真之氏)

【デジタルアーカイブ事例報告】
岩手県(いわて震災津波アーカイブ〜希望)(高杉大祐氏)
宮城県図書館(アーカイブ宮城)(加藤奈津江氏)

・パネルディスカッション
国立国会図書館(中川透)
東北大学(柴山明寛氏,コーディネーター)

令和3年度全国公共図書館研究集会(サービス部門 総合・経営部門)、動画配信により開催:研究主題は「デジタルアーカイブの構築と活用法」

福岡県立図書館のウェブサイト上に、令和3年度全国公共図書館研究集会(サービス部門 総合・経営部門)の開催要項が掲載されています。

今回の研究主題は「デジタルアーカイブの構築と活用法」であり、先人が残した史料を保存・公開し、現在にいかし未来へつないでいくために、図書館が構築するデジタルアーカイブはどうあるべきかがテーマとされています。主催は公益社団法人日本図書館協会公共図書館部会、福岡県教育委員会、福岡県公共図書館等協議会、福岡県図書館協会で、主管は福岡県立図書館です。

2021年11月25日から12月9日まで、YouTubeによる動画配信が行われます。参加費は無料で事前の申し込みが必要です。

内容は以下の通りです。

・情勢報告
植松貞夫氏(公益社団法人日本図書館協会理事長)

・基調講演「デジタルアーカイブと図書館サービスの新段階」
福島幸宏氏(慶應義塾大学文学部准教授)

・調査報告「新型コロナウイルス感染症の図書館対応状況について」
大谷康晴氏(青山学院大学コミュニティ人間科学部教授)

・事例発表①「とっとりデジタルコレクション」の取組み -他機関との連携による地域資料の公開-
野沢敦氏(鳥取県立図書館資料課長)

ページ